吉祥寺・三鷹・調布エリアの、いのかしら公園動物病院です。ホームページを開いてくださってありがとうございます。院長の石橋です。プロフィールを読んでいただくとお分かりいただけますが、当院は夫婦で運営しています。大きな病院にありがちな、出てくる獣医師ごとに話が違うとか、申し送りができていないとか、いつも混雑して院内がピリピリしているので怖くて質問もできないといった事柄とは無縁の、待合室の飼い主さんも含めて和気藹々とした動物病院です。うんと遠くからお越しになるほどの特別な病院ではありませんが、吉祥寺・三鷹を中心とした通院圏内にお住まいならば、ちょっと足を延ばしてご来院になる価値はあると思います。

ブログ@吉祥寺

随時更新中!
2017/4/28
ライト・オフ!!

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 昨日はいきなりの停電であせりました。

 電気が消えたら寝釣りだ!なんて呑気な事をおっしゃる上原港周辺の皆さんと違って、我々大都会の住民は、速攻で死活問題です。

 いったん電気が来なくなると、ほんっとに何にもできなくなるもんですね。

 震災の日を思い出しました。

 うちは、マユちゃんが さっと懐中電灯を取り出して、持ち場を守ってくれましたので、居合わせた患者さんも最短の待ち時間で対応することができました。東電さんもスピーディな復旧でグッジョブです。

 写真は、水槽リセット後につきものの、モッサモサの茶ゴケに覆われた水草です。

 ここで焦って水替えをしたり、すったもんだするのが通常ですが、今回は長い目でみることにしました。

 ナウシカの森みたいなもんで、浄化と安定にむけた通過儀礼として、茶ゴケの暴走を受け入れようと。池とか水路の水草だって普通にコケの覆われながら活きてるわけだし。

 抗生剤や風邪薬を飲んでも、結局は風邪がなおるまでの日数に大した違いがないのと同様、すべては時間と自然の力が解決してくれることでしょう。 それにしても水槽 きたねぇな・・・。

 今はサカナのかわりにミジンコ先輩とエビ先輩が泳いでおりますが、コケが汚すぎて、ほとんど見つかりません。 このコケ、アオミドロと違って、トロトロです。甘辛く醤油で煮たら、ごはんですよ みたいにならないかな・・。

 汚いとえいば。

 待合室の前の花壇に咲いていた冬の花が、ついに力尽きました。熱さと日照りに強い夏の花にバトンタッチすべく、ただいま絶賛改修中です。

 一度使用した土の再生作業って 意外と大変。苗を売ってる季節が終わるまえになんとかせねば。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/4/19
犬の日

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 夏のいちばん暑いころを、「ドッグ・デイズ」って言いますが、昨日と今日は、一足はやい夏日で、うちのドッグズもへろへろのヨダレ犬になってます。

 心臓にしろ皮膚にしろ、暑いのは犬の大敵なので、なんで8月の暑い日が犬の日なのか・・と不思議に思って調べてみたら、星座の「おおいぬ座」のシリウスというお星様の動きと関係があるのだとか。 農業計画の暦に関係した単語のようです。

 実際の犬には、かんけーないじゃんか!勘違いして、夏にしゃかりきに散歩する人が出たらこまりますね。

 写真は、子宮蓄膿から復活した、うちのエイちゃんです。子供をとりたいので、無理やり危険をおかして内科治療でやりすごしました。

 子宮蓄膿の場合、子供をとる予定がなくて、母体の命が最優先の場合には、手術で子宮と卵巣を摘出するのがいちばんいいと思います。

 ただ、エイちゃんのように、おとーさんのエゴで、なにがなんでも子供をとるぞとか、ブリーダーさんの虎の子の種親とか、なにかしらの基礎疾患で手術が難しい場合の苦肉の策として、ホルモンの拮抗剤が子宮蓄膿の治療に使われます。

 この薬は、日本では手に入らず、輸入するのに時間がかかるうえ、この薬をもっている動物病院もきわめて少ないので(危険をおかしてまで内科で子宮蓄膿を治す必要のあるケースがきわめて稀なため、この薬を持っているメリットが少ない)、今回は、埼玉県のハダ動物病院の院長先生と、川崎の村山動物病院の院長先生のお力を借りて、治療を行うことができました。

 両先生には心から感謝しております。

 さて。写真のエイちゃん。
 果たして、再発せずに、このまま無事に秋の発情を迎えることができるでしょうか。

 発情したとしても、無事に妊娠することができるでしょうか。 まだまだ沢山のハードルが待ち構えています。

 無事に生まれたら、ブログは子犬自慢一色になるんじゃないかと思いますが、その際には、皆さま心を広く、暖かい目でおつきいいただければと思います。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/4/17
天気予報

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 しばらく更新しないうちに、アジアは核戦争の危機を迎え、真央ちゃんは引退し、桜も終わり、待合室の水槽は全滅し、大魔王は「王族と食事してくるから!」とメールをよこしたきりサウジ国境で消息を絶ちました。ひきこもりの私は時の流れについていけません。

 目まぐるしくも単調なこの日常の中で、楽しみって言ったら手術の無い日ののんびりした昼飯くらいでしょうか。

 そんなわけで、昨日、マユ・カナをつれて自宅近くのネパール料理屋に行ってきました。はす向かいの席でタバコを吸っているデブを殴ろうかと思案しているとき、カナちゃんから聞いた話なんですが、アイフォンの天気予報は外れるらしいですよ。 私は携帯を持たないので知りませんでしたが 皆さん ご存知でした?

 私はてっきり、天気予報というものは、どこのテレビでもラジオでも検索サイトでも、気象庁の予報をそのまま引用して情報提供しているんだとばかり思ってました。

 アイフォンおそるべし。天気予報にまで独自性を貫ていますね。しかも外れが多いらしい。

 昨日の、カナちゃんのアイフォンの天気予報だと本日17日の天気は雨。

 おおおお!すごい。 今日は晴れです。さすがアイフォンの天気予報。ちゃんと外れたじゃありませんか!

・・・・ ってホンマかいな。なんせ情報の提供者がカナちゃんですからね。

 「カナちゃんちのテレビのサイズって何インチ?」って聞いたら、即答で「これくらいです!」って手を広げますしね(一瞬でもいいから何インチか考えた後にジェスチャーにうつってくれ)。おねーちゃんの写真を見せるっていって、犬の写真出してきますし。

 この都市伝説に関してはは、マドモアゼル・フランソワーズに真偽のほどを確認する必要がありますね。

 って・・・書いてる間に空が曇ってきましたよ。

 なんか 雨の匂いもしてますね。

 雷が死ぬほど怖いエーちゃんが何かを察知してヒョエヒョエいいはじめてます。

 雨・・・・ふるのかな。
 
 どっちなんだアイフォン!きっちりオチをつけてくれ。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/4/10
インド人もびっくり

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 桜が満開ですね。このあと天候が悪化しますので、夜桜見物の皆さまは、くれぐれも防寒対策をおこたりなく!

 花見の時って、案外、ビールは美味しくないですよね。寒いから。

 今の時期、お外で飲むなら温燗がいいかな。熱燗じゃなくて温燗。手にあたたかい朱塗りの杯で純米酒をいただく。肴は冷えても悔いのないクリームチーズあたりがよろしいかと。

 火気厳禁の公園だと、お燗をつけられませんね。ポットにお湯をもっていって、焼酎のお湯割ってのもありかも。球磨焼酎に砂糖入れてお湯割り。肴はあえての鶏卵素麺。糖尿病の人にはよろしくないメニュー。

 まぁ なんにしろ、どんなに美味しいお酒があったとしても、花見客でごった返した公園の喧騒の中で飲むのはカンベンですけどね。 手酌で一人酒。これに限ります。

 写真は、インターナショナルスクールの教室で飼われているイエアメガエル。 感染症にやられて腿が腫れまくっております。

 生徒が「つかまえてきた」と申告したため、ヒキガエルとして飼育されておりました。

 イエアメガエルはオセアニアのツリーフロッグ(樹上性のカエル)なので、泥の地べたで飼ったら、そりゃ足も腐りますわな。かわいそうに。本来、鮮やかな緑色なのに、まっ茶色になってるじゃないですか。

 それにしても恐るべしインターナショナルスクール。生徒が拾ってくるカエルまでインターナショナル。オセアニア原産のカエルが三鷹に落ちてるって・・。なんで?

 どうでもいいけど、この学校、次から次へと変わった生き物つれてきますね。校長はインド人で理科担当はギリシャ人だそうですよ。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/4/3
うわ!4月だ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 先日、ケーブルテレビで、X-MENシリーズが放映されてましてね。それを見て、ふと思ったんですけど、爪の長いのやら、全身青いのやら、髪の白いのやらハゲやら、いろいろいるから「メン」なわけです。男女混成だけど「メン」。

 だとするとですね。男女混成で、1号・2号だってんなら、「ヤッターメン」なんじゃないのかと。

 もしかして、3人以上から複数形になる・・とかあるんでしょうか。英語に詳しい方 教えてください。

 そんなことを考えているうちに、4月になっちゃいました。いよいよ恐怖の予防シーズン到来です。体調管理に気をつけて頑張らなくっちゃ。

 今日は、国家公務員の新人さんも、「初日」 だそうで、入省のために地下鉄で霞が関へGO! 満員電車で通勤って大変ですよね。 がんばれ新社会人!

 新社会人といえば、1日から、マユちゃんが正式デビューしました。皆さまよろしくお願いします。

 今日もカナちゃんとおそろいのスクラブで、ほぼ見分けのつかない状態で、きゃっきゃ言いながら噛みつく犬をお風呂にいれています。噛まれてんのに、なんで二人は「あははは~」って笑ってるんだろう。和むわぁ~。

 写真は、フィンランドで風呂に入ってない犬の肛門を観賞した、その足でボルネオに転戦した学生さん(当時。現・ピカピカの国家公務員)から送られてきた、世界最大の花。ラフレシアです。

 咲いてすぐに腐ってしまうので、見ごろはわずかに3日程度だとか。これは開花2日目の花なんだそうです。こんなの見れてラッキーでしたね。

 昭和の名作漫画・キャプテンハーロックに出てきた、美しいエイリアンの女王様もラフレシアって名前でした。

 作者の松本零二先生は、まさかラフレシアが公衆トイレのようなくっさいニオイでハエをおびきよせて受粉する花だとはご存知ないまま、名前をもらっちゃったんでしょうね。 カモシカのような足っていう誉め言葉に似た難しさがありますなぁ・・・。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/29
パステル調で頑張ってます

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 気が付けば2週間も更新しておりませんでした。

 春の予防シーズンの到来です。4月に入ると、一気に忙しくなり、なにかと至らない点も出てくるとは思いますが、全力で対応していきますので、なにとぞよろしくお願いします。

 何か、対応におかしな点がありましたら、遠慮なく(ただし優しい感じで)ご指摘ください。院長がボケてる可能性がありますので。その都度、お詫びして訂正いたします。

 この春からマユ★カナコンビが頑張ってくれます。院長がヘロヘロでも、院内の雰囲気は明るく可愛い感じになることでしょう。

 明るく可愛いといえば・・・・、最近、仕事着をいくつか新調しました。

 当院の仕事着のスタイルは、スクラブスーツといって、いわゆる白衣にネクタイではありません。

 白衣は動物が怖がる というのが最大の理由です。

 そのほか、遊び心のない職場は嫌だ! という私の希望もあります。

 たいていの場合、飼い主さんは悲しい想いや、つらい出来事をかかえて動物病院にこられますからね。私たちは、少しでも明るく楽しい雰囲気で寄り添いたいと思うわけです。

 もとはと言えば、これはアメリカの獣医や看護師のマネっこです。

 めったな事ではアメリカにかぶれない むしろ反米な私が、アメリカで「いいね!」と感じた数少ない出来事の一つが、動物医療の現場で働く人たちが皆、動物柄のプリントのスクラブスーツを着て仕事をしている姿でした。

 日常的にも「お! それいいな。どこで買った」「このまえのヨーロッパの学会の時に売ってたんだ。うらやましいだろう」「ゆずれ!」「やなこったい」ってな会話が交わされていて、それぞれにデザインにこだわっているようでした。

 野生動物の獣医は野生動物のモチーフ。犬好きはひたすら犬。パンダが大好きな獣医はパンダ柄をあつめてました。

 残念なことに、日本では、柄もののスクラブは手に入りにくく、海外から取り寄せなければなりません。なので、一度買うと、ボロボロになるまで着古すことになります。

 最近、どのスクラブも、衣服としての臨界点を超え始めたので、重い腰を上げて新しいのを取り寄せました。

 いかんせん、今回は自分で柄を選べなかったので、「おっさんが着るにはどうなんだろう」というくらい可愛いのばかり送られてきました。

 マユ★カナが着るぶんには可愛いけど、53歳のおっさんが着るのは許せない感じの かわゆいスクラブを着て、春から仕事をしますが、新患の飼い主さんには変な目でみられますかね。

 小学生が「なんでそんな服着てるんですか?」って聞いてくるでしょうかね。

「眼鏡の鼻当てが折れているよりマシ」ということで、暖かい目で見守ってやってください。(昨年12月9日のブログ記事参照のこと)

 写真は、修復中の水槽。まだ水すら入ってませんが、ろ材の全交換まで完了。写真の段階までくるのに、ほんとに大変でした。なんせカラの水槽でも20kgの重さがありますからね。

 本日の段階では、まだ水質が安定しておらず、薬浴中の魚はもどせませんが、ようやく水草を移植するところまできました。もう一息だ!がんばれ俺。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/15
金魚★すくい

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 縁日が多い地域に住んでいるせいで、娘が年に何回も金魚をすくってきやがります。縁日といったら金魚すくいしか頭にないらしく、毎回、満面の笑みで金魚を連れて帰ってきやがります。

 娘が金魚すくいを楽しむと 私はそのあと金魚救いに追われます。

 持ち帰った金魚がバタバタ死なないように。前からいる金魚(これをキャリーオーバー君たちと呼んでいます)に病気がうつらないように、治療をしないといけないのです。

 金魚すくい当日の数日前から、塩水浴水槽とメチレンブルーを準備しておき、すくってきた金魚をいれてしばらくそこで飼育します。

 検疫や治療がおわると、生存者を飼育水槽に移します。

 飼育水槽には、エーハイムの外部フィルターと底面フィルターが装備され、水質管理もばっちり。ヒーターとサーモで温度も管理されています。

 それでも、縁日の金魚ってやつは死ぬときゃ死ぬので、庭木の成長に一役買いつつ、庭は金魚の地縛霊でいっぱいです。

 まったく、縁日が来るたんびに我が家は金魚ウォーズですよ。誰に似たんだか、親の顔がみたいですね。

 はいっ! どーぞ!
 ってなわけで、私も子供の頃、縁日に行くと、必ず金魚すくいをしました。それはもうバカほどすくってくるので、親に嫌がられてました。

 過去最高に楽しかった金魚すくいは、客寄せのためにウナギのつかみどりとセットになっている画期的なものでした。

 「このでかいウナギを捕獲することは、子供には無理だろう」というテキ屋さんの目論見に反して、プラ船に入っているウナギを根こそぎ全部さらって、金魚すくい業界の新しいビジネスモデルを崩壊させ、意気揚々と家に帰りました。

 当然、私はこの6匹のウナギを飼育するつもりだったわけですが、運の悪いことにちょうどウチの家族の頭数と合致してしまったために、何を勘違いされたのか、当時、家の全ての実権を握っていた祖母の鶴の一声で、食卓行きという判決が下されてしまいました。

 うそでしょ?? どうやってウナギを飼おうかワクワクしていた私にとっては、悲劇以外の何物でもありません。

 生で食えるもんなら食ってみやがれという私の一縷の望みも、神がかり的に器用な父親のせいで見事に打ち砕かれました。

 百科事典片手に、余計な仕事を増やした息子に対する呪いの言葉をつぶやきつつ、「はじめての蒲焼」を難なくクリアしやがりましてね。文句なら、すくってきた俺じゃなくて、食うと決めたばーさんに言ってくれと。大切なペットを食われるハメになった被害者は俺だぞと。怒りに燃えながら食べたウナギの味は・・・ 悪くなかったです。そういや、ペットを食わされるのって これで2度目じゃねーか!チクショ~(涙)。

 終戦直後の食糧難を経験した人ってのは、飢餓に対するトラウマがあるもんだから、食材という肩書をもったペットを前にして、食べる以外の選択肢は存在しなかったみたいです。困った人です。

 そういえば、祖母の庭には、食べられる植物が沢山植えられていて、毎年、梅の木から山ほどウメを収穫しては、大量に梅干しを漬けてましたね。

 縁側にずらりと並んだザルに干された梅を眺めては、「これで何があっても大丈夫だ」とひとりごつ祖母を見るたび、幼心に「人類滅亡の日がやってくる。しかも梅干ししか食べるものがない」という恐怖を感じたものでした。

 いまでも大きなザルを見るたびに口の中がすっぱくなるのは、一種のトラウマなんだと思います。

 毎年、食べきれない量の梅干しを漬けやがるので、生家には、梅干しのキャリーオーバー君が累積し、昭和初期のロットなんかは、周りに塩が結晶した乾燥梅干しになってましたっけ。

 あの梅干したちは 最後どうなったんだろう・・。。(梅干しの向こう側 を実際に見てみたい人は、井の頭通り沿いにある「ありてい」という梅干し専門店を覗いてみてください。化石のような梅干しが展示してあります)

 写真は、待合室の水槽で病気が発生してしまったために、治療をしているの図。0.5%の塩分濃度に調節するにしても、水が250リットル近くあるので、投入する塩の量も1kgを超えます。まるで小魚の佃煮をつくってます的な画となりました。巨大水槽のリセットは、ちょっとした肉体労働となります。4月までに終わるのだろうか・・。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/13
祝・合格

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 先日、獣医師国家試験の合格発表があり、学生さんたちから、無事合格したとのメールが来ました。

 添付されてきた写真を見る限りでは、ただいま絶好調で、我が世の春を謳歌していらっしゃる模様。よかったよかった。おめでとう。いっぱい楽しんでください。

 遠い異国の旅先から送ってくれた写真は・・なんでしょう・・・・・・??

 雪道を走る、風呂に入ってない犬の肛門の写真?

 あ・・フィンランドにオーロラを観に行ったのね。おしゃれですこと。

 なになに・・・オーロラは観れなかった。

 やっぱ風呂に入ってない犬の肛門を眺めにいっただけじゃないですか。わざわざ フィンランドまで。

 風呂に入ってない犬の肛門だけだったら三鷹でも見れますけどね。

 あ! 犬ゾリ体験ツアーね。

 それはそれは。楽しかったですね。

 手術野の逆剃りだったら三鷹でも体験できますけどね。

 ええ。 ただうらやましいから負け惜しみ言ってるだけですけど それが何か?

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/12
声の大きい者が勝つ?

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 儚く甘い香りを漂わせていた梅の木の、奥ゆかしい自己主張を瞬殺で覆い隠した犯人がこの方。ご存知、沈丁花でございます。

 Jマートの園芸売り場で、完全に忘れさられてカピカピに干からびていた20cmくらいの株を救出してきたんですが、今では直径1mくらいのこんもりとした立派な灌木に育っています。

 毎年、この季節になると沢山の花を咲かせてくれて、庭は沈丁花の香り一色になります。地味に頑張ってくれていた梅の木には気の毒ですが。

 とくに、真夜中が最高です。真っ暗でほとんど何も見えない庭に出るとき、沈丁花の香りがフワっと鮮明に漂ってくると、寒さの中を外に出ていく苦痛が和らぎ、背中を押してもらった気になります。

 我が家には、これ以外に、根腐れで死にかけていたのを植木屋さんに治療してもらって息をふきかえしたキンモクセイがあって、春秋の香りの双璧となっています。

 あと、これでクチナシの木があったら、夏にもいい香りがして最高なんですけどね。さすがにスペースがありません。

 指輪が回るほど痩せてやつれるまで仕事したら、クチナシも植えられる土地が買えるかな・・・・


 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/8
春よ来い

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 庭で梅の木が美しく香っております。

 私が越してくる前のオーナーの庭で、めちゃくちゃ虐げられて、枯れかけていたのを、現在の位置に移植して、いろいろ手をかけて、なんとか元気にしました。この10年ですっかり立派に育って、毎春、華憐な姿と香りを楽しませてくれています。

 ちょっと控えめな、儚く甘い香りが素敵なんですが、うちの子は、日当たりの関係上、ちょっと遅めの開花がアダとなってます。

 本来なら梅が終わった後から咲いてくるはずの花においつかれてしまうのです。

 まだまだ花盛りなのに、ここ数日で強力なライバルが出現して、すっかり影が薄くなってしまいました。

 淡く儚いからこそ素敵だった梅の香りも、ライバルが放つ強い芳香に、すっかりかき消され、わざわざ見上げないとそこに梅の花が咲いていることすら忘れてしまいそうです。

 可哀想なので・・

 抜けるような青空と気持ちよさそうな白い雲を背景に、記念撮影をしておきましょうかね。
                      つづく


 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/7
防災計画・ペット同伴避難

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 本日はご存知 休診日でございます。

 普段できない雑用ってのは、火曜にしかできないんですけど、その貴重な火曜日をガッツリと浪費する形で、行ってきました国分寺!!

 飼育動物診療施設開設者講習会という、東京都で開業している動物病院を対象とした講習会です。

 今回は、●●●●●●会から講師がでてましたが、さすがは期待を裏切らないポン●ツ集団。

 しっかりとゴミのような時間を過ごさせてくれました。

 元気で動けるであろう、あと20年ちょっとの私の余命の中で、2度と帰らない貴重な数時間を浪費されるこの苦痛。ある種の加害行為と言えなくもない。

 有意義な情報をわかりやすくしゃべる。講習会の講師に課せられた使命は、たったこの2点。どっちが欠けてもダメなんじゃ! できないなら壇上に立つなボケ。

 途中30分ほど意識を失ってしまい、そこだけは今日一日でいちばん有意義な時間でした。休息とれたから。

 ここでご紹介するに足る、有意義な情報はほとんどなありませんでしたので、近いうちに、あらためて、ペット同伴の避難について解説したいと思います。三鷹市市議会議員の渥美先生(中学のときのアダ名は とーちゃん)にも そのむねご指導をお願いしときましたので。11日あたりをメドにブログに情報をまとめて防災について考えたいと思います。

 さて。妖犬アシなめちゃんの世話がおわったので帰るとしますかね。

 寒の戻りで皆さま風邪などめされませんように。

  
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/6
寒の戻り

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 明日はご存知 休診日でございます。

 早朝より雑務に追われ、午後は、東京都主催の飼育動物診療施設開設者講習会という講習会にいってきます。またまた地獄の数時間。

 新しく決まった法律の講習とか、インフォームドコンセントの指導とか・・・そんな感じ。

 楽しいか楽しくないかっつったら、ぜんぜん楽しくないし、面白いか面白くないかっつったら、死ぬほどつまんない。 

 たまには 「今日は予定がはいってない火曜日だから 休もう!」ってな日があってもよさそうなもんですが。ありませんねぇ~。

 あ! 愚痴書いたらバチがあったんでしょうかね。いま、奥の部屋でうちの犬が嘔吐しはじめました。
 
 お腹が減ると 吐くんですよ。うちの犬。

 とんでもなくデカイ声で オエエエエエエ!って言うし。まき散らされる黄色い胃液の量もハンパないもんですからね。こっちの体調が悪いときにはうれしくないです。もらっちゃいそうで。

 空腹になっても、せいぜいお腹が鳴るくらいにしといてくれたらいいんですけどね。ちょっとでも餌のタイミングが遅れると吐きます。そりゃもう100%吐きます。 早は6時から吐きます。ノロウイルスに感染した爺さんが夢枕に立ったんじゃないかっつーくらいの衝撃的な目覚めです。

 カナちゃんとマユちゃんは お腹がすくと、けっこう大きな音でお腹が鳴ります。飯もくわさずに酷使しているブラック病院の院長としては心が痛む瞬間なれど、3人で大笑いして和んでます。

 お腹が空いても吐かない子たちでよかったです。双方のご両親に感謝です。

 明日から寒の戻りだそうで・・・・・。

 戻って来なくてよろしい。

 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/3/3
ひなまつりぃ~♪

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 さっき、道行く女子高生が、「飾ったお雛様は、早く片づけないと、お嫁に行き遅れるんだって」と真剣な面持ちで友達に話していました。

 お嫁に行けるか行けないかという人生の命題において、「お雛様を早く片づける事」よりも、もっと優先すべき事柄はいっぱいあるんじゃないかと思いますが、知らないオッサンがいきなりそんなツッコミを入れたら警察呼ばれるかもしれないので自粛しました。

 殊、動物業界においては、「犬はお嫁にもらってくれない」とか「実は猫もお嫁もらってくれない」とか「爬虫類に至っては入れ込みずぎると多くの人に引かれる」といった現実に、一日でも早く気が付くことが、「急いでお雛様を片付ける事」より大切だったりします。

 ただ、お嫁に行こうという意志があるだけでも立派なもんで、「動物はお嫁にもらってくれない」と薄々気が付きはじめているにも関わらず、「お嫁に行けないんじゃない。行かないんだ」とか言いだしやがりますと、もはやロマンスの神様もお手上げなのであります。

 既に父親ゆずりの「ああ言えばこう言う気質」全開な我が娘の行く末を案じ、今日は、急いでお雛様を片付けるぞと気合い十分な私であります。

 娘の行く末が心配と言えば・・・

 もうね。思わず世を拗ねてしまいそうな悲しいできごとがありました。

 身障者の方むけの様々なイベントを企画して、招待した身障者の方のお世話をするというインカレ学生サークルが、実は会費ピンハネ目的の詐欺サークルだったというね・・・。

 もうね。おじさんはがっかりですよ。

 ピュアで青いことが特権であるはずの学生が、詐欺かと。カモが身障者かと。 スーフリと同等かそれ以上に悪質だぞと。(注:意味不明な方は、和田さん・スーフリ・学生サークルで検索してみてください。嫌なものを見ることになりますけど)

 大事に育てて 大学までいかせた自分の娘がですよ。

 男性の身障者の前で愛嬌をふりまいて客寄せパンダになって、出させた会費をピンはねしてるって知ったら、私だったら悲しくて立ち直れませんわ。どこか遠い港町の小料理屋のカウンターで酔いつぶれて、翌朝、女将の部屋で目を覚ましちゃうくらい それはそれは落ち込むと思います。

 子供の心の中には 闇 を見たくないなぁ・・。

 獣医大で 野生動物! とか言ってる学生くんたちって 時々 アホだなって思いますけど、少なくともとってもピュアでいい子たちですよ。 

 同じ大学生なのになぁ・・・

 おじさん ほんとーに がっかりだよ。

 写真は、毎年恒例の鶏ワクチンに使う、注射セット。

 オトナになったら、人の役に立つ人になる。いつだってボランティアをする人になると、36年前に東京都知事に宣誓した元・東京都青少年洋上セミナー団員としては、日々、一肌脱ぎまくりで、もはや裸族といっても過言ではない生活を送っているわけでありますが、さすがに忙しさが限界だし、裸は寒いので、本年度をもって、ワクチン業務を卒業させていただきました。家畜保健衛生所への義理も十分果たせたと思いますしね。継続か卒業か迷っていた私の背中を押してくれたノアちゃんの飼い主(B)様に感謝です。

 また、今日から気持ちもあらたに 各人の持ち場にて奮闘していきたいと思います。

 今日も一日 ノビノビと。 

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター 黒タイツこと いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/2/23
猫の日!  昨日は

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 ネコの国の大使 マドモアゼルフランソワーズは猫の日に何かイベントとかなさったんでしょうかね。猫耳とかつけてチョコレートケーキでも食べてたのかな。

 で・・猫の日。

 なんか雑務に追いまくられているうちに、一日ずれてしまいましたが、猫の日にちなんで、今日は猫ネタ。

 写真は猫の爪切りの残骸です。

 いわゆる巻き爪ってやつは、ギロチン式なんかじゃ切れません。ご存知スワダの爪切りが大活躍でございます。

 巻き爪ってご存知ですよね?

 老齢や関節痛など、何等かの理由で爪とぎができなくなった猫の爪が伸びすぎちゃうヤツ。

 巻き爪の行きつく先は、「パッドに刺さって化膿して痛みで足をひきずる」という症状になります。

 切ってあげる瞬間に、痛みのあまり「うぎゃっ」と叫ぶ猫。  こっちも「ひええええええええええ」ってなります。

 私は基本的に手が器用なので、刺さった爪がグラっとして痛みが走ることのないように、ぶらさずに サクっ スパっと切るように心がけています。

 それでも、刺さった巻き爪を見ると心が痛みます。

 血がボタボタボタってなると余計に心が折れそうになります。

 写真の左上のほうに写ってる1本は、巻き爪のさらに上をいく究極の巻き爪です。もうね。初めてみましたよ。巻き爪の向こう側。

 土下座の向こう側っていうのが映画でありましたけど、巻き爪の向こう側ってのも壮絶ですよ。

 爪が巻く。パッドにささる。さらに伸びて巻いてパッドに深く食い込み、さらにさらに巻いて伸びてパッドを突き抜け、一周まわって もう一回パッドにささる・・・っていうね。

 突き抜けられた上に、内部で太い爪が押し広げて来るもんだから、パッドが広範囲に壊死。

 爪と壊死組織を除去してやったところ、指先が完全に欠損しているのがわかり、腱の残骸がひょろろ~んって垂れ下がりました。

 悪夢です。

 爪を切る前の手の写真もあるんですけどね。

 カナちゃんに相談したら、さすがにそれはお見せしないほうが・・・ってなりました。

 バカで呑気な当ブログの趣旨にそぐわない映像なので自粛。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/2/20
パンデミック・ジャパン

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 娘のクラスのどのお父さんより おケツの肌がすべすべしていると自負する獣医がお送りしております。

 
 本題。
 インフルエンザがまだまだ猛威をふるっております。娘のクラスは学級閉鎖になって、家でアニメばっかりみてやがります。

 一方で、鳥インフルエンザも同時進行で流行っております。国内の農家があちこちやられてます。

 東京都内で拾われた野鳥からも高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されちゃいまして、鳥インフルエンザウイルスの存在がより身近なものとなっています。

 双方が同じ時期に多発してる状態がよろしくありません。

 さらに!!

 鳥から人への感染は普通では起こりえないはずなのに、現在、中国では70人ちかくもの人が鳥インフルで亡くなっているそうです。ここから世界中に死亡例がひろがる可能性は低いのですが、ウイルスが変異してしまうとそうもいきません。

 とくに、人から人にうつる人型インフルに感染している最中に、運悪く鳥インフルエンザにもかかると、体内で人インフルと鳥インフルのハイブリッドが形成され、新型インフルが誕生してしまう危険性が高まります。

 死亡率はそのままで感染率アップ。もれなく人類大パニック。

 鳥から人に感染がおこっている中国の現場に、ヒトのインフルにかかった人がいると ほんとにヤバイ。本来なら生まれないはずのものが生まれてしまう。

 ちょっと前のエボラの脅威が記憶に新しですが、感染力の強さでは、インフルのほうが恐ろしいですからね。

 数年前の出来事を思い出してください。メキシコの豚型が人型に変異してから、日本に入るまで、あっという間だったでしょ? あのときは、死亡率も感染率も低くかったからあれですみましたけどね。

 学級閉鎖って、クラスで10人くらいの感染が見られたら実施されますよね。本来ならば、数日して閉鎖が解除されればクラス全員が元気で授業再開できるはず。

 しかし、高病原性鳥インフルエンザが変異した新型が流行した場合、学級閉鎖の10人の欠席は、そのうちの6人の子供が死亡することを意味します。こわいですよね。

 中国の人民のみなさん。朝起きたら太極拳をするまえに、一番で口をすすぎ、うがいをし、日常生活の中で手洗い消毒をこまめにして よく眠り、まずは人インフルエンザにかからないようにしましょう。

 かかったら 外出や人との接触をひかえましょう。

 そして、鶏を自分でさばいて食べるのも止めましょう。 爆買いは来日せずに通販でお願いします。

 日本のハンターや鷹匠のみなさん。銃猟や鷹狩でとらえたカモを食べるときには、ウイルスの飛散、肉の汚染に留意して解体作業をしましょう。肉は加熱調理しましょう。鍋料理をするときは、取り箸と自分の箸の区別を厳密に。まな板はいちいち洗ってからサラダをつくりましょう。

 もしも、獲物と格闘したあとの、嫌ぁ~なタイミングで高熱を発したら、お医者さんに、「カモをばらした後なんで、ただのインフルエンザじゃない可能性も想定しておいてください」と申告しましょう。

 都市部で細々と養鶏を行っている農家さん。完全防備のウィンドウレス鶏舎ですら発症がみられています。露天のスカスカの鶏舎は危険です。弱った鶏をみつけたら、すぐに家保に連絡して検査をうけましょう。

 人口密集地域での養鶏が開放型の鶏舎で行われているなんて事実は、農林省も知らない盲点かと思われます。都内の零細養鶏をいとなんでいる方は、インフル問題を考えるとき、卵の生産性を心配するのではなく、人口密集地域における公衆衛生上の配慮だと思って対策していただきたいと思います。

 写真は、「エイちゃん ピーンチ!」の図(涙目)

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/2/13
怪奇ゾーン・グラヴィティフォールズとかいうアニメにやられた話

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 少しだけ寒さが緩んだような・・・・。暖かいと患者さんがいらっしゃいますね。 忙しい日と暇な日の緩急に右往左往しながら、今日も頑張っております。

 で・・・ちょっとショックな事が。

 昨晩、うちの娘が寄ってきて、両方の手のひらで私の頬を包み込むようにして言うんです。

 「お年寄りの皮膚って 気持ちいい・・・」

 のぁんだとぉぉぉおおおおおおおおおおおお!

 もうね。そんな日が来るとは思ってましたけどね。予定より10年ほど早かったもんで、どうしたもんだか。ちょっと涙目。

 なんて日だっ! 今日はいったい なんて日だよ!

 思わず、その足で出家しそうになりましたけどね。

 加齢臭ネタで来られるよかダメージが少ないって自分を慰めたり。いや。そんなことで自分をごまかしてはイカンと奮い立ってみたり。お父さんの脳内 絶賛動揺中!

 今後のために、ここは一発 ビシっと言ってきかせないといけません。

 年寄りをいじめるんじゃない! 

 ぢゃなくて 

 まだまだ現役でがんばってるお父さんに何を言いやがる!! 飯抜くぞゴルアアアア ってね。

 いやぁ~ 動揺した。

 そしたらね。なんのことはありませんでした。

 クラスで流行ってるアニメがあって、主人公の妹が言ったセリフだったという つまらないオチで。

 もうね なんなんでしょうね。最近の子供向けアニメってやつは。 

 昔のアニメは情緒があったよなぁ・・・白黒のころのサイボーグ009で、子犬が改造されちゃう話とか。サリーちゃんで心臓の悪いインド人の少女が花壇で雨に打たれて危篤状態になっちゃう話とか。フランダースの犬でネロが拾った金をガメて飾り窓で豪遊する話とか。

 昔のアニメは 泣けたぞ。

 お年寄りの皮膚って 気持ちいい・・・ ってなんなんだよそのセリフは! いったい どんなシーンなんだよ。

 20年後に なつかしのアニメ特集とかいう番組で、「お年寄りの皮膚って 気持ちいい・・」ってシーンがでてきて おまえら そこでドっと湧くのか? おかしーだろ。

 良い子のみんな。 たのむ・・普通に育ってくれ。

 あ・・・・そうだ。良い子のみんなと言えば! 

 明日から獣医師国家試験ですね。
 がんばれ受験生!
 おにーさんは 君たちを応援しているぞ!

  写真は、俗に しめ殺しの木 と呼ばれる生態をもつ、亜熱帯性の樹木。 解説は次回!

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/2/10
鳥の日

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 記録的大雪という予報が出ております。

 そんなわけで ただいま、鳥の病院か! っちゅうくらいに院内に鳥の声が響き渡っております。 

 ええ。閑古鳥って鳥です。

 私のところのような街の小さなクリニックは、「忙しさ」の度合いが、季節と天気にモロに影響をうけます。

 冬の寒い雨 とかいったらもう 暇な日 確定。ふだんできない大規模片付けとか書類仕事のチャンスとなります。

 偶然、今日はNTTが回線工事に来るので、作業エリアを掃除中。  暇でちょうどよかったです。


 犬舎の夜間監視カメラの動作を最適にするために回線スピードを上げます(NTTのおねぇさんに教えてもらってはじめて知りました。カメラのどんくささが回線スピードに関連することを)

 16日には、東京都が、動物取扱業者の現場査察をしにくるので、今回の工事とあわせて、大掃除。年末年始は死んでたので、掃除できませんでしたから、いまやります。朝からユンケルとレッドブルの重ね飲みで気合いをいれております。

 それにしても。 住んでたんだなぁ・・・こんなスペースに・・・・。さすがに 今日からまたここに住めって言われても 無理だ。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/2/6
追悼

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 先日、爬虫類学の恩師である、ゴリス・リチャード先生が逝去されました。昨日は、通夜参列のため、早退させていただきました。ご来院いただいた飼い主様には、ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありませんでした。

 ゴリス先生は、長らくあちこち大病を患っておられましたが、最後の最後まで研究・教育活動に励まれ、昨年秋の「爬虫類の臨床と病理のための研究会」でも、特別講演をしてくださいました。ご挨拶の際に握った手がとても冷たくて心配でしたが、むしろ、うちのカミさんの健康状態を心配してくださって、恐縮しました。あれが最後のお別れになるとは。とても残念です。

 ゴリス先生に親しくご指導いただくようになったのは、実は爬虫類がテーマではなく、チンチラ(げっ歯類のほうの)の飼育方法を習いに、ご自宅にお伺いした事がきっかけでした。

 お葬式に、天皇陛下からお花が届くような偉い先生が、いきなり訪ねてきた若い衆に、延々3時間以上も熱心にご指導くださったことが、今となっては奇跡のようです。

 あの当時は、チンチラが一般のペットとして販売され始めたばかりの最初の時期で、扱い方そのものがわからず、店に置いた段階で死亡が相次ぐような有様でした。

 昔、私が講師をしていた専門学校の生徒が、今は無きバンビという総合ペットショップの三鷹店に就職し、次々と入荷するわけのわからん生物の扱いに手を焼いて、相談して来たのがきっかけだったと思います。

 チンチラって、元気な時でもなんとなく不憫な雰囲気を漂わせている生き物なのに、それが次々死んでいく様は必要以上に気の毒で、私も「チンチラをなんとかせねば」と思い、立ち上がりました。

 あの当時、チンチラの飼い方を正しく把握し、実践できていた日本人はおらず、唯一、ゴリス先生だけがご自宅で沢山のチンチラを(その時すでに20年以上のキャリア)飼育・繁殖しておられました。

 ゴリス先生がチンチラをアメリカから輸入された当時は、まだエアコンが家電として普及しておらず、高額な冷房装置を設置しなければいけないわけですが、それだけでは、チンチラを飼うには不十分で、先生はケージから給水装置まですべてご自分で設計・制作されていました。

 なんでもかんでもインターネットで情報をつまみ食いできて、ホームセンターにいけばいつでも生体が手にはいって、飼育の道具も餌もカンタンに手にはいる今の時代からは想像がつきません。

 インタビューを続けるうちに、「これって、一般人が飼ったらダメな生き物だな・・」という実感がズッシリとのしかかりました。取材をもとに作成した何十枚ものテキストをゴリス先生に監修していただき、許可を得て、タダで配りまくりました。売りたいだけの業界と飼いたいだけの安易な飼い主には、かなり反感を買うテキストとなりましたが、一定の効果はあったように思います。思えば、当時は飼育本なんてものそんなに存在しませんでしたからね。

 あの当時、世間はエキゾチックペットブームで、業界はイケイケのノリノリでした。

 ゴリス先生の薫陶を受けた私は、「特殊な生き物を普通の人間が飼うべきでない」という結論に至り、今日までその考えをつらぬいています。その結果、業界ともマスコミとも相いれず、経済的にはパイを蹴った感がありますが、悪事に加担せずにやってこれたという自負があります。ゴリス先生のおかげです。

 同様の薫陶を受けた恩師に、故千石正一先生がいらっしゃいます。ゴリス先生も千石先生も結婚式にご出席いいただき、公私共に可愛がっていただきました。

 その、千石先生のご命日が、実は明日、2月7日です。

 偶然とは言え、千石先生とも、秋の学会でお顔を拝見をして、それが最後のお別れで2月にお葬式でした。

 2月というのは、今後、自分にとって、特別な月となることでしょう。恩師の教えを忘れず、これからも悪事に加担することなく チャラつかず 地道に行きたいと思います。天国から、私の貧乏暇無しっぷりを見守っていてください。

 ゴリス先生。本当にありがとうございました。さようなら。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/2/1
糠床通信

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 以前、当ブログにも書きましたが、我が家の愛犬は、自家繁殖で同じ血縁を代々つないでいる「ぬかどこ」犬です。

 最初の一頭目がおりこうすぎて、亡くなってしまったときの喪失感が大きく、それを回避すべく血縁を残すことにしたのが始まりです。

 現在は2頭います。

 だいぶボケてきちゃってる11歳のアニーは、ゴールデンには珍しくたった一頭だけ産まれた一人っ子で、母犬が育児放棄したので私が人工哺乳で育てました。
 
 その娘がエイちゃんで、小金井のブリーダーさん自慢のすごいオス犬の血を引いています。エイちゃんも、そろそろ年齢的に限界なので、エイちゃんに子供を産ませようと思っています。

 自家繁殖とはいえ、交配相手はプロのブリーダーさんが飼っているオスに頼ることになります。

 交配には交配適期というものがありまして、この期間に交尾をさせないと妊娠しません。

 人間の若い人たちに言わせれば、「危険日」という罰当たりな表現になるわけですが、犬の場合、わずか数日しかない貴重な瞬間です。

 発情出血がはじまったら、毎日観察して、交配適期を割り出し、そうと決まればダッシュでブリーダーさんのところにメス犬を連れて行かないと間にあいません。

 長期間預けっぱなしで面倒をみてくれるブリーダーさんは少ないと思うので、こちらのフットワークの良さが決め手となります。

 しかし!! 残念なことに、お世話になっていた小金井のブリーダーさんが火事で亡くなってしまい、ゴールデンレトリバーの交配相手は、千葉だの茨城だの鎌倉だのといった遠方にしかみつからなくなってしまいました。

 しかも、ショードッグ命のブリーダーさんだと、家庭犬の交配なんぞ眼中にない上に、高額な交配料に加えて、様々な条件を出してくるので、あまり現実的ではなく、さらに選択肢がせばまります。

 いまの私の日常ではもう、不可能です。

 去勢をしていない家庭犬を探して交配 という手もありますが、きちんと躾けられた行儀の良い箱入り息子を交配させるのは至難の業で、私のほうに、余裕がないとできません。

 だったら、遠方だろうと、プロブリーダーの犬にサクっと交配してもらったほうがむしろ楽です。

 とうわけで、今回、うちのエイちゃんに発情がきたものの、通える距離のブリーダーさんを探している間に、どんどん時間が経ち、交配適期ギリギリのリミットを迎えてしまいました。

 こりゃ、今回もあきらめるようだな。と思っていた矢先、思わぬ救世主が現れました。

 困った動物と、動物に困った人のために命を削って頑張っておられる 名前を言ってはいけないアノ方の登場です。

 自称・永遠の28歳こと茨城の大魔王が、「知り合いがゴールデン欲しがってるから、そろそろ繁殖しろや!」と脅し電話をくれたではありませんか。

 そうか。この人がいたか! 

 「もしアナタのアジトの近所に、知り合いのブリーダーがいて、ゴールデンの雄も持ってるなんて都合のいい話があったとして、発情期間中おたくに預けっぱなしで 交配に通うのもアナタに代行してもらえませんかね?」

 という無茶振りを返してみました。

 100%ダメもとだったので、仮定に仮定を塗り固めた上にめちゃくちゃムシのいい話をのっけてみました。

 するとどうでしょう! 彼女のオトコマエ気質に火がついたのか、 「まかせろ!」と。 「調べるからちょっと待っとけ!」と。

 さらに、もともと犬のプロだった彼女の犬好き魂にも火がつき、「血統書をみせろ」「足の形とかみたいから写真おくれ」となり、中略・・で 相手もみつけてくれて、ムシのいい話も全部引き受けてくれて、すっかり段取りがととのったところで、よっしゃ!受け渡しの日を決めるぜ! ってところでタイムリミット。交配適期がおわっちゃいました。 エイちゃんのばかぁ~!

 とうわけで!  次の発情まで待っててもらえたら、写真のような可愛い子犬がやってきますよ!

 こっちを振り向いている茶色の子犬が、エイちゃんです。 今度お母さんになる予定の犬ですね。このホームページの表紙に、犬が4頭写ってますよね。一番右のは拾ったダックスですけど、ゴールデンが3頭いますよね?この真ん中の子がオトナになったエイちゃんです。

 この子と、大魔王推薦の立派なオス犬との間に生まれてくるであろう子犬を、どうか楽しみに待っていてください。

 うちに残すメス一頭と、大魔王のお知り合いのおうちに行く予定のオス一頭を確保したあと、それ以上沢山うまれる場合も想定して、絶賛口約束募集中です。

 お~い 犬いらねぇ~かぁ~

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/30
ダラスの寒い日

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 大統領に就任早々、トラちゃん。ぶっとんでますねぇ。

 未遂も含め、大統領が暗殺されることが多いアノ国で、この暴れっぷりは、むしろ立派。ある意味 勇者 と言えなくもない。まさに怖いもの知らず。

 トラちゃんったら。発注済みの戦闘機を、いまさら値切ろうとしてるらしいですからね。アンチの国民のみならず、あの国でいちばんコワイ人たちにも目をつけられてしまうかもしれません。

 そうなると気の毒なのは、シークレットサーヴィスの方たち。なんたって矢玉を受ける生きた盾となるのが、彼らのお仕事ですからね。

 映画だと、「心から尊敬できる大統領に出会えてよかった。あなたのためなら死ねる。前の奴はちょっとね。」みたいなシーンがみられる事がありますが、トラちゃんはどんなふうに思われてるんでしょうか。

 「ああ・・・今日 仕事いきたくねぇ~」って事。誰にでもあると思うんですが、トラちゃんの護衛任務についてる人たちなんか、これから毎日だと思います。

 生きて帰れないかもっていう恐怖と闘う日常。心を病むんじゃないかと。家族だってたまったもんじゃないでしょうね。トラちゃんが何か問題発言するたんびに、親戚一同で頭かかえてると思います。

 どうやって、彼らのモチベーションを維持してるんでしょう。

 危険手当や退職後の年金が跳ね上がるのか・・熱狂的支持者の中からエージェントを選ぶのか・・。あるいは、仕事の前に薬でも使うんでしょうかね。アメリカだったらやりかねない気が。

 警護任務中に出される軽食のツナサンドにはチャ○チュールが混ぜられるに違いない。

 〇ャオチュールといえば。

 このまえ、牛恵(うしえ)さんの餌を買いに、ホームセンターの餌売り場に行ったら、遭難しました。

 もうね。猫の餌とか種類多すぎ。

 ただでさえ火曜の雑用タイムは頭が朦朧としてるし、時間に追われてイライラ度マックスなのに、「なんなんだ これは!」という景色。

 色とりどりのパッケージが目に痛いし。「これしか食べないので」と指定のあったチャオチュー○は ぜんぜんみつからないし。

 結局、30分以上、彷徨した末、「天は我を見放したんかいっ!」って思い 帰宅。

 家でチャオチュ〇ルをネット検索したところ、おやつのカテゴリーだってことを知り、まさか、猫の餌売り場にオヤツ・コーナーっていう別枠の棚があったのかい?と驚愕。

 翌日の昼休みに出直してみると、ありましたよ。オヤツのコーナーが。猫缶地獄からちょっと離れたところに。そしてチ○オチュールもいました。

 ようやく手に入れたチャオチ○ールに狂喜乱舞の牛恵さんを期待したのですが、「別にっ・・・」って言われました。おまえは沢尻エリカか!

 なにしろ、猫餌売り場には驚きました。ふだん、出入りの業者から買う餌を使ってますし、入院やホテルでは、飼い主さんが普段の餌を持参されることが多いです。そのほかはネコおばさんまえにいた看護師さんが買いに行ってくれてたので、まさかあんなことになっているとは知りませんでした。

 あれって・・全部賞味期限内に消費されてるとは思えませんわ。廃棄される分も相当多いんじゃないでしょうかね。

 ちゃんと調査したほうがいいですよ。

 マグロが絶滅しそうなのは、寿司の味を覚えた中国人のせいじゃなくて、ムダにツナサンドを食う3億人のアメリカ人と先進諸国で飼われている猫のせいなんじゃないのかな・・・。
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/28
クリーン・キル

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 昨日深夜、茨城の大魔王から、「仔猫いませんかね。急ぎで」と脅し問い合わせがありました。大魔王もね、困った動物および動物で困った人のために24時間365日奮闘してますからね。今回は猫を亡くした知人のために奔走している様子。

 で・・・里親募集中の猫。

 うーん。ベッドの下の天岩戸で絶賛警戒中のオトナの猫しか思い出せず、おそるおそる「仔猫じゃないとダメですかね」と返したところ、「ダメだ」とのこと。

 いま この瞬間。仔猫を拾った方。お電話おまちしております。

 写真は猟期終了まで残すところ3週間で、大物を仕留めたロビンソンさん。

 この日はなんと2頭も仕留めたそうで、いずれも頭部を一発で仕留めたクリーン・キル。

 食用を目的とする狩猟では、内臓の損傷がなく、同時に、血抜きも十分にできる急所に弾を命中させることが理想で、そういう仕留め方をクリーン・キルと言うそうです。

 対照的な言葉に、半矢というのがあり、動物は重症をおいつつも逃げ回り、余計な苦しみを与えるばかりか、肉質も悪化し、ヘタをすると回収不能となり、無駄な殺生になることもあります。

 さすがロビンソンさん。ぱちんこ玉は外しても鉄砲玉は外さない。クリーン・キルの達人でございます。

 さて。琉球イノシシは、内地のイノシシ(100kgを超えることも多い)に比べてとても小さいので、30kgでも大物です。閲覧注意な写真なので、一部画像を可愛く加工してみました。(ピグリンブラント寄生獣風)

 同種内における生物の小型化を招く要因として、南方に分布することと、島嶼に分布することが知られていますが、リュウキュウイノシシはどっちにも該当するので、とっても小さいんだと思います。

 肉の味は、内地のイノシシよりも琉球イノシシのほうが格段に良いそうです。

 なお、ロビンソン小屋情報では、DNA研究の結果、ヤエヤマのリュウキュウイノシシは沖縄本島のリュウキュウイノシシとは違う系統らしいです。

 もしかしたら、本島のものより八重山のイノシシのほうがさらに美味しいのかもしれません。

 美味しいから刺身で食べちゃうって人も多いようですが、八重山でもイノシシの生食によるヒトの感染症が報告されてますから、皆さま、旅行の際にはご注意を。

 とかなんとかやっているうちに、この記事をアップロードする前にマドモアゼル・フランソワーズがベッド下の天岩戸に立てこもる猫パンチをつれていらっしゃいましたね。私、なんか電波みたいなもの飛ばしましたかね・・・不思議。聞けはこの方、一夜のみの掲載で消滅したササミフライの記事も、ちゃんと読んでいてくださっとか。 感謝です。

 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/26
お仕事の心

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日、病院のネット環境の変更について、NTTの人とやりとりをしたんですが、この方。素晴らしくお仕事のできる方で感動しました。

 なにしろ、ネットとかパソコンとか携帯とかに全くうとい私なので、そもそもの会話が成り立たちにくいんですけどね。 よくぞこんな意識不明な奴を相手に話をまとめられたもんだと。 いかにも 仕事できる!って感じの人でした。

 キレ気味に迷走するおじいちゃんに、手とり足とり寄り添って、いったい何が問題で、何をすればいいのか、辛抱強く解決の糸口をみつけていく郵便局員さんのような仕事ぶりといったらわかりやすいでしょうか。

 これは、私のパソコン環境をかれこれ20年ちかくサポートしてくださっている、有)CPUの服部さんにも言えることで、知識の引き出しが豊富なだけじゃなくて、わからんチンな顧客の理解レベルまでちゃんと降りて来てくれる柔軟性が素晴らしいです。

 あとは、困ってる相手をなんとかして助けてやろうって、気持ちですかね。仕事をする上での心のありようとでもいいますか。そういうのって、こっちが無力であればあるほど、ありがた~く実感できますよね。

 私も初心を忘れずに、患者さんと向き合おうって思いをあらたにました。 

 写真は、ワンコの耳の穴の中に生えてた毛。

 すごい量でしょ。耳の穴の中の奥深くからどんどん生えて来て、穴からあふれ出して もう ふっさふさ。 耳の穴がどこだか全くわかりません。

 これだけの耳毛をおとなしく抜かせてくれて、大変 忍耐強いワンコでございました。ありがとう!

 ほんとは ロビンソンさんが仕留めたイノシシの写真をのせたかったんですけど、ある意味ショッキング映像なんで自粛。旨そうな琉球イノシシでした。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/25

油性で行け!

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 先日、とある病院の待合室に、意識高い系ビジネスマンが読む雑誌がおいてあったので、斜め読みしていたところ、「手にメモを書き込む奴は無能である」という見出しがデカデカと載っていました。

 ページをめくる私の手の甲には、「医者にいくこと」とか「Jマート 猫砂」とか書いてあります。あはは。 

 どこのどなたのご高説が存じませんが、無能で悪ぅござんしたね。

 私なんかはもう 意識高いどころか ほとんど意識不明なんじゃないかっつーくらい。世の中の趨勢から目をそらして、独自路線を黙々と匍匐前進しております。もうね、先頭を走るどころか 立って歩くことすら放棄。

 まぁ 重心を低くしていたら、足元をすくわれる危険性が減るかもしれないですしね。

 写真は、娘の朝食のバナナを買ってこいという指令を午前中の早い段階で受け、帰宅時に覚えていられるわけがないので、「バナナ」と書いたまま一日仕事をするの図。

 せめて、帰宅直前に指示をいただけると、「バナナって描いてある獣医でいる時間」が短縮できるんですけどね。

 帰りに寄ったスーパーのレジのおねーさん。

 「バナナって描いてある奴がバナナだけ買っていく姿」をみて、ちょっとウケてました。ささやかな笑いを提供できてよかったです。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/23

17歳とは気づかずに・・

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 毎日 バタバタしておりましたら、すっかり更新が滞ってしまいました。

 寒いですねぇ。大寒ですよ。大寒。プラセボでもいいから早く2月4日を迎えて、春だと思いたい。

 老齢動物や、小鳥などの小動物が寒さにやられて、ぞくぞく来院しています。検査だ薬だとやる前に、まずは自宅に保温体制をつくってもらわないといけません。冷え切ってマトモに代謝できてない生き物に、なんの薬をあたえたって効きやしませんからね。

 そろそろ保温のやり方を解説したパンフレット作ろうかなと思います。

 さて。 むりやりタイトル関連のお話。

 生臭坊主って言葉がありますが、生臭神職ってのもいるんだなと、ニュースを見て笑っちゃいました。

 彼の場合、実家の神社のご神木が倒れて社殿が潰れたという事件が去年ありましたが、こんだけ目に見える派手な神罰があったにもかかわらず、全くブレることなく素行を改めない生き様。 こうなるともう プロの罰当たり とでもいいましょうか。逆にご利益がありそうです。

 彼にご祈祷してもらったら、見た目がアレな男性でもモテるようになるとか、もともとニブかった人に野生のカンが芽生えるとか、いろいろいい事がありそうです。謹慎中は実家で神職についてる可能性が高いですから、暇な人はお参りにいってみてください。

 私たちの分野だと、17歳だとは知らずに・・っていうエピソードは、ほぼないのですが、逆に17歳と知ってて麻酔をかけなきゃならないという恐ろしい出来事があります。

 無事に縫合が終わり、麻酔を切って、包帯をして、覚醒して気管チューブを抜いた瞬間の安堵感といったらありません。とりあえず術中死は免れた・・・。神様ありがとーございますぅ~って。

 この獣医、神頼みなのかよ。って思われるとまずいので、言い訳しときますけど、ちゃんとやるべきことをやった末での神様への感謝ですので、誤解なきようお願いします。

 でも、手術ってのは切りっぱなしじゃありませんからね。術後合併症なんてのもあるし。相手は動物だから、安静にできずに何しでかすかわからないし。

 2週間くらいして、傷も癒えて、問題も解決できて、抜糸も済んだところで、ようやく生きた心地がします。

 手術だけじゃなく、重症症例が続くと、トータルで 生きた心地がしてるの日の方が少なかったりして・・・・。 

 写真は、西表島の神々しい夕日。

 手を合わせて得られるご利益は・・・おさかなが釣れる とか イノシシが捕れる とか。

 やさぐれた獣医が、つかのま生きた心地を取り戻すのにも役立ちます。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/14
ササミフライがぁぁぁぁぁぁ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 昨日更新した記事を、パソコンの操作を誤り、全部消しちまいました。 あはは。

 画像のところに、総菜売り場で買った、ササミフライの写真を乗っけていたのですが、それが無くなっているのに気が付いた私の心の叫びを、本日のタイトルとさせていただきました。

 もうね。なんというか。誰も最後まで読まないだろうってくらいの長文でしたからね。「はーぷさぷらい徒然日記」も真っ青な熱く語る長文。

 きっとパソコンの神様が、「長げぇよ!」って思ったんでしょうね。 まさかの消滅。

 ただし、かろうじて昨日中に読んでくださった方もおられたようで・・・。

 マダム・ジャカランダからは、「タルタルソースはもっと沢山かけるように。鶏肉は塩こうじにつけると柔らかくなるし旨味も出る。」という助言をいただきました。

 さすがはお婆ちゃんの知恵袋博識。アドバイスがいつも具体的ですね。

 塩麹ね。たしかにそれはいいアイディアです。
 柔らかくなって旨味が増すんだったら、軟化剤とたんぱく加水分解物は不要になりますね。

 もういっぺん書く気力がないので、書きませんが、いただいた助言を踏まえてのまとめ。

 スーパーの総菜コーナーやコンビニの揚げ物は、結着剤・軟化剤・たんぱく加水分解物の使用をやめ、廃棄直前の乾燥麹を利用して売れ残りの鶏肉を処理し、フライや唐揚げにすべし。もちろん食中毒の発生予防には十分に留意すること。  以上!

 文章は消えちゃったけど、ササミフライの写真だけは残ってたので、のせときます。

 ちなみに タルタルソースは、私がかけたんじゃなくて この状態で売ってたんです。なにもかもが見せかけな食べ物ですわ。
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/9
成人式

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 寒いですねぇ。 

 新成人の諸君。
 なんとなく天気がもちそうでよかったね!

 区長・市長のスピーチは、大抵つまんないと相場が決まってるから、暴れたりしちゃダメだよ! 

 動画を撮りたいばかりに暴れる子もいるかと思うけど、あとで逮捕されちゃうからやめよーね。

 文庫で出かけたはずなのに蝶で朝帰りすると、お父さんが首くくりたくなるから、今日は、なるべく早くおうちに帰ってあげてね。

 さてと。今日も一日がんばろう。

 っていってる間に 妙に暖かくなりましたね。新成人に幸多かれ。
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/6
夏日

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 昨日から寒の入りをしまして、2月3日まで 寒中 でございます。聞いただけで寒いです。

 このあと、延々と寒さが続きます。2月4日に立春とか言われてもピンときませんし、3月6日に啓蟄って言われても、鍬で崖を掘ったらムカデとかトカゲとか普通に寝てますからね。

 やっぱ、3月21日の春分くらいにならないと、冬が終わった気がしませんわ。昔の人の暦って、農業計画のためって言われますけど、まともな防寒設備がない中、へたすりゃ死んじゃう世界の中で、気持ちを奮い立たせる意味で、2月だってぇのに「もう春だぁああああ」とか言い張っていたんじゃないかと思います。

 冬といえば。
 獣医大の六年生にとって、今は思いっきり寒い季節です。2月14日15日までが激寒の冬本番。3月10日までナマ殺し気分の冬。私たちの時とは、ちょっと日程が違ってまして、受験終了から発表までのナマ殺し期間が長くて気の毒です。もう30年近い時間が経過してますが、今、思い起こしても、しみじみ嫌な記憶です。

 でも、なんとかなるから大丈夫だ! 
 健康にだけ気をつけて、みんなとおんなじことやってりゃ大丈夫。出題者も、数を減らしてふるい落とすつもりで出題してないから大丈夫!そもそも出題者全員が、教え子である君たち学生を、心から大事に思っている大学教授の皆さんなわけだし。点数の正規分布の右にいる必要無し!最下位で合格してもその後の人生モーマンタイ!

 頑張れ受験生! 平常心だ!

 写真は、寒の入りの当日に、「夏みたいな暑さ」というタイトルで届いた景色。5分でいいから西表で過ごしたいです。ドラエモンを見つけたら、ノビ太をボコボコにして、「どこでもドア」だけ没収しようと思います。

 受験生諸君はこの景色で心を癒し、もうすぐ春だ!って心を奮い立たせてくれたまえ。やまなかった雨はねぇぞ!

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/3
明日から診療再開です

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 三が日の最終日も、残すところあと数時間。

 いまビーグルさんが帰ったので、これから明日に備えて院内清掃です。

 暮れの混沌が残ったままなので、いまさら大掃除! みたいな感じでございます。

 あと3か月だけ頑張ればマユちゃんが来てくれますからね。カナちゃんの負担もだいぶ減って、私も楽になることでしょう。

 まぁ こんな感じの年末年始でしたが、なんとか時間を捻出して、娘をつれて映画を観てきました。

 クラスのほとんどのお友達が観おわっている中、ひとり取り残されつつ、あきらめておったそうですが、テレビCMで、「年末年始もやってます!」とか言われ・・。ちょっと未練がましいリアクションをする娘。

 「DVD出たらみよっと・・・ 」って、めんどくせー女だな。観たいなら素直に連れてってくださいって言わんかい!!

 ちなみに、秋に行った、宮崎の野生動物医学会への道々、本屋で手にしたノベライズを読み、その壮絶な尻切れトンボさに怒りを覚えていた私は、絶対に映画は観ないと決めていたわけですが、かれこれ半年もロングランをやってるからには何かワケがあるんだろうと思いなおしたのでありました。

 で!急遽、行ってきましたよ。大ヒットアニメ「何だチミは?」

 ここでゴジラの時みたいにネタバレすると、まだ観ていないらしい茨城の大魔王が病院のドアに怒りの落書きをしにくるそうなので詳細は伏せますが、大ヒットしてるだけあって、普通にいい映画でした。シン・ゴジラよかよかったかも。

 通勤の車の中で聞くラジオで、これでもか!って流れてた曲は、この映画のサントラだったのね・・ってこともはじめて知りました。 ラッド・ウィンプス?っての? 読めないや。

 読めないのが気持ち悪いので、このバンドについて調べたら、ウィンプってのがヘタレって意味らしく、それを知ったらもう、バンドなんかそっちのけ。昔なつかしのアニメ。ポパイに出てくる、ハンバーガー中毒のオジサンの名前が理解できました。数十年の時を経た、いきなりの フニオチ です。

 知ってます? ポパイってアニメ。
 カナちゃんは知らないだろうな。

 「来週の火曜日にはきっと返すから、ハンバーガーおごってくれよぉ~ 」って、いかにもマヌケな喋り方をする太ったオジサンが出てくるんですけどね。 そのオジサンがウィンピーっていうんですよ。さしずめ ダメオヤジってことだったんでしょうね。

 ダメオヤジっていうと昭和な私は、別の残酷漫画を思い出しちゃいますけど まぁ それはいいや。

 それにしても、ウィンピーおじさん。 なぜ返済がいつも決まって来週の火曜なのか謎です。きっと返すって、金で返すつもりなのか、ハンバーガーをおごり返してくるのか謎です。さらに言うならポパイが彼にハンバーガーをおごってやったシーンが記憶にない。口をひらけば同じ事しか言わないから、相手にされてないんですかね。昔の記憶なので謎は深まるばかり。

 ちなみに、ウィンピーが食べてたハンバーガーって物体は、私の子供の頃には身近に存在してませんでしたからね。マクドナルド2号店が吉祥寺のサンロードにできるまでは、いったいどんな食べ物なんだろうって、ほんとに興味津々でした。

 カートゥーンの食べ物つながりで思い出しましたが、ライオンのリッピーとハイエナのハーディが食べまくってた「ピザパイ」ってのも、当時はどんな食べ物かわからなくて、羨望の的でした。絵からすると、どう見てもアップルパイのような形だったので、実際のピザを知る今となって思えば、あれは異訳だったのかな・・・と思ってます。

 リッピーといえば、去年の今頃、ウサギのラッピーに急死されて、飼い主の女性獣医と一緒に解剖した思い出がよみがえりました・・・泣いてる飼い主と一緒にウサギを解剖するっての、なんともつらい時間でしたわ。

 脳が疲れていると、話がどこまでも飛んでいきますね。

 もどりましょう。

 落書きが怖いので詳しくは書きませんが、まだ観てない人は、お勧めの映画でしたよ。「何だチミは?」。

 神木くんもよかったし、なにげで長澤まさみさんがいい味だしてましたね。 あ・・大魔王が落書きに来るからやめとこ。

 達筆な落書きが怖いから題名もオブラートに包んどきました。相当デカイ字で落書きしやがると思うんですよね。もう 金返せドロボーばりの勢いで。黒々と書くにちがいない。

 それから、この映画。先にノベライズを読んでから観ると、本編で説明されてない背景がちゃんと補完されるのでオススメです。また、ノベライズだけ読んで、あまりの尻切れトンボ感に激怒した人は、映画を観るとぜんぶ解決しますので、あと一歩踏み出してみてください。

 しかしまぁ 最近のガキはこんなややこしいドラマをホントに理解できてんのかね・・・ おそろしや。

 写真は 綺麗なので引き続き西表の海と空と雲!

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2017/1/1
あけまして おめでとうございます

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 あけましておめでとうございます。

 お預かり以後、ひたすらじっとしていたビーグル。高齢だし、眠ってばかりなのは しょーがないかなと思っていましたが、場慣れしてきたのか、パオパオいいはじめました。おむつの換えどきに鳴いてくれると便利なんですけどね。

 元日の一発目は、綺麗な写真でいっときましょう。

  
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/31
良いお年を!

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 大晦日でございます。

 西表島から素敵な写真が届いたので 貼っときます。

 では 4日に!

  
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/30
たずね人

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

  数年来、行方がわからなくなっていた、友人の 御用納め君が、昨年、どうやらお父さんの仕事の都合でアメリカに引っ越していたらしい ということが判明しましたが、その後、まったく帰国する気配もないままちょうど一年が経過しました。

 ところが、今朝になり、その御用納め君がアメリカで失踪していたことがわかりました。事件に巻き込まれた可能性もあるとして、現地の警察で、捜査が行われているようですが、これでまた 御用納め君とは「益々の疎遠」ということになってしまいました。

 御用納め君。どうしてるのかな。はやく帰ってきてほしいな。

 御用納め君って何?と、この楽屋落ち的ブログが理解不能で気持ち悪い方は、去年の今頃の記事を掘り返していただければと思います。時系列が逆順のブログなので、非常に読みづらいですが、よろしくお願いします。

 さて そろそろ 可愛いビーグルが到着するころだ・・では 失礼。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/29
よいお年を!

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

  本日、年内最終日でございます。
 正確には あと45分。
 明日からカナちゃんも来ませんので、外来は診れません。

 私が無事、生きてたら 年明けの4日に外来を診はじめます。

 それまで どの子も元気でいてください。

 ちなみに、牛恵やらなんやらのケアで、ずっと病院には来ますが、私独りなので、採血ひとつできませんから、外来治療には対応できません。

 シャッターが開いていてもドアは開けないようにお願いします。 餌だけ とか 薬だけ とかも 対応しかねますので よろしくお願いします。


 来る、酉年が、皆さまにとって、実り多い、良い年でありますように。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/28
トリヒナ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

  ノロウイルスが流行ってますねぇ。正式な警報が出たそうですよ。

 ノロウイルス感染症も、予防ワクチンがあればいいのに。って思います。

 なにしろ、ノロウイルスはもうカンベンです。あの苦しさったらありませんからね。

 昔、症状がピークのタイミングで、環境省の仕事で石川県に出張にいったことがあるのですが、あの時は、ホントに死ぬかと思いました。

 もうね。一生ぶん公衆トイレに駆け込んだ感がありますよ。人生のうちで一番長い距離を内股で歩いた気がする。すごい小刻みな歩調で。なんなら無意識におケツを手で押さえてたかもしれない。

 まわりに配慮しなくちゃいけないから、持参のスプレーで手やら触ったものやらを消毒しまくりながらの移動ですからね。知らない人からみたら明らかに不審者ですわ。

 そんな状態ですからね。いつ講師が壇上でリバース&リークという惨劇を起こしても不思議じゃない。

 最前列に座った方は、自らの勤勉さを後悔することになったと思います。

 幸い、そうはならずに、なんとか気合いと根性で乗り越えましたけど、まさに紙一重でかわせた感じ。あやうく恥ずかしい伝説を残すところでした。

 脳内で変な物質が出てたのか、逆に、ハートに火がついた講習会になって、仕事としては上出来でした。聴講者アンケートに「おもしろかった!」と書いてくださった方が多かったので、心の救いになりました。

 帰りに、上野動物園の獣医さんと能登の寒ブリで一杯やるのを楽しみにしてたのに、自分の出番が終わるや否や、ダッシュで帰りましたわ。

 いま思い出しても冷や汗もんです。

 ちなみに、ノロウイルスが死滅するレベルまで加熱したカキって、もはや食べごろじゃないですからね。食べてみて、プリプリ感のある美味しいカキってのは、裏を返せばリスキーな調理状態って考えられなくもありません。

 カキの生産者の皆様には申し訳ないですけど、とりあえず 今はカキフライすら食べないのがいいのかな・・って思います。

 で!食い物を十分に加熱調理する話のついでにクマの話。

 イタリア料理屋でヒグマを食べた客が、旋毛虫症になってしまったというニュースがありましたね。

 私たち獣医にとっては旋毛虫という名前より、トリヒナという俗称のほうがなじみが深いので、今日のタイトルにはトリヒナと書きました。

 十分に火のとおってないクマの肉なんか食べたらトリヒナになっちゃうよ なんてことは、常識中の常識で、1年生だって知ってる話です(麻布大学では)。

 まぁ 出された客は、プロが調理してんだから、正しく調理してるだろうと思うでしょうから、気の毒な話です。

 このシェフはどういうつもりでヒグマを調理したんだか、チャンスがあったら、直接会って聞いてみたいくらいです。

 そもそも イタリアにクマを食する習慣があるのだろうか・・・・。ヨーロッパヒグマってイタリアに棲息してたっけかな・・・。

 なにしろ、イタリア料理屋でヒグマが出てくることに驚きを隠せません。

 みなさんも クマを食べるときには、これ以上ないくらいに火をとおして(美味しい焼き加減なうちはダメだと思っていただいてかまいませんから)、旨いとか旨くないとかじゃなくて、クマを食べたという思い出だけを追求するようにしてください。

 なんて書いてる途中で、なんと!マドモアゼル・フランソワーズが遊びに来てくださいました。

 牛恵ちゃんの話。ちゃんと読んだぞと。

 彼女のブログにも書いてありましたけど、わざわざそれを伝えに来てくださいました。ありがとうございます。

 また 遊びに来てくださいねぇ~。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/25
クリスマスの奇跡 聖なる石を摘出せよ!

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

  皆さま。メリークリスマス。

 楽しく お過ごしですか?

 私は今日も楽しく仕事でございます。もうね。なんというか。ぶっちゃけクリスマスとか盆暮れ正月とか、ほぼ関係ないですから。うちの娘にも、早い段階から「サンタはいねぇ。」と教えています。ついでに教えた「ディズニーランドなんてものは存在しねぇ。だから夢の国っていわれてるんだ」ってのは、お友達の自慢話のせいで速攻でバレちゃったんで残念です。

 でもね。今日は特別な日なんだなぁって思う、びっくりな手術がありましたよ。本来は、膀胱で悪さをすべき物体が、なぜか直腸につまって致死的な便秘となった、でっかいトカゲの手術。

 膀胱から降りてきた尿石が、いったん総排泄腔におりてきて、そこから逆行して直腸内に移動して腸閉塞を起こしたという。まさにクリスマスの奇跡って感じの症例でした。

 街では、恋人たちがいそいそとオサレな外食なんぞに出かけていってるってぇのに、カナちゃんなんかは オッサンにつきあって、でっかいトカゲのウンコの片付けですよ。 

 ほんとにごめんよぉ。

 なんか、今年は、クリボッチなんていう言葉が出回ってるそうですね。クリスマスを一人で過ごす人をさらに追い込んで、なんらかの購買意欲なり消費活動に走らせようという、悪い魂胆がみえみえの単語でございます。クリボッチの皆さん! 気にしなくていいんですよぉ。無理してコンビニのチキンなんか食わなくていいんですからね!

 それから・・・
 クリスマスを一人で過ごす男性が、幸せなカップルたちを呪うヘイトスピーチを繰り返しながら行進するというデモも恒例行事になっているそうで・・・。いっそ集まった奴らどうしで友達になって飲み行きゃいいじゃんって思いますけどね。

 さて。
 写真の白黒猫は うちのブレちゃんじゃありません。

 名前がね。最高だったんでご紹介します。

 牛恵 ちゃんです!

 ええ。 うしえ。 うしえちゃんです。

 昭和のアイドル臭ぷんぷんのネーミングセンス。カルテを見て笑っちゃいました。

 もうね・・いい名前をつけようとか、そういう意志を全く感じられませんよね。はなっから 全力でふざけにいってます。 この振り切れた感じが潔くて好き。

 なんか 私の心のツボをとらえて離さないこの名前。お世話をするときには、「うっし・えっ!うっし・えっ!うっし・えっ!」と、牛恵コールを叫びながら作業しております。いちいち にゃぁ~って返事するのでおもろいです。

 いまこの瞬間・・独りで漫画を読み、バレェを観賞しフィギュアを作り、至福の時を過ごしていらっしゃるであろう孤高の美女に贈る 猫ネタでございました。

 次回は、「クマを食べるときには よく火を通せ!」をお送りしたいと思います。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/22
ブログ 復活

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

  ご無沙汰でございます。

 ご無沙汰してるうちに、世間ではビストロスマップも終わっちゃうし、ガッキーのドラマも終わっちゃうし、大阪城も落ちちゃったし、尿がお茶にすり替わっちゃうし。私・・すっかり世間から取り残されております。

 ガッキーのドラマ。皆さんごらんになりました?  
 私・・・みてないんですよぉ。ただの1話も。この秋最大の痛恨のエラーでございます。

 ちなみに あまりにブログがご無沙汰だったものですから、マダム・ジャカランダから、「おい! 大丈夫か?」と生死を確認するメールがきちゃいましたよ。

 私の場合、ブログを書くのにいくつか条件がございましてね。

 まず、元気かどうか。もうね。いろんな意味で元気じゃありませんでしたよ。この数週間。矢吹ジョーでいったら真っ白な灰になるんじゃないかっつーくらいにスカスカでございました。たぶんね・・出されたお茶が尿にすり替わってても気が付かないレベルだったと思います。朝一のやつだと体にいいって話もありますが。

 次に、楽しい気分かどうか。基本、ためになる情報ゼロの、小ネタをはさみつつのふざけたブログでございますから、書き手の気分も ある程度、楽しくないといけません。テンションでいったら、くまもん以上、フナッシー未満なところで書き込みをしたいわけですが、ここしばらく、ヒロシか鉄拳くらいのテンションでございました。ヒロシっても猫のほうじゃなくて、ぼやく方のヒロシですから。

 最後にネタの有る無し。ためになる情報ゼロながらも、悪あがき的に、プチ情報を発信しておりますので、なんかネタがないと書けない。まぁ ブログの基本ですわな。ただし! ネタはね・・・あるんですよ。でも、上記の2条件がそろわないとそれが文章になっていかないわけです。

 そんなわけで、いちおう7割方復活しましたので、次回こそ、マドモアゼル・フランソワーズも喜んでくれるにちがいない 猫ネタ でいきたいと思います。

 取り急ぎ ご挨拶まで(笑)

 追伸:このホームページをご覧になって来院される新患の方が沢山いらっしゃることに驚きを隠せません。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/09
並って....

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

  よく晴れましたねぇ。

 NHKに言わせると、今日は11月中旬並の暖かさだそうですよ。そう言われても、どんだけ暖かいのかピンときませんけどね。

 たしか 10月くらいには11月中旬並の寒さとなりそうですとか言ってた日もあったし。

 なんか 責任のなすりあいをする役所仕事みたいな表現ですよね。

 どんだけ寒いのか どんだけ暖かいのか ちゃんと自分の言葉で説明しろや!って思います。

 なにしろ今日は暖かいわけですが、小動物をお飼いの皆さまは、こういう日こそ要注意です。夜間・明け方は絶対に冷え込みますから、温度ギャップが大変危険。

 去年は無事に越冬できたとか 何の安心材料にもなりゃしませんからね。1年たちゃ 1年歳をとって老化するわけですし。

 なお、現在、私の眼鏡には左の鼻当てがありません。
 
 顔に、とても違和感があるようで、気になってしかたないけど 気をつかってくださって言い出せない飼い主さんもおられるようです。皆さんの視線の先と表情でわかります。 

 昨日、ついに、勇気ある小学生が「なんでですか?」と聞いてきました。

 はい。お答えしましょう。

 先日、眼鏡をつけたままシャツを脱いだら折れました。吉祥寺の眼鏡のイワキに修理にいったら、本日、金曜日にパーツが入って、なおせるとのこと。

 が! 業者の手違いでパーツの入荷は月曜となったそうです。

 なので、月曜の昼までは 眼鏡の壊れた獣医 として皆さまの前にたちますが、視力は維持できてますし 決して怪しい者ではございませんので、どうか 気を楽に、受診してください。

 鼻毛が出ていても、チャックが開いていても、キャバリア柄のトランクスに人知れず大穴が開いていても、私はいつもの私です。動物のことならお気軽になんでも相談してください。
 
 画像は、引き続き 年末年始の休診のご案内です。フードとお薬の在庫確認はお早目に!

 次回は 羽生君の大活躍で楽しい年末をお過ごしであろうマドモアゼル・フランソワーズが喜びそうな、可愛い猫の話題でも・・・ 名前がね。いいんですよ。この猫。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/02
シカ肉 イノシシ肉 トナカイ・ピザ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 画像がそのままなので、更新に気が付かれない可能性がありますが、安心してください。ちゃんと更新されてますよ。

 今朝のNHKニュースで、作物や植林地帯を荒らす、シカやイノシシの駆除の話が紹介されていました。

 いままで捨てていた肉を、食用として活用する話でしたが、一般の食料品マーケットにもシカやイノシシの肉が並ぶようになり、人気も上々とのことでした。

 しつこいようですが 念のため、再び注意喚起をしておきたいと思います。

 これらの肉は、あくまでも野生動物の肉です。

 生食はもってのほか。不十分な加熱もダメ。レアとかありえません。

 そして、肉をいじった手、使った道具は、直接的にも間接的にも他の食材や食器にふれないように。

 野生動物の生肉をあつかった手や箸やまな板で、そのままサラダをいじっちゃいけません。

 実際にキケンがおよぶ確率は高くはありませんが、一般的な食用肉よりはリスキーですのでご注意を。

 それから、このまえ書いた、トナカイがピザを運んでくる話。私の冗談だと思っていた人がいて、ネットで調べたら、本当だったので驚いたと連絡をいただきました。

 つまり、我々動物のプロからしたら、ありえない企画であって、また石橋がバカな冗談を言っているのだろうと思ったわけです。 

 実際にネット上では動画なんかも公開されておりまして、はじめてトナカイに触りますみたいな若い衆が、おっかなびっくり運搬の工夫について検討している姿がうつっています。

 たとえば乗馬について考えてみてください。生まれて初めて馬にのせられた人が、都心の公道を上手に走れます?

 たとえば。
 大河ドラマの合戦のワンシーンをとるために、俳優さんたちは何鞍も(レッスンの単位。ひとくら ふたくら と数えます)、おけつの皮がどうかなるまで乗馬の特訓をうけるのです。にもかかわらず できあがったシーンをよくみりゃ、ただ直線を走るだけですよ。地面には落馬にそなえて、さまざまな安全策がほどこしてあります。

 よく調教された馬への乗馬ですら、素人だと難しいのに、トナカイですからね・・。

 素敵なアイディアをひねりだしたおりこうな上司に命令されて難題と向き合う社員も気の毒ですが、なんといってもトナカイがかわいそー。暴走したトナカイと事故っちゃっうかもしれない車はもっとかわいそー。

 トカナイさわった手で渡されたピザから なんかもらっちゃって えらいことになっちゃうかもしれない子供さんとかお年寄りとか かわいそー。

 って・・あくまでも可能性の話ですけどね。

 とか書いてる間に、新しいニュースが飛び込んできました。  トナカイ計画 中止だそうです。

 上手に運搬できそうにないとのこと。

 そりゃそーだ。おっかなびっくりのピザ屋の兄ぃちゃんにトナカイを御せるわけないもの。

 でもまぁ なんか問題が起きる前でよかったじゃないですか。めでたし めでたし。

 引き返すことも大事だよ。ド○ノピザ グッジョブ!

 画像は、引き続き 年末年始の休診のご案内です。フードとお薬の在庫確認はお早目に!


 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/12/01
年末年始のお知らせ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 早くも12月ですねぇ。

 私の12月の楽しみは、カモの肉を食べること。

 クリスマスはチキンを焼きますが、誕生日と年越し蕎麦とお正月のごちそうは カモ です。

 初夏に庭で収穫しておいたブラックベリーのソースをかけたローストは最高で、ワインが進みすぎてキケンです。

 カモといえば・・

 ずいぶん昔、公園で行き倒れていたアヒルが勤務先に保護されてきたんですけどね。もう 全身ウジだらけで瀕死のアヒル。激しい腐敗臭とそこらじゅうを這いまわるウジ。にげまどう獣医さんたち。

 保護されたアヒルは、バリケンっていう種類の、見た目が超不細工なアヒルなんですけど、当時の勤務先では鳥を診ないし、獣医さんたちも鳥の名前とか知らないから、私がそのアヒルをみて「お!バリケンですね」と言ったところ、思いっきりキョトンとされました。

 犬を運ぶキャリーで、バリーケンネルっていうブランドがあって、これを通称、バリケンといいます。当時は、犬を運ぶキャリーはこのバリケンくらいしかなく、どこの動物病院にも、バリケンがおいてありました。

 勤務先の病院でも バリケン といったら、犬のキャリー以外にありませんから、瀕死の腐ったアヒルを指して、バリケンだ!という新人を、諸先輩方は、おまえ大丈夫か?という目でみていたようです。わけわからない事を言ってないでこれをなんとかしろ!と、ウジの処理とアヒルの世話を丸投げされました(笑)

 で・・このバリケンというアヒル。なにしろ模様も汚いし、顔も不細工。公園の池に泳いでいるのを時々みかけますが、全く癒されませんし、普通のアヒルより大きいので家庭のペット向きでもありません。

 いったいこのアヒルの家禽としてのニーズって何なんだろうと、子供のころから長年の謎でした。

 ところが、最近になって、12月に、養殖家からカモを買うようになって、その謎がとけました。

 養殖家のホームページの製品紹介で、「フランスでカモ料理といったらこの品種。大きくて肉質が良い最高級の食用カモです」 と褒めちぎられている、バルバリー種というのがありまして・・・ 実際に取り寄せて食べてみると、これがまぁ絶品で。

 あまりに美味しいので バルバリー種についてググってみたところ・・・・・ げげげげげげげ!! これ バリケンじゃん!! 

 この可愛くないアヒルの使用目的というか存在意義がはじめてわかりました。食用品種だったのね・・・。

 アヒルだとばっかり思ってたけど、カテゴリーは カモ だったのね。不細工だと思ってたけど、美味しかったのね。
 
 はやく 届かないかなぁ~  バリケン。

 ある日、保護されてきたら ど~しよ~かなぁ~(悪魔のささやき)。

 画像は、年末年始の休診のご案内です。フードとお薬の在庫確認はお早目に!


 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/11/25
アウトブレイク

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 雪が降りましたねぇ。11月に。

 ちまたでは、早くもインフルエンザとノロウイルスが猛威をふるっているそうで。みなさま、手洗いとうがいと、節制による体力維持を心がけてくださいませ。

 獣医業界では、野鳥や動物園動物に高病原性鳥インフルエンザが検出されて、大騒ぎとなっております。

 特に、今回、コクチョウとシロフクロウに感染が見られた秋田県の大森山動物園では、国の天然記念物のニホンイヌワシが多数飼育されており、安否が心配されています。

 その中に、日本最高齢のニホンイヌワシ(おそらく世界最高齢)といわれている、鳥海君がいます。このイヌワシは、日本の野生動物保護のシンボルとしての存在感が大きく、なんとしても生き延びて欲しいと思います。

 ちなみに、鳥インフルエンザは、鳥の病気なので、人間には、基本、感染しません。過度に心配する必要はありません。

 しかし、ごく稀に、偶然に偶然が重なった上に運の悪さが相まって奇跡が起こると、人にも感染して、高い死亡率を示すことがあります。さらに、人の体の中でウイルスが変異を遂げて、ヒト型インフルエンザになってしまうと、人類の脅威となりえます。

 私たちが気をつけるべきことは、本来は偶然であるべき出来事を、わざわざ人為的に作り出さないこと。すなわち、鳥インフルエンザのウイルスが人の体内に入って変異をするチャンスを与えないことに尽きます。

 目の前に見慣れない野鳥が落ちていても、かかわらずに放置しておくのが上策です。わざわざそれを家庭内に持ち帰って大切に看護したり、動物病院に持ち込まないこと。野鳥を自宅の台所で解体して食べたりしないこと。

 目の前に落ちている野鳥が、どうしても気になる場合は、東京都環境局か多摩環境事務所に連絡して、対応してもらいましょう。

 感染症と言えばもうひとつ気になることが。

 某ピザ屋さんが、首都圏で大雪が降った場合に備えて、宅配にトナカイを使おうとしているらしく。

 ピザって基本、素手で箱をあけて、その手で食べるじゃないですか。

 お届けの途々、トナカイをさわったり、トナカイのウン○を片付けながらやってきた配達の人から手渡されるピザの箱ってどーよ。って思いませんか?

 配達の人が店にもどってそのまま調理に参加するんだったら、話はもっと深刻。

 ちゃんと手を洗えよと。

 トナカイさんのピザとかいったら、ちっちゃい子が楽しみにしそうな企画ですからね。もしももしものときには、悲惨なことになりますよ・・・。

 ってなわけで この冬、ピザ屋でバイトをする若い衆に告ぐ! トナカイをさわった後には手を消毒してからチーズをピザ生地に撒くこと! 焼くから関係ねぇとか屁理屈もいわないこと。

 写真は、警察案件のオオトカゲを入れるためのケージを手作りしている最中にぶちあたった壁。

 保温器具をカバーする頑丈なステンレスのカゴに、取り付け用の穴をあけているんですが、これがすごく大変な作業なんです。

 金属用ドリルビットと切削オイルを使いながら地道に地道に削っておりますが、なかなか穴にならないの図。

 個人的にいろいろテンパってるときに、ほんとに手間をかけさせる生き物でございます。
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/11/18
あったらいいな

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 劣悪な環境で犬を繁殖させるブリーダーが多いので、環境省が新たに法律をつくって規制をかけるそうです。

 新しい規制が施行されると、ブリーダー業を継続できなくなる人が続出すると予想されています。

 廃業するであろうブリーダーの中には、狭いながらも清潔かつ適正に飼育している善良なブリーダーも多く含まれると思いますが、ケージの寸法で飼育環境の優劣を決める規制をつくれば、十束一絡げにブリーダーが大量消滅し、犬そのものの数が減少することになるでしょう。

 これに対し、生体販売業者や、ペットフード会社などのいわゆるペット産業と呼ばれる業界が、危機感を覚え、対策を練っていると報じられています。

 ずるいのは、獣医業界。犬が減って困るのは獣医とて同じなのに、ペット業界だけを悪役にして、規制に賛同して、いい人になろうって輩が大勢を占めています。 まぁ たしかにイメージが大事な仕事ではありますけどね。

 虐待飼育を無くすには、環境省発令の規制ではほとんど効果がないと思われます。自治体の対応窓口がいっぱいいっぱいなので、取り締まりが不十分なのです。そもそも役人には逮捕権がないし。人事異動が早いから動物や動物法に詳しい人も育たないし。

 役所の人間ができることと言えば、注意とか勧告どまりですからね。違法な野生動物を販売しているペットショップなんかは、役所が注意をしてくれたおかげで証拠隠滅の時間が稼げるという本末転倒なことも起きているのです。

 全体を規制する一律な法律を新設して、まっとうな業者も潰してしまったあげくに、取り締まりが手ぬるいせいで、むちゃくちゃやってる悪い奴には規制の手がとどかない。

 バカみたいな話です。

 私は、警察の中に、動物法に対応できる部門を設立し、ピンポイントな摘発を徹底することをお勧めします。いわゆる動物警察です。アニマルプラネット・チャンネルで人気番組になってる動物警察(ほぼ民間組織)と違って、そのまんま警視庁内部の動物担当部署であることが理想です。動物と動物法を熟知した捜査官が立ち入って即、現行犯逮捕が理想。

 環境省の案件だから、警察は管轄外! で片づけられる可能性大ですけどね。

 フクロウのヒナを山ほど輸入してギュウギュウ詰めにして死なせまくっている猛禽販売業者やら、パピーミルそのまんまの極悪犬業者やら、爬虫類の密輸業者やらに45口径の拳銃をつきつけて床に組み敷く屈強なアニマルポリスの登場を心待ちにしております。

 写真は動物警察がない警視庁から、オオトカゲの預かりボランティアを安請け合いした父親のせいで、朝からケージ創りを手伝わされる娘。

 先生:遅刻した理由を言いなさい!

 娘:ヴァラヌス・ニロティクスを入れるケージに耐水塗料を2度塗りしていました!

 親の顔が見たい? はい ど~ぞ。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/11/14
かんごし~ず

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 いろいろありまして、ブログの書き込みが大停滞しておりました。

 その間にも、世間ではいろんな事があったようです。博多に大穴が開いたり、京都で妖怪足舐め男が逮捕されたり。おなじ警察署から2日連続で別案件の巨大爬虫類が持ち込まれたり。海の向こうでは、かなりアレな感じのおとーさんが大統領に選ばれたり。

 アメリカ・・・どうなっちゃうんでしょうね。そもそもの国民性がヒャッハーなのはわかりますが、まさか大統領選ぶときまでねぇ・・・。

 日本の外交を担う皆さまはくれぐれもババを引かないようにお願いしたいものです。トランプだけに。

 さて。話題がないときは 天気の話に限りますね。

 昨年の今頃、スーパームーンについて記事を書きましたが、今宵の月もスーパームーンなんだそうです。

 ニュースでは、68年ぶりの・・・と騒いでますが、あまりピンときませんね。

 ハレー彗星のように、あと75年生きないと、絶対に次が見られませんってなシロモノならわかりますが、去年もたしかスーパームーンってやつを観たのに、今年のは68年ぶりなんだ!とか言われてもねぇ・・・。へたすりゃ来年もあるんでしょ?

 なんでもかんでもノリノリでヒャッハーなのはいかがなもんかと。アメリカ人じゃないんだから。気象情報くらい淡々と伝えないと・・。

 写真は、なぜか毎回毎回 洋服のセンスがかぶる看護師たち。配色違いのジャンパー 色違いのジーンズ ほぼ同じデザインのスニーカー。なんか同じ髪型。

 この二人。前世は仲良しの双子だったに違いない。

 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/11/6
ローズ・ドーソン様 ご来院

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今年は、待合室にウェイティングリストを置き、来院された飼い主さんに、お名前そのほかのカルテ情報を記入いただいております。

 診察券をお忘れの方も多く、混雑時には、着順も把握できませんので、受付とカルテ出しをスムースにするための苦肉の策です。

 最初の1行目は、皆さんがわかりやすいように、記入例として、架空の患者さんを毎日、私が記入しています。

 その際、ちょっとしたボケとして、実在の有名人とそのペットを記入するようにしております。

 ご覧になった飼い主さんから、たまにリアクション(ツッコミ)があると大変嬉しかったりしますが、中には、本当にその人が来たと思われる方もいらっしゃいます。

 過去、最上級のリアクションは、西郷隆盛が来たと信じた方。その方は、飼い主の名前ではなく、薩摩犬という犬種に心を奪われたらしく、「珍しい犬がきましたねぇ。この西郷さんって方、ほんとに薩摩犬飼っていらっしゃるんですかぁ? いいなぁ。」って。

 ちょっとウケました。

 いちおう 芸能事務所からおしかりが来ないように、記入例の欄に、赤いペンで書いてあります。

 毎日、渾身のボケをかましているのですが、皆さん、おおむねスルーです。 もしかして ボケじゃなくて見栄だと思われたら痛いですね。うちにはキムタクが来るんだぜとウソついてる病院・・ そりゃ痛いわ。

 そして、昨日。とうとう、ボケにボケを返してくる飼い主さんが現れました。ツッコミが無くて寂しく思っている私を気遣ってくださった様です。

 ローズ・ドーソン様 ご来院です。

 ご存知、ジェームス・キャメロン監督の、タイタニックのヒロインのお名前ですね。

 素晴らしい! 

 そういう優しさに支えられて、今日も一日頑張ろうと思います。

 でもね・・・ これ、飼い主さん側にボケられると、カルテが 出ませんからね。

 うちの カナちゃんマユちゃんあたりは、まじめにパソコンのカルテ検索で、ローズ・ドーソンって打ち込んで 「先生! みつかりません!」とか言い出しかねませんからね。要注意です。

 まぁ 今日もそんな感じで6時までやってます。

 次の挑戦者をお待ちしております。


 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/11/2
FOX に Pinch される by ルー大柴

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 11月になりました。神様おかえりなさい。

 生き物の仕事をしていると、魔訶不思議な出来事というのに遭遇することがあります。

 写真のドーベルマンは、若く見えるけど実はかなりのお年寄りで、以前、謎の神経症状で倒れました。

 このドーベルマンは、農村地帯に住んでいるので、かかりつけの獣医さんは、農薬の中毒だ!とピンときました。

 しかし、治療への反応が芳しくなくて、激しい神経症状が続き、これは助からないだろうと・・。

 偶然、その地域にかなり大きな動物病院を展開している私の同級生がいたので、そこで入院治療をお願いするものの、あまりに重い神経症状が継続するので、今度は、脳腫瘍が疑われ、「頭を開けよう」ということになります。

 おいおい ちょっと待てと。

 さすがに、棺桶に片足つっこんでると言っても過言ではない高齢犬の頭をあける手術は現実的じゃないだろう(しかも検査のためのMRIを全身麻酔でやらないといけないし)。

 営業妨害のようで 同級生には申し訳なかったけど、手術は辞退ということで・・。

 飼い主さんは、死を受け入れて、自宅で発作を起こしながら寝たきり状態の子につきそうことにします。

 しかし、飼い主さんが徹夜でこまごまと介護しているうちに、どうしたわけだが自力回復。3か月で普通の健康状態にもどってしまいました。

 その後、ずっと元気で暮らしているので、農薬中毒でも、脳腫瘍でもなかったんじゃないかということで、いったいぜんたい 何だったんだ?? って話しですが、まぁ 結果オーライ。

 ところが 数日前に、いきなり腹が膨れて、瀕死の状態になります。 もう おなかポンポンで呼吸もできないくらい。

 胃拡張・胃捻転の類か、腹腔内出血か・・・。どのみちキケンなので、東京の獣医に電話相談してる場合じゃないから、近所の医者に行きなさいとアドバイスをしました。

 いそいで近所の医者に行ったものの、「貧血がひどいのはわかったけど たぶん手遅れ」と言われ、その足で、私の同級生の大病院に行き、「腹腔内出血なのはわかったけど 脾臓に問題がないので、おそらく肝臓だから手がでない。 出血はいまのところ止まっているようなので輸血もしない。」と言われ帰宅。

 死を受け入れた飼い主さんが、自宅で看取っていると、翌日から、なぜだかみるみる腹がしぼみはじめ、数日で歩けるように。呼吸もままならなかったのに、今は走っているとのことで・・

 で・・様子を見せに東京まで来てくれたんですが、血液検査の結果、貧血が治っていました。
 最初の病院で受けた血液検査の結果では、いまにも死にそうな貧血の値だったのに、完璧な正常値になっています。

 そんな 数日でヘマトクリット値が正常になるなら、苦労はありませんがな。輸血したってあそこまではもどらないんですけどね。治療らしい治療って 一切受けてないんですけど なんで???

 そもそも私、腹がふくれてるときの姿を見てないんで、ぜんぜんピンときてません。飼い主さんを嘘つきヤロー呼ばわりする権利すらあると思います。

 意味わかりませんが、でもまぁ 結果オーライってことで。

 結果として いいことなら、意味不明だってなんだって大歓迎です。これからも意味不明で治ってほしいものです。お願いします。

 ってなことを書いてる獣医のブログを読んで、この病院に行こう! って思う人がいるわけがないから、ホームページとしては まずいのか・・・。

 まぁ いっか。  結果オーライだ。

 そして 明日は4時起きだぁ!!!
 何の罰ゲームだかしらんが がんばるぞぉ~。
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/10/31
ハロウィン

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日がほんとのハロウィン当日らしいですが、もう終わった感がありますね。

 そもそも宗教行事ですら無く、何に感謝するでもなく、何を祝うでもないのに、なんでハッピー!なのか。
ヨサコイに「祭り」がつくのと同様の違和感を感じる、ノリの悪い私であります。

 おそらくこの行事は、「石油をよこさないなら空爆するぞ!」ってな交渉が、サラっとできる立派なアメリカ人を育てるための英才教育の一環なんじゃないかと思います。

 アメリカでは、ハロウィンの晩に、黒猫の患者が増えるそうです。研修先のフロリダ大学の動物病院で聞いた話です。

 ハロウィンの晩に、すっかりヒャッハー!でノリノリになったアメリカ人が、黒猫をみつけると銃で撃ったり、石を投げたりするからなんだそうで、黒猫のみならず、ハチ割れの白黒猫もまきぞえを食うとのことでした。ブレちゃんは日本に生まれてよかったです。

 日本が動物愛護後進国で、欧米では動物を虐待する人なんて一人もいないぞ!くらいの話をよく耳にしますが、「んなこたぁねぇだろ!」 と長年思ってきた私としては、溜飲が下がるエピソードでありました。撃たれた猫ちゃんたちは気の毒ですけどね。

 海の向こうのブレちゃんたちに合掌。
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。 
2016/10/28
獲物  初の3コマ連続

ブレ :おとーさん!壁に何かいます!










            下につづく







 
ブレ: と・・・とどきません!
    
    抱っこして 持ち上げてください!!











    下につづく








 
私 : これで どーだ? とどきそうか?



ブレ: とどきましたぁ~! 今 つかまえました~!



私 : そうか、それはよかった。
    でも・・・・・ それカメムシだぞ

その日は ブレの猫パンチが一日中カメムシくさかったとさ・・・。


以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。


 
2016/10/21








イベントのお知らせ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今さっき、ものごっつ可愛い甲斐犬の子犬が来ましてね。いっぱい遊ばせてもらいましたけど。これだけで一日が気分よくなっちゃいますから、子犬とか仔猫ってのはいいですよね。

 可愛い子犬の話題の次にアレですけど、イベントの告知です。
 
 爬虫類嫌いの方には、たまったもんじゃないイベントが池袋で開催されます。

 本日、ご紹介いたしますのは、ハープタイルブリーダーズマーケット 略してHBMというイベントです。

 爬虫類や両棲類を総称して、英語でハープタイルといいます。

 それを繁殖する人たち(ブリーダー)が、一同に会して、自らが殖やした個体の展示即売を行うのが、HBMというイベントです。

 会場には、全国から集まった飼育名人が、自慢の爬虫両棲類を所せましと並べまくり、買ってくれた人には飼育の極意を授けてくれるという、うちの母親だったら5秒で天国のオヤジの所にいけちゃう、おそろしい空間が広がっています。

 かつての爬虫類愛好家といえば、いかにもモテない感じの、ナードでギークな男子が中心となって、排他的なコロニーを形成しておりましたが、最近では、なんだか知らないけど女性の数も多いです。

 女性が多いから華やかになったと書きたいところですが、言っても同族のフローター女子なので景色は変わりません。

 残念なことに私は、当日仕事なので見に行けませんが、爬虫類や変な人に興味のある方はぜひ、足をお運びください。

 当院に、招待チケットが3枚ございますので、先着でさしあげます。

 なお、フクロウを衝動買いされるより、ぜんぜんマシですが、爬虫類も衝動買いしていいものではありません。

 もしも 買う ということをお考えの方は、前もって私に相談してください。 

 飼いたいものVS飼えるもの・買えるものVS飼えるもの。いっしょくたにするとえらい目にあいます。 

 実際に飼えるかどうかわからないけど、飼いたいから先ずは手に入れよう。 売ってるんだから買って帰れば飼えるだろう。  どっちもダメです。

 ペットを入手するまえに考えなければならい大切なことなので、そのへんの打ち合わせをしてから会場に向かいましょう。

 また、会場で、三つ編のお下げが似合う、長身で美形な男性を見かけたら、それは「三つ編様」という神様なので、そっと手を合わせてみましょう。願いがかなうかもしれません。

 どこか体に悪いところがある人は、お下げの先っちょを具合の悪いところにあててみてください。平癒まちがいなしです。

 さらに、もしもご自身が三つ編みを結ってらっしゃる方でしたら、あなたのお下げの先端と、三つ編様のお下げの先端を接続してみてください。心がシンクロして、三つ編様を自由に操ることができるかもしれません。


日時・ 2016年11月6日 (日) 
    AM11:00~PM4:30                     
会場・ 池袋アカデーミーホール 地下1階
    東京都豊島区東池袋1-30-6            JR池袋東口徒歩5分         
    入場料 500円 (中学生以下無料)

注:従来の爬虫類ペット市場は、自然界から野生個体を捕獲して飼うだけの、切り花的な生物資源利用が主流でした。ペットトレードのために絶滅の危機に瀕した爬虫類も多く、爬虫類の飼育愛好家は、環境破壊の権化のごとく、世界中から白眼視されるようになりました。

 そのような中、飼育下で繁殖した爬虫類だけを売買することによって、野生からの収奪を無くそうという動きが、良識ある飼育愛好家の間で広まります。アメリカに端を発したこの運動を、最初に日本で実現したのがこのHBMというイベントで、非常に志の高い飼育愛好家が出店しております。


      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/10/20
渡り鳥の季節到来

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 秋になると、渡り鳥が移動途中に事故にあって動物病院に運ばれてきます。

 先日は、翼の骨が折れたフクロウの一種が運ばれてきました。

 野鳥の骨折症例では、怪我をしてから、治療が行われるまでの迅速さが非常に重要です。

 受傷から治療開始までの時間が長ければ長いほど、事態が悪化して、後遺症が残る可能性が高くなります。

 運ばれてきて、ぱっと見て、手遅れ という症例も少なくありません。

 今回のフクロウのように、長距離を移動する渡り鳥で、なおかつ狩りをするタイプの野鳥を野生に返す場合、後遺症がほとんどない状態を目指さなければなりません。

 いかなる時も、身体能力が万全でなければ、野生の世界では生き残れません。

 治療が不十分だったり、おおむね治ったものの後遺症が残ってしまった個体を野に放しても、天敵の餌食になるか、エサを採ることができずに飢えるか、長距離の移動ができずに途中で行き倒れるのは確実です。

 野鳥の骨折では、運よく治しやすい場所が折れていて、骨折後いちはやく治療ができて、うれしいことに術後の合併症が起きなかった場合にのみ、放野が可能となります。

 が!  今回。

 保護した方が、自宅にて数日、一生懸命に餌をやろうとして余計なお世話をした結果、骨折部位は十分にこじれ、飢餓状態によって体調は十二分に悪化し、もはや手術ができないレベルになっております。

 もうね。
 なんとうかね。
 野鳥は一般家庭では面倒みれませんから。
 頑張らなくていいからすぐに引き渡してください。

 手に負えなくなってはじめて丸投げしてくる人が多いですが、その段階だとこっちもお手上げです。

 なんでこんなことが起きてしまうのか。

 ごく普通の人々が、フクロウを身近なペットだと勘違いしてしまうような「フクロウが陳列されている施設」が、そこかしこにあるからだと思います。

 ここで はっきりさせておきたいことがあります。

 フクロウは身近な生き物なんかじゃありません。
 
 飼育下で何代も繁殖を続けてきたペット用のフクロウだったとしても、初心者がいきなり飼えるようなものではありません。

 ましてや、今ここにいるような、野生のフクロウなんぞは、一般家庭でどうこうできるシロモノではないのです。

 しかも骨折して、弱っているわけだし。

 そんなこんなで怒り心頭ですけどね。
 治療はちゃんとやりますよ。

 ヘロっヘロだったフクロウも ここ2日ばかり集中的に介護していたら、人に反撃する程度には回復してきたようです。

 ついさっき、16代目吉祥寺産ヒラタクワガタにはさまれて大出血したその穴に、ピンポイントでフクロウの爪が刺さってそのまま5分間、力強く握られました。

 抗生物質のんだほうがいいかな・・・・。

 写真は西表の夕暮れです。光芒を肴に泡盛を飲みたいものです。抗生物質とかぢゃなくて・・・。

      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/10/17
お寒むぅございます

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 季節の変わり目です。

 明け方の冷え込みにやられてしまう小動物・高齢動物が増えてきております。

 まだ暖房を意識しない季節ですし、ともすれば夏日が来たりしますが、明け方は意外と冷え冷えしております。私たち人間は、布団の中にいるので、明け方の冷え込みには気が付きにくいです。ご注意を。

 いままで、無事に冬を越してきた個体かもしれませんが、いったん体調を落とした小動物(小鳥を含む)は、しっかりと保温しないと、治療に反応しなくなります。

 治療のための保温とは・・・ 「こうしたら暖かいかな?という行為をあてずっぽうに行うこと」ではなく、動物のいる場所の温度を指定の温度まで上昇させ、その温度が、一日中、変化なく、一定に保たれている状態を指します。結果としてそれが達成されていなければいけません。

 ゆたんぽ 毛布 ひよこ電球 マット型ヒーターなどなど。結果として足りてなければ意味がありません。

 園芸用室内温室(組み立て式ビニールハウス可)とヒーターとサーモスタットと内気扇と最高最低温度計が最低限必要で、その中に、動物の飼育ケージを入れる・・・このくらいやらないとダメです。

 そこそこの出費となりますが、温度変化に弱い、小さな動物を飼育するとはそういうことですので、頑張るか、治療をあきらめるか、どっちかの選択だと思っていただくしかありません。

 ただし、そこまでは無理という現実問題もあるでしょう。いまある設備(マットヒーターだけ とか)でなんとかしたいという希望も、良く耳にします。その場合は、必ず、温度計を用いて、足りているのか足りていないのか、あるいはオーバーヒートになってしまうのかどうか、実際に観測することを、強くお勧めします。

      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/10/6
雨宿り?

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 台風がなんとかそれてくれてよかったです。

 台風に備えてなんだか、たまたま巣が近くにあったんだか、よくわかりませんが、我が家には、とんだ雨宿り客がやってきました。

 大変だぁ~ という声に呼ばれて庭に出てみると、雨樋にびっしりとハチがはりついているから何とかしてくれ。とのこと。

 見ると、キアシナガバチの新女王およそ30匹が雨樋の角にとまっています。

 今年はなぜか、やたらとキアシナガバチが多くて、庭の柑橘系に育つアゲハチョウの幼虫がすべて食べられてしまいました。

 去年の秋の長雨で、ただでさえアゲハチョウの個体数が少ないというのに、わずかな次世代もぜんぶやられてしまって、来年の春も引き続き蝶の少ないスタートとなりそうです。

 キアシナガバチは、毒蛾の幼虫(毒毛虫)も食べてくれるので、そんなに邪魔扱いしてはいけないのですが、この時期の個体は、洗濯物の中で暖をとったりして、なにかとキケンなので、よそに行ってもらうことにしました。

 かつて、服の中にいたアシナガバチに気づかずに、洗濯物が引き出しにしまわれ、それを着て小学校にいき、突然の激痛の連打にパニックになった記憶が思い出されます。

 あれは怖かった。なにしろ正体不明の痛みが、次々と胸から喉にかけて襲ってきて、最後に襟元からブ~ンってアシナガバチが飛び立ったという・・・。

 むしろハチだと判った瞬間のほうが怖くありませんでしたね。ああ ハチだったんだ・・・よかった、変な病気とかじゃなくて・・・って。

 今思えば、アナフィラキシーショックを起こさなくてよかったなと思います。あそこで意識を失っていたら、先生も校医も原因を特定するのに時間がかかったでしょうからね。

 この時期、冬眠にそなえて、新女王蜂がウロウロしていますので、皆さんも洗濯物の取り込み時には、よく観察してから畳んでくださいませ。

      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/29
白鳥はかなしからずや

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 突然ですが・・フェイスブックもやらず、携帯すら持たない私を、「友達のいない変人」と揶揄する輩がおります(笑)。

 携帯もってないと友達がいないとか、いきなり話が飛躍しすぎ。

 まぁ・・たしかにね。自身の拙い経験値からくる雑な仮定を迷わず断定してしまうような愚か者と、友達になることはないですけどね。まったくもって失礼な話であります。

 まぁ、フェイスブックを見る限り、知り合いと友人の区別もつかないナァナァなノリに、「友だち」ってのも安くなったもんだなぁと思います。

 私のまわりにいる牧水先生たちから、染まず漂うことを「かなしからずや」と問われる時、「大きなお世話だ」としか答えようがありません。そもそも哀愁を帯びて漂ってる覚えもなく、家と仕事場の行き来だけの日常に、スマホなんていらねぇよと。ただそれだけの話です。自宅にも職場にもパソコンと電話があるわけだから・・。

 ってな具合の不毛なやりとりを、ここ数年展開してきた私ですけどね。世間ではいよいよ公衆電話というものが絶滅の危機に瀕してきておりましてね。いやほんと。見つからなくて困るレベルに。

 カミさんの仕事復帰とともに外向きの用事も再開しつつある私に、にわかに携帯電話の需要が・・・。 買いますかね・・携帯。 川満スーパーとカンピラ荘の間にあった電話ボックスが無くなってたら買いますかね。

 ちなみに、スマホまではいらねぇからガラケーかな・・とか言ったら、学生さんに、「それっておじぃちゃんが使うカンタン携帯とかですか?」とか鼻で笑われましてね。黙ってりゃ美人なのに、どの口がそういう意地悪いいますかね。憎まれ口きいてる暇があったら国家試験の心配でもしやがれと。

 で・・・話は、青い空の下、藍い海を漂う海鳥にもどりますが。

 彼らの場合、生き残るため、ひたすらキビナゴとイカを探して飛び回っているだけの 万年飢餓状態ですからね。牧水先生の問いかけは、それこそ「おおきなお世話だ。今それどこじゃねぇんだって サカナが逃げちまうから どっか行ってくれ」ってなところでしょう。

 ちなみに、「空の青、海のあを」の色彩を、眼の性能として、ちゃんと識別できている鳥類にとって、自らの純白は、哀しいとか哀しくないどころの話しではありません。「やべっ。空からハヤブサに狙われたらイチコロだな・・・」くらいの危機感をもっているはず。とっとと腹いっぱいになってこの場を去ろうと必死になっているハズですから 哀愁ゼロ。

 一方、下手な人間よりも知能が高いと言われている、イルカやクジラはどんな想いで大海原を駆け巡っているのか。

 イルカだったら、「哀しからずや」の問いかけに、ちゃんと答えてくれる高度な精神を持っているかもしれません。

 そんな疑問に対して、このまえの宮崎の学会のセミナーで、衝撃の事実を聞かされました。

 学会では、「海獣類の眼科学」というセミナーが開かれ、私も、「うちの病院に、いつシロナガスクジラが目を抑えながらやってきても大丈夫なように」このセミナーを受講しました。

 そこで、知った衝撃の事実。

 イルカとかクジラは、青い色が見えないんだそうですよ。

 真っ青な空と、深く蒼い海。せっかく素敵な景色の中で暮らしてるのに、それを「きれいだなー」って感動できないなんて!!

 それこそ 哀しからずや です。
 
 海獣は かなしからずや
 空の青 海のあをすら 知らずただよふ。

 哀しすぎの事実です。

 子供の頃、クラスメイトの誰の家よりもカラーテレビの導入が遅く、マジンガーZの胸についてるパーツが赤いってことを、あたかも知ってるふうに話をあわせなければならなかった哀しい思い出がよみがえりました。そもそも、カラーテレビは目が悪くなるから・・・っていうウチの親の学説はどこからきたんでしょう。仏壇に向かって小一時間説教してやりたいですな。

 そんな話を西表島の「海の漢(をとこ)」にしたらですね。

 「イルカは広い海の中で、人間には見えない、もっと素敵なものを沢山見ているから大丈夫なんだよ。」

 ですって! 

 よかったなぁ イルカ!

 さすが 西表自然美術館館長! 
 ナニワのポール・ニックレン! 言うことが違う。

 一瞬で宮崎以来のモヤモヤが解消しましたわ。
 
      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/28
うちの子に限って ここらで終わらせないと

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 さて。つづきでございます。

 スーパーやコンビニの外に犬を繋いだまま、その場を離れ、買い物に行くのは危険性ですよ! というお話を、延々としておりますが、「なにも起こらなければいいわけだし・・ うちの子おりこうだし・・」という反論もボチボチ出てくる頃合いかと思います。

 幸い、このブログはコメント欄がありませんからね。反論はさておき、とりあえず、この先を聞いておいてください。

 先ずね・・ 「うちの子はおりこうだし・・」という飼い主さんの想いに対しては、私も異論はありません。実際に、おりこうで留守番できるわけですから。確かにおりこうなんだと思います。ちゃんと躾をしてあって立派だと思います。

 でもね。 おりこうじゃない人間が、むこうから、自爆的に、事件を起こしてくることがあって、それでも飼い主と犬のせいになっちゃうんですよ! ってことを前回までに解説したわけです。

 今日はさらに、「結果として、何も事故がおきなかったら、それでいいんだよね?」 「いやいや、それがダメなんですよ」というお話をこれからしていきましょう。

 ここから、ちょっと法律の話になります。

 飼い犬は、「動愛法」と「狂犬病予防法」という法律できっちり、規制されています。犬を飼う以上は、この法律から逸脱することはできません。

 また、これら直接的な動物関連法以外にも、迷惑防止条例といった様々な規則にも配慮しながら、犬を飼わなくてはいけません。

 私の勝手じゃん! では済まされない事柄が多いです。

 公共の場に犬を繋いで、飼い主がその場を立ち去り、飼い主が犬を直接制御できない状態となる という行為は、動愛法の第9条に抵触します。 犬の管理責任を怠っているとみなされ、ウルサイことを言ってしまえば、何も事故がおこらなくても その状態そのものがアウトと解釈されます。

 実は、民法718条というのにも抵触するらしく、動物の占有者の監督責任を果たしていない ということで、やはり アウトです。

 私もそれを聞いて、そぉ~なんだぁ~ キビシイねぇ~ とおどろきました。

 ここで さらに・・・・

 「私は、スーパーが用意してくれた犬専用のポールに繋いでいるから大丈夫!」 と、おっしゃる方もいるかもしれません。

 けっこう、あるんですよね。犬を繋ぐ場所を設けた店。

 でも・・・どうやらこれもアウトらしいです。

 スーパー側は、このポールを用意しても、飼い主の替わりに犬の管理責任を負うとか、ポールのまわりに人を近寄らせないように管理しているわけではありません。

 「犬をおいて立ち去っていいとは言ってないし、安全を約束した覚えもない。やたらなところに繋がれて、オシッコされるのが嫌だからポールを立てただけ。ここに犬を繋ぐ場合は、あくまでも自己責任でシクヨロ!」という立場をとっているに過ぎないのです。

 ポールを注意深く観察すれば、そのように注意書きがしてあるかもしれません。

 というわけで、結論。

①自分の犬が他人に危害を加える可能性については、「おりこうじゃない人間が、わざわざ危害を加えられに来る」という、ありえない可能性まで想定して犬を管理しましょう。ついでに、犬が苦手な人が、けっこう沢山いるという現実を認識しましょう。

②万が一、事故が発生した場合、どんなに理不尽な状況であっても、飼い主側が負けますので、被害者への初期対応を間違えないようにしましょう。

③狂犬病予防のワクチンは、事故発生時には、既に接種済みでないといけません。事故直後の接種という反則技は無効ですし、バレます。有事にそなえて、接種の事務処理はきちんと毎年しておきましょう。

④忙しい毎日なのはわかりますが、犬の散歩と買い物は、わけて考えたほうがよさそうです。

⑤不特定多数の人間の、全く理解不能な行動に対して、自分の犬がどのように反応するのかは、未知数であると認識しましょう。うちの子に限って・・・という想いは、事故のもとです。

最後に 法律のところをご指導くださった東京都の担当官の方に心から感謝いたします。お忙しい中 ありがとうございました。

写真は・・・
買い物をする飼い主を待つおりこうな犬
ロケ地 となりのファミマ。 
撮影者 カナちゃん

      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/26
うちの子に限って そろそろ終盤戦

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 気圧の乱高下で、不調を訴える動物たちが次々と来院しております。とくに、老齢動物の体調管理には気をつけてくださいませ。

 さて。

 スーパーやコンビニの外に犬を繋いだまま、その場を離れ、買い物に行くことの危険性についてのお話しの続きです。

 まず、こういった状況では、飼い主さんの知らないところで、沢山の通りすがりの人々が、犬にちょっかいを出して来るものだと認識すべきです。

 でも、わざわざ犬に接触してくる人だったら、犬好きで犬の扱いを知っている人なんじゃないの?  と考えるのは大間違いです。

 そもそも犬を飼わない人のほうが、圧倒的に多いという現実に目をむけるべきです。

 犬を飼ったことなくて、犬の扱い方を全くしらないけど、ノリでちょっかいを出してくる人って、けっこういます。なんたって、留守番できる犬は「おりこうさんであることが前提」ですからね。人々は勝手に安心して近寄ってきます。「チョ~かわいい、犬の留守番 ウケるぅ~ マジ やばくない?」とか大声ではしゃぎながら押し寄せて来る脳みそがアレな女子たちとか、 けっこうキケンです。

 公共の場に犬を繋ぎっぱなしにしやがって!と敵意をもって犬にちょっかいを出してくる、真正犬嫌いの人。ヘタすると傘でつついてきたり、犬に蹴りとか入れてきますので、 もっとキケンです。

 こんなところに犬が繋がれていたなんて、全くの想定外で・・っていう人も多いです。犬にぶつかったり、シッポを踏んづけたりして初めて犬の存在に気が付いておどろく「出会いがしらの人」。とっさの出来事だけに、誰よりも犬自身がびっくりしちゃうので いちばんキケンです。

 飼い主の知らないところで、誰がどんなふうに犬に接触してくるか、わからんのです。

 それに対して犬がどう反応するか・・・犬の忍耐の限界がどこまでなのか、わからんのです。

 それが、人のいっぱい来る場所に犬を繋ぎっぱなしにして立ち去るという行為です。

 犬嫌いにいじめられて反撃しても、出会いがしらに衝突されて反射的にかみついても、全部、犬と飼い主が悪いことになります。その結末は先にお話ししたとおりです。買い物が終わってもどってみると、犬といっしょに、一生かかっても払いきれない金額の損害賠償が待っているかもしれないのです。

 では、何もおこらなかったらいいのか? いや、そういう問題じゃりません。 という話を次回に。

 つづく。

 写真は、「台風前の、お客のキャンセル」 「台風前の荒食い現象」という二つの特殊条件が重なり、爆釣のロビンソン様。(注:ばくちょう と読みます。めちゃくちゃ釣れる状態です)

 お客さんのために、手間かけて餌とか準備しちゃってますからね。そりゃ、突然仕事が無くなって暇になったら釣りに行きますよね。

 もしも、「台風なんか関係ねぇ~ 仕事に穴あけても関係ねぇ~」というガッツがあったら、そのお客さんは、この爆釣劇の主人公になれたハズ。 自然や生き物相手の遊びは、いつだってタッチの差で「運」に翻弄されます。

 ただね・・・この写真おくってきて「早く来いよ!」って言われてもね。 気分は狐と葡萄でございますよ。 

 じゃじゃじゃじゃじゃじゃぁ 仮に、仕事をうっちゃって急いで西表に向かったとしましょう。 到着するころには爆釣タイムは終わっちゃってるし、台風来ちゃってるから飛行機飛ばなくて、羽田止まりでしょ。

 いじめですかね。

 ドラエモンはいらないから 「どこでもドア」だけはほしい。 家計を支えてくれるなら むしろホリエモンがほしい。

      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/21
うちの子に限って その後

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 すごかったですね。台風。
 あと数日ずれていたら、水害の宮崎に足止めでした。

 私の場合だと「トンボの様子を見に行く」とホテルを出て行ったきり、水路に流されて、行方不明となるわけですが、「まさかそんなバカはいないだろう。そりゃ聞き違いだよ」と、ニュースの時には「田んぼの様子」って書き換えられるんだと思います。

 今日も、そんなバカ がブログを書いております。

 さて。 うちの子に限って シリーズが終わらないので、ぼちぼち 続きをば。

 飼い犬が他人様に危害を加えた場合、ほぼ100%の確率で、飼い主側の敗訴となり、結構な金額をとられて えらいめにあいますよ・・というお話をしましたが、その続きです。

 先日、某警察署からの紹介で、HEROの方たちが当院を訪ねて来られました。

 とある咬傷事例について、アドバイスをくれ とのことです。

 私は、田中要次さんを気取って、「あるよぉ」といって、あらかじめ用意しておいたレポートをお渡ししました。

 なにしろ、現在、がっつりモメている事件ですからね(ケチな事件ですけど)。一介の街医者が、思いつきで断定的なことを言うのは僭越(かつ危険)です。

 ちょっと前にあった、盲導犬メッタ刺し事件での、担当獣医の発言が記憶に新しいです。私はああいうことには慎重でありたいと心がけています。

 そこで・・・担当者のみなさんが考えるヒントになるように、犬の咬傷にまつわる一般論を、ひととおりまとめて、レポートをつくっておき、お来しになった木村拓哉さんと松貴子さんにお渡し、それを細かく解説していったというわけです。

 質疑応答のやりとりの中で、お二人から、今回の一件に関して、いろいろお話を伺った結果、こりゃ、このブログでも、ちゃんと啓蒙しなければいけないぞという箇所があり、急ぎ、書き始めたのが、「うちの子に限って」のシリーズです。

 もうね、冒頭で出てきた田村正和さんとか アメリカ横断ウルトラクイズとか、余談が多すぎ。ごめんなさい。

 で・・・本題。

 よく、犬の散歩中に、スーパーやコンビニの外に、犬をつないで、そのまま買い物にいく人っていらっしゃいますよね。もしかしたらこれを読んでいる方の中にも思い当たる方がいらっしゃるかもしれません。

 そして、「いつもやってるけど うちの子 平気よ」って思った方もおられるかと・・・。

 今日のポイントはまさにそこです。

 「公共の場に犬をつないで、飼い主がその場を離れる」という行為の持つ、潜在的な危険性(違法性)について解説していきましょう。

 この件に関しては、東京都動物愛護相談センターの方のご指導も仰ぎ、法律の解釈に関する裏もとれましたので、以下、久々に、ちゃんとしたブログ記事となります。

 しかし! 「ブログ長いから読めない」というご意見(クレーム)も多いので 今日はここまで!!

 写真は、「あっ!! スズムシが鳴いてる!!」と叫んで県道沿いの草むらに飛び込むバカの後ろ姿。

 つづく!
  
      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/19
宮崎より戻ってまいりました

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 学会からもどってまいりました。

 飼い主の皆さまには、不在中、ご不便をおかけいたしましたことを 心よりお詫び申し上げます。
 
 帰りの飛行機が不具合で遅延しましたが、おおむね問題なく、日程を消化することができました。

 不具合で遅延した同じ機体に「もう大丈夫だから」とか言われて、そのまま乗って帰るってのは、なかなか気持ちの悪いものでございますが、それ以上に、疲労がピークだったようで、搭乗して、席についた次の瞬間から記憶がなく、羽田に着陸した衝撃で目が覚めましたので、恐怖を感じる間もありませんでした。

 地方に行くと、そこに住んでいる独特の生き物と出会えることが何よりの楽しみですが、今回は、会場近くの公園で、ベニトンボというトンボが観察できてよかったです。

 あとは、夜になるとホテルの裏手やゴミ置き場に、大量の「ワモンG」が現れ、「南国に来たなぁ」と感動しました。ワモンGは、みなさんが日常的に金切り声をあげながら闘っていらっしゃる「クロG」と全く同じ立ち位置の生き物ですから、別に歓迎すべき相手ではないのかもしれませんが、照り輝く巨大なレッドボディと、前胸背に大きく描かれた黄色い斑紋は、とてもインパクトがあります。友達が減ることを恐れず言うならば、美しい生き物だとすら言えます。

 また、同じ、Gでも、照葉樹林の深い森の中では「サツマG」が観察できて、これはホントによかったです。森の落ち葉を食べて静かに暮らす、絶対にあなたに向かって飛んで来たりしない、日本の森の豊かさを象徴する平和的なGです。もちろん、Gが嫌いな方たちにとっては、どっちも等しく許せない存在だとは思いますが。

 あと・・学会では、 むかし付き合いのあった学生さんたちが、みんな社会人になってあっちこっちで活躍している姿をみれて良かったなと思います。

 人一倍の努力をしてつかみ取ることが出来た夢を、十二分に堪能しつつ、クマとかライオンとかシャチとかパワハラ上司とかに食われないように気をつけて、仕事に励んでもらいたいと思います。

 写真は、同じく春から夢の一歩を踏み出す予定の、大学6年生がメールでおくってくれた宮崎の街の夕焼けです。ヤシの木のシルエットがイーグルスのホテルカリフォルニアのアルバムのジャケットのようで素敵です。

 この空の下、今日も沢山のニワトリたちが、これでもか、これでもかと炭火で焼かれまくっております。もうね・・ほんと。宮崎の人たち 鶏を焼きすぎです。ちゃんと慰霊祭とかやっとかないと 目が覚めたらペットのチワワの頭にトサカ生えてきますよ。  合掌。
 
      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/14
スーパー台風

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 連続の台風でございますなぁ。ここのところ、バカみたいに列をつくってやってきてますね。

 とくに、今、台湾に向かってる奴は、スーパー台風なんだそうですよ。

 台風の強さってのは、いろんな分類があるらしいですが、スーパー台風ってのは、どうやら瞬間最大風速で定義された場合の最上級の台風だそうです。

 よく聞く、非常に強い台風ってのが54m/秒で、それを超えると、猛烈な台風 と表現されるそうです。

 そして、スーパー台風ってのは、瞬間最大風速が70m/秒を超えてきた場合なんだそうです。

 秒速70mの風ってどんな強さだか想像もつきませんが、なんでも、人が軽々と飛ばされて、電柱も一瞬で折れて、街路樹が根こそぎ倒れるくらいの威力だとか。

 ブー・フー・ウーでいったら、レンガ作りのウーのおうちでも飛ばされちゃいます。そもそも名前が暴風雨みたいですけど、制作時に、風にまつわる名前をつけようなんて意図があったんでしょうかね。ちなみにウーの吹き替えは黒柳徹子さんだったそうですが、私はまだ3歳だったので、知らずに観てました。

 「私は体重があるから大丈夫だ。飛ばされない。」と自転車でペットシッターの仕事に出かけた女子60.8キロ級藩士が1時間後に名古屋で発見されるとかね。あぶないですから、台風の日は仕事を休んで、家で 酒でも飲んで過ごしましょう。

 なにしろ 台湾のみなさんの無事をお祈りします。

 そして、明日。学会に行くのはいいけど、私は帰ってこれるのでしょうか。飛行機が飛ばずに、帰ってこれなかったら、病院はそのまま短縮時間での診療となりますので、ご了承ください。

 
      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/12
うちの子にかぎって 続き

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 「うちの子にかぎって」の続きです。

 のっけから 恐ろしいことを書きますが、話の前提として、心に留め置いていただきたく、ちょっと長いですが、しばし、前置きを記させていただきます。

 本題。
 自分が飼育している動物が、他人に危害を加えてしまい、被害者から訴えられた場合、ほぼ間違いなく、飼い主側が負けます。場合によってはとんでもない金額を支払わないといけないことにもなり、大金持ちでもない限り、人生において、回復不能なダメージを受ける可能性があります。  繰り返し言いますが、必ず飼い主が負けてます。

 たとえば。飼い主さんがリードをちゃんと持って散歩していた犬が、通りすがりのお婆ちゃんにむかって ワン! と吠えた事件。おどろいたお婆ちゃんが、その場で転んでしまい、大腿骨を骨折してしまいました。犬はとびついたわけでもなければ 咬んだわけでもなく、おばあちゃんに触れてすらいません。なんだかんだあって、最終的に飼い主さんは460万円の支払いを命じられることになりました。

 吠えないように調教してないのが悪いとの判断だそうです。

 おそろしや・・・

 こんな判例が出てしまうと、「当たり屋」がビジネスチャンスだ!とばかりに、ペット業界に参入してきても不思議ではありません。

 お金持ちや有名人のペットに目をつけて、そ○ま○た○しさんちの犬みたいな、ちょっとアレな犬を選び、わざと吠えられて、大げさに転んで 「わて、首をいてもーたんで入院しますわ」 とか。

 もっと高額の敗訴例もあります。

 大阪の行政司法書士さんのホームページに紹介されていたので、興味のある方はアクセスしてみてください。(行政書士事務所のリンクを貼ろうと思ったのですが、連絡がとれず、許可を得ていませんので、とりいそぎは、「犬の吠え声・襲撃等の事故判例 行政書士事務所」のキーワードで各自検索してみてください)

 紹介されている判例を見る限りでは、「犬を連れて外にでること、ひいては犬を飼うということは、潜在的にとても大きなリスクを秘めている」と、あらためて自覚すべきだと思いました。

 ペットを飼うなんてのは、もっとおおらかで、心あたたまる行為であるはず・・なのですが、一歩まちがうと、問答無用で、社会からの制裁に会ってしまうんだなぁと、ちょっと恐ろしくなりました。

 つづく!

      以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/8








告知

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 「うちの子にかぎって」の続きは、現在、裏取り作業中にて、本日は告知にて失礼。

 今年も「沖縄の工芸展」が開催されます。

 当、しょーもないブログも、おかげさまで1年が経過しました。ブログなんて、どう書いていいか見当もつかなかったので、いちばん最初は、告知の記事にしちまえってことで、西表島の師匠からとどいた「沖縄の工芸展」のお知らせを、そのまま使わせていただいたのが、記念すべき最初のブログ記事でした。

 じゃぁおまえ、その後、どう書いたらいいか、見当はついたのかい?というツッコミには返す言葉もございません。

 ただ、意外にも、このしょーもないブログを読んでくださっている方がいらっしゃることに、驚きと共に感謝の気持ちでいっぱいです。

 阿佐ヶ谷あたりの、「三つ編のおさげ」が似合うナイスガイからは、コメント欄がないから荒らせないじゃないかと苦情がきておりますけどね。コメント欄なんか設けた日にゃ、当ブログは完全にアウトですから。引き続き、一方通行でいかせていただきます。

 とは言え、ご来院の飼い主さんからは、時々、色よいご感想をいただきますので、大変励みになっております。感謝いたします。

 さてさて。告知の続きです。

 ご存知 沖縄の工芸展が 明日、金曜日から日曜日まで、銀座の「時事通信ホール」にて開催されます。

 一口に沖縄と言っても、実は、ものすごく広い海域に散らばった、さまざまに分化した、固有の文化を持った島々の集まりですから、工芸の多様さも目を見張るものがあります。

 沖縄が広い。我々、生物をやってる人間には非常にピンとくる話なんですけどね。

 そういう意味では、沖縄県というよりも琉球弧と表現したほうがいいかもしれません。

 というわけで、広大な琉球弧に散らばる、16もの工芸産地が一同に会しての展示即売会へぜひ。

 那覇の国際通りのお土産屋さんでは出会えないかもしれない、素敵な作品たちが待っています。

 なお、売り子さんが、「作者」 の場合がありますので、興味深いお話しや、作品に対する想いなども聞かせてもらえるかもしれません。

 ロビンソンさんがもう1000年くらい生きてご活躍だったら、「夜光貝」の貝細工も、伝統工芸になるかもしれません。がんばれロビンソンさん!

 なお、この展示会は、あくまで工芸展ですので、食品は売ってませんので、念のため。

 昨年もご案内いたしましたが、帰りに銀座の「わしたショップ」に立ち寄られると、そのへんが補完できて、よろしいかと思います。

 さらに日も暮れちゃったし、喉も乾いちゃったなってことでしたら、「東京うりずん」にお立ち寄りになることをお勧めします。

 上記の3か所は、偶然にも、ほぼ一直線に並んでおり、ポイント間の距離がおおむね500mくらいしか離れていません。 

 移動距離ほぼ無しでの「沖縄日帰り旅」が楽しめます。

 ぜひ!
 
     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/2
うちの子に限って

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日はカナちゃんのいない恐怖の金曜日ですが、そこそこ暇なんでなんとかなってます。

 最初に告知でございます。

 来る9月15日-18日の4日間、私が学会参加のため不在となります。

 カミさん一人での診療となりますので、その間の診療時間を短縮時間とさせていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 さて。本日のお題は 「うちの子に限って」。

 1984年に放映された、田村正和さん主演の学園ドラマにも、そのようなタイトルがついておりましたが、その話でありません。 

 ちなみに、このドラマ。吉祥寺の小学校を舞台としたコメディで、主演の田村正和さんが演じる小学校の先生の名前が まさかの「石橋徹」先生。

 読み方から漢字まで、完全一致の同姓同名です。しかも舞台が吉祥寺。

 当時、私は大学生でしたが、「何か関係あるのか?」という質問が殺到しましてね。 「ねぇよ」と。 「あるわけねぇだろ」と。 

 そりゃぁもう めんどくさかったです。全国の木村拓哉さんや福山雅治さんが、不当にがっかりされることに比べればマシなケースですが めんどくさいものはめんどくさい。

 さらにめんどくさいことに、おなじくこの年に、第8回・アメリカ横断ウルトラクイズってのがありましてね。   そう。「ニューヨークに行きたいかぁ~?」のあれです。

 その第8回の優勝者ってのが、石橋史行さんという方でして。  私にしてみりゃ、「おいおい また石橋さんかよ」と。

 そんでもって、この石橋さん。あろうことか、麻布大学獣医学科の6年生だったんですよ。

 現役の獣医大生ってことで、彼が勝ち抜いていく姿は、番組的にもお茶の間的にも特別視されていたようで、石橋先輩ったらもう ちょっとした有名人になられまして・・・・。 

 名前と肩書が独り歩きするもんですから、実際に観てない人たちが「麻布大の獣医学部の石橋くんつったら あれかい?石橋部長んとこの次男坊が、たしか麻布大の獣医だったんでないかい?」とか勝手に盛り上がりやがりましてね。

 まぁ うちのおやじに問い合わせが来ること来ること。 ちょっとレアなくくりの中でもって同姓だった日にゃ、ある意味 威力営業妨害的な現象がおきるもんです。営業してないから 威力日常妨害 とでもいっときましょうか。

 「関係ねぇよ」「しらねぇよ」「あんなに太ってねぇよ」「クイズ出されても動物の問題しか答えらんねぇよ」 ってね。ちょっとした ヤサグレ状態。  

 ああもうホント。思い出すだけで うっとおしい出来事でしたわ。

 で・・優勝もしなけりゃ、ドラマの主人公のモデルでもなかった当の本人の石橋くんは何をしていたかというと、1984年といったらもう、ただただ西表ヤマネコにあこがれて、西表島のことばっか考えて過ごしてましたね。そして、初めて「ロビンソンさんと出会う」という、個人史的には極めて重要な1984年でありましたとさ。

 で・・・・ うちの子に限って という話題。

 いやね、べつにワイドショーの話題に乗っかって、真田薫さんと真田信政さんの話をしようってんじゃありませんよ。

 ためになる要素ゼロのブログとは言え、ここは動物病院のホームページですからね。

 ここはひとつ 犬の話です。

 うわ。 前振りの文章が長かったですね。

 このまえ、チャブちゃんのお母さんから、「ブログ 長いから全部読めない」と教育的指導をうけましたからね。 ここらで 「続く」 にしときましょうか。チャブちゃんのお母さんにはね・・「服のセンスが悪い」とかね。「どんだけロビンソンさん好きなのよ」とかね。「おにぎりの写真ばっか」とかね。いろいろご指導いただいてますけどね。

 服のセンスって・・・ありゃ仕事着であって私服じゃありませんからね。動物が怖がらない工夫という一点のみを評価していただきたいと、強く思う次第であります。

 じゃぁ・・・「つづく」ってことで。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/9/1
秋風

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 9月に入りましたねぇ。今年は、昨年と違って、長雨のせいで 晩夏から秋の生き物観察が全滅ってこともなさそうですね。

 突然ですが わたくし。野生のスズムシを探しに行きたいです。
 
 2ヶ所ほど目星をつけているんですけど。どちらも片道2時間ちょっとの距離ですから、往復で4-5時間。ポイントを絞ったりするのに1-2時間はウロウロしないといけないでしょうから、移動だけで正味6-7時間は必要です。だいたい、何もない火曜日なんてのが、偶然にも存在した場合の自由時間が8時間程度ですので、ギリなんとかなるかなという感じ。 

 採集は夜間ですから、翌日の診療に影響が出ないようにしないといけないし・・・。となると この段階で計画の立てようがない!!

 さらに、入院やホテルがいると、当然無理ですし。月曜の夕方に重症症例が飛び込むといったいつものパターンに至っては、もはや予測不能。

 おい!そこの60.8キロ! 俺のかわりに偵察してきてくれねぇかぁ? と言いたいところですが、藩士はチャリ移動の人なので、無理。

 ちなみに、野生のスズムシというのは大変珍しいそうで、めったなことではお目にかかれないし、声が聞こえても、捕獲は大変難しいそうです。

 たまに、原っぱで鳴いているのに出くわしても、それは 野生のスズムシが生息している のではなく、だれかが放した個体が、たまたま生き残って定着している場合がほとんどだそうです。

 飼育中の養殖個体が、近親交配をくりかえして、どんどん脆弱になっていく中、野生の血統を導入して、遺伝的ボトルネックを補正したいんですけどねぇ。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/30
あらしのあとに

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 8月の最終日でございます。

 綺麗な秋晴れといった感じの、さわやかな朝でございましたが、このあと、残暑で猛暑が予想されておりますので、引き続き、熱中症に注意してお過ごしください。

 昨年のブログにも書きましたが、秋の台風のあとには、南の海上から、いろんな海鳥が吹き飛ばされてきて、本土の陸地で遭難します。(注:海鳥とは、ミズナギドリやカツオドリやアホウドリなど、海上を住処とする鳥。)

 大型の海鳥たちは、グライダーのような翼をもっている関係上、海上の向かい風や、波頭の高さを利用して飛び立ちます。風や波のないときには、羽ばたきながら、水かきのついた足で海面を助走して飛び立つこともあります。

 駐車場やら庭やらの地面に不時着した場合、離陸に必要な向かい風も足りなければ、助走のスペースも足りません。 

 おまけに嵐にもまれて、筋肉の疲労とダメージがピークに達しています。

 なので、住宅地の地面に降りた海鳥は飛び立つことができません。

 もしも、近所で、見たこともない大きな鳥が座り込んでいるのを目撃したら、東京都多摩環境事務所の野生鳥獣担当(23区以外での発見)か、東京都環境局の野生鳥獣担当(23区での発見)に通報してください。(当ホームページの治療案内→野生動物 参照のこと)

 尚、魚を捕獲するための鋭いクチバシをもった、大型の鳥は、大変危険です。とくに、我々の眼球を狙って攻撃してきますので、とりかえしのつかない事故にもなりかねません。

 発見した場合は、通報にとどめ、直接、手を出さないようにしてください。 ほんとに危ないですから。
 

 末尾ではありますが、今回の台風で大きな被害にあわれた各地の被災者の方のご無事と、一日も早い復興をお祈りいたします。


     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/27
猛烈な勢力で北上するらしい

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 初夏から盛夏まで、火曜が全滅でしたからね(お盆休診もアウトでしたが)。夏の終わりの悪あがきで、娘をつれて、山にアサギマダラを探しに行こうかと考えていた 次の火曜日。

 いや・・もうね。なんというか。

 ちょっとぉ~ 10号先輩 かんべんしてくださいよぉ。そのまま、居たいだけ南の海上にいていいですから、北上とか やめてもらえません?

 どうしても上陸してくるってんだったら、お土産に、アカオネッタイチョウとか 珍しい鳥をお願いしますよ。それで手をうちましょう。ただし オオミズナギドリが毎日10羽とか保護されてきたら マジで怒りますからね。

 そうそう。
 カナちゃんたちの落書きが、ブログを読んでくださった方から高い評価をいただいておりまして・・・・。正直おどろいております。

 意外と、ちゃんと似てるんだそうですよ。ポケモンに。

 本気だしてないけど ちゃんと似てた。すごいじゃないですか。

 昔、当院には、浅野画伯という伝説の看護師がおりましたが、カナちゃんは 本気だしたら、画伯の称号を引き継ぐポテンシャルをお持ちのようです。お母さんからも本気出せ!とGOサインが出てますからね。この調子でいきましょう。

 オバQとか言って ごめんなさい。

 
     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/25
猫の譲渡会のお知らせ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 ネコの譲渡会のお知らせです。

 9月25日 日曜日 いのかしら公園野外ステージにて

 13時~15時 だそうです。

 良い出会いがありますように。

 マドモアゼル・フランソワーズあたりが ふらっとね・・・ まだまだ早いか。

 写真は、ポスターをお預かりした際に、「置いてください」と渡された募金箱。

 受付カウンターを見ていただければご理解いただけると思いますが、明らかに置くスペースはありません。

 それをご覧になったうえで、「置いてくれ」というリクエストなわけですから、「工夫しろ」ということなのでしょう。 獣医は工夫ができてナンボの仕事。望むところです。

 開院と同時に設置した盲導犬の募金箱をどかすわけにもいかないしなぁと悩みつつ、ひとまず受け取った募金箱。

 鍵もかからず、柔らかいプラスチック製のパカパカの箱で、セキュリティの要素ゼロ。

 通常は、強固なアクリル製で、鍵がかかる構造になっているのが募金箱というものですが、これだとコストがかかりますからね。しかたないのかもしれません。

 回収のプランも何も聞かされておりませんが、ひとまず、譲渡会のポスターとセットで置くことにしました。

 これなら、猫はもらってあげられないけど、募金はしてあげよう。という飼い主さんの目にとまるかもしれません。

 今後の課題は、当院の飼い主さんたちからお預かりすることになる、貴重な善意の募金を、責任をもって管理すること。なにせ むき出しの現金ですからね。

 もちっと頑丈な募金箱さがすかな・・・。

 いらなくなった募金箱募集!!

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/21
全力で行け!

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日は、来年度採用予定のマユちゃんが来ております。

 マユ・カナ コンビは、偶然にも小学校が同窓で、仲が良く、今日も二人で楽しく盛り上がっております。

 お互いの兄弟・姉妹の話題で盛り上がっていたときの話。

 カナちゃんのお姉さんは、カナちゃんと似ているどころか、ほぼ同じ顔をしているという話題になり、じゃぁ 写真を見せてよ ってな展開となりました。

 「アプリをつかってちょっと盛ってる写真なんで、実物と少し違うかもしれませんが・・・」と真顔でさし出された写真が、なんと 犬。  

 ええ。 犬の写真です。

 もうね。盛ってるとかいう次元じゃなくて アプリを使って、姉妹の目以外は犬になってるわけです。

 これだったら、中の人がカナちゃんのお姉さんじゃなくても それこそ そのまんま犬であってもいいくらいでね。

 「カナちゃんとお姉さんは どんくらい似てるの?」っていう質問に答える資料画像に 君は あえて この一枚を出してくるのかと。 履歴書の写真がふつうだったことが今となっては奇跡だな。

 ちなみに、さっきはさっきで、切手を貼った封筒をコンビニに出しに行きましたよ この子たち。 コンビニのお兄ぃさんも、きょとんとしながら、「こ・・・・これは きっと 普通にポストに入れていただいたら いいかと・・・」って。 

 なごむわ。 全力で和ましてくれます。この子たち。

 だからって 仕事はきっちりこなしてくれますしね。
 なんの問題ありません。 

 そんなカナちゃんの才能のルーツを伺わせるエピソードがひとつ。

 まえに彼女が仕事中に描いた、ポケモンの落書き。当ブログで紹介した画像をみてくださった、カナちゃんのお母さんが一言。

「ひどい絵ね。 もっと本気出せばよかったのに。」

 そうだよね。

 仕事中の落書きも、本気出していこーね!!
 
     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/20
シロクマミルク最新情報

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 西表島の師匠から、「旭山ちゃう。釧路動物園や!」との情報が入りました。失礼しました。間違えて旭山にいっちゃった人がいたらごめんなさい。

 でも、写真展は三鷹産業プラザですからね。

 ところが! 偵察に行ってくれたペットシッター藩士 改め「伊豆の海親方」から、「偵察してきたけどクマの気配はゼロだった。調べてみたら写真展は22日からだった。ブログで私の写真を使いまわすな!」との情報が。

 とんだ無駄足を踏ませてしまいました。ゆるせ女子60.8キロ級!こんどバイトに来たときに シロクマごちそうするから それでカンベンしてね。

 さて。 そんな女子60.8キロ級からのパワー・リコメンドで、おっさんは一人、シン・ゴジラを観ることにしました。(以下、ネタバレあり。 まだ観てない人で 映画の内容を知りたくない方は閲覧しないでください。と 書けと女子60.8キロ級にアドバイスされたので、そうしました。)

 女子60.8キロ級いわく・・全編 エヴァンゲリオンなんだそうで、だから、すごいカッコいい映画なんだそうです。

 エヴァンゲリオン・テイストだからかっこいいと言われ、そもそもエヴァンゲリオンを見たことがないおじさんは、なすすべがない。もうね。観るまえから時代に取り残されてます。

 なんたって全編がエヴァンゲリオンですからね。これはもう、あらかじめエヴァンゲリオンをみてない人は立ち入り禁止なんじゃないかと。

 で、満を持して、ネットでエヴァンゲリオンを2話ほど観て、八代亜紀と中川翔子と高橋洋子の3バージョンの主題歌を聞き、シン・ゴジラに臨みましたよ。エヴァンゲリオンのストーリーは、ひどいお父さんだなって以外わけわかりませんでしたが、主題歌は八代亜紀のヴァージョンがいちばんでしたね。

 そうして観てきたシン・ゴジラ

 いやぁ すごい映画でした。官僚って頭いいなぁとか。自衛隊っていい動きするなぁとか。防衛大臣って小池さんなの? とか。

 私もおつきあいのある、ご存知・環境省のみなさんも、しっかりゴジラと闘ってました。鳥獣保護法だの有害鳥獣駆除だのって、お馴染みの単語も出てきたりしてね。でもあれって、特定外来生物法にしたほうが取り回しがいいような気が。判定会議があったら私、呼ばれますね。そもそもゴジラが爬虫両生類かどうかにもよりますけど。

 鳥獣保護法で、環境省がゴジラを日本の野生鳥獣と認定したら、そのうち傷病鳥獣としてゴジラを治療してくれとか、リハビリしてくれとか言われる日が来るかもしれません。

 ゴジラの口内炎とか・・・。元気になったゴジラをリリースするときに ポンポンって肩をたたいて、「あんまり火を噴きすぎないようにね!」とか言って、東京湾に送り出すわけですよ。元気でねぇ~・・・とか 手を振る私。振り向かずシッポを振り返すゴジラ。

 足の裏に東京タワーの先っぽが刺さったゴジラに、「治るまで靴を履かせましょう。三鷹のCOREさんで売ってますから・・・」とか。

 ただね。最後のシーン。
 ゴジラの血液を固めるお薬をゴジラに飲ませるんですけどね。
 たぶん・・・あれじゃ飲みませんよ。

 体が横倒しで、頭位が下がってる状態で、まだ意識のあるゴジラの口腔内に、ただホースを差し込んで、お薬を注入するわけですけどね。

 全国の化学工場を総動員して、米軍による核爆弾投下までのわずかな時間で作り上げた 大切な大切なお薬。

 たぶん口からダダもれになって無駄になりますぜ。

 口腔内にわずかに残ったやつも、おいしくなかったら、ぜったい ペっ!てするもの。対策班もあれですよ。チキン・フレーバーにするとか、甘いシロップにするとかって発想は無かったんでしょうかね。

 そもそもね。パイプを入れようにも嫌がって口あけないかもしれないし、よしんば口が開いたとしても、あのやり方だったら 絶対飲み込まないし、たぶん コンクリート送圧車のパイプを咬み切られますよ。

 意識があって、口の開け閉めが自由なんだから、ああいう場合は、経鼻カテーテルを胃の直前まで入れて、抜けないように鼻に固定して、そこから注入しないとダメです。・・・・・・・でもこのゴジラって鼻の孔あんのかな???以前のゴジラはカワウソみたいな顔で、鼻の孔あったけど・・・・・・でも、経鼻カテーテルの刺激でゴジラがくしゃみをしたら、それは火炎放射になってカテーテルは溶けちゃうのかな・・・

 そんなこと考えてたら、せっかくのラストシーンに乗り切れず、結局取り残されましたとさ。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/19

シロクマミルク写真展

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 なぜか西表島から、「三鷹産業プラザ1Fで、シロクマミルクの写真展やってるよ」とお知らせがとどきました。

 しろくまミルク?? アイスの一種の話かと思いましたが、どうやら そういうクマがいるんですね。

 あの、ご存知旭山動物園のホッキョクグマらしいですよ。なんでも いろんなポーズをとるのが可愛いんだとか。

 どんな写真展か、偵察に行ってくれと、女子60.8キロ級に頼んだので、面白そうだったら 観に行ってみようと思います。

 なお、可愛いとは言えホッキョクグマです。陸上最大の肉食獣。好んで人間を餌として捕食する数少ない野生動物です。 窓にタオル掛け用のバーをネジで止めたジムニーなんかで近づいたら危険です。 

 なお 本日より、平常受付をしております。

 
     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/14

明日から休診です

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 オリンピックやってますねぇ(緑色のプールとかで)

 時間がないので あんまり観てないですけど、たまたま流れていた映像を見て思いました。

 女子78キロ級!! とかって。 

 世界中に体重が公開されちゃう女子たち。

 表彰台を降りた後の、闘ってないときの一個人としてはどんな想いなのか。

 原宿のラージサイズ専門店で可愛いお洋服を選んでいるときに、小学生から「あ あのテレビに出てた78キロ級のおねぇさんだ!!」って言われるわけですよ。

 たまたま入った定食屋でも、頼んでないのに、飯は大盛にされちゃうんですよ。「いいからいいから!サービスだって!」とか 定食屋のおやじが得意そうに言うわけですよ。

 一念発起でダイエットしようと思った初日にそれをやられたらねぇ・・。

 福山雅治の結婚に凹み、SMAPの解散に涙する78キロ級もいると思うんですよね。

 いっそ、競技階級の名称を変えたらどうなんでしょうかね。東京五輪にむけて提案しておきたいと思います。
 
 星級 とか 花級 とか 鯔級 とか 鯨級 とか 大猩猩級とか・・

 最強の霊長類♀たちに幸多かれ。

 写真は、日々筋トレを欠かさず、大型犬に負けない体重と筋力を維持している バイトの女子78キロ級。

 もじもじする老ビーグルをささえる上体の安定感がハンパないですね。 

 朝一の寝ぼけまなこで 腹筋とか鍛えてるそうですよ。プロ意識が違います。

 無限に広がる広背筋が象徴するものは、力ではなく、動物に対する大きな愛だと思います。

 誰かいい人いないかしら。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/13

無縁仏

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 通勤途中で見下ろす、中央高速の景色が、相当、お盆な感じになってきてます。

 出入りの業者さんの営業カレンダーを見ますと、だいたい山の日の11日から16日あたりをお休みにしている方が多いようですね。

 マダムジャカランダいわく、一斉に休んだら、どこもかしこも渋滞なんだから、経済を停滞させないためには、祝日なんて増やさずに、個人個人でランダムに長期休暇をとるべきだと。

 たしかに、住まいの近くに先祖代々の墓所があり、迎え火・送り火の儀式が可能な環境って、なかなかないですし、さらには、先祖代々の墓所のある田舎に、もう親戚や家族が住んでいない なんてことも多いですからね。お盆という風習自体、風化していくのだと思います。

 なので、お盆に集中して全国民が休みをとるってことが 意味をなさなくなる日がくるかもしれません。
 
 写真は、私の父親が入ってるお墓。先祖代々の墓じゃないから、お盆! って感じもしませんね。

 ここのところ、もろもろ大変だったので、雑草のケアを怠っていたところ、えらいことになってました。

 まさに無縁仏状態。

 墓地に生える草というのは、抜かれては生えるの繰り返しに強い雑草が生き残るので、最近では外来種の草が多いようです。侵入して蔓延る能力に長けているからこその外来種。なるほどです。

 なけなしの時間と体力を使って刈り取った雑草。すごい量です。学生時代の牧場実習を思い出します。

 霊園で一括管理して、何か有効利用はできないものでしょうか。動物園のゾウにあげるとか。発酵させてアルコールにするとか。

 石川酒造の協力を得て、「多摩墓地の恵」 なんてビールができたら、おもしろいですね。薄気味悪いだけに、ペール・エールなんてね。

 なお、ご来院いただいた飼い主さんから、「あの声はなんですか?」と聞かれることが多いです。

 あれは ハトです!! 
 
     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/12

閑さや・・・

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日は金曜日。

 カナちゃんがお休みの日なので、私は「恐怖の金曜日」と呼んでおります。 混んだら大変。

 そんな金曜日の恐怖を和らげてくれる動物たちの大合唱が院内に響いております。

 絶え間なく響くギンバトの ポッ・ポロロ~ ポッ・ポロロ~ ポッ・ポロロ~ ポッ・ポロロ~ ポッ・ポロロ~ ポッ・ポロロ~ ポッ・ポロロ~(2つめのポにアクセント)

 その裏で2羽のセキセイインコが ジジジジジジジジジジジジジジ クチュクチュクチュクチュクチュ ジジジジジジジジジジジジジジ クチュクチュクチュクチュクチュ ジジジジジジジジジジジジジジ クチュクチュクチュクチュクチュ ジジジジジジジジジジジジジジ クチュクチュクチュクチュクチュ ジジジジジジジジジジジジジジ クチュクチュクチュクチュクチュ 

 さらに上下2段で、いい塩梅に可愛い盛りの仔猫たちが にゃぁぁぁぁぁぁ~  にゃぁぁぁぁぁぁ~  にゃぁぁぁぁぁぁ~  にゃぁぁぁぁぁぁ~ にゃぁぁぁぁぁぁ~ にゃぁぁぁぁぁぁ~ (上の子)
          
にゃお~ん にゃお~ん にゃお~ん にゃお~ん にゃお~ん にゃお~ん  にゃお~ん にゃお~ん にゃお~ん (下の子)

 遠くから お年寄りのビーグルが パぁ~オ! パオパオ! パぁ~オ! パオパオ! パぁ~オ! パオパオ!(ビーグルだなぁ~って 心底実感できる声ですよね。ただ・・なんでこれが森の鈴なんだかわかりません。森のラッパって言ったほうが近いんじゃないかと思います。鈴ヶ森とか言うと別のコワイ話になっちゃいますが)

 そのとなりでは ときたま、プードルが耳を掻きながら、うがががががががががががが うごごごごごごごごご うがががががががががががが うごごごごごごごごごうがががががががががががが うごごごごごごごごご(なんでしょうかね。うめき声なんですかね。人間の言葉に訳したら、うぉぉぉぉぉぉ気持ちいぃぃぃぃ って感じです)

 この音響環境・・追い込みの受験生とか、動物嫌いな人だったら つらいだろうなぁ~

 あ! 現在、日本の遠いどこかを車で移動中の某ご夫婦に朗報。

 おたくの コポーちゃん。 舌ありましたぜ。
 めでたし めでたし


     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/11

山の日

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日は山の日だそうですね。

 山の日だから さぁ休め! と言われたところで、ハイそうですかと休んでもいられないんですけどね。

 まぁ、たいていの人が仕事してんだろうと思いますけど、休日だから役所や物流は停滞するんでね・・・。単に労働環境が悪くなるだけじゃないかと思います。

 私なんぞは、祝日で学童がクローズになると、子供を預けるところがなくなるので、ますます仕事がやりづらいことになります。

 国民の休日をやたら増やして経済が回るんだったら 世話ないです。 ゆとり教育 なんてのといっしょで、偉い人たちの考えることってのは 時々 理解に苦しみます。
 
 さて。
 ○○の日 といえば。
 昨日は 鳩の日 だったんですって。ご存じでした?

 私は全く知りませんでした。 

 もちろん、宿の日だったり 焼き鳥の日だったりすることも知りませんでした。

 そういう 裏メニュー的知識の担当は、この方。

 ご存知、元気とノリだけで人生を爆走中の、バイトのペットシッター藩士でございます。

 彼女が、夕方、息を切らせて駆け込んで来ました。

 おみやげです! って、渡されたのが、あの有名な鳩の形のお菓子。

 創業明治27年(1894年)、あの豊島屋さんの、ご存知「鳩サブレー」でございます。 レ のところは語尾を伸ばしていただいて 鳩サブレー でございます。 

 いま、ひよこの形のお饅頭を思い出したそこのあなた! 違いますよぉ。鳩サブレーは、クッキーのほうですからね。

 どっちも頭を食べるときに一抹の良心の呵責にさいなまれる点では似てますけど、鳩と言えば、焼き菓子のほうです。しかも レ は伸ばして発音。鳩サブレー です。

 で・・そのペットシッター藩士。
 鳩の日だから! ってんで、暑い中、わざわざ横浜から買ってきてくれたんだそうです。なんか 申し訳ないですね。ありがとうね。感謝して 頭も残さず食べるからね。 誰かこの子にいい人いないかしら。

 おかげで 今日が鳩の日だったなんて、このままだったら一生知らなかったであろう豆知識も増えました。

 鳩の日 と言えば、偶然にも 昨日、鳩が来ましたよぉ。ギンバトっていう、手品に使う、おとなしくて可愛い鳩です。

 この鳩、突然 大量に吐血したそうです。今はおさまったけど、もしかしたら、舌がなくなってるかもしれないとのこと。 

 思わず え?って聞き返しちゃいましたよ。 舌がないって・・・ なにすると鳩の舌がなくなるのよ。

 旅行から帰るまでにみといてくださいと。 あんたエライ冷静だな。あんたの鳩・・舌がないんだろ??   いいのか??旅行とか行ってて。

 真っ白の鳩が大量に吐血。
 まさに悪夢。
 しかも、スズメでもあるまいに 舌が根こそぎ無いって 怖すぎます。
 
 おかえしのときには、大・中・小の「つづら」をご用意しときましょうね。もれなく全部に妖怪をいれてやろーと思いますが。
 
 基本、鳥はペットホテルであずからない当院ですが、飼い主さんは、大昔に、専門学校で講師をしていた頃の生徒で、不治の病で廃棄されたセキセイインコを2羽も引き受けてくれた恩があるので、しょーがない。

 お盆の休診期間中は預からねぇぞって言ってるのに、まる被りなのも まぁしょーがない。あきらめよう。

 というわけで、ただいま、院内を ジジジジジジ・・というセキセイインコの声と、ポッポロローという鳩の声が賑やかに響き渡っております。 
 
     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/9

アスカ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 本日は、ご存じ、休診日でございます。

 西表島のセッター犬、アスカからメールがとどきました。「てつおじさんへ・・」で始まる、全文ひらがなの手紙には、運転免許の教習が、仮免許までいったので、次に私が西表を訪問するときには、アスカの運転で島を案内してくれると書いてありました。免許がとれたらロビンソンさんがランボルギーニ・カウンタックを買ってくれるそうです。

 パイナップル畑でぬかるみにはまり、潮風にあたって半年で錆びるカウンタック・・・。しかも運転してるのが犬。      めちゃくちゃだな。

 パチンコで負け続けているロビンソンさん。カウンタックを買う資金をどうやって用立てるのか・・。

 「水落の滝」付近で、海賊の埋蔵金でもみつけたのかもしれませんね。

 なお、ロビンソンさんいわく、パチンコで負けているのではなく、パチンコ屋さんを養っているのだそうです。  パチンコ屋さんにあずけておいた金を引き出しにいくんだって話も聞いたことがあるような・・・・。めったに引き出せないらしいし、利子もつかないみたいですが。

 ロビンソンさんのように、もろもろ不思議な力があったって勝てないんだから、ギャンブルなんてものは やらないに越したことはありませんね。


     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/8













冤罪

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 さっき、カナちゃんと、バイトの藩士が、「あのポケモン どんなだったっけぇ~」とかなんとか言いつつ、こんな絵を描いておりました。 勤務時間中に(笑)。

 別にね・・・ いいですよ。落書きくらい。
 仕事は楽しくやってほしいもの。
 それに暇な時間だってあるものね。

 ただね・・。

 君たち、警察に、どんなに頼まれようとも、目撃した犯人の特徴とか描いちゃだめですよ。

 あなたたちのせいで、無実の人がつかまっちゃいますからね。

 それ・・・ポケモンじゃなくてオバQだよね。
 絵心以前に、記憶に問題ないか?

 世の中の冤罪事件って こういう連中が生み出すんだろうなと思いました。 

 ちなみに、うちの病院の前の水道屋さんの真ん前にポケモンのジムがあるそうです。うちの病院の前にあるカエルと犬の置物は、別のゲームのなんとかスポットにされているらしく・・・。 金とりますかね。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/8

デザイン

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 マダム・ジャカランダから、「うちのキッチンにいたんだけど これ何?」ってメールとともに、ムシの写真が送られてきました。
 
 最近は、スマホのカメラの性能がいいので、ちっちゃなムシの姿も、かなり鮮明にうつるので、種類の識別がだいぶ楽になりました。

 昔は、ピントの精度も画質も実用レベルではなかったし、おまけに虫が怖い人が震えながら撮影してくるもんだから、「この写真じゃわからない」としか言いようのない問い合わせばかりでした。

 虫が怖いのに、私に見せたらなんか喜ぶんじゃないかと送ってくれる方。年配の女性に多いです(笑)もう少し、若い女性層からの支持を得たいところですが、なにしろ、ご配慮感謝いたします。

 撮影者の興奮冷めやらぬ証言だけ聴くと、すごく素敵な虫だったみたいで、私としてはすごい気になるのに 結局なんだかさっぱりわからないぶん 逆にフラストレーションがたまったりします(笑)

 今回 送られてきた画像は、トリバガ科の蛾で、おそらくブドウトリバという虫です。鳥の羽みたいにケバケバしてるから鳥羽蛾っていうらしいです。

 蚊(カ)と見まごうばかりの頼りなくて小さなムシですが、よく見ると、すごい造形美をもった素晴らしい生き物です。

 ポケモンGOなんかやってないで、足元の自然に目をむけなさいよと やくみつる先生もおっしゃってましたが、まさにその通り。

 感動は身近な自然の中にいつでも転がっています。

 写真をそのまま載せると、女性読者に嫌われるということは、離れ小島ナミ子先輩のアドバイスでわかってますから、イラストにしました。

 イラストも、私の場合、博物画のように超リアルに描く癖があるので、今回はシルエットだけにしました。

 なかなかいい感じ。

 神様の創造物をそのまんま真似して書くと、うまくみえる・・・ クリスチャン・ラッセンのリトグラフと同じズルさでございます。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/5

まっ黒いおべんとう

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 今日も灼熱ですので、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 今朝、NHKのニュースで、広島で被爆された子供さんの、おべんとうにまつわる悲しいお話が紹介されていました。 朝から、涙腺が こっぱみじんです。

 広島の原爆資料館に展示されている、被爆者の遺品の中に、つぶれたアルマイトのお弁当箱があります。中身は炭化した御飯とおかず少々。真っ黒な炭になってしまっています。

 この遺品にまつわるエピソードは、真っ黒なおべんとう という絵本にもなっており、詳しくお知りになりたい方は、「しげるさん べんとう」で検索してみてください。

 同様のおべんとうを、私は、高校の修学旅行先の長崎でみました。こちらのお弁当は、御飯が半分しかはいってませんでした。おそらく、それしか用意できなかったのでしょう。戦時中の食糧事情については、実際に壮絶な飢えを経験した祖母と母から、死ぬほど聞かされていたので、この弁当箱に、半分だけはいった御飯の背景にある、お母さんの思いが痛いほど伝わってきました。子供に食べさせるために、必死に努力して、やっとこれだけ用意できた精一杯のおべんとう。大切な着物を質に入れたかもしれないし、過酷な労働に身を投じたかもしれません。その、飯が半分だけ入ったお弁当には、おかずは 無かったと記憶しています。

 この おべんとう。 何が悲しいって、食べられることなく、そのまま炭になってることです。 原爆の火に焼かれて亡くなってしまうことが、その方にとって避けられない運命だったら、せめて、被爆の前に、このお弁当を食べさせてあげたかったじゃないですか。

 当時、まだ高校生だった私は、衝撃と悲しさで、展示の前で、棒立ちになって一歩も動けなくなったことを鮮明に覚えています。 戦争反対とか平和が大事とかいう事は、一切 頭に浮かびませんでした。ただただ このお弁当を用意したお母さんの想いと、このご飯を食べることをものすごく楽しみにしながら、思いが叶う事なく亡くなってしまった子供の無念にとらわれていました。そのあとも ずっと食べ物のことだけ考えていた気がします。

 とくに、料理下手な私の母親が作る、茶色一色の、醤油の味しかしない、無味乾燥な弁当について・・「おなか一杯食べられることを幸せと思い、感謝すべきところを、友達の持ってきた綺麗な弁当を見て、ついつい うらやましく思う自分がバチあたりなのか・・・せっかく食べ物がふんだんに手にはいる時代になったのに、このようなものしか作れない母親がバチあたりなのか」 という、それこそバチあたりな想いが、弁当の時間が来る度に私の心をよぎるようになりました。

 その問いに対する答えは、30年以上たった今でもみつかっていませんが、当時、まっ茶色なお弁当を綺麗に完食し、おいしかったよと母親に返却していた私は、そんなにバチあたりじゃなかったようにも思います。


     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/8/1

















守備範囲

 8月に入りました。
 野の生き物たちの世界は、あと2週間ほどで秋。

 秋とえいば、虫の声。 むりやりですが・・

 私も、毎年、自宅で鈴虫を飼っているのですが、今シーズンは未だかつていない不調に見舞われています。

 ウイルス感染と思われる病気が蔓延し、だいじな鈴虫さんたちが、バッタバッタと死んでおります。コオロギの仲間なのに。 バッタバッタと・・・

 去年の個体群の卵から孵化したグループから発生し、あっという間に ほぼ全滅。

 かろうじて生き残った連中に、外の血を入れようと、別系統の鈴虫をまぜたところ、抵抗性がないのか、後から入れた子たちは、病気をもらって一日で全滅。前から立てていた計画を優先したのがよくありませんでした。わかりきった結末なのに・・・可哀想なことをしました。

 蒸れないように、飼育ケースにも手を加え、あのてこのてで健康状態を保とうとするのですが、どうもいまひとつ。

 別系統を2群れ用意してあるので、彼らがなんとか次世代につながることを期待しつつ、発症群は隔離しました。

 血統強化のため、秋には、野生個体群の採集にチャレンジしてみたいなと思ってますが、虫が捕れるかどうかよりも、休みが取れるかどうかのほうが危ういです(笑)。

 それにしても虫の病気・・・

 まえにクワガタの羽化不全の治療はしたことがありますが、鈴虫のウイルス病の治療なんて考えたこともありませんでした。

 ためしに免疫増強剤のセファランチンでも舐めさせてみようかなと思います。植物のアルカロイドだから、鈴虫が食べても大丈夫そうだし・・・・。脊椎動物と同じ免疫システムとは限らないから、効かないかもしれませんけどね。

 ちなみに・・・獣医も仕事で昆虫の病気に向き合うことがあります。
 それは腐蛹病(ふそびょう)というミツバチの病気で、家畜伝染病予防法でも定義されています。

 腐蛹病は、ある種の細菌感染によって、ミツバチの蛹が腐ってしまう病気で、養蜂業界に大打撃を与えてしまうのため、行政が定期的に養蜂家をまわって、検査や予防を行います。

 三鷹でも小規模な養蜂を楽しんでおられる農家さんが多いので、獣医さんがまわっているかもしれません。

 これは、都道府県の家畜衛生試験場に勤務している獣医さんのお仕事なんだと思いますが、往診に行って、犬にかまれる獣医と、ハチに刺される獣医の、どっちがいい? って言われたら、私は犬のほうががマシかな・・・。犬だったら、飼い主さんがなんとかしてくれそうだし。

 看護師のカナちゃんは、虫がとっても苦手なので、ミツバチの往診いくぞ!とか言ったら 辞めますっ!て言われそうなので、ミツバチの仕事は受けません。 

 写真はアカギの木の根っこ。木が倒れないように独特の形になります。昔は、この板状の根で船の舵を作ったりしたそうです。板状の木の根を発達させる樹木は、アカギよりもサキシマスオウの木が有名で、西表島の観光コースの中には、これの見学が含まれていることが多いです。

 なお、西表島の自然をガイドをするときに、相手が崖っぷち年齢の女性だった場合には、なるべく、この木の根の説明をしないで素通りするのが礼儀となっています。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/31

嬉しい事

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 7月も終わりますねぇ。セミの声もニィニィゼミから、アブラゼミ主体に変わってきました。

 昔はこのへんではあまりみかけなかった、ミンミンゼミが殖えてますね。

 霞が関あたりの都会の街路樹なんかにはミンミンゼミばかり鳴いてます。これって樹木の土といっしょに移植された国内移入ってことなのかなと思います。

 さらに不思議なことに、かつては関西に行かないと見られなかったクマゼミを見かけるようになりました。個人的には、クマゼミを身近に観察出来て嬉しい気持ちがありますが、はっきりとした形で自然環境が推移するのを目の当たりにすると、ちょっと不安を感じます。

 このあと あっというまにツクツクボウシが鳴き始めて、夏もおわっちゃいますね。 

 まぁね・・私としては 関係ないんで終わってくれちゃって構いません。夏なんて ただ 暑いだけだし。 

 最近、ストレスのキャリーオーバーでぐったりしてたんですが、今日、ちょっと心が息を吹き返す出来事が。

 しばらくお会いすることのなかった、マドモアゼル・フランソワーズが、ふらっと遊びに立ち寄って下さいました。

 テロの惨禍からの生還だったそうで ご無事でなにより。久々に元気なお姿を拝見できて、嬉しかったです。 それこそ、シッポがあったら振りたいくらい。
 
 世界の果てでも 当ブログを読んでくださっていたそうで・・。無常の喜びを感じるとともに、「内容が無くてごめんなさい」と、恥じ入るばかりでございます。


 なんもないけど 遊びにきました!みたいなのって、緊張もストレスもないからいいですね。

 散歩の途中でノアちゃんが遊びにきてくれて ニカって笑って帰っていく・・とか。

 もう、ずいぶん昔に亡くなっちゃってるから、ご無沙汰だったけど、ちょっと寄ってみた・・・とか。

 またのお来しをお待ちしております。

 写真は、ヴェランダで栽培していたジャガイモを収穫する娘です。忙しくて一か月放置してたら、結構な数がダメになってました。 来年はもうちょっと娘に付き合ってやれるかなと思いますが・・・ 
 再来年になったら、もう 付き合ってもらえなくなってたりして・・・。

 お父さんの在り方について、マユ・カナを師匠に勉強中であります。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/30



















犬は食わなくてもトラが食う

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 梅雨があけましたねぇ。引き続き、熱中症にご注意ください。

 いよいよ夏休み本番で、動物を連れて旅行に出かける方もいらっしゃると思います。

 ここでひとつ ペット連れ旅行のアドバイスをば。

 旅先でおこるペットの健康トラブルは、「緊急性が高い」場合が多いです。東京の主治医に電話相談をするよりも、最寄りの動物病院に駆け込みましょう。

 移動ルート上の鉄道の各駅や、高速のインターチェンジごとに、降りたらすぐに駆け込める動物病院をあらかじめリスト・アップしておくと時間の短縮になり便利です。もちろん営業時間や休診の予定も確認しておきます。

 現地の宿泊施設でも、至近の動物病院を押さえておきましょう。

 そのときに、普段飲んでいる薬や、持病について、初めて会う獣医さんに対して、手短に解説できるように、ある程度の知識武装をして出かけると安心です。

 なお・・・旅行中は 家族仲良く。

 高速道路運転中やサファリパーク見学中の夫婦喧嘩は大変危険ですので、やめましょう。

 写真は、朝焼けの中、鏡のような水面をすべっていく西表島のカヌー。
 8月の休診日も独り、持ち場にて奮闘する予定の私に、西表自然美術館さんより贈られた一枚です。

 綺麗なのでいつもより大きめにのせちゃってます。スマホの方とかへんなことになっちゃってたら ごめんなさい。

 濃厚な森の香りが思い出されます。遠くにカンムリワシの声とか聞こえてるんでしょうねぇ。 静けさを楽しむ世界。
このときばかりは ロビンソンさんのダジャレも飛び出しません。

 この風景につつまれてなお、船上でポケモンGOとかはじめる子が出てくるのか、興味深々です。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/28

不思議な話

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 皆さま ポケモンは沢山つかまりましたか?

 私はスマホはおろか携帯すらもってないんで、なんのこっちゃなんですけどね。

 仮想空間でファンタジーを追い求めるのもいいですが、不思議な出来事ってのは、現実の世界で起きてこそ不思議さが際立つものでございます。

 今日はそんな話をば・・・。

 急に具合の悪くなったカメさん。問診上、ここまで状態が悪化するほどの飼育管理上の問題は起きてない様子。 でも かなり危険な状態。

 飼い主さんのお話しでは、仲良しだったワンコが亡くなってしまったらしく、そのとたんに具合が悪くなったのだとか。

 そもそもこのカメさん。今は亡きワンコが、若くて元気だったころ、散歩の途中でいきなり飼い主さんを違うルートにひっぱっていき、連れていかれた場所におちていたカメさんなのだそうです。

 放置しておいたら、すぐにでも車に轢かれる状況で、あわてて飼い主さんはカメさんを救出。以来、自宅で育ててきたんだそうです。

 カメさんがワンコを命の恩人と思ったのかどうかはわかりませんが、水槽の前をワンコが通るたびに、カメさんはワンコに駆け寄って(泳ぎ寄って)大騒ぎしていたそうです。ワンコのことが大好きだったんですね。

 そんな、ワンコとカメさんの友情が数年間つづいたのち、ワンコは亡くなってしまいました。種の違いで寿命のスパンが違うのはつらいところです。

 意気消沈したカメさんは、しまいには重度の肺炎になってしまい、今回、私のところに運ばれてきたということなんですが、 なんか切ない話ですよね。

 天国のワンコに カメさんの回復をお願いしつつ、なんとか頑張って治療を続けようと思います。

 写真は、ひとつ前の記事の、採尿道具の実際の使い方を示した画像です。参考にしていただければ幸いです。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/25
のっぽさん

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 のっけから格言をひとつ・・・・。

 「良い飼い主は、良い大工である」

 今から20年ほど前に、生物学者のゴリス・リチャード博士から薫陶を受けた際、頂いた言葉です。

 いまでこそ、飼育情報集め放題、飼育用品買い放題の世の中ですが、ゴリス先生が日本に爬虫類の飼育文化をもってこられた頃(私の生まれるちょい前くらい)は、何を飼育するにも自分で一から作り上げなければなりませんでした。

 動物の生態に関する知識のみならず、給排水設備から電気工事まで、あらゆる大工仕事のスキルが要求され、さらには、創意工夫の精神とセンスが不可欠でした。

 これらを支え、最後までやりとおす情熱もしかりです。

 なんでも安易に手に入る、今の時代の飼い主さんにも、おおいに見習ってほしい姿勢だと思います。

 写真は、先日、とある飼い主さんに教えていただいた、採尿道具。 ペットボトルを切って作ったものだそうです。

 しゃがんで排尿する動物から尿をもらうのに、当院では、「紙皿を敷いて、たまったらシリンジで回収して・・・」という方法を提案してきましたが、これからは、この方法をおすすめいしたいと思います。

 よく言えば柔軟。そのまま言えば他力本願な私としては、これからも飼い主さんからのグッドアイディアをパクリありがたく頂戴し、日々の仕事の役に立てていきたいと思っています。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/23
夏はビールに枝豆ですな

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 豆御飯おにぎりのレシピが気になるとの問い合わせがありましたので、ご紹介すべく、お母さんから教えていただきました。

①夏になると、近所の畑から、毎日お父さんが枝豆を買ってきます。

②毎日なので お母さんが 枝豆の処理に困ります。

③いつも家族の健康を考えているお母さんは、大量の枝豆をビールから切り離すアイディアをいろいろ考えて、あるオリジナルレシピに到達します。

④だからといって、お母さんは忙しいので、余計な手間はかけません。ふつうに炊いたご飯に、茹でた枝豆をまぜ、塩をふって混ぜご飯にします。

④それを綺麗な三角おにぎりにします。

⑤おかず用のタッパのヘリで大きく凹ませたら できあがり!

 遠くに行きたいときは、なるべく大きなおにぎりにします。

 食べる直前には、手でぎゅっぎゅっ って握って、形をととのえましょう。

 ぜひ おためしあれ!

 

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/22
ひでぶっ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 コスタリカのお巡りさんは、おにぎりを持っていないことに気が付き、がっかりしつつ、今日は雨。開店休業状態でございます。こんなときは、雑用をこなしまくるに限ります。

 コスタリカの親切なお巡りさんからは、ガジョピントを分けてもらいましょうかね。携帯性ゼロの食べ物だけど。ガジョピントってのは、一種の豆御飯なんですけど、けっこう美味しいです。あの米は、コスタリカで栽培されてるのか知りませんが、もしもそうなら、稲刈りするときは毒蛇だらけで大変だろうな・・・・・。

 さて。カナちゃんの豆ごはんおにぎり。

 どうしてこんな形になったんだろうね。って話題が終わってしばらくして、カナちゃんが、突然、「あ!わかりました!! あははは~」って嬉しそうに写真のような実況をしてくれました。

 なるほど。おかずを入れたタッパーが食い込んだのね。鞄が小さいのかな・・。

 この子、なにか困ったことが起きても、ニコニコしながら「あははは~」ってなる癖がありますね。せっぱつまって固まられるよか良い傾向です。何食って育つとそうなるのかっつったら、凹んだおにぎりなんでしょうかね。

 明日から うちの娘にも、おにぎりを凹ましてから持たすことにします。

 窮地にパニくらず打たれ強い人格形成には、凹んだおにぎりが効く。新機軸だな。

 来春から就職予定のマユちゃんも、先輩同様に明るいおおらかな子です。

 このまえ、ちょいと噛みつく犬のシャンプーが入りましてね。お嬢さんたちが噛まれたらアカンだろうと思って私がやろうとしていたのですが、「大丈夫ですよぉ~私たちでやりますよぉ~ あはは~」みたいな感じで、マユ・カナ コンビがシャンプーをはじめました。

 何かあったら すぐに出ていける態勢をととのえつつ、奥の部屋で声だけ聴いていたのですが、聞こえてくるのは、楽しそうに犬に話しかける声と、時折聞こえる「きゃはははぁ~」という笑い声。

 なんか楽しそうにやってんなぁと傍観していると、きゃははぁ~ の合間に、「うわ! 噛んだぁ~ きゃはははぁ~」 「だめだよ噛んだらぁ あははは~」ってな声が・・・・。あきらかに何回も噛まれてるけど なぜか二人は楽しそう。

 作業のあとに、無事を確認すると、血は出ていない様子なれど そこそこマジに噛まれていました。でも、なぜか二人はニコニコしながら犬を乾かしています。

 いいな。この人たち。おおらかで。

 私が丁稚時代に勤めていた職場で、犬をボッコボコにして、どやしつけまくる看護師を沢山みてきましたが、やっぱ、優しい看護師のほうがいいですよね。実際。

 なんでも、彼女たちの母校では、伝説の犬おやじ、Nさんという人が、鬼教官として君臨しているそうで、Nさんの薫陶をうけた学生たちは、とにかく犬に対して、優しく声をかけ、気持ちを込めて接し、ちゃんとしたテクニックで素早く作業を完了することを徹底してたたきこまれるのだそうです。

 このNさんって人、中野あたりで犬関連の店をなさってるらしく、直接目をあわせるのもコワイくらいの猛烈おやじなんだそうですが、いっぺん会いに行ってみたいと思います。 おっさん。グッジョブです。成果でてます。 

 Nさんの薫陶を受け、凹んだおにぎり食べて育った子募集。これからの求人広告には外せない条件ですね。

 マユちゃんのおにぎりも凹んでいるのか。今度の日曜日に確認しときます。

  
    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/19
お・・おにぎりが大きいと 遠くまで行けるんだな

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 アイスが美味しい季節ですねえ。痩せちゃうといけないので、みなさん アイスやらファミチキやらポテチやらを沢山食べて元気に夏を乗り切ってくださいませ。

 さて。

 写真は、ご存じカナちゃんのお弁当のおにぎり。

 魚の骨が喉に刺さりやすい特異体質を持つ看護師が、お昼ごはん用に持ってくるおにぎりは、ほぼ100%に近い確率で、潰れています。

 家を出る時は、綺麗な三角おにぎりだったであろうその物体は、昼に広げたときには、扁平な三角、扁平な丸、たわら形などになっており、今日の豆ゴハンおにぎりに至っては、もはや分類不能な形状となっております。あえて表現するならば「ひでぶっ!」ってなったおにぎりとでもいいましょうか。

 カナちゃんは、いただきます!の直前にぎゅっぎゅって整形しなおして召し上がってるので、大きな問題はないようですが、おそらく食感のほうは若干、残念なことになっていると思います。
 
 次回、写真の豆ゴハンおにぎりが ひでぶっ ってなった原因を究明します。
 
 はぁ・・・・・
 放浪の旅に出たい。 

 できれば コスタリカあたりを・・。

 おなかがすいたら親切なお巡りさんにおにぎりをもらうんだ。

 
    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/18
手乗りマンゴー

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 連休最終日。猛暑でございます。

 皆さま くれぐれも 犬を連れまわさないようにお願いします。昨日も、熱中症の犬が運ばれてきました。

 とくに、短頭種と呼ばれる種類の犬。そして肥満の犬は熱中症で死亡するリスクが高いですので、要注意です。

 留守宅の温度管理にも気をつけてください。落雷で停電すると、エアコンが止まります。再通電してもエアコンはスタートしませんので、灼熱になる可能性があります。

 スマホからの遠隔操作で室内の温度や部屋の様子がモニターできる監視カメラなどもありますので、ご活用ください。
 うちも、犬舎に監視カメラをつけて観察することがありますが、毎回、映っちゃいけないモノが映らないように祈りながら画像を確認しています。

 深夜の誰もいない犬舎で、犬たちが一斉にある一点を凝視するので、振り返ってその一点を確認しても何もない・・ってなコワイ出来事は日常茶飯なので、監視カメラを通じて、スマホから貞子が這いだしてきやしないかと、ヒヤヒヤしております。
 スマホの画面に合わせた「手乗り貞子」だったらそんなに怖くないですけどね。

 写真は、ロビンソンさんの飼っているセッターの飛鳥からもらったマンゴーです。飛鳥からの可愛い手紙がついておりました。
 これは、俗にいう、ミニ・マンゴーというもので、品種とかではなく、大きく育たなかった粒を完熟させて収穫したものだそうです。
 大きさは、ビワのでかい奴 くらい。味は抜群に美味しく、大きなマンゴーより食べやすいので、ついつい止まらなくなってしまいます。これ・・・売れますよ。きっと。
 
 飛鳥からの贈り物と一緒に入っていたロビンソンさんから贈り物は、西表産の完熟パインと、ふつうサイズのマンゴーと、シークワーサー。 シークワーサーについては、私にとって、感無量の、涙なくしては語れないエピソードがあるんですけど、長くなるのでまたの機会に。
 マンゴーとパインは、現地で完熟したものなので、そりゃもう絶品です。

 「このまえ、手術で遅くまで残業になっちゃった看護師さんに食べさせてあげてね。」というメッセージが付いておりまして。 このへん。 いかにもロビンソンさんらしいなぁと感心。

 カナちゃんにもがっつりお裾分けしときました。ロビンソンさんに直にみせたいくらいの、素晴らしいリアクションで、カナちゃん大喜びでした。

 こんなときの喜びの表現として、ロビンソンさん独特な表現があります。私はけっこう好きでこのフレーズを多用しております。

 「シッポがあったら 振りたいくらい嬉しい!」

 なんか いいでしょ。この表現。

 動物好きの皆さまはぜひ、使ってみてください。

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/15
東京都知事

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 雨ですねえ。

 都知事候補の皆さん。雨の中、選挙活動ご苦労様です。濡れてしまった靴下は、途中から脱いで演説してるんでしょうか。

 もとから靴下を履いてない あの方 は立候補するのを辞めちゃいましたね。

 彼が都知事になったら、新しく不倫文化局とかできるのかなと興味深々でしたが、幻に終わってしまいました。

 いずれにせよ・・首都をなめたらいかんという自制心が働いたのは立派です。引き続き、舞台やドラマや写真週刊誌のほうで頑張っていただきたいですね。

 各人の持ち場で奮闘する。 基本です。

 つづく・・・となっていた ロビンソンさんのその後ですが、このあと現地は観光のハイシーズンとなる関係上、詳細は伏せるということになりました。

 なにしろ このあとロビンソンさんが山の中で繰り広げた あんなことや こんなこと が素晴らしすぎて、このブログを読んだ全世界、数十億の人々が一斉に、私にもお願い!なんてことになると、ロビンソン小屋がパンクする可能性がでてきます。

 さっき 電話をしてみたら、今日もロビンソン小屋には、サバ缶片手に「これでヤシガニ探しにつれてってくれ」とか、枕片手に「寝釣りをしたいんですけど・・・・」なんてなリクエストが殺到しているとのこと。

 この上 あらたなリクエストが増えると、ロビンソンさんの身が持ちませんからね。
 しかも、山の中でのあんなことや こんなことは、難易度が高すぎて、仕事にはしづらいです。

 まぁ どうしても。無理にでも。という事ならば、これは相当にガイド料が高くつくか、死を覚悟しての挑戦ということになるでしょう。喫煙者は禁煙の誓いをたてなければ連れて行ってもらえないことは言うまでもありません。
 

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/13
ロビンソンさんからのメッセージ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 いちおうふつうに歩けるようになったので、武蔵野長生館の大先生に感謝しつつ、今日もえっちらおっちら仕事です。

 写真は、ご存じ西表島のロビンソンさんです。
 なんというか、このブログ、ロビンソン小屋のブログか?っちゅうくらいロビンソンさんが出てきますけどね。気にせず楽しんでください。

 で、これから、ジャングルに出発しますよぉ~というポートレートでございます。 ロビンソンさんがこれから山で何をするかは また次回。  つづく!

 楽しいお便りをご紹介する末尾に「怒りの記事」を書くのもなんですけどね・・・今日も野鳥の持ち込みがあったので、ついでに書いときます。

 粘着型のネズミ捕りってありますよね。

 あれって、鳥からみえるところ。オープンスペースの場所には置かないようにお願いしますね。 ネズミがかかって、あと始末する際には、ちゃんとパタンと閉じて処理してください。そこらに出しっぱなしにしないこと!! 寄ってくるハエを捕食しようとして・・・あるいはネズミを寄せるための餌に反応して、スズメやシジュウカラなどの野鳥が寄ってきてしまいますから。

 それから、粘着剤にはりついた野鳥を動物病院に持ち込もうとする場合、勝手に剥がすのやめてくださいね。経験のない人がやると、骨折・脱臼はあたりまえ。胸を潰してしまうことも多いですし、なにより粘着剤のついてない無事な部分まで粘着剤がついてしまいます。

 ネズミ捕りにはりついた鳥を助ける作業は、とてもとても大変な作業です。時間も手間も消耗品もいっぱいいっぱいかかります。頼まれれば こっちは真面目に対応しますけどね。それこそ持ち込んだ人の想像以上の仕事をするんです。
 だったら、せめて 助かる見込みを減らさずにもってきていただきたい。余計なことをされて、死ぬしかない状態の個体を持ち込まれても、こっちはただただ悲しい思いをするだけですからね。

 はじめての方で、病院を探していて、今日のこのブログ読んじゃった人。絶対 この病院行きたくないって思ったかもしれませんね。なんか この獣医 怒ってるし・・こわいし・・・って。

 そんなことありませんからねぇ~。可愛い子犬・子猫をつれて、ぜひ来院くださいねぇ~。

 怒ってない記事もありますから、下のほうスクロールして読んでみてくださいねぇ~。

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/12
腰痛

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 本日は火曜日。
 皆さまご存じ 休診日でございます。

 継続の外来一件。入院2件と、順調にお仕事をさせていただいたおります。人の気配があるからといって、間違っても、ドアをお開けになりませぬよう。「餌だけだから シクヨロ!」ってな御来院のないよう、ひらによろしくお願い申し上げます。

 暑いし、猛烈に腰いたいし。とくにいいことないし。せめて爽やかな写真をのせましょうね。写真は、当ブログでもたびたび登場する、西表島のヒナイ滝を下から見上げた図でございます。提供は、ご存じ西表自然美術館様。空の青がまぶしいですねぇ。

 落差60m。沖縄県下最大の高さを誇る滝です。滝つぼには、大きな岩がそそり立っているので、滝上から滝つぼにドボンと飛び込むことはできません。ドボンじゃなくてベチャってなります。この岩は、もともと、滝上の岩だなの一部が崩れたものです。今日、滝上で記念撮影をしているどなたかが、偶然にも自分がお座りの岩が崩落する瞬間に遭遇するかもしれません。自然相手の遊びというものは、常に危険と隣り合わせであります。

 この夏、観光でどこかの鍾乳洞に行かれる方もいらっしゃるかもしれません。そのときには、眼下に広がる鍾乳洞の、神秘的な鍾乳石だけではなく、ゴロゴロと転がる、自動車大の巨岩にもご注目ください。巨岩の形をよぉく見て記憶し、次に、岩の直上の、洞窟の天井を観察してみてください。落ちている岩の背の形状と、天井の欠けの形が一致する場所が見つかるかもしれません。何万年前なのか、何千年前なのか、はたまた昨日なのか・・・・ その岩ははるか数十メートル上の天井から落ちてきたのです。そして、今日、観光をしているだれかの上に、何万年ぶりかに、天井の一部が落ちてくるかもしれません。通路が舗装してあって、手すりがとりつけてあって、照明もつけられていて、入場料をとる観光地であっても、そこは天然の洞窟。生きて出られるか否かは、まさに 運.... なのです。

 さて・・今日は限界なので武蔵野長生館のお世話になってきますかね。

 立てなくなったら長生館。息子さんたちが三鷹と吉祥寺にそれぞれ独立 開業なさってますが、もう30年もお世話になってるので、今日も大先生のところへGO!


    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/12
ハイポニカ農法

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日の暑さはちょいと危険ですね。くれぐれも無理な散歩をさせないようにお願いしますね。
 留守宅の空調にもご注意ください。

 写真は、ようやく収穫の本番をむかえたヴェランダのトマトたち。これから8月上旬くらいまでは、毎日ボールいっぱいのトマトが収穫できます。

 梅雨があけると暑さで一気に樹勢が弱まり、ダメになってしまうんですけどね。

 今年はゴーヤも水耕栽培にしています。ゴーヤは連作に弱いので、今年は地面を休ませようということで、水耕栽培にしているのですが、果たして、十分な収穫が見込めるのか・・。通常は、バカほどなりまくり、ひと夏、毎日、昼飯はゴーヤチャンプルーなんですが、今年はどうなることやら。うちは緑のカーテンとか、エコとかどうてもいいんです。食い意地最優先。なんなら葉っぱなんか生えなくてもいいから実がなればいいと思ってます。

 水耕栽培のいいところは、成長が早くて収穫量が多いことなんですが、ちょっと気をゆるめると水ぎれで壊滅してしまう危険があるので要注意です。水と肥料の計量と補給が、意外と手間で、とくに今年は、仕事が忙しいので、自宅に帰っている時間が短いので、いまいち世話ができていません。

 しかも、今年は、科学論文を論拠に淡々と語るマダム・ジャカランダが、「水耕栽培の作物。栄養ねぇから」と一言で片づけやがるもんですから、ちょっと凹んでおります。ロビンソンさんの 「虫 おもしろくねぇから」くらいの破壊力で、私のモチベーションを奪い去っていきましたからね。

 でもねぇ 私は諦めませんよ。

「焼酎のグレープフルーツ割は太らねぇ」とドヤ顔で断言して、毎晩のみまくってたマダム・ジャカランダから、ある日、「やっぱ 太るわ・・」ってメールが来たことを思えば、水耕栽培の作物にだって、栄養があっても不思議じゃありませんからね。

 マダムジャカランダのアドバイスとはいえ、万能ではないと信じたい。

 このまえ、彼女に、20代の頃の写真みせてくださいよって、セクハラまがいのリクエスト(対象年齢的にはセーフですけどね)をしたら、しれぇ~っと オードリー・ヘップバーンのモノクロのポートレートを送って来やがりましてね。まったく油断もスキもありゃしません。

 おとなりのお婆ちゃんが南方のご出身で、いつもゴーヤのおすそわけを喜んでくださるので、なんとかこの夏も豊作といきたいものです。栄養だって(きっと)あるぞと信じて。

 では、皆さま、暑さにまけず。今日もいちにち。ノビノビと。

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/10
薄暮

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 蒸し暑いですね。
 
 昨日、ノアちゃんからのメッセージを改めて読んでいたら、ノアちゃんが火傷をした日って、12月23日だったんですね。来院日がクリスマス・イブだったんで、そっちの印象がつよくて気付かずにいました。
 
 
 12月23日って・・私の誕生日なんですよ。
 不思議な縁がありますね。

 背筋をピンと伸ばして、胸をはって、目が合うとドヤ顔でニカっと笑う犬。
 いい味だしてます。

 写真は、師匠が送ってくれた写真のうちのもう一枚。ちょっと空が明るいです。この時間帯だと泡盛はまだ2-3杯目ってところかな。オリオンビールは、すでに5-6缶終わってるんですけどね。

 だから 朝焼けだって・・・という師匠からの指摘が来ないので やっぱ夕焼けでいいのかな(笑)

 なんなら 朝から飲んじゃいますけどね。

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/7
たなばた

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 本日7月7日の七夕は、当院の開業記念日です。

 2000年の7月7日に開業してから、17回目の記念日。あの当時は、ここに住んでました。開業準備がぜんぜん間に合わなくて、前日の朝4時ごろまで院内清掃とかしてて、倒れこむように宿直室 兼 住処(すみか)のパイプベッドに倒れこんで、そのまま記憶が飛び・・・うわ! やばい!時間だって、シャッターをあけたら、そこには既に患者さんが待っててくれました。

 開業初日、患者さんが誰も来なかったら寂しかろうということで、朝一番で駆けつけてくださったMさん。それから17年、いまでも時々ネコと新顔の柴犬をつれてお見えになりますが、あの日のMさんの優しいお顔は忘れられません。

 米吉くんのお母さん(当ブログ、沖縄食材の大量差し入れでお馴染みのマスター・チヨ)には、毎日毎日 晩ご飯のおかずを届けていただきました。腰痛で動けなくなったときには、リリカのお母さんに車で整体に運んでもらったっけ・・・。

 最初がそんな感じだったおかげでしょうか、それから沢山の優しい飼い主さんに支えられて、今日まで頑張ってこれました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 あの朝、私が知らない東京のどこかの空の下で、おむつをつけてヨチヨチしていた3歳児が、いま、うちの看護業務の一切を背負って頑張ってくれています。なんか不思議です。

 昨日、飼い主さんの声 のコーナーを更新しました。ノアちゃんの飼い主さんから、応援メッセージをいただいたので、ありがたく掲載させていただいたのですが、ほんとに恐縮です。ありがとうございました。

 飼い主さんの声のコーナー。
 マダム・ジャカランダは、自作自演だと思われるのがオチだからやめとけ!とアドバイスをくださいました。たしかに、その可能性は否めません。彼女のアドバイスはいつも冷静かつ適切かつ愛情がこもっていて、凹んだときにはいつも救われています。ちなみに、彼女も獣医さんです。怖いけど美人です。

 たしかに、自作自演と勘繰られるダサい企画かなとも思いました。マダムジャカランダのアドバイスは、従っておいて間違いありません。でも、うちには最先端の医療機器があるわけじゃないし、何かウリを書けとホームページの会社の人にいわれても、困るわけですよ。うちのウリといったら、飼い主さんからの応援の言葉と、頑張って働いてくれるスタッフくらいですからね。なので、こっぱずかしいコーナーなれど、飼い主さんからの声のところは残すことにしました。

 第一号は、ミントちゃんのお母さんが書いてくださいました。ミントちゃんの場合、問診の半分が、うちの娘の教育の相談という・・こっちがお金を払うべきじゃないのか?という不思議な関係となっておりますが、ミントちゃんのお母さんのおかげで、うちの娘は、父親に似ず、算数が好きな子になれました。
 算数が大丈夫 という意味では、ラブくんのお母さんにそろばんを習っていることも大きくプラスになっています。
 手術が入った時、米吉くんのお母さん(マスター・チヨ)が娘をあずかってくださった・・なんてこともありましたなぁ・・。迎えに行ったら、米吉家のお孫ちゃんたちにまざって、楽しそうにしてましたねぇ。

 17年間。主として、こんな調子でやっております。
 ありがたいことです。

 今日のお写真は、西表の師匠が、ここ2日の私のブログを読んで心配して送って下さったものです。夕焼けが夜空にかわっていく景色が大好きだって話。師匠にしたのか覚えてませんが、心の通じ合ったものどうしの奇跡なんでしょうか。いい写真を送っていただきました。波の音と、鳥の声を楽しみつつ。どこかの民家から聞こえてくる、遠い三線の音色を肴に、まだ暖かい岩の上に寝そべって泡盛を飲む(主としてラッパ飲みかか茶碗酒)・・・そんな極楽浄土の写真です。

 テツさんよぉ・・あれ、朝焼けの写真だったんだぜ。ってなオチがつくのかな。

 今後ともよろしくお願いします。

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/4
タイミングの妙

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 金曜あたりから様子がおかしくて、土曜・日曜の2日間、おっそろしく体調が悪い院長でございます。

 もうね。おっさんには珍しい頭痛と、関節の痛みと悪寒と変な熱さがありましてね。ロキソニンやらイブプロフェンやらで抑え込んで仕事に打ち込み、夜は翌日の仕事にそなえて がっつり睡眠薬飲んで数時間の刹那、強制休養してきたんですけどね。

 今日、月曜は、朝一のイブプロフェンが効いて、まぁ割と楽だったので、こりゃ 今晩 がっつり強制終了して、明日の休診日も継続治療の仕事の合間はおとなしく横たわってりゃ、なんとかなるかな・・・ なんて思っていたわけですよ。

 そしたら もうね。ピンポイント。
 見事なタイミングで、すんごいハイリスクの手術症例を迎えることになりまして・・・。この子、生理的には八方ふさがりの出口無しな状態に陥りつつありますからね。困ったもんです。
 手術は完璧にやりましたし、術中死の壁も乗り越えましたけど・・無事に朝を迎えることができるのやら・・。 甦れ!腎臓!耐えろ肺と心臓!!

 さてと・・・2時ごろレントゲンとるかな・・・。

 カナちゃん無事に帰ったかな。残業ごめんね。ありがとね。

 食べ物ないし・・。 なんだかなぁ・・・。

 西表からの応援写真も、私しか喜ばないウロコ系写真なんでとりあえず今日は写真も無し!

 私は無事に水曜を迎える自信がありませんが、とりあえず、この子のために平常心。


    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/7/1
蓮のようで在りたい

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 7月に入りましたね。微妙に猛暑。
 みなさんお元気でお過ごしでしょうか。
 自転車で走り回って100%アウトドアで仕事してるペットシッター藩士は大丈夫でしょうかね。こまめな水分補給を心がけてくださいよぉ~。あと お酒は水分補給にはなりませんからね。まちがえないように。ビールはお酒じゃありませんとか口答えしないように。怒りますよぉ。

 私は、朝からちょっと冷房にやられてしまい、ふぬけております。

 この時期、病院に到着したワンコたちには、涼しくなってもらわないと ちゃんと聴診ができないんです。それに院内で熱中症になられたら大変ですし。なので、診察室は冷房がキンキン。バナナで釘が打てます(嘘)
 動物の安全第一。飼い主さんとは寒気全開で対話しております。
 だけど小鳥が来たら いきなり冷房きってちょっと部屋を暖かくしないといけません。

 壊れますわぁ・・・おっさんの体

 でも ちょっと重症なワンコの手術が入っちゃいましたので、ここで風邪を発症しているわけにはいきません。気合いです。
 
 なんかいいことないかなぁ とか女子高生みたいにつぶやいてしまう今日このごろ。
 そう言えば、そろそろハスとかスイレンが咲き始める季節ですね。

 高知県北川村の「モネの庭」あたりなんかを散策してみたいもんですな・・。暑いんだろうけど。
 あ・・・ でも、ここ、火曜日が休園日だ。喧嘩うってますね。モネの庭ったら。どのみち高知県なんて行けないけどさ。だいたい昼から飲める蕎麦屋とかみつけても、火曜日定休のところが多いんですよね。珠緒に言わせると、ぷん!ぷん!ですわ。 うちに珠緒はいないですけどね。

 あとは上野の不忍池でバラバラ遺体を咥えた亀を探しながらビールでも飲みますかね。不忍池では冬枯れのハスしかみたことないんで。いちどは行ってみたいものです。

 あと・・マドモアゼル・フランソワーズのブログに紹介されていた、どこぞのお寺さんの池もいってみたい。思わず、ここは極楽浄土か?って叫んだそうですよ。彼女。

 今日も残り数時間。 気合いで乗り切ります。

 写真は割愛! 今日も一日 ノビ ノビと!

 と思ったら タイトルのやさぐれ具合を心配した西表島の師匠から、元気だせ!と夏まっさかりな写真が送られてきましたので、急遽 タイトルを差し替えて、写真も掲載。沖縄のカツオはうまいんですよねぇ。なんせ ほんとに釣れたてだから。 泡盛飲みたい・・。

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/30
おっさんジャーキー

 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 引き続き、ためになる情報ゼロでお送りしております。

 6月も終わりますねぇ。カレンダーが7月になってしまうと否が応でも夏!って雰囲気になってしまって 暑苦しくて嫌ですねぇ。今年も去年のような猛暑になるのか。心配です。
 皆さま、熱中症対策を怠りなく。

 さっきまで、自分のお尻(解剖用語でピンポイントに説明すると、肛門)を舐め続けていたアカネちゃん。なんでそんなに肛門舐めるんだろう。肛門腺もちゃんと絞ってあげてるのに・・。

 と思っていた、その直後・・・・ うわ! くるな。その口で懐くな!!

 かれこれ10分以上、私の足を舐め続けています。脛から下。フクラハギからクルブシまで、丹念に丹念に、それこそ匠の技か!?っちゅうくらいの丁寧さで舐めております。しまいには、齧り始めましたよ。
 痛っ 痛っ 痛っ 痛っ 人の足を食うなコラ!
 何味なんだ私の足は。 君がさっきまで舐めてたところ(つまり肛門)と同じ味がするのか? 俺の足は材料がおっさんで、味が肛門味なのか? おっさんジャーキー肛門味・・ 軽く凹むぞ。

 ヒヤっと涼しい部分と ヌルっと生暖かい部分が混在して、いいかげん気持ち悪いので避難しましたが、今では表面が乾いて、歩くとパリパリした感じがつたわってきます。ペンキ塗りたての気分です。

 なんなんでしょうね。犬の唾液って。あの濃い感じ。犬が食べたあとの皿とか洗ってもなかなかヌメリがとれないじゃないですか。不必要な過剰性能って感じがしますよね。

 6月最後のブログを、私の足と犬の肛門が間接キッスした話題で〆なければならないことを大変残念に思いつつ・・・。

 また来月もよろしくお願いします。
 
    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/29
講習会

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 昨日 火曜日は ご存じ休診日でございましたが、脊椎疾患の症例を2件ほど治療したのち、動物取扱責任者講習を受講するためダッシュで中野へ行ってまいりました。

 さて。中野と言えば、五代将軍・徳川綱吉公が発した、生類憐みの令ゆかりの地でございます。

 その中野で、世が世なら打ち首獄門な皆さんが呼び出されて、動物愛護法で義務付けられた講習を受講する・・。

 なんとも不思議な偶然の一致であります。天国の綱吉公も、「やっと時代が俺についてきたぜ!」と満足なさっていることでしょう。

 この講習会。主としてペット屋さんなどの動物取扱業者を対象に開催されておりますが、動物病院も受講しなければなりません。ペットホテルは動物を「保管」する、保管業とみなされるので、入院と別枠でこれを行う動物病院は、動物取扱業者としての登録をしなくてはならないのです。

 私の場合、それに加えて、糠床(ぬかどこ)犬がいますので、販売業のほうでも、動物取扱業者の登録をしないといけません。
 ゴールデン・レトリバーを自宅で繁殖した場合、都合よく、自分が残すぶんの一匹しか生まれないなんてミラクルはめったにおこりませんから、残りの子犬はだれかに譲渡することになります。このとき、タダでさしあげたとしても、個体数が複数だったら、これは販売業とみなされる。というのが法律上の解釈となります。自宅でハムスターが繰り返し子供を産み、それを毎回、ペット屋さんにひきとってもらうというのも、実は販売業と同じ行為で、法律で規制されます。

 この法律のため、自宅で小規模に犬を増やしていたブリーダーが激減し、ペットショップで犬が手に入りにくいという事態も起きたようです。キャベツじゃあるまいし、あり余るほど子犬が生産されるなんてことは、異常ですから、動物福祉目線では、成功した法律といえるかもしれません。

 が!!
 私は 毎回 怒り心頭でこの講習を受けています。
 ようするに、行きたくない。
 時間の無駄。 やめてほしい。
 
 講習会場で、まわりを見回すと、上野動物園の獣医さんがいたりします。この方たち、展示業の責任者として、受講を余儀なくされているのですが、あきらかにおかしいと思います。公立の動物園と猫カフェはいっしょか???
 あの天下の上野動物園の、たいていは国立大卒の、ジャイアントパンダの主治医ともあろう方々が、打ち首獄門の群れに交じって、意味のないクソつまんねぇ講義(失礼。言葉が汚いですね)を受講しなければならないという・・・。なんじゃそりゃ。

 そもそも私たち獣医師は、公衆衛生や家畜衛生など、この講習会で取り上げられるテーマに該当する学問を、ちゃんと大学で履修して単位とって国家試験にうかって、獣医師という国家資格を取得しているんです。

 日々の仕事においても、動物を飼育するというジャンルで、常に指導的立場で社会に貢献しているハズなわけで・・。

 そんな私たちが、なんで街のペット屋さんと机をならべて同じテーマで講習会を受けなければならないのか・・

 仕事を休み、休日を潰されて(これはすべての受講者にとって同じ負担ですけどね)、犬舎の消毒の仕方を習わないといけないのか・・。

 正午の受付開始から、都合4時間の拘束ですからね。
 深夜バス サイコロの旅ほどじゃないけど ケツにも腰にもきますよ。
 

 たとえばですよ。
 ご自分の人生の終焉を想像してみてください。
 点滴の管やら、尿道カテーテルやら胃瘻やらに繋げられて、床ずれの痛みを伝えたくても人工呼吸器が入ってるからしゃべれないあなたがベッドに横たわっているとします。終焉といっても、そんなにあっさりぽっくりとは逝かせてもらえない、エンドレスな苦痛の日々です。
 そんな病床でね・・思い起こすわけですよ。 まだ自由に動けて、美味しく飯が食べれたころのことを。あのときの貴重な4時間を、今この瞬間とすり替えることができたらどんなにいいだろうって。 あのときの4時間を返せと。

 いやほんと。大事ですよ。時間って。
 自分の時間が大事なんだったら 他人の時間だって大事であるべきで、おいそれと他人様の時間を無駄にしちゃぁ いかんと思うのですよ。

 しかもこの講習会、受付やらなにやらの段取りが異常に悪い。もう、主催者の正気を疑うばかりの段取りの悪さ。

 講義が早めに終わってしまい、時間があまったので趣味の落語を披露しますとか言い出す奇想天外な講師まで現れたことがあります。

 もうね。ほんと。いきたくないんです。この講習会。

 でも 行ってきましたよ。しょうがないから。

 もちろん 怒りながらですよ。さとう珠緒でいったら ぷん!ぷん!ってな感じですよ。おっさんだから可愛くないけど。

 で・・聴いてみたらまぁ・・。

 超 おもしろかった! 
 今日の講師は神でした。
 水越 美奈先生? 日獣大の先生だって。

 大学の聴講生の手続きして、この先生の講義を本気で受けたいと思いましたね。
 
 いやぁ。行ってよかったわ。講習会。

 ああ おもしろかった。

 もう 毎回この先生の話にしてほしい。

 水越先生 サイコー!

 あれ? ブログに怒りをぶちまけるつもりで写真とってきたのに、なんか違う。  ま・・・いっか。結果オーライ。

 毎回、アンケートにボロカスに苦情を書いた(きっと多くの方がそうしたにちがいない)成果もあり、段取りもかなり改善されておりました。
 
 いつもは終了後、なかなか会場の外に出られなかったのですが、今回はそれもなく。すんなり終わりました。
 ペットシッター藩士の推理によると、舛添都知事の退陣で、受講証明書にハンコを押す人が不在だから、受講証明書が後日郵送になったんじゃないかと。そのおかげで、帰りの手続きが簡素化されたと。 なるほど 来年もそうしてほしいですね。

 できれば 来年の受講証明書に、「そのまんま東」なんて署名捺印がないことを祈ります。 
 首都をナメんなよと。
  

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/27
秋刀魚の骨 外伝

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 あっついですねぇ。

 熱中症にご注意ください。

 さて。
 土曜日の閉院後、重たい体をひきずりつつ、おのぼりさん状態で新宿までいき、友人と新年会をしてきました。
 忘年会が流れ、新年会が流れ、じゃぁ新年度会だっ!君 うまいこと言うねぇ、って計画してみたものの、4月なんて仕事おわったらそのままダウンするから無理・・・・ 
 そんなこんなで、一年がちょうど半分すぎた土曜日の夜。蒸し暑い新宿の路地裏で、あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。とビールを酌み交わしたのであります。

 小鳥の話で盛り上がっていたときのこと。
 いきなり彼の背中から猛烈な殺気があふれかえりました。

 いえ・・そもそもわたくし、殺気なんてものの実物とは縁遠い人生をおくって来ましたからね。いまのが殺気だ!なんて言おうものなら、ちょっとした知ったかぶりですよ。ホンモノに遭遇したことないんだから。

 でも 今のって殺気ですよね? なんか 漫画でいったら ウゴゴゴゴゴとか、メラメラメラっとか グワシ! とか サバラ! ってな効果音が出てるくらいの感じだったし。

 はじめて感じましたよ。殺気ってやつを。

 いやもう、どんだけ初めてかっつったら「はじめての絵本シリーズ第13巻 はじめての殺気」くらいのはじめてさ加減だった。うん。

 過去に経験がないにもかかわらず・・・はっきりと殺気と自覚できる具体性をもって私の五感に飛び込んできたのが不思議。

 忍者とか出てくるドラマで 田村正和さんあたりが演じる達人が、ふと立ち止まり「気のせいか・・いまそこに殺気を感じたような気がしたが・・・」なんてなシーンがありますよね。あわてて水にもぐって気配を消した真田広之さんあたりが、田村正和さんが立ち去るのを確認して胸をなでおろしたりするヤツ(昭和なキャストでお送りしておりますが)。

 あれってほんとなのね。って実感できました。

 で、彼に、いったい何事かい?って聞いたら、なにやら隣の席の若者が大変なご無礼を働いたとのこと。私からは死角でよく見えなかったのですが、聞いてみたら、確かにご無礼な話でした。

 が!それにしても いまの殺気は何?? 
 こえ~なアンタ。何食べて育つとそんなことになるのさ。

 いやね・・・。聞いて驚きましたよ。
 殺気の出る食べ物を食べて育ったわけじゃないんだって。
 彼は、血気盛んな少年時代に、お灸をすえる目的で親に無理やり軍隊に入れられたんだそーですよ。
 日本だったらせいぜいお寺ですよね。
 軍隊って・・・ 単語の非日常性についていけない。

 軍隊に入れられた彼は、そこで猛訓練をうけ、さまざまな○×▽□(怖いので自主規制)なスキルを叩き込まれたんだそうです。もともと真面目な彼は、メキメキ頭角を現してしまい、その素質を高く評価され、最終的にとある特殊部隊に配備され、麻薬捜査官として、数々の犯罪者を○×▽□(怖すぎるから自主規制)・・・・。

 その武功で、勲章をもらってしまったがために、危険な現場に配備されていることがお父さんにバレ、「息子が死んだらどうしてくれるんだ!」と怒り狂ったお父さんの手配で、無理やり病気除隊の手続きをでっちあげられて帰宅。そのまま日本に送られて、ビジネス専門学校の学生になったんだとか・・・・。

 ふだんは、優しくて礼儀正しいビジネスマンの彼に、こんなわけのわからん経歴があったとは・・。
 他国で成功するような人ってのは、歩んできた人生の厚みや深さも違うのね・・と、彼への尊敬の気持ちがさらに高まると同時に、自分のぬるま湯さ加減を実感いたしました。

 いや。 これ ほんとの話ですからね。お話しの途中で具体的かつマニアックな質問をあれこれしてみましたけど、あきらかに使いこなしてる感がありましたし、敵を素手で○×▽□する(自主規制)方法なんかは、なるほど理にかなっていました。 ご無礼な若者くんたち、死と隣り合わせだったって事に気が付いてないだろうなぁ。 お~ こわ。

 ほんと びっくりぽんなお人でしたわ。

 見送りますからと言って、わざわざ反対方向のホームまでつきあってくれて、私の乗った電車が発車するまで手をふってくれてた、あのにこやかな人が・・・。家では優しいお父さんだって聞くし・・。

 翌朝、平和な日常にもどった私に、いかにもおだやかな話題が待っててくれました。

 写真は、ご存じピンセットでございます。

 関係ないですけど ピンセットって、オランダ語とかフランス語なんですってね。英語だとtweezers 。手術に使うピンセットはなぜかforcepsってカタログ表記され、日本語だと攝子(せっし)といいます。

 この写真のピンセット。カナちゃんのお父さんが、薬局でみつけて、思わず「これだ!!」と喜び勇んで買ってこられたものだそうです。

 何が 「これだ!!」 なのかというと、「これなら娘の喉に刺さった魚の骨が抜きやすいぞ!!」 ということなんですね。 わかります。その気持ち。

 ドラッグストアの棚にこのピンセットを見つけた瞬間の、小さくガッツポーズだったに違いないお父さんの背中からは、殺気とは対極にある感じの優しいオーラが出てたに違いありません。はじめて自転車に乗れた ちび・カナちゃんが、転ばないようにハラハラしながら見守ってた時のお父さんと同じ背中だったと思います。 今、そこの松の木で、サツキとメイが笑ったように見えたの・・・みたいな感じ。

 世のお父さんの背中からはいろんなものが出ますね。

 私も 背中から加齢臭とか出ないように気をつけないと。

 喉に魚の骨が刺さりやすい看護師は、元気に仕事をしています。今日は刺さってないみたいですね。よかったです。

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/26
ロビンソンさんと秋刀魚の骨 リ・ローデッド

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 現在 宮古島を旅行中のマダム・ジャカランダ様より 「早く ロビンソンさんの話の続きを書け!」と リクエストをいただきましたので、続きを書きます。 
 
 狂犬病の予防接種だったはずが、あれよあれよというまに血液検査やら超音波検査やらになってしまったワンコ。

 残念なことに、予想通りの病気が見つかってしまいました。臨床症状が表面化していないにもかかわらず、中身はガッツりと緊急手術の必要性を示唆しています。

 話がいきなりすぎて、なんかもう 平あやまりな気分でしたが、このいきなりの事態をご理解いただき、そのまま入院で手術となりました。早朝に食べたきりなので、このまま点滴をして体を安定させて絶食すれば、終業後の夜には手術ができるでしょう。

 この事態を冷静に受け止め、我々を信頼してくださり、素早く決断してくださった飼い主さんに敬意を表し、感謝したいと思います。

 ただし、問題がひとつ。この日は、カナちゃんが休みの日。

 就職してから毎日、病院が大混雑で、家に帰ったらバタンキューで寝てしまうカナちゃん。
 久々の休みをとっているカナちゃんに電話をするのは気が引けましたが、ダメもとで電話をしてみました。

 はい! いいですよ~! と元気な明るい声で即答してもらえて一安心。 舌打ちも聞こえなかったし。いい子だわぁ~。

 7時まえに カナちゃん到着。 
 着替えをすませてニコニコと手術の準備をはじめてくれました。舌打ちとかせずに。

 閉院後、十分に点滴が入ったころを見計らって手術開始 & 無事終了ぉぉぉ~。

 めでたしめでたし。

 就職してまだ日が浅いカナちゃんですが、今日は、自分も動物の命を救ったんだっていう実感を持ってくれたんじゃないかと思います。休日の夜中に呼び出されたにも関わらず、とても嬉しそうな笑顔で、自分の仕事の手ごたえを噛みしめている様子でした。

 飼い主さんに無事を報告したあと、ロビンソンさんに電話をかけてみました。

 少なくとも今日のところは見落とすはずだった手術。下手すると、もっと長いこと経ってしまって、死亡リスクがうんと高い状態での手術になりかねなかった症例です。実際に、飼い主さんも、今の様子だったら、全く危機感もなく、数日は過ごしていたと思うとおっしゃってました。

 ロビンソンさんのミラクル無茶振りがワンコを救ってくれました。お礼の電話をせねばなりません。

 話を聞いて、ロビンソンさん おどろくやら 喜ぶやら。
 
 「俺もよぉ 犬が大好きだからよぉ そうやって命が助かって、本当にうれしいよ。それにしても 不思議なことがあるもんだなぁ~」

 私に言わせりゃ、その不思議なことを引き起こしたのはあなたでしょ。昔っからロビンソンさんのエピソードは不思議でいっぱいだったでしょ。って突っ込みを入れたいところでしたけどね。

 19歳の学生だったころに知り合って、いろんな楽しいお話しや不思議なお話しを聞かせてもらいましたけど、今日は、私がネタの提供者ですね。かつての私みたいな学生がロビンソン小屋に遊びに来たら、今日のこの出来事を話してやってくださいませ。

 で! カナちゃん。
 手術開始がおそかったですから、そのまま押せ押せで帰宅は深夜。(カナちゃんのお父さんごめんなさい)
 明日も早いからってんで 大急ぎで晩御飯を食べたところ・・・・彼女を悲劇が襲います。

 晩御飯のメニューは秋刀魚の塩焼き。

 もうすぐ食べ終わるぞ という頃に喉に違和感を覚えます。早く食べて寝ないといけないので、何でも無い・何でも無いと、自分に言い聞かせつつ、食事を続行。

 でも やっぱ なんか 痛い!!
 わざと気がつかないフリしてたけど 喉 痛い!
 ってか ものすごく痛い!

 家族の寝静まった家で、彼女は一人、鏡台の前に立ち、片手にピンセット、片手に携帯電話という恰好で、喉の痛みと対峙します。なお・・・携帯電話は、照明に使ったんだそうですよ。

 そこからはもう地獄。孤独と苦痛の世界。

 そこに骨が見えてるのに ぜんぜん抜けない・・・

 最初はこの状況を笑っちゃってたカナちゃんも、だんだん必死になってきます。「いま抜かないと明日は喉がとんでもなく腫れちゃってるに違いない!今抜かねば!私の喉に明日はない!」

 オエオエ言いながら、大粒の涙をポロポロとこぼし、無限とも思える時間の中で、必死に闘うカナちゃん。

 だいたいね。道具に無理がありますよ。先の曲がったペアン鉗子とかだったらいいけど 家庭においてあるピンセットじゃ抜けねぇって。言ってくれたら帰りにもたせたのにさ。

 喉に刺さった秋刀魚の骨が、なんとか抜けたのは深夜の2時。抜けたよぉ~!って お母さんに報告。 うれしかったんだねぇ・・。わかるよ その気持ち。

 でも 深夜に起こされて秋刀魚の骨を見せられるお母さんって・・・。

 思わずお母さんにも見せた秋刀魚の骨。目に見えてた部分は短かったけど、抜いてみたら2cmもあったそうです。深く刺さってたんですねぇ(オエオエしてる作業中に晩御飯が出ちゃわなくてよかったね)

 明日も病院が大混雑だし。仕事のために寝なければ・・ベッドに倒れこむカナちゃん。 疲労困憊。涙も枯れ果て、鼻水もふいてないけど・・・。わたしは寝るわ・・・・。 そして 取り残されるお母さん。

 「三鷹に住んでるの?犬飼ってる? じゃぁテツを知ってるだろ?」

 遠い南の海でロビンソンさんが発した言霊が、大切なワンコの命を救い・・・・さらにオーバー・ランしてカナちゃんの喉を秋刀魚の骨が襲い 巻き添えでお母さんも寝不足。

 狙った相手に金縛りを飛ばせる伝説の男。 ロビンソンさんおそるべし。

 こんなロビンソンさんに会ってみたくなった人は、この夏、ぜひ西表島へ!! あるいは北海道テレビのホームページから購入できる 水曜どうでしょうDVD 激闘西表島編をチェック! あなたも藩士の仲間入りです。

                   おしまい

    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/20
朝から

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 早朝の庭に響き渡る鳥のさえずり。

 さえずりというより 雄叫び というレベルの大音量。こんなのが毎朝つづいたら、睡眠不足になります。

 声の主は、ご存じ、特定外来生物のガビチョウでございます。庭かと思ったら となりの家の電線にいました。

 中国では、昔から(今でも)人気の鳥で、鳴き合わせ会なども開催されています。

 日本にも、ある時期、大量に輸入されて飼育されていました。ところが、色が地味だったり、鳴き声が大きすぎたりして、けっこうな数が遺棄されました。

 遺棄と聞くと なんで? 思う方も多いかと思われますが、古くからある日本独特の飼い鳥文化の中には、あるていど飼育したら、そのあと野に返す という風潮がありまして、これは、オオタカを用いた鷹狩の世界にもみられます。ある意味、循環型の消費形態と言えますので、国産の生き物とつきあう方法としては、悪いことではないのかもしれません。昔は、そんなに長距離の移動手段もないですから、国内移入による遺伝子の攪乱などというめんどくさい話も起きにくかったと思います。ところが法律のせいで、古くからの循環型・小規模消費の飼育文化が崩壊し、輸入個体を購入しなければならない世の中となりました。そのせいで、放しちゃったらまずいだろってな、まるっきりの外来種も沢山飼われて、用が済んだらお外にリリース!となり、今日の問題へと至ります。

 日本に定着したガビチョウは、数年前までは、藤野や高尾山などのちょっと山奥に生息していましたが、ここ数年で里山に降りてきて、さらには、今朝のように宅地でその姿を見かけるようになってきています。庭の植え込みで繁殖した例も散見されるようになりました。

 怪我をした野鳥や親からはぐれたヒナが保護されて来る中で、特定外来生物が持ち込まれるほどやっかいなことはありません。一般の方は、種類の特定ができませんから、病院に来るまでの間に、十分愛着を感じ、感情移入が完了して来られます。その段階でいきなり、「特定外来種なので殺処分です」なんて伝えた日には、獣医は鬼だ悪魔だとののしられます。だからといって、「この子は私が守ります」といって、持ち帰ろうとする保護者を、そのままにするわけにもいきません。飼育しているところをみつかったら逮捕されますから。

 今朝、庭に響いたガビチョウの絶叫を聞いたとき、近い将来、ガビチョウの保護件数がヒヨドリとムクドリを超える日が来るのかもしれないと 暗い気持ちになりました。だって、庭に営巣したガビチョウを、一般家庭のご家族は、猫やらカラスから守りつつ、巣立ちを暖かくサポートしすよね?? 確実に殖えますよ。 ガビチョウ。

 駆除や殺処分については、わたしとて鳥好きの一人として心が痛みます。ただ拾ってきて病院に丸投げして好き勝手なこと言う人たちに比べたら、よっぽど命の重さを尊重していると自負しています。しかし、法律を遵守すべき立場の専門家として 手を汚さないといけないし誹謗中傷にも対応しないといけない。正確には、いけない のではなく、そういうハメになる というのが実情。頭が痛いです。

 いちばんいいのは、拾ってこないこと。なんですけどね・・・・ 

 でも  拾ってきますよね・・・怪我した鳥が自分んちの庭でのたうちまわっていたら。

 環境省様。 こんなことを個人の現場判断と対応にまかせっぱなしにするのではなく、なにか具体的な受け皿をつくってください。そもそも我々開業医に、外来生物を殺処分しなければならない義務はありません。
 法律を作る前の 想像力 がなさすぎです!

 まあ そのうちに朝4時とかに安眠を妨害された日本国民が立ち上がり、ガビチョウ憎し! 殺してしまえ!という世論が形成されるかもしれません。

 勝手なもんですな・・・。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/19
ロビンソンさんと秋刀魚の骨 ファイナル

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 暑いですね! 暑くて患者さんがいらっしゃらないので、スキをみて犬たちを洗いました。梅雨時の、風呂に入ってない長毛の大型犬ってのは非常にきっつい物体であります。私の車なんか人を乗せられたもんじゃありません。東京都の環境局のお役人様を乗せたときなんか 「臭せぇ」とかおっしゃりやがるもんですから、窓を閉め切ってフルに暖房いれてやろーかと思いましたよ。うちの可愛い犬たちの香りを堪能しやがれ!と。 それにしても大型犬2頭のシャンプーは腰に来ますねぇ。もうね ちょっとしたスポーツですよ。これ。

 さて。そんなわけで、ロビンソンさんのお話のつづき。

 「西表のロビンソンさんからの伝言を預かっておりますので、お伺いしたいと思います。そのときに犬の狂犬病予防ワクチンの接種もお願いします」 という、とても丁寧な口調のお電話がかかってきたのは 例のご一家が旅行を終えて東京にもどられてからしばらく後のこと。

 動物病院では、お名前も名乗られずに、質問をするだけしたら はいサヨナラっていう電話が多いのですが(とくに 猛禽類の飼い主さんとか、爬虫類の飼い主さんとか 野生動物拾った人とか)、「ロビンソンさんからの伝言を届けにいく」という不思議な内容であるにもかかわらず、まるでどこかの、きちんとした会社勤めの紳士からのお電話のような感じでした(心当たりのないお名前だったのでますます謎が深まったりするわけですが)。

 その方は、その日のうちに、ものすごく可愛い日本犬をつれて、ご家族でお見えになりました。

 当院にお越しになられた経緯を教えていただき、思わず「いやぁ もう うちのロビンソンが お客様相手にとんだ無茶振りをして申し訳ありません。」と頭を下げたくなりました。

 アイフォンの中の元気なロビンソンさんからのメッセージを聞き、かなり嬉しい気持ちになったところで、じゃ じゃ じゃ じゃぁ 狂犬病の予防注射を打ちましょうかということになりました。 
 
 今日は、この子 元気ですかぁ? 

 はい 元気です。 

 じゃぁ うったあと、安静にしてよく観察しておいてください。何かよからぬ変化があったら病院に急行して、今日、ワクチンをうったことを獣医に伝えてください。 

 なんてなやりとりをして、ちゃちゃっとワクチンをうって、終了ぉぉぉぉぉ!

 ってなことになるんですよ。普段だと。

 だって 目の前にいるワンちゃん。ふつうに元気そうだし。

 ところが、この日はちょっと違いましてね。


 目の前にいるワンちゃん、たしかに元気なんですけどね。ただ・・・その前のロビンソンさんの話で、すっかり気ごころ知れた感じになってたもんですから、なぜか、ワンちゃんの様子について、根堀り葉堀り、飼い主さんと対話をしはじめたんですよ。 なぜか。

 こんなことありませんか?
 あんなことありませんか?
 こういう状況だとこういう病気の可能性が出てくるんですけどね・・・って。 

 目の前のワンちゃん ふつーに元気そうなのに。

 ところが・・
 一問一答な感じでやりとりしていくうちに、飼い主さんも、 もしや?という表情になってきて、私のほうも、だんだん、確信的になってきて・・・・・・・・・うーん。 これは困った!

 あのー。 はじめましての飼い主さんに対して、しかも元気なワンちゃんの狂犬病予防という状況で 大変申し上げにくいのですが、念のために血液検査とレントゲン検査と超音波検査をさせていただけないでしょうか・・
 
 もうね。ふつうの飼い主さんだったら 怒りますよね。怒らなくても 最低限 疑いますよ。ぼったくり獣医かって。 

 今回の狂犬病ワクチンってのは、むしろ飼い主さん側の好意なわけすよ。なんの用もなくて ただロビンソンさんからの伝言じゃぁ、病院に悪かろうっていう、高度なオトナの配慮なわけですよ。

 それに乗じて、なんか脅かして、検査に持ち込もうってか? ってね。 

 そう 疑われても おかしくはない状況でした。

 でも この飼い主さん人格者。

 お願いします! って  きっぱり。

                     つづく!


   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/18
ロビンソンさんと秋刀魚の骨 クライマックス

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 ハクビシン 私も見た!という情報が読者の皆様から続々と寄せられております。中には杉並区の図書館にインコの大群が押し寄せたという全く関係のない情報も。

 そんな皆様に耳より情報です。なんとこのハクビシン。美味しいらしいです。実際に食べた方がブログなどで感想を紹介していらっしゃいますが、ジビエの中でもダントツで美味しいとのこと。

 私はジビエの類を食べた経験があまり多くありませんが、リュウキュウイノシシとカルガモ(ともにロビンソンさんちでごちそうになりました)はすごく美味しかったです。エゾシカ(軽井沢の鷹匠さんにいただきました)は、獣臭の強さと血抜き不足にてインド・カレーにしましたが、まぁ 食べられました。もう一度食うか?と言われたら うーん・・・というレベル。
ジビエというのかわかりませんが、すっごい昔に食べたヤシガニ(背中にカタカナでロ(ろ)って印がついてるやつ)は美味しかったです。そのほか、キジバトとスズメはわざわざ殺してまで食べたくはないかも・・・という味で、車に轢かれて死んでいたシロハラクイナは、まぁまぁ美味しかったです。なお、このときは、既に死んでいる個体を標本剥製にした際に、ついでに中身を食べたわけですが、シロハラクイナをわざわざ食べようとして捕まえると逮捕されるので注意が必要です。

(車に轢かれてすでに死んでしまっているものに関しては天然記念物とかじゃなければ法律上問題ないそうです 念のため)。

 果たしてハクビシンはこれらのジビエたちよりもダントツに美味しいのか???? ダントツにウマイといわれると、心が動きますよね・・・ なんたってダントツですから。

 情報をくださったみなさんの庭に今度ハクビシンが出たら ぜひ! 

 私にはそんな可哀想なことはできませんので、あとでこっそり感想を聞かせてくださいませ。

 ちなみに有害鳥獣駆除申請が受理されれば、みなさんでも合法的な捕獲が可能です。
 ただし、目があったら最後、やっぱ可哀想だから飼うと言う人も出てくるかもしれません。

 ハクビシンは80年代後半から90年代前半のエキゾチックペットブームのころに、大陸産の個体が輸入されて沢山売られていました。ちょっと痛い感じの女性たちが「ユパ様 この子 私にくださいな」って言いたいがために買っていく・・。ナウシカっつーよりハイジかポルコだろってな女子たちが・・・・。乗ってるほうも乗られてるほうもどっちも全然似てないわけですが、似ていると評判のフェネックだと肩にのっけてもズリ落ちるし、値段も高い。その点、ハクビシンは樹上生活者なので、肩の上をちょろちょろと這いまわることができるので、ちょっとアレな感じのハイジやポルコたちの御眼鏡にかなったらしいです。

 ハクビシンは、ベビーのころから飼うと、そこそこ慣れるようでしたが、フェネックやミーアキャットのようにブームが去ったあとまで残らなかった品目なので、何等かの理由で飼いにくかったのでしょう。

 現在、私の身近でハクビシンを飼っている人はいませんが、あのひとが飼っているらしいと、人から聞いた例が2件ほどあります。一件は、動物飼育の熟練者による例。とても慣れており、同居の犬とも仲良くやっているが他人に対する咬傷事故もあり、そこそこ手ごわいペットだそうで、もう一件は愛と根性と正義感にあふれた熱血女性獣医さんによる飼育例。とても凶暴で飼育は大変だとのこと。 

 結論から言ったら、捕獲したら初心を貫いて、美味しくいただいたほうがお互いのためかもしれません(涙)。

 どうしても生かしておくならば・・生のコーヒー豆をあたえて、高価なコーヒーにするという画期的アイディアを思いつきましたが、試す気にはなれません。

 あ・・・ロビンソンさんの話がまた先送りに。


   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/15
深夜の攻防戦・・・放棄

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 もうね。舐めこわす犬と小学生にはかないませんってことで、早々に闘いを放棄! 

 舐めこわす 掻きこわす 包帯とる。 
 だってボクたち 暇なんだも~ん! 
 ってね。
 なんたって犬は24時間 ヒマですからね。あの手この手で余計なことをやらかしてくれます。カラーをつけてダメならネックガードを追加する。それでもダメなら靴をはかせる。いちいち現場あわせで対抗していかないといつまでたっても治りません。可哀想だから寝るときだけ外してましたとか 論外。・・・ダメです!

 仕事おわってヘットヘトな日々。 暇な小学生と競い合うのはやめました。ランバージャックのヒゲ店長に聞いたら、彼のフィールドでも今年はすべての樹液を小学生に先行されて、戦果ゼロなのだとか。それを聞いて一気に戦意喪失しました。

 もういいです。うちの糠床 今のままで。

 写真は、そろそろ袋掛けしないと鳥にやられるぞと思っていた矢先に、文字通りやられたビワの木。いまは無き実家のビワの木から実生でふやして、鉢植えのころから持ち歩いて苦節20数年。ようやく迎えた実りの時が、一夜にして壊滅。あとには塀の上にタネが残されているだけ。

 楽しみにしていた娘 涙目。

 いままでどんだけの数の傷ついたヒヨドリを無償で救ってきたと思っているんだコノヤロー!ヒヨドリ界の責任者 出て来いやぁ! って思ってふと我に返りましたが、これって 犯人はヒヨドリじゃない様子。

 もうね。どうみてもハクビシン。 まちがいない。

 さてと 困りましたね。今後、ヴェランダのすべての作物が危険にさらされると考えて間違いありません。

 深夜の攻防戦は、対小学生から、対ハクビシンへとシフトチェンジです。

 人の生活圏に、野生の哺乳類がウロウロしているという現実は、公衆衛生的にもよろしくありません。そもそも犬の飼い主さんたちが、規則を守って狂犬病予防に協力しているってのに、なんで地域猫だのタヌキだのアライグマだのハクビシンだのが野放しなんだか。

 ただし・・・世間の皆さまの「感性」との兼ね合いもありますからね。やたらなことはできません。

 さて どうしたものか。

 アニーとエイちゃん。今晩からお外で寝てみよっか?キャンプみたいで楽しいと思うよ。

 あ・・・こいつらトマトを盗み食いするからダメだ。 
 凶暴な白黒を配置するか・・

 いや。 単にそのまま野良猫になるだけだから意味がありませんね。 

 また あとで考えよっと。
   
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/10
深夜の攻防戦

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 最近、3人組の小学生と水面下の闘いをくりひろげております。

 我が家には、糠床と呼ばれる動物が2種類おりまして、筆頭はご存じゴールデンレトリバーのアニーとエース。

 初代のローラがあまりにおりこうさんだったために、ペットロス対策で、その子供を代々残して現在に至っております。しかし なぜか、おりこうさん指数は下がる一方で、最近、モチベーションの維持が難しくなっています。

 その次が、いきなり下等動物になりますが、開業した年の夏に、春光スポーツクラブ(旧日産厚生園)のフェンスぞいのクヌギでみつけた ヒラタクワガタ。

 都会で生存するための食糧事情の厳しさを物語る、わずか2cmたらずのメスでした。あまりの小ささに、逆に珍しいやら、同情心が湧くやらで、ちょうどそのころに知り合った、国分寺のランバージャックというクワガタ・ショップで飼育用具をそろえて飼い始めました。

 それから17年。18世代に渡って子孫を引き継ぎ、今日に至ります。まさに秘伝のタレか糠床かという様相を呈しております。

 先日、ランバージャック(現在は小金井に移転)のヒゲ店長と話しをしていたら、そろそろ外の血を入れないと、累代障害を起こすんじゃないかとのこと。要するに、血が濃くなって、繁殖障害やら奇形の発生率の上昇やら、体の矮小化がすすむということです。

 そこで、ここ数日、仕事が終わってから、疲れた体に鞭打って、井の頭公園の樹液が出ているところを回って、ヒラタクワガタがいないか探しています(写真参照)。時期としては今がベスト。カブトムシの発生が本格化すると、体格差でまけてしまうクワガタは影を潜めてしまい、みつけるのが困難になります。また、ヒラタクワガタはなぜか、5月の連休あとから梅雨入りにかけての間によくみつかる種類です。いまなら、「クワガタやカブトムシを採るのは夏休み~」と悠長に構えているガキンチョどもの先を越すことができますし。

 と考えていたら おおまちがいでした。

 なんでしょうね。最近のガキどもは。

 夏休みだからこそ 夜の公園に行かせてもらえたんじゃないのか?  夏休み前に、おかあさんのお手伝いとかいっぱいして、通信簿の成績もあがってたりとかもして、それで得点稼いで、夏休みの夜にカブトムシとりに行かせてくださいって 許可がおりるんじゃないのか? なに子供が勝手に夜中の公園をウロウロしてるんだ! 門限とかねぇのかオマエら。さらわれるぞ コラ!!

 だいたいね。なんで この裏技的な時期にガキんちょがクワガタ探してんだよ。おまえら 夏休みまでおとなしくしてろよ。 通信簿みせてみろコラ!

 もうね。行く先々で 同じ3人組のガキ共が懐中電灯片手に「俺様の縄張り」を荒らしまわってやがるわけですよ。もうね。なんでしょうね。仕事で疲労困憊なのにこの湧き上がる闘志は。そのクヌギはおまえらが生まれるまえから俺の縄張りなんだよコラ。樹液のところに「いのかしら公園動物病院専用」って貼ってやろうかと思いますよ。

 なんだ おまえら。 ネット情報ってやつか?

 「次のポイント行こうぜ」 って なんだ!その こまっしゃくれた物の言い方はっ!! 生意気言うのはこの口かオラ?!って ほっぺたグニぃ~ってしてやろうかと思いますけど 警察呼ばれますね。

 いっぺん、この時間帯なら手も足も出まいと、12時まわってから見回りましたが、また同じガキどもが先回りしてやがりましてね。

 親の顔が見たいね。まったく。警察呼んで 補導してもらいますかね。
 
 かつてアニメの巨匠・手塚治虫先生が使った手口を使おうかと思う今日このごろ。忙しいオトナが子供に金をつかませて・・・。

 いや。やめときましょう。

 こちとら500メートル離れた対岸の斜面に隠れるニホンカモシカを瞬時に補足し、時速80キロで疾走する車内から地面を這う3cmの子亀を発見できる目をもってるんだい! ガキンチョなんかに負けてたまるか。  もう老眼だけどな!! おぼえてろよっ!!

 さて。
 ついつい 言葉が荒れてしまったことをお詫びいたします。

 なお、写真にあるように、公園管理事務所による、すずめばち注意の看板がとてもシュール。オトナたちが年々たよりなくアホになっていく半面、子供たちは、したたかであります。日本の未来はまだ大丈夫ですね。

 それから・・・あの看板の下にはヤモリが住んでますからめくらないであげてくださいね。(笑)

   
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/9
西表島からの夏だより ロビンソンさんと秋刀魚の骨 その三

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 西表島のロビンソン小屋から素敵なお写真が届きましたよ。青い海から立ち上る真っ白な入道雲。梅雨空の東京とは別世界ですなぁ。サンゴ礁には でっかいナポレオンフィッシュが泳いでいたそうですよ。ロビンソンさん、捕まえて食べたりしてないでしょうね。心配です。

 で・・・ ロビンソンさんの話のつづき。

 ロビンソンさんのカヌーツアーに参加した、その御一家。沖縄旅行に来たはずなのに、なぜか、ロビンソンさんから延々と「阿寒湖に住んでたころの話」をお見舞いされ、早くもロビンソン・ワールドの洗礼をうけます。

 まぁね。ふつうここで、怒る人は怒りますよね。
 阿寒湖 関係ねぇだろって。

 そこは、このご一家。人格者であります。ロビンソンさんの話も面白かったに違いないのですが、楽しく阿寒湖物語に耳を傾けて、ロビンソンさんと打ち解けていかれます。

 そして ついに・・・・・・・・・。

 犬飼ってるの? 何?東京の三鷹に住んでる? じゃぁテツを知ってるだろ? 

 という無茶苦茶な展開に突入します。

 もうね。西表に永く住んでると、ご近所感覚が全く異次元になってしまうんですよ。なんたって、南風見田の浜でキャンプしてる人に、「西表島 南風見田の浜 ○○様」って書いたハガキが届く世界ですからね。

 三鷹?犬飼ってる? じゃぁ 獣医のテツを知ってるだろ。 って。

 知らないって。ふつう。動物病院いっぱいあるんだから。

 そもそも 「ご存じ大泉洋でございます」 ってのも、当時、無名だったからこその大見栄っていうギャグだったわけで・・・。

 まぁ 結局は、当然のごとくご存じなかったわけなんですけどね。偶然、うちの患者さんでしたなんてミラクルは起きないわけですよ。

 でもね。このご一家。人格者です。
 このロビンソンさんの無茶振りにも、笑顔で対応なさるわけですよ。 じゃぁせっかくだから、その動物病院に行ってきますよ。i-phonでメッセージの動画をとりますから、ロビンソンさん なんかしゃべってください。ってね。 この神対応が奇跡を呼びます。

 ちなみに、ロビンソンさんのように、サービス精神と優しさの塊な人は、いつだって「よかれ」と思っていろいろ頑張ってくれちゃうわけです。

 二日酔いと過労でロケに行きたくない大泉さんに「ロビンソンさんに悪いから行こうよ」と言わしめた親切パワー。実はこれ、受け手の愛あるリアクションがあって初めて成立する関係であるとも言えるのです。

 沖縄来て阿寒湖の話はいいよ。とか、知らねぇよそんな獣医  ってなっちゃうと、ロビンソンさん 悲しくなっちゃうわけですね。 もうね。メッセージ動画の中のロビンソンさん。嬉しそうだったもの。

                   つづく
  
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/7
ラム

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 今日は火曜日。ご存知、休診日でございます。休診日なんだけれども。脳内の小島よしおが、海パン一丁で歌い踊っております。

 最近、お菓子つくりに夢中になっている娘が、コソコソっとやってきて、耳元でこう囁きました。

「あのね。お父さん。台所にラム酒があるんだけど。あれはお菓子つくりに使うものだから、飲まないでね。お母さんは、隠してあるから大丈夫だって言ってるけど、念のため・・」 

・・・・・・・って。  わしゃ アル中かっ!!

 もうね。消毒用アルコールを盗み飲んで、失明する軍医なみの残念さですよ。
 そりゃラム酒も好きですけどね。あんなに体に悪そうなお酒を、あえて飲むならお父さんはもっといい奴を買いますよ。コンビニとかに並んでないやつ。三鷹駅の碇屋さんとか井の頭通りにある亀屋さんとかにあるやつをね。

 写真は、バカルディのホワイトラムとマイヤーズのダークラム。どちらも定番の廉価ラムです。前者はカクテルに、後者はお菓子の香り付けや、そのままの飲用に供されることが多いようです。うちの台所に隠されてるのは右側の奴です。

 ところで・・
 左のバカルディのボトルに、コウモリのマークがついているのが見えますでしょうか。これは、バカルディ社の創業当時からの商標で、160年くらいの歴史があるマークです。現在でも家族経営が続いているバカルディ社では、商標のコウモリを、一族の守り神として感謝し、フロリダ州にコウモリの研究所を持っています。

 フロリダ大学の野生動物医学研修のカリキュラムの一環で、私もこの施設の見学に行きましたが、とても立派な研究所でした。さすが巨大企業の税金対策。スケールが違います。(ちなみに、群馬県にあるジャパンスネークセンターは陶陶酒の会社が持ってる研究所です。日本を代表する蛇の研究者が在籍しているのに、昭和の見世物小屋なみのレトロテイストあふれる不思議空間です。ぜひ一度いってみてください。うちの母親をつれていったら2秒で天国のおやじのところにいけちゃう、蛇だらけの施設です)

 で・・フロリダのコウモリ研究所。
 施設の中には世界中のフルーツバットが飼育されており、おどろいたことに、沖縄に生息するヤエヤマオオモウモリやオリイオオコウモリもいました。オガサワラオオコウモリがいたかどうか確認しなかったことが悔やまれますが、なにしろ、日本の保護動物が海外で飼育されて、繁殖していることに驚きました。

 野生動物の仕事って・・絶対に採算とれませんからね。やっぱお金なんですよ。大事なのは。それも、半端な規模じゃ動物を苦しめるだけだから、必要なのは常識はずれの巨万の富。

 私も、アラブの石油王とか、アメリカのウォルマートの創業者一族とかの家に生まれたかったです。娘に、マイヤーズのラムを飲むなと釘さされてるようなショボイお父さんじゃぁ、野生動物は救えませんね。
 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/6/6
お詫び

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 過労な日々を言い訳にして、ブログを更新できずにいるうちにカレンダーは6月になってしまい、関東地方も梅雨入りしてしまいました。

 先日の臨時休診では、告知不足や再診日の指定のミスが重なり、病院のドア前までお来こしいただいたものの閉まっていたという、大ヒンシュクな事態となり、ご迷惑をおかけいたしました。この場をかりまして心よりお詫び申し上げます。

 4月・5月の怒涛の忙しさの中、火曜の休診日も関係なく継続診療に追われていたため、これはそろそろどこかで休まんとアカンと感じ、先週の月曜を休診にさせていただいたのですが、まぁ結局、直前になって重症症例が立て続けに入り、臨時休診は幻に終わりました。

 単に、当日お来こしいただいた数件の外来患者様にご迷惑をおかけしただけという悲惨な結果となり残念です。

 当座は通常どおりの診療となりますので よろしくお願いします。
 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/26
ロビンソンさんとサンマの骨 其の二

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 ウィンドウズ10に無理やりアップグレードされてしまって、なんだかタッチバッドの設定が変わってしまい、苦戦しております。無料だからって勝手にアップグレードしちゃうのって、すごい会社だなと思いますが、全世界の公的機関でも使われてるソフトだけに、発生した不具合による経済損失って結構なもんじゃないかと思います。核ミサイル防衛システムのソフトが誤作動しました・・・なんてことのないようにお願いしたいものです。

 さて。ロビンソンさんの件。

 とある日本犬の飼い主さんが、この春に西表島に旅行にいかれました。この方たちは、その段階では、当院の患者さんではありません。
 泊まる予定のコテージが満室だったため、予定を変更して、最寄りの民宿に宿泊されたそうです。既に、このあたりから偶然がはじまっております。予定どおりなら、出会うはずのなかった民宿のおやじから、カヌーガイドを紹介されたのですが、このガイドというのが、藩士のみなさんにはお馴染みの、ご存じロビンソンさんであります。

 参考までに補足説明しますが、現在、西表島には、民宿の数だけ・・あるいはその数倍の数のカヌーガイドサービスが存在し、シーズンのピーク時には、仲間・浦内・ヒナイといった主要河川が、不忍の池のボート乗り場のような景観となります。もうカヌーだらけ。秘境感ゼロ。

 そんな中で、たまたま泊まった、予定と違う宿の縁で、ピンポイントでロビンソンさんを引き当てたというのは、この飼い主さん、相当な強運の持ち主だと思います。なにせガイドさんもピンキリなので。

 念のために更に補足しときますが、西表で自然を相手に遊ぶ場合、実は、大変な危険と隣り合わせなのだという事が忘れられがちです。滝の上からの景色を見ようとして、川に流されて、滝つぼに落下。岩にたたきつけられて亡くなったり、カヌーで海に出たきり、ガイドさんごと行方不明になった観光客の方だっておられます。ハブやムカデにかまれたり、サンゴでゴリっとやっちゃって、縫うような傷を負う方もいます。島を縦走するトレッキングから何年も戻られない方々もおられます。何かあっても、満足な医療施設もありませんので、事故の恐ろしさは内地の比ではないのです。

 そんな中で、お客さんを楽しませるだけではなく、命を守れるガイドとなると、ロビンソンさんは、ナンバーワンの存在だと言えます。実際に私もヒナイ滝の上には何回も行ったことがありますが、増水時にロビンソンさんと滝上の渓流を渡ったとき、一瞬足を滑らせそうになったことがります。川底のどの岩に足をのせれば安全に渡れるかというところまで熟知したロビンソンさんですが、最後は若き日に上野のボディビル・ジムで作り上げた腕力がものをいいます。ガツっと二の腕をつかまれたかと思うと、私の体は宙に浮き、そのままスゥっと対岸に運ばれました。40代後半のおっさんが、60代前半のおっさんにぶら下げられてる画ってのもいかがなものかと思いますが、あのときのロビンソンさんの恰好よさが忘れられなくて、自分も家族を守らないといけないじゃないかと目覚めた私は、現在、遅ればせながら筋トレをやってます。

 つづく!

 この前ふりだと、西表島で遭難しかけた一家のピンチを救うロビンソンさんの雄姿が描かれそうな勢いですが、ぜんぜん違います。もう 水曜どうでしょうそのまんまの、なんじゃこのおっさんは・・・という感じのロビンソンさんが奇跡を生みます! 次回 乞うご期待!
 またハードルあげちまいましたね。

 写真は、ヒナイ滝の滝上からの景色。この下は県下最大の落差60mを誇るヒナイ滝で、滝つぼは淵ではなく、岩ゴロゴロなので落ちたらアウトです。「西表自然美術館」というサイトよりお借りしました。

 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/23
お知らせが 2つ

 最近、求人案内をトップにくるようにしておりましたが、無事、来年度就職予定の素晴らしい人材を確保できましたので、本日をもちまして、求人案内を終了させていただきます。

 もうひとつのお知らせは、臨時休診のお知らせです。5月30日の月曜日を、都合により、臨時休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 期待の新人の紹介は、また後日。
 いい子が来てくれることになりました。カナちゃんに続き、2連続の大ヒットです。こんな幸運はなかなか無いと思います。 ありがたいことです。 
 だれに感謝したらいいでしょうか。

 これは、100%、彼女たちの御両親に感謝すべきだと思っています。

 それから 神様ありがとうございますぅぅぅ!! 

 来春は過労死しなくて済みますぅぅぅぅ(涙)

 あ! あとザキマヤ先生もありがとね。お礼っちゃなんだけど・・・もしも学校のカリキュラムの改革をしたかったら、相談のるからね。

 ロビンソンさんの起こした奇跡の物語の続きは、また次回! ひっぱって 最大限に期待を膨らませておきながら あとで肩すかしって 言われないようにせんといけませんな。自分でハードルあげちゃったなあと反省しております。

 マドモアゼルフランソワーズからリアクションをもらえないのが とても悲しいです。早く元気になって かわいい仔猫と一緒にもどってきてくださいね!
  
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/21
更新記事は次ページ
注)現在、採用情報の記事がトップに来るようにしています。新着記事は、この記事の下に入れていきますので、ご確認よろしくお願いします。

採用情報

 いのかしら公園動物病院では、2017年度採用予定の動物看護士を募集しています。
 対象:来春卒業予定の動物看護士養成スクール在籍者
 人数:女性 1名
 
 条件:求人票を送っていない学校の学生さんは、直接説明します。

 ホームページ・ブログを読んでいただき、まぁ こんな感じの動物病院だと アタリをつけていただき、興味がおありでしたら、お電話ください。

 お電話をいただいて、お話をして、いっぺん病院のほうへお越しいただき、実習等の詳細を打ち合わせしましょう。

 この記事は、しばらくの間、トップに来るようにさせていただきますので、新着の記事は、この記事の下にございます。 お見逃しなく!(ってほどのブログじゃありませんが・・)

 5月21日 更新しました。記事はこの下に。

  
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/21
更新記事は次ページ

ロビンソンさんと秋刀魚の骨 前篇

 

本日もお立ち寄りありがとうございます。

先日、テレビ神奈川で、水曜どうでしょうclassics激闘西表島をやっておりまして。すでにDVDを持っているにもかかわらず、ついつい見入ってしまいました。

ちょうど、西田川でテナガエビを釣るところでした。「テツはもうエビ食べらんないのかぁ~。 残念だなぁ~。」と、ほんとに気の毒そうに、私のためにがっかりしてくれたロビンソンさんを想いだしました。「でも、西表には、他にもウマイものが沢山あるからよ。なんか別のもの捕りに行って食べさすからな」って励ましてくださいましたねぇ。「捕りに行く」ってとこが、あくまでロビンソンさん。「長命草と蛇の目ナマコはやめてください・・」と言って大笑いしたものです(注;蛇の目ナマコのエピソードは当ブログの記事のどこかにあります)。

当時、今ほど有名じゃなかったローカル番組とは言え、「虫つまんねぇ」の一言で、ご存じ水曜どうでしょうの企画を根底からひっくりかえし、あまっさえ、藤やん以上に、画面狭しと見切れまくるという伝説を残したロビンソンさん。

狙った相手に金縛りを飛ばし、マングローブの奥深くに落下して、猟犬にも見つけられなかったカモを回収し、誰一人として魚を針にかけることができない激シブの釣行でも、必ず一人、大物を釣り上げて帰り、阿寒湖では木彫りのアクセサリーの売上ナンバーワン。キャラを見込まれてスカウトされた、トラック野郎暴走一番星のエキストラ出演では、ピンクのTシャツを着て大奮闘。20年務めた西表の消防団を、実際に火が消せる組織へと改革したという伝説の男ロビンソンさん。(ロビンソンさんもすごいけど、燃え盛る火事の現場に規格のバラバラなホースを持ち込んで消防車につなげなかった西表の火事場の皆さんもすごい。)

今日は、HANAWAもビックリな伝説の男・ロビンソンさんが、いのかしら公園動物病院に巻き起こした、ちょっとした奇跡をご紹介したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って 長いので 次回につづく!

なお、「奇跡」の概要を大まかに説明しときますと、ロビンソンさんの一言が、めぐりめぐって、西東京に届き、新人看護師のカナちゃんが夜中に泣いちゃった。というお話です。

写真は、ロビンソンさんと相棒の高市(たかいち)師匠の車。ここにもロビンソンさんの不思議ワールドがちょこっとだけ写ってます。わかるかな?
  
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/18
本日もお立ち寄りいただき ありがとうございます。

お知らせが2つほど。

まずは、写真の 森永チーズパイ のご案内。

父の日にあわせた企画なのだそうです。

 お酒にあいますから、父の日にどうぞ。ってことなんでしょうけど、父の日なんてコンビニで買ったスナック菓子で済ませちゃおうぜっていうね。全国の働く御父さん達もナメられたもんです。
せめて加齢臭の落ちる石鹸くらい買ってやれよってね。

で、なんで私が森永チーズパイのご案内をしているかというと、このチラシに出てくる 酒のプロ こと、藤井達郎さんと知り合いなのです。

某、動物輸入商でアルバイトをしていた当時19歳だった藤井さんと、動物好き・恐竜好きが御縁で仲良くなりまして、たまぁ~にしか連絡をとらないながらも15年ほどおつきあいさせていただいております。昨年の6月に、念願かなって、神田にウィスキーとシードルを専門とするバーを開業されたので、昼から飲める店ってのをいいことに、たまに御邪魔しております。

 で・・・昨日、雨の中、秋葉原に買い物にいった流れで彼の店に寄り、このチラシをもらってきた次第でございます。

 皆様 店頭で見かけられましたら、ぜひ おためしください。個人的には、パイ という主体性があるぶん、チーザよりも受け入れ易いと感じました。

 尚、お店の名前は、エクリプス・ファースト といいます。落雷で枯れてしまった神社の御神木をそのままカウンターにした 霊験あらたかな、素敵なお店です。
 藤井さんの楽しいお話に耳を傾けながら、珍しいウィスキーやシードルが楽しめます。
 昨日は、ウィスキーというお酒の誕生秘話について、お話を聞かせてもらいました。昔、千石先生と食事をしにいくときの「料理のフル解説付き食事会」の感じを思い出して、楽しかったです。
 そういや、ロビンソンさんの「獲物の捕獲秘話解説付き食事会」ってのも楽しかったなあ。お話の上手な方と食べたり飲んだりするのは いいですね。
 
 二つめのお知らせは・・臨時休診のご案内です。

 5月30日の月曜日を臨時休診とさせていただきます。

 継続の御薬や、処方食の御注文はお早目にお願いします。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/16
実習中

 ご無沙汰でございます。

 もうね。ブログ更新する気力も体力もない日々でございましたよ。そろそろまずいんで更新しますけど。

 まずはお知らせです。

 現在、看護学校の実習生が来ております。診察中の見学をお願いする場合がございますが、なにとぞ、温かい目で見守っていただきますよう、お願い申し上げます。

 もちろん、「断る!」という選択肢もございますので、そのむねお申し付けください。

 さて。いよいよ5月も折り返しとなりまして。気絶寸前の忙しい日々もそろそろ一息つけるかな・・・という段階になってまいりました。新人看護師のカナちゃんは、だいぶ仕事にも慣れてまいりましたが、いかんせんボケ院長がボケボケなので、受付業務が混乱し、引き続き、ご迷惑をおかけしておりますが、なにとぞご理解いただきますようお願い申し上げます。何か、おかしな点、いつもと違う点など、お気づきの事がありましたら、御指摘ください。誠意をもって対応させていただきます。

 ボケ院長。過労のキャリー・オーバーでボケてはおりますが、手術にしろなんにしろ、冴えのあるいい仕事をしてますので ご安心ください。

 久々の更新で、中身もなければ落ちもない・・ しまいにそっぽ向かれますね。

 近いうちに、西表島のロビンソンさんが巻き起こした、ちょっと不思議な出来事をご紹介(飼い主さんの許可をいただけたら・・ですけどね)しますので、お楽しみに。

 不思議といえば・・・いま来ている実習生の子。看護師のカナちゃんの1学年下の後輩ですが、なんと小学校も中学校も同じだということが判明して、今朝 二人でもりあがってました。ネタにするときには高校も一緒だったってことにしようかと思います。
  
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/4
本日もお立ち寄りありがとうございます。

早朝は横殴りの雨でしたが、いきなりの夏日でしたね。休日を楽しくお過ごしでしょうか。

写真は、茨城県の某所で保護されたウサちゃんです。

むかし、動物輸入商の顧問をしていたときに聞いた話で、千葉の山には、大きくなって売れなくなったウサギを捨てに行く穴があって、ペット屋さんがそこに捨てに行く というのがありました。そのほか、 荒川の河川敷に投げる!っていう話も聞きましたね。 都市伝説だとばかり思っていましたが、やはり茨城とか千葉あたりでは、ふつうにウサギが落ちてたりするんですね。

保護している方の話だと、おとなしくて なつこくて すごく可愛い・・・・らしいです。

小学校の飼育係出身の私としては、かなり心が揺れましたが、オウムも来ちゃったし、いま 人手不足で朝5時起きしないと自分の動物の世話の時間がとれないという現状なんで、病院のマスコット案は却下。

誰か 里親さんになってくださる方 いませんかぁ?
情報の拡散をお願いいたします。

  
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/5/1
ひっつきむし

 爽やかな五月晴れとともに5月がスタートしましたね。

 みなさん。楽しい休日をお過ごしくださいませ。

 今日も持ち場にて奮闘中の私でありますが、最近、手がバリバリに荒れちゃったもんですから、指先が「ひっつきむし」のようになってしまって、ガーゼと包帯が扱い難いったらありゃしません。わんちゃんの体に巻きたいのにガーゼが私の指にまとわりついて離れない。

 そんな悪戦苦闘をみかねた飼い主さんが、ハンドクリームを下さいました。ありがたいことです。

 あしたもがんばろー!


   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/30
ゴールデンウィーク

 お立ち寄りありがとうございます。

 4月も最終日となりました。いよいよゴールデンウィークですね。  って・・ゴールデンウィークって何? 食べ物? 御用納め君と似た感じのものかな。

 先日、求人のお知らせをブログにアップしましたら、その数時間後にカナちゃんの母校の就職担当の先生から電話がありまして、16日から実習生が来ることになりました。ブログの影響ではないのですが、そのタイミングの良さにちょっとおどろきました。

 写真は、ご存知、猫の譲渡会のお知らせポスターでございます。5月22日 日曜日 だそうですよ。ぜひぜひ足をお運びくださいませ。

 ポスターに、里親募集型猫カフェなんてのが紹介されておりますね。おもしろそうです。生き物系コンセプトカフェを斜めに見ている私ですが、猫の里親募集をする猫カフェってのは、素晴らしい発想だと思います。

 猫カフェにおける夜間の営業が、猫にストレスだと問題になっておりますが、里親募集型カフェならば、タレント猫も自らの生き残りのために頑張ってるってことで、お咎めなしってことになったらいいのになと思います。
 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/18
一夜明け・・

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 あのあと・・・「目ぇはモノ言わへんがな」 とか 「うそやがな」 とか つぶやきながら、途中の記憶が飛びつつ帰宅。

 明日(つまり今日のことですが)から始まる、猫のインスリン注射のことを考えていたら、夢うつつのうちに朝が。

 今日は、やや穏やかなスタートで、昨日の余韻の残るごちゃごちゃの院内を整理する余裕もありました。インスリン開始予定の猫ちゃんも状態が好転し、食事療法でもうすこし経過をみることになり一安心。天気もいいし! 

 なにしろ 昨日よか 今日は いろいろマシ!

 写真は、入院中の腎不全の猫ちゃんちの御爺ちゃんから頂いたタケノコです。

 御見舞に見えたのかな?と思ったら、「これ。いまさっき掘って来たからよ!」って。

 いま私が早朝にタケノコ掘ったら、確実に腰がいっちゃいますけど、さすが昭和ヒトケタ。東京大空襲を乗り越えた世代は鍛え方が違います。

 カナちゃん家と山分けで ありがたくいただきます。

 今日は朝から、ブログを読んで下さった飼い主さんに、風邪大丈夫かぁ?と励ましの御言葉を頂戴したりと、ありがたいこと続きで。 私の体の内から、バキバキバキっと復活の音が聞こえてきております。

 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/17
大木こだま

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 長い長い一日がおわりまして・・
 
 喉もいい塩梅に枯れております。

 試しに、親指を立てて、「チッチキチー」とつぶやいてみました。

 結構 似てたりして。 期間限定の宴会芸。

 あと10分で日付も替わろうかというのに。なにやってんだか。

 さてと 羽衣ちゃんやら なんやらかんやらの待ってる家に帰えるとしますかね。

 羽衣と書いて ウイ。 その話はまたこんど。
 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/16
おわび

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 現在、深刻な人手不足にて、待合室の皆様には、大変ご迷惑をおかけしております。 いつも長いことお待たせしてしまって申し訳ありません。

 予定では、今年中に、実習生を受け入れ、来年の卒業と共に採用しますので、来年度は看護師2名態勢にもどせると思います。

 なお、近々の問題として、私、この3日ほど、はやりの風邪をひき、喉をやられてしまいました。お聞き苦しい声と、熱にのぼせた、まとまりのない解説にてご迷惑をおかけしております。本日は熱も下がり気味で、ややマシな状態となっておりますが、意志の疎通がうまくいかないこともありますので、御容赦ください。

  
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/14
メンチを切る

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 眉間に力いっぱいシワをつくってアゴをひき、軽くうなずくように顔を上下させ、相手の全身を舐めまわすように見てから、視線を相手の目にロックオン。目をそらさないように気をつけながら、さらに眉間に力をこめてシワをつくり、片方の眉を力いっぱい下げ、もう片方の眉を力いっぱいあげ、やや首をかしげた格好で、ひたすら相手の目を睨み続けて威嚇することを、メンチを切る といいます。このとき、口はおもいっきりゆがめておくのがポイントです。単なる変顔と、どこが違うのかよくわかりませんが、そこは馬鹿のやることですからおおめに見ないといけません。

 前回、オウムと道に迷った外国人が寄ってくる特異体質があると書きましたが、このほか、道に迷ったおばあちゃんも寄ってくる傾向があります。人ごみで、結構はなれた場所から、モーゼのように、バキバキバキっと人ごみを割って、おばーちゃんが一筋の道を歩みよってくる姿は、「あ・・・・まただ・・」って感じの光景です。地声がでかいので、お年寄り受けするのは自然の流れだと自覚しているのですが、遠くに立っている、見ず知らずのお年寄りが、私の声がでかくて聞き取りやすいなんて事を知るよしもないハズなので不思議です。

 動物看護学校の講師をしていたころ、当時の生徒だった18-20歳前後の女性たちには、「先生って、いつも眉間にシワがはいってて 近寄ってくんなオーラがハンパないよね・・」と、よく言われました。そんなこと言わずに寄ってきて欲しかったですけどね。亡くなった父親にも、「おまえはどうして いつもそんなに眉間にシワをつくって不機嫌そうな顔をしているんだ」と幾度となく言われましたし、今も、娘と会話をしている最中に、娘が私の眉間に手をのばしてきて、シワを左右に押し広げつつ「駄目だ・・・延ばしてもシワが残っちゃうわ」と言われます。なので、お年寄りが、私のことを「優しそうな、親切そうな人」と認識してエジプトから渡ってきているとは思えません。謎です。

 そして、お年寄り以外にも、私に寄ってくる人たちがいます。それは、不良少年です。

 さすがに今の私に不良少年が寄ってきたら、それは親爺狩りという別のジャンルの話になりますので、別の機会にしたいと思いますが、なにしろ中学高校の時には、ほんとによく不良少年にからまれました。いまは不良少年のことをヤンキー(キにアクセント)といいますが、当時は、ツッパリといいました。

 「てめぇ! メンチ切ってんのか コラァ!」って初めてツッパリの方に言われたときには、咄嗟に何を言われているのかわからず(品行方正な少年だったのでそういう言葉に詳しくありません)、ただ漠然とメンチカツが包丁で切られていく画が浮かんでキョトンとしたものです。いったい私が何を?? え? メンチ・カツ?って。

 そもそも変顔と見まごうばかりの、ちょっと笑っちゃう顔でメンチを切っているのは、お怒りになっている彼であって、私ではありません。全く理不尽な話しです。

 その後、あまりにも沢山の方にメンチを切っていただいたものですから、冒頭のように、正しいメンチの切り方をスラスラと解説できるまでになりました。出来れば、三原順子さんのような感じの女性の不良(当時はスケバンと呼ばれていました)にからまれたかったなぁと残念に思います。「顔はバレるからボディにしな!」とかね。 あれって有名なセリフですけど、冷静になって考えてみると、姑息な手口ですよね。 

 で・・・。写真ですが。
 オウムにじゃれかかろうとしたものの、全身全霊のメンチを切られ、ちょっとたじろぐ白黒さんの図。
 オウムって眉間にシワを入れられないけれど、目の周りのシワシワで表情がつくれるので、感情がよみとりやすいです。
 写真のオウム(オウム本人の申告でウィちゃんという名前になっております)は、「やんのか? ゴルァ!!」と凄んでおります。

 長い前フリだこと・・・・。 しかも本題 みじかいし。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/13
麗霆”子  夜露死苦

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 息つく暇もないほど忙しかった激闘の日曜日が終わり、深紅のバラの刺繍をあしらったスカジャンを颯爽と羽織って帰途につく、新人看護師のカナちゃん。
  
 お疲れ様!またあした!の声をかけたときに交わした彼女と私の会話。(これから始まるコントの状況説明をする芸人の気分ですな)

アホ院長「カナちゃん。まさかとは思うけど・・ もしかしてレディースだったのかい?」

カナちゃん「はい! レディースですよ!!」(満面の笑顔で)

アホ院長「ま? まぢか? ぜんぜん面影ないぞ??」「実家が茨木とかじゃないよな? 特攻服とかも持ってんの?」

カナちゃん「???????????????・・・え??」

この会話のズレ。 わかります?

では、ジェネレーション・ギャップを埋める翻訳機を通して、今の会話をリプレイしてみましょう。

「カナちゃん。まさかとは思うけど・・ もしかしてレディース(女・暴走族)だったのかい?」←ファッションから着ている人の属性を問うた

「はい!レディース(婦人服)ですよ」←服そのものについて答えた

 もうね。なんというかね。若いお嬢さんに、やたらと死言で話しかけるオッサンはね。嫌われますよ。そのうち。

 そんな昭和のダメ親爺ですけどね。マドモワゼル・フランソワーズあたりは「カミナリ族とか言わなくてよかったじゃないですか!」ってフォローしてくれるに違いありません。

 そんなわけで 本日も各人の持ち場で奮闘いたしましょう。


   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/10
やっちまったのか・・・?

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 日本中の動物病院がバッタバタになる春の予防シーズン。日本中の獣医の目が死んでる季節。(写真参照)

 忙し過ぎて、脳内のリミッターが誤作動を起こしたらしく・・・・・

 うわ! 知らない間に なんか 肩に乗ってる!! 
 
 かつての虐待飼育のトラウマで、人との濃厚な接触を嫌う・・・っていう取扱説明と共にやってきたタイハクオウムの雑種。毛引き症でハゲハゲになってます。
 
 ただ・・人との濃厚な接触を嫌うってハズなのに、なんか、さっきからベッタベタになついて、頬ずりとかしてくれちゃってるんですけど。

 オウムと道に迷った外国人に懐かれるという不思議な体質を持つ私でありますが、できれば若い女性にモテるとか、宝くじが当たりまくるとか、もっと実用性のある体質を獲得したいものです。

 私の肩で盛大に白い粉を撒き散らしている そこの君!!犬たちとの見合いに失敗したら、別の里親探しだからな!!


   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/9
足が地に着かない

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 足が地に着かない = 考え方や行動が浮ついて、しっかりしていない事 ≒ ブームに乗っかりやすい人

 今、ブームになっている動物といえば猫ですが、猫の話はまた別の機会にして、今日はフクロウの話をしたいと思います。

 ハリーポッターをきっかけとして、日本でのフクロウ飼育数は、尋常じゃないくらい増加しています。

 ハリーポッターが終息したあとは、各種動物販売イベントや、フクロウカフェがブームの牽引を引き継ぎ、「本来ならばフクロウなんぞ飼わないような層の人」とフクロウとの出会いを演出してしまい、飼育を始めようという人が後を絶ちません。

 特定の種類の動物の飼育がブームになると、若干いいこともあるけれど 沢山の悪いことがあります。

 いい事と言えば、その種類の動物を飼育するために必要なインフラ・・・すなわち餌とか道具とかが手に入りやすくなったり、研究が進んで質が向上したりする事です。あとは、いままで偏見の目を向けられて、不当に嫌われていた生き物に対する理解が深まり、社会全体が少しだけお利口になること。

 悪い事といえば、数え上げたらキリがありませんが、ワースト上位から解説しましょう。

 まず何と言ってもマズイのが衝動買いによる「個体の持て余し」。これは最終的に虐待飼育や遺棄につながります。種類によっては、そのまえに死亡しますので、流通個体の大量死ということになります。

 その次が、乱繁殖による、不健康な個体の流通。鳥類で言えば、産まされ過ぎて疲れ果てたた親鳥から生まれた雛が、虚弱過ぎてまともに育たない例が痛々しいです。

 鳥類というのは、孵化からわずか数カ月で親と同じサイズまで一気に成長しますので、虚弱な雛だと歪が顕著に表面化します。骨の強度が成長に追い付かず、体重を支えきれずに次々と骨折していくという地獄のような症例を経験したことがあります。最後は安楽死でした。ちょっとしたトラウマになっています。

 最後に、飼育インフラの質の低下。これは、先述の、インフラの安定と矛盾しますが、ひとたび「儲かる」となると、専門外の人間まで市場に参入してくるため、まるで見当違いな餌やら道具やらが出回ったり、価格競争が起きる結果、まともな商品が生き残れなくなってしまうという現象です。この志の低さはペット産業ではものすごく顕著です。

 写真は、足が地についていないフクロウの図。

 わかります? 爪が伸びすぎて、ドクター中松のジャンピング・シューズ、スーパーピョンピョンのようになってしまっています。

 このフクロウ、地面に足底がつけられないので、絶えず、指立て伏せのような加重が指先にかかっています。
 爪を切ってやったあとも、しばらくは指がいたくて、歩き方がぎこちなかったです。
 嘴は、伸びすぎて餌を咥えられない状態。いままでどうやって餌を食べていたのか謎です。

 警察から当院に持ち込まれたときは、低体温と肝不全で倒れていて、意識不明。起き上がれない状態でした。おそらく、不適切な栄養管理だったと思います。ネズミをあげるのは気持ち悪いからササミを食わそうといった類の飼い主だったのかもしれません。

 珍しい種類のフクロウなので、翌日には飼い主が現れるであろうと、フクロウならぬタカをくくっておりましたが、警察の遺失物扱いの満期となる3カ月が過ぎても、ついに飼い主は現れませんでした。絶えず、ネットで確認をとっていましたが、探している人もいない様子。大事なペットが逃げたら、普通は必至に探しますよね・・・。

 現在は、遺失物法に基づく手続きも終わり、私の所有物となっていますが、今も継続治療中です。 餌代、光熱費、治療費、全部、私持ちのボランティアです。

 動物の飼育ブームは嫌いです。
 それを後押しする各種動物イベントも同様。

 めずらしいペットを飼おう! なんて、とんでもないキャッチコピーのイベントが毎年、東京で盛り上がってますし、ネットを調べると、まぁ販売されているフクロウの個体数の多いこと。これがどんどん売られていくのか?という異常事態です。 この流れはもはや止められそうにありません。

 ただ・・・フクロウなんて、いきなり素人が飼うもんじゃありませんからね。私の知る限り、フクロウがちゃんと飼えてる人たちって、かなりマニアックで、動物飼育のなんたるかの基礎の部分をマスター済みで、フクロウの勉強もしていて、体重管理などもできる、とっても几帳面な人たちです。そんな人たちを見て、飼育無間地獄の沼に首まで浸かって暮らしているこの私ですら、「自分はフクロウ飼えないなぁ・・・」と思いとどまるくらいなんですから。

 でも このフクロウ・・・現在 ちょっとだけ幸せそう。
 
 次回は、猫ブームを考察します。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/7


 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 私が、譲渡会というものを初めて体験したのは、中学生のころ。東京農工大学の学園祭で、犬と猫の里親さがしのコーナーがあったので毎年見物にいきました。おそらくは獣医の卵であろうお兄ぃさんやお姉ぇさんたちが、汚ったない白衣をきて、これまた汚ったない仔犬と仔猫を並べて、見物客に一生懸命、飼って下さいっ!って熱弁をふるっていました。

 当時はウイルス検査はおろか、まともなフィラリア予防薬もなかったですから、もらわれていった仔犬仔猫がいろんな理由で発症して死亡したことは想像に難くありません。

 あげる方も もらう方も かなりアバウトでおおらかな世界だったと思います。

 最近の譲渡会はだいぶ様子が変わりましたね。個体の健康状態もある程度確保されてますし、里親の資格審査もそこそこ厳しいようです。昔のようなおおらかさが無いぶん、主催者の方たちはいろいろ運営が大変だろうなぁと思います。

 写真は10日後に開催される譲渡会のお知らせポスターです。井の頭公園でやるみたいですね。気持ちよく晴れて、温かい日でありますように。

 空前の猫ブームの中。 猫の価格が高騰し、ブリーダー数が少ないことと相まって、ペット屋さんも品薄に困っているとか。今、猫を飼おうと思ったら、譲渡会を覗きに行くのがいちばんいいかもしれません。

 あなたが里親になれば、空きが出来たぶん、保護団体は次の1頭を引き受けることができます。どうか足をお運びいただきますよう。

 良い出会いがありますように。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/5
人間ドック

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 朝もはよから。 行ってきました人間ドック!

 いやぁ。 萎えますわぁ。 

 休診日の火曜日にグッタリする事してどーするってな話ですけどね。他に行ける日ないし。1月あたりからめっちゃ不調だったから意を決して予約を入れたら、2か月待ちで今日ですわ。

 もうね。胃の内視鏡がねぇ。強敵でした。

 ただ、学ぶ事も多かったです。やられる側の恐怖や苦痛ってのを体験することができました。

 普段から、怖がらせないように 痛くないように 驚かせないように 飼い主さんにも不安をあたえないようにって、心がけてはいるものの・・・。 それでも、実際に苦痛を与えられる側になってみて初めて実感できることも多かったです。

 ゲロッゲロになってるときのドクターや看護師さんのふとした優しい言葉や丁寧な所作の一つ一つに・・・「あ! それ いいっすね。明日から使わせていただきます!」ってヒントがいっぱいありました。

 そういえば、故・千石正一先生が入院されていたときに、採血しにきた医学生に対して、「いきなり抜こうとするな!まずは患者に自己紹介をして、自分の立場を説明し、作業内容を解説し、さらには、ちょっとチクっとしますよとか、事前の諸注意をしてから はい行きます!ってやらんと 患者が怖がるだろう!」 って教育的指導をされていたのを思い出しました。

 まぁね・・・飼い主さんを不安にさせないって言ってる端から、頭ぼっさぼさのまま、ボロッボロの迷彩の作業ズボンで診察室に入るあたりで、もうアウトですよね。さらに言うなら、初めてこのブログを読まれた方は、じゅうぶん不安を感じて、まわれ右になっているんじゃないかと。 

 気をつけなければ。

 さ・・今晩じゅうにダメージを回復して明日にそなえましょう。

 今日も、緊急症例のお電話をいくつもいただいていたのに、対応できずに申し訳ありませんでした。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/4

春霖

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 雨降り。いやですねぇ。

 菜種梅雨 催花雨 春霖 ・・・ 春を予感させるいろいろな言葉で表わされる春の長雨ですが、気温の乱高下についていけずに、人も動物も体調をくずしがちとなります。とくに、体の小さな生き物は、明け方の冷え込みに弱いので、ご注意を。

 飼い主さん共々、どうかご自愛ください。

 さて。3人態勢でスタートして早4日目。昨日は助っ人としてアルバイトの藩士が参加してくれて、どうにか一日のりきりました。

 ひとえに、うちの飼い主さんたちの優しさに支えられているおかげでございます。

 コンビニだったら机を蹴られてもおかしくないくらいスローでグダグダな院長の会計処理にも、にこやかにお待ちいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に申し訳ありません。しばらくの間(けっこう長いと思いますけど)、おつきあいください。

 ただ、ちょっと明るい話題として、新人のカナちゃんが、かなり出来る子らしい ということが判明。あらびき団で言ったら、ガリガリガリクソンに匹敵する大物到来の予感です。

 今日もウェイティングリストの記入例で軽くボケておきますが、この雨じゃぁ 来院数そのものが少ないから、突っ込みを入れてくれる人はいないだろうなぁ・・・・。    

 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/02

まぁ このぉ~

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 昨日のウェイティングリストの記入例のところに、全く何の気なしに、飼い主:タナカ・カクエイ ペット名:ランラン 種類:ジャイアントパンダなんてことを書いたんですけどね。うちの新人のカナちゃんなんかは、平成生まれですからね。ご存知ないわけです。ランラン・カンカンを。 もう つっこみようがないから、まったくボケになってない。

 そもそも、以前このブログに書いた、リンリン・ランラン劉園♪ なんてのも ほとんどの方が覚えてない!

 もうね。孤立無援。マドモアゼル・フランソワーズのリアクションだけを心の支えにブログを書き続けてるといった状態に陥っております。リスザルだったら とっくに死んでますね。

 で・・・タナカ・カクエイさんのパンダの話しなんですけどね。

 昨夜 おそく帰って、録画しておいた石原・元都知事の出てる番組をみたら、びっくりですわ。

 思いっきり田中角栄・元総理大臣の特集じゃありませんか! 当然、日中国交正常化とジャイアントパンダのランラン・カンカンのエピソードも出てくるわけです。なんという偶然。

 こういう全く無意味な「引きの強さ」はいらないから、宝くじを当ててくれと。チャンスの神様に強く願う次第であります。

 ちなみに。チャンスの神様は前髪しかないって言いますよね。どんな神様なんだろうって、必死にその御姿を想像してみるんですけど、私の頭の中には芋洗坂係長しか出てこなくて残念です。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/4/01

びっくりぽん でございます


 お立ち寄りありがとうございます。

 キリの良い、年度はじめ。桜も満開でございます。そして、本日は、ご存知エイプリルフールでございます。

 うちなんかはですね。もう エイプリルフールどころじゃありませんよ。

 リアル「まじか? お願いウソだと言って!」ってな事態でございます。

 永らく皆さまに可愛がっていただいた、長期熟成老齢看護士ヴェテラン看護師士の2名が、今日から居ません!

 犬はお嫁にもらってくれないことに気づいたらしく、ようやく現実の世界にもどっていきました。

 彼女たちの未来に幸多かれと祈るのはいいんですが、眼の前の現実は 私にしてみりゃ ヤバいの一言。

 なんせね。動物看護士さんには、ノビノビと主体性をもって仕事をしてもらおうという、獣医にしたら珍しい心ある対応で接してきましたからね。10年もたちゃ、立場が逆転。後半、頼りっきりですわ。いまとなってはもう、どこに何がしまってあるのかすら 忘却の彼方。

 熟年離婚のおとーさんが、どこに靴下があるのか判らないのと一緒でございます。

 さあて。 どうしたものか。 まぁ悩んでいてもしょうがない。カミさんと、新人看護師のカナちゃんといっしょに力を合わせて頑張っていくしかありません。

 そんなわけですから、しばらくの間は飼い主の皆様に多大なるご不便・ご迷惑をおかけすることと思われますが、なにとぞ 生温かい目で見守っていただき、変わらず ご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

 新人看護師とボケ院長に対する救済の一環として、カルテ出し作業を円滑化するために、皆さまにはウェイティングリストへのご記入をお願いしております。

 ご来院順に、カルテ検索のヒントとなる情報をご記入いただき、順番をお待ちください。もちろん、緊急性のある場合には、あらかじめ お声がけいただきたく。よろしくお願いいたします。

 なお、ウェイティングリストの記入例のところに、毎日、軽く、ボケをかましときますので、会話のきっかけにしていただければ幸いでございます。

    ただ・・・・今日のはいまいちだったかな。
 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/3/24

花冷え


 本日も お立ち寄りありがとうございます。

 日本には四季折々の美しい言葉がありますが、いくら雅な言葉だって、寒いもんは寒い。

 骨髄先輩にも頑張っていただきたいのに。

 春だよ~って言われて、力を抜いたスキに襲ってくる花冷えはカンベンです。

 写真は、寒さにも注射にも負けず、いつも平常心の癒し系ワンコ(仮名)。あったかくして頑張って!

 今日は、警察案件が2件。 次回紹介します。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/3/20

野菜の時間


 さて。本日も お立ち寄りありがとうございます。

 世間は3連休なんですって。御用納め君といっしょにアメリカで暮らしているに違いない3連休君の無事を祈って、本日も持ち場にて奮闘しております。

 写真は、ご存知、野菜でございます。

 見りゃわかるって。 失礼しました。

 でもね。これ 立派なトピックなんですよ。
 
 まずは感謝です。 カミさんの体調を気遣って下さっての頂きものなわけですよ。本当にありがたいです。飼い主さんの後姿に手をあわせてる動物病院ってあんまり無いんじゃないかと。 とにかく感謝です。

 で・・・その有り難い野菜を、同日に、別々の御三方から、それこそ、次々と頂いたというね。 有り難くも不思議な一日でございました。

 ちなみに、うちは、ちゃんと診療費をお金で頂いてますから。治療費払えない方からは畑で採れたものをもらってますとか、そういう話じゃありません。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/3/16

あるある探検隊

 高尾か巣鴨かわからない♪ ハイっ!
 

 さて。本日も お立ち寄りありがとうございます。


 タイトルが、わけわかりませんが、一種の心の叫びとでもご理解いただければいいかと思います。本日も前々回からの流れで、卵の話でございます。 

 「卵が割れてたって、早くに食べてしまえばいいんじゃないの?」 Why American people, Why?? もったいないだろー!  というお話の続きです。

 卵の衛生を考えるとき、最も重要なのがサルモネラ菌の汚染です。サルモネラ菌は、鶏の腸内に常在する菌で、人の食中毒の原因菌として有名です。

 人や、たいていの哺乳類では、泌尿・生殖器系の出入り口と肛門は別の場所にあります。しかし、鶏や爬虫類や魚類の場合、便も尿も卵も、いったん、総排泄腔という共有の空間を経て、総排泄孔という一つの孔から出てきます。外見上、鶏の肛門に見える部分が、総排泄孔です。

 私たちがふだん食べている鶏卵は、かならず、この総排泄腔を通過して出てくるので、鶏卵の表面にはサルモネラ菌を含む糞便がへばりつきます。

 卵殻にへばりついたサルモネラ菌は、卵殻の微小な孔を通過して、卵の中に侵入することができます。ただし、卵を奇麗にしようと思って、水道水で洗うと、かえって、菌が殻を通過しやすくなるため、洗うならば、60℃のお湯で洗うことが推奨されています。当然のことながら、卵殻にヒビが入っていると、サルモネラ菌は難なく中身に侵入できます。
 
 サルモネラ菌は、冷蔵保存で、ある程度、増殖スピードを抑えることができますが、増殖を完全に止めることはできないので、冷蔵でも長くは保存できません。ヒビの入った卵は早々にサルモネラ菌が中身を汚染しますので、冷蔵でも保存すべきではありません。流通過程で常温保存されているような場合ではなおのことです。

 で・・・アメリカの食料品店の卵売り場ですが、いま思えば、常温でした。ふつうに通路においてあるカートの上にパックが山積みで、冷蔵はしていません。

 だとすると、割れた卵は、急いで食べれば安全どころか、既にじゅうぶん危険な卵だったと考えてよいのかもしれません。

 いまさら説明するまでもありませんが、日本では、生卵を食べることが前提なので、卵に対する衛生的配慮が世界に類をみないほど厳密です。
 生産者は出荷時に割れ卵を選別除去して、さらに 殺菌 します。
 殺菌方法はいろいろありますが、60度のお湯を使って、卵殻を洗浄する方法に加えて、次亜塩素酸に付け込んで、菌を殺します。中にはお湯の中にオゾンをまぜたり、ブラシ洗浄したりする工場もあります。
 殺菌後は、消費者の手に渡るまで、確実に冷蔵保存で流通していきます。
 
 日本にも まれに、殺菌していない卵が売っていることがありますが、あくまでも稀な例であり、その卵には 殺菌 と表示されていないので、すぐにわかります。ただし、冷蔵保存している上に、鮮度も重視されているので、自宅での処理さえ間違えなければ、安全に食べることができます。

 一方、アメリカでは、そもそも卵を生で食べることを前提としていないので、出荷に際して、見た目を意識した洗浄はするけれども、殺菌という概念はほとんどないようです。国土の広さと人材の確保の難しさから、流通過程での割れ卵の扱いや、温度管理もかなりテキトーなことになるのは避けられないようです。
 まれに殺菌卵という商品もあるようですが、極めて特殊な存在らしく、アメリカで卵といったら、割れてて、サルモネラが元気に生きている卵だと思わないといけない。買う側もそれは織り込み済みなので、卵を買いたければ、他者を思いやらない強い心と、北斗神拳を習得しなければならない。と。

 ここで一つ、腑に落ちたことがあります。
 よく、負けたサッカーの選手に腐った卵を投げつけるヨーロッパや南米のサポーターが紹介されますが、日本人の台所感覚では、腐った卵なんてどこにあるんだよ?って感じですよね。古くなっちゃったかもしれないから用心して捨てようって事はあっても、ガチに腐敗して、割ったら悪臭がただよう卵なんてのは、ほとんど想像できません。強いて言うなら理科の実験でヒヨコを孵そうとして、死ごもりした卵をあきらめきれずに開けてみました・・・なんてときには、かぐわしかった記憶がありますが、食品の卵でそんな経験は皆無です。なので、私はイタリアとかブラジルの人って、わざわざ自宅で何日もかけて卵を腐敗させておいて、負け試合に備えているんだと思っていました。なんて凶暴で意地悪な奴らなんだと。スポーツマンシップは絵空事だなと。

 でも。違ったんですね・・・。外国では腐った卵は日常的だったんですね。なんなら新鮮な卵を投げつけたいのに、腐ったやつしか手元になかったのかもしれない。長年の疑問が解けました。本場のカルボナーラは危険かもしれないという新たなる疑問が浮かんじゃいましたけど。

 なので、日本でもたまに、卵が投げつけられる事件が報道されますが、マスコミの皆さんは、表記に注意していただきたい。卵、腐ってませんから。
 「怒ったサポーターが、選手にむかって、卵かけご飯に最適な新鮮な殺菌卵を投げつける一幕も見られました」 みたいな感じで書いていただけると、ニュースの雰囲気も和らぎますので。

 写真は、国分寺農協の売店にあったウコッケイの卵。販売者の住所氏名まで記載された自信作。保存温度、保存期間まで明記されています。素晴らしいです。

 なお、卵の直販所などで、殺菌していない、ちょっとウンコのついた卵を買った場合、仮に冷蔵してあっても、そのまま食べてはいけません。まずは、冷蔵しながら持ち帰ること。冷蔵品を常温におくと結露します。卵が濡れて、サルモネラの卵内部への侵入が助長されます。結露を拭きとるか、冷蔵で持ち帰り、まずは60℃のお湯に5分間つけます。次に、やけどしないように40℃くらいのお湯をかけ流して、スポンジで奇麗に卵を洗浄します。洗い終わったら、表面を完璧に拭き、水分をなくし、そのまま冷蔵庫で保存。数日以内に食べるようにしましょう。

 卵かけご飯のために、延々と書く獣医。動物病院のブログとして、なんだかおかしな方向に向かっている気がしなくもありませんが、おかしな方向性を楽しんでいただければ本望です。

 それに、畜産物の安全を確保する事が獣医本来の存在意義ですからね。犬猫病院のブログとして、方向性はおかしくても、獣医の姿勢としては間違ってないってことで。

 それでは皆様。今日も一日、各人の持ち場にて奮闘いたしましょう。  って もう 夜だ 帰ろう(笑)

  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/3/9

卵かけご飯のこと  前篇

 本日も お立ち寄りありがとうございます。

 火曜日とうってかわって気温が低いですね。皆さま風邪など召しませんように。


 さて。前回からの流れで、卵の話でございます。

 野生動物医学の研修先のフロリダの食料品店でのこと。
 ある日、卵をおいてあるコーナーで不審な動きをする女性を見かけました。最初は大して気にも留めませんでしたが、その後、卵売り場に行くたびに、必ずといっていいほど不審な動きをする女性がいるので、だんだん気になってきました。しかも、毎回、別の人物ですし、別の店でも、同じ動きをする人が卵売り場にいるのです。

 彼女たちは、山のように積んである卵のパックの全てに、ものすごいスピードで手を伸ばして何かをしているのですが、あまりに素早くて、最初は何をやっているのか、遠目には判りませんでした。

 面白いので、よく観察していると、どうやら、素早くパックを取り、蓋を開け、中を確認し、パックを閉じて積み荷の山にもどす・・という一連の動作を、目にもとまらぬ速さで繰り返しているのです。奥歯の横の加速装置のスイッチでも入れたのか?ってくらいのスピードで。効果音を入れるとしたら、北斗の拳の「あたたたたたたたたたたたたっ」ってのがぴったりな感じです。

 その所作には一切の無駄がなく、とくに腕や指の長い、スマートな黒人の女性なんかだと、一種の美しさを感じるほどでした。

 なるほど、何をやっているのかは判りました。しかし、何でそんなことをやっているのかはわかりません。作業をしているのは、店の人ではなく、あくまでも客のようです。謎です。

 そこで、北斗神拳の継承者たちが卵コーナーから去ったあと、彼女たちのチェックしていた卵のパックを調べてみることにしました。全米でそうなのかは知りませんが、私が通っていた数件のスーパーに流通していた卵のパックは、すべてボール紙制のもので、蓋をあけないと中の確認ができません。

 蓋をあけて驚きましたよ。
 効果音にするとすれば、「あちゃちゃちゃちゃちゃちゃ・・」って感じ。
 もうね。卵ちゃん割れまくり。アヒルのジマイマもびっくりな光景です。

 要するにこういうことです。お客様のトランクをぶん投げて壊すのがアタリマエの空港職員に代表されるアメリカ人の社会においては、卵を割らずに流通させるスキルを持ち合わせた運送屋はいないってことで、さらには店頭に並べるときにも、卵を丁寧に扱おうなんてスーパー店員はいないらしく、消費者の手の届くところに並んだ卵のパックには、非常に高い割合で破損した卵が含まれいる。ということだったのです。

 「自分だけは損をしたくない」という強い魂をもったアメリカ人達は、少しでも破損が少ないパックを買おうと、必死で選別をしていたんですね。

 ところが、皆さんが寄ってたかって 「あたたたたたたたたたたたたっ」とやるもんですから、卵ちゃんたちは、さらに破損。

 しかも、アメリカ人という母集団の中におけるケンシロウとハート様の割合は1対9くらいなので、最終的には卵パックの山がほぼ壊滅状態となるわけです。

 美しいかに見えたその所作は、スピードだけを念頭におき、丁寧に扱うという概念を極限まで省いた末の、「無駄のない動き」 だったわけです。次にこのパックを手にとる人のこととか考えていたら、あの無駄のない美しい動きにはならないと・・・。

 やっぱアメリカ人にはかないません と感心しつつも、ここで疑問がもう一つ。

 なんで そんなに必死なの? ちょっとくらい割れてても、早めに食べちゃえばいいんじゃない? 

        前置きが長すぎですけど        つづく!
 
  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/3/8

ボランティア

 本日も お立ち寄りありがとうございます。

 今日は火曜日。皆さまご存知、休診日でございます。

 休診日とは言っても、アカプルコのビーチサイドで、あちらのお嬢さんに・・・ってパラソルのついたカクテルを注文したりしてるわけじゃぁありません。ちゃんと持ち場にて奮闘しておりますよ。

 今日の持ち場は、ニワトリ小屋。
 三鷹と国分寺の農協さんのお仕事で、近隣の農家さんを回って、ニワトリにワクチン接種をする日でございます。

 タイトルにボランティアと掲げておりますが、実費はもらっています。じゃぁ なんで恩着せがましくボランティアなどと書くのかというと、実態が限りなくボランティアだからです(笑) 

 それが証拠に、先代の担当獣医さんが亡くなって、農協さんが、あわてて近隣の動物病院に相談しまくったところ、そんな割のあわんことやってられっか と全て断られて、途方にくれた結果、めぐりめぐって私のところに依頼が来たという経緯があるのです。

 まぁね。ほかに獣医を雇っていない小さな動物病院としましてはですね。それこそ そんなことやってる暇はない! できれば心身を休めておきたい火曜日にわざわざやるこっちゃねぇ と断ってしまうべきだったんでしょうけどね。

 が・・・いまから30数年前。東京都知事に 大人になったらボランティアをする人になる と誓った経緯がありますのでね。割が合うか合わないかだけで決めちゃいかんのです。きっとあの日、太平洋に浮かぶ日本丸の甲板で同じ誓いをたてた仲間たちも、どこかの寒空の下で、歳甲斐もなく、一肌ぬいじゃってるに違いありません。

 それにね。農協さんとの間に入って私に連絡をくれたのが、東京都家畜保健衛生所の方なのです。その昔、高病原性鳥インフルエンザについて知識武装しようと思って、同所を訪問したところ、大変なお時間を割いて、完璧なレクチャーをしてくださいましてね。おかげで野鳥救護と鳥インフルエンザにまつわる私の不安や疑問が バキっ と解決したわけです。恩があるぞと。二つ返事でお引き受けした次第です。

 ただしまぁ・・なんというか。何事にもやってみないと見えてこない意義とういものがあるものでして。住宅街に残された農家さん(もともとこのあたりを開拓した功労者たちの末裔ですよね。地主さんたちって)の現状や、東京の農業についていろいろ勉強になりました。ワニとニワトリの往診する犬猫病院ってのもそうそうないだろうって、ネタにもなりますしね。

 日本の農家さんってのは偉いもんですよ。農林水産省ってのも偉い。こうやって、地道に食の安全を確保している方たちの努力の結果、日本では、高病原性鳥インフルエンザが早期に発見されて、すみやかに封じ込めできるんです。ウイルスが人に感染するチャンスもヒマも与えないんですね。

 海外のね。主として途上国あたりだとですね。ニワトリが禽舎で死にかけてるなんてのは当たり前だのクラッカーな光景で、誰も気にしない。なんなら死ぬまえに食べちゃおう。台所で解体しちゃおう。みたいなことになる。感染が成立するかしないかは運ですけど、とにかくウイルスには暴露されます。鳥型ウイルスが、人型ウイルスになるチャンスを与えてしまっているのです。
 日本だと、必ずいろんな病気の予防をしているから、ニワトリの様子がおかしいってのは 普通じゃない なんか特殊な病気が紛れ込んだかもしれない と認識され、きっちり向き合って対処がなされる。これは素晴らしいことなんです。

 病気予防のワクチンの接種は、必ずしも農家さんの経済性に貢献するわけでもなく、あくまでも社会への道義的責任というか、善意というか、好意でもって粛々とワクチン接種をしているわけです。 日本の農家さんは立派だと思います。

 まぁ、ここ数年は、ニワトリを飼育する農家さんもバタっと減ってきておりまして、接種件数も減少の一途をたどっています。住宅街にぽつんと農家があるわけですからね。ニワトリの騒音や匂いにまつわる苦情が農家さんに殺到するわけです。

 冷静に考えれば、農家さんが元から住んでた人で、私たちはあとから来た人たち・・・ なんですけどね。

 せっかくなので、次回もニワトリの話をふくらましてみましょう。題して、「卵かけご飯を科学する」 です。
 
  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/29

The Hurt Locker

 本日も お立ち寄りありがとうございます。

 今日は2月の29日でございます。ご存知4年に一度の閏年。だから何だ ということなんですけどね。
 
 今日を逃したら次は4年後までこの日付のブログは書けないから更新しなきゃ!とか、今回ハレー彗星を見逃したら、次は生きてるうちに見ることができない!とか。アイフォンが新型になったから買わなきゃ!とか。

 なんというか・・・いろいろね。  気にしないと楽ですよ。

 写真はご存知スワダの爪切りでございます。

 先日、指の関節が固まっているスコティッシュ・ホールドの爪切りをしたんですけどね。指が全部関節炎なもんだから、痛いわけですよ。さわると。

 ネコの爪切りするときって、指をちょっと伸ばし気味に、ニュッてして切るじゃないですか。あれができない。指を持たれただけで痛いから、おうちでは切れないわけです。

 病院でも、細心の注意を払って、痛くないようにうまいこと切るわけなんですけど、痛いのは指の関節だけじゃないから、看護師のスゴ技抱っこにも時間の限界があるんです。ガマンの限界が来るまでに全部の爪を切り終わらないといけない。でも、ふつうの切り方ができないから、いつもの調子でチャッチャと終わらない。

 慎重かつ細心かつスピーディに。

 その点、ギロチン式と違って、スワダの爪きりだと、爪を刃にくぐらせる作業がないぶん楽。サクっと切れるから、爪に圧迫がかからないので、切られたことに気がつかないので、いちいち身をよじったりしないぶん作業がはかどります。

 ところがね。看護師も長期熟成老齢個体ヴェテランになると、抱っこをしてる手の感覚だけで、猫のガマンの限界のタイムリミットがわかるらしいんですよ。それこそ秒単位で(笑)。

 「あと5秒で爆発します」

 もうね。冷たいというかね。落ち着きすぎた声色というかね。作業者への思いやりゼロというかね。額の汗とか絶対ふいてくれそうにない感じで、サラっと言ってのけるわけですよ。あと5秒とか。

 まぁね。こっちもスワダの爪切りという心強い味方がついてますからね。

 爆弾のタイマーが0・0・0・0・1になったところで、間一髪 ミッション完了です。

 今日も生きて家族のもとに帰るぞと。決意もあらたに各人の持ち場にて奮闘するわけです。
 
  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/25

猫の日

 本日も お立ち寄りありがとうございます。

 2月22日は猫の日です。

 既に今日は25日なんですけどね。

 22日に間に合わせようと、可愛い子猫の写真を撮るべく待ち構えていたのですが、うまいこといかず。うちは販売業者とおつきあいがないので、仔犬・仔猫の来院が少ないのが敗因です。

 うちの白黒も、日に日に可愛くない猫になっていくので大人の猫になってきたので、モデル戦力外通告をしたばかり。

 そうこうするうちに、日付は25日になってしまい、猫の日ネタをあきらめた矢先、可愛いのが来てくれました。
 短毛種の仔猫のたよりなぁ~い感じもいいですが、長毛種の仔猫は毛糸玉みたいで可愛いですなぁ。
 
 私も昔、ヒマラヤンを飼ってましたけどね。あれは可愛かったなぁ。吐いた毛玉を踏んづけたときの靴下のジワっとくる感触がいまでも鮮明に思い出されます。

 この子は男の子。健康で優しい猫に育ってほしいものです。とくに 優しい のあたりが重要です。神様!次にこの子に会う時に、触れる猫でいてくれますように。

 それにしても、仔猫の撮影はむずかしいです。もっとフォーカススピードの速いデジカメに替えないとついていけません。
 
  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/17

猟期が終わって・・

 本日も お立ち寄りありがとうございます。

 2月15日は猟期の最終日。
 ご存知、西表島のロビンソンさんから、今年度最後の出猟の御写真が送られてきました。

 昨今、シカやイノシシの農業被害が増え、狩猟の重要性が見直されてきています。特に、ハンターの高齢化が進み、有害鳥獣駆除の担い手が足りないことが問題となっています。
 そんな話題がここ数年、新聞や雑誌で紹介されておりましたら、山ガールを牽引力としたアウトドアブームの再来とリンクして、狩猟をやろうという若者が増え始めたようです。

 ただですね。なんでもブームってのは弊害を伴いますからね。皆さん 気を引き締めてハンターになって欲しいと思います。なんたって、相手は鉄砲ですからね。使い方間違うと死人が出ます。

 あとは、ジビエの間違った扱い。これも怖い。撃ち取ったシカやイノシシは、いわゆる精肉じゃありませんからね。通常の食品として考えてはいけません。あくまでも野生動物の肉体。なんらかの感染源として捉えるべきです。
 最近、気になったのが、俄かアウトドアブームにのっかった雑誌に出ていた記事。鹿を解体しながら、つまみ食いと称して生で食べているんですよ。読者の突っ込みに対応するため、あくまでも自己責任で・・・・とかなんとか書いてますけどね。責任ある活字の筆者として、そんな記事を載せた段階で、アウトでしょ。アウトなアウトドア雑誌ってシャレにもならんわ。
 
 犬や猫の餌用の冷凍鹿肉もしかり。あれは食品ではないですからね。台所での取扱には十分気をつけてください。台所の食器や調理器具の汚染や、調理者の手の傷なんかにも配慮しながら手作りフードをつくってくださいませ。ちなみに 私だったら 生では与えません。

 なんというか、一歩間違うとエライことになっちゃう類の趣味が、思ったより手近になっているのが怖いです。井の頭公園でタカとばしたりとかね。その背景には、十分な経験と自制心、責任感があってしかるべきなのに。

 そうそう。このまえ治療した野生のハヤブサに、散弾銃の弾が入ってたんで摘出しました。都会の動物病院で銃創の症例に出会うことってまずないですけど、チョウゲンボウ・オオハクチョウに続いてこれで3例目になります。あかんたれなハンターがいる証拠です。

 写真では、素敵な笑顔のロビンソンさんですが、猟の時のロビンソンさんの慎重さといったら、そりゃもう凄いもんです。

 だれだって沢山の獲物が欲しいに決まっているわけですから、獲物が出たらすぐに撃てる態勢で猟に臨むわけですが、ロビンソンさんは違います。

 ロビンソンさんは、獲物が出てから弾を込める。

 どう考えても効率悪いですけど、足場の悪い西表のジャングルでの暴発事故はこれで防げるわけです。獲物と間違えて仲間を撃ってしまうなんて事故も、このワンクッションがあるだけでなくなります。鳩間島の「めぇかぁ」さんがゴミ捨て場の藻屑と消えなかったのも、ロビンソンさんのこの 撃ち急がない姿勢 あったらばこそ。
 
 自らに課した、獲物が出てから弾を込めるという絶対ルールの中での狩猟。それに加えて、圧倒的な経験値と、常に冷静な心。さらに動物以上に鋭いカン。超人的な体力。 ロビンソンさんには トラかと思ったら「鹿でした!」 なんてことは絶対にない。「目がグリーン」でも間違えない。

 猟ってのはこういう人がするもんなんだなぁと思うと、私なんぞはおいそれと狩猟免許をとりましょうか なんてことを夢にも思えなくなりますな。足腰の強度から言っても、銃を持っちゃだめな人の部類に入ると思います。

 ただし、東京でもこの先、アライグマ出没事件が多発することが予想されるので、私も麻酔銃を所持する必要性が出てきます。山でシカは撃たないけれど、いつかは狩猟免許をとらないといけない気がしています。

 まぁ・・麻酔銃は空気銃なんで、それほど大そうなことでもないんですけどね。


 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/11

焼き芋の研究

 本日も お立ち寄りありがとうございます。

 冬といえば 焼き芋でございます。

 カミさんの実践している食事療法では、かなりの頻度でサツマイモを食べなければならず、一方で、いわゆるお菓子のだぐいはなるべく食べてはいけないということになっております。じゃぁ サツマイモを限りなく美味しく焼き芋にして、それをおやつにしてやろーじゃないかと、私なりに研究をしてみました。

 使うのはダッチオーブン。昨今のアウトドアブームでは、キャンプの調理器具として大人気なのだそうですが、私は焼き芋を焼くためだけに購入し、ただただ焼き芋だけを焼いております。そもそもあんなに手入れが大変でめちゃくちゃ重い鍋をキャンプ道具にする気がしれません。

 まずは、ダッチオーブンの中にセラミックのボールをしきつめ、芋をならべます。弱火で熱がまわるのを待つこと1時間弱。それから中火にして1時間弱。ふたをあけて、芋に十分熱がまわって柔らかくなっているのを確認したら、ガスを切ってオーブンのフタをずらして、放置します。
 余熱で芋の水分がとび、少しシワシワになったら出来上がりです。
 この方法だと、低温加熱の時間が長くとれるので、芋の澱粉が糖化する時間を十分にとることができます。最後に水分を飛ばして中身を凝縮すると、さらに甘みが強まります。

 最近は安納芋をはじめとする密芋なる品種が出回っておりまして、子供のころからお馴染みの、いわゆるホクホクのうっすら甘い焼き芋とは別物となっております。

 私がやっている方法では、ふつうのサツマイモでも十分甘くなりますが、おやつという目的を考えると密芋が第一選択芋となります。

 しかし、安納芋だと、丸っこすぎてしまって、ダッチオーブンの蓋につかえてしまい、芋を並べる前に、セラミックのボールをいちいち掘り下げなければなりません。手が黒くなるし、ちょうどいい深さにする調節作業が面倒です。

 そんなときスーパーで出会ったのが、第二・第三の密芋、紅はるか と シルクスイート。

 これはいけてます。一袋5本入りくらいのものが売っていて、ダッチオーブンに入れるのにちょうどいい大きさです。小さいので調理時間も短く、お腹いっぱいになるほどでもないので、おやつに最適です。

 写真は、珍しく大きなシルクスイートが売ってたので焼き芋にしてみました の図。皮に浮き出たテカテカが密芋の証です。

 次回は、パネル式オイルヒーターと麹とご飯でつくるおいしい甘酒の作り方をご紹介します。 
  
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/9

本日は火曜日

 お立ち寄りありがとうございます。

 本日は火曜日。ご存知 休診日でございます。

 今日も今日とて、いつものパターンで病院に来ております。数日前から具合が悪く、日曜に重傷で来院。日曜だったために検査センターの対応が一日おくれで、本日、検査の結果が帰ってまいりました。野鳥の治療に来て、何気なく電話機のファックス用紙をみて愕然。思いっきりアウトな値だったので、あわてて飼い主さんに電話をして来てもらうことに。水曜日までまってたら死んじゃいますからね。

 12月来の継続の患者さんが気を遣ってくださって、自宅で包帯交換をしてくださるということで、昨年5月以来、初の火曜日診療ゼロか?と思ったのも束の間でございました。各人の持ち場で奮闘せよと、犬の神様と藤村Dに肩を叩かれた想いがいたします。

 まぁ しかし なんですなぁ。今は業界全般として比較的て暇な時期なのですが、春から秋にかけて怒涛のように忙しくなります。そして今季は看護師が新人独りになり、予想される獣医の負担は計り知れないものがあります。なんといってもうちの看護師は自動的になんでもやってくれる超ヴェテランの長期熟成老齢個体ですからね。その二人分の仕事をまるっきり新人さんにかぶせるのは酷ってもんです。新人さん・・かばってあげたい感じの可愛い子だし。

 というわけで 皆さまにはご不便をおかけしますが、4月からの対応は確実にのろく鈍くなります。おゆるしください。我々の心身の状態を鑑みると、火曜の対応も難しくなるかもしれません。継続治療は、ラスボス(ウルトラ・ドクターY)の御許しが出たら火曜だけスーパードクター・ジュンのところにお願いしようかなとも思っております。

 そのうち このブログでも、恐怖のラスボス(ウルトラ・ドクターY)とスーパードクター・ジュンの記事を書こうと思いますが、ネタっぽく書くと、恐怖のラスボスにしばかれること確実なので今から恐ろしいです。
   
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/8

バファリンの半分

 本日も、お立ち寄りありがとうございます。

 スマップ騒動・ベッキー騒動などなど どーでもいいニュースで大賑わいで、お腹いっぱいなところへ、清原選手の逮捕劇。さらに、どーでもよくないニュースに至っては、地震・噴火・弾道ミサイル・狩野英孝の彼女と、恐ろしい映像が連日映し出され、世紀末か!ってな様相を呈しておりまして、我が家ではもう、録画で観る以外はアニマルプラネットとナショジオしかつけていません。 

 ただ、気になるのが清原選手から押収された、いけないお粉0.1グラム。

 このてのニュースだと、必ず、押収された お粉 の量が報道されますよね。あれって何の意味があるんでしょうか  私たち善良な市民には、お粉の量が0.1グラムと言われたところで、それがどんな量なのかさっぱりわかりません。咄嗟にわかったらそれはそれで問題ですけど。
 
 この、ぱっと見、わけわからない数字。世の中にはけっこう氾濫してます。

 タ●リ●1000ミリグラム とか。

 プラ●マクラ●ター・イオン25000個 とか。

 すごいでしょ?と言われて、素直に おおおっ!てなれるのはある意味幸せなのかもしれませんが、数字で人をケムに巻こうって姿勢が なんか嫌です。

 過去に数字を出されて許せたのって せいぜい「池中玄太80キロ」とか「バファリンの半分」くらいのもんですかね。自分の体重が75キロになったときには、「まずい。あと5キロで西田敏行だ!」って危機感を実感できましたし、バファリン飲んだあと、「胃には優しくないじゃないか!」と突っ込めましたからね。

 写真は、半分以上、あるいはその殆どが優しさで出来ていると思われる贈り物。

 マドモワゼル・フランソワーズが 大丈夫か!これで元気だせ!と。アロマ・オイルをくださいました。ありがたいことです。
 今晩 寝るまえに使ってみようと思います。
 清原選手も、現役時代にこいう人が身近にいたらよかったかもしれません。ってか球団にはそういう専門家がいないのか?ってのが不思議でなりません。

 ちなみに、一回使用量が0.1グラムの いけないお粉。致死量はそのわずか10倍の1~5グラムなんだそうです。頭がわけわからなくなる状態になることが前提のおくすりなのに、安全域がめちゃくちゃ狭いっての。怖いです。小さなお子さんや、お年寄りのいるご家庭では、覚醒剤を手の届くところに置いてちゃだめですね。
 ハリウッドスターが過剰摂取で亡くなってしまう話をよくニュースで耳にしますが、それって、簡単に起きうる事故なんだと再認識しました。

  
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/4

ホワイトアリゲーター

 本日も、お立ち寄りありがとうございます。

 昨日の火曜日は、御殿場へと往診に行ってまいりました。ワニのマイクロチップ挿入です。

 今回、拉致されたのは、春から九州の動物園に勤務する獣医師と、その大学の後輩の獣医大生の2名。

 もし助手が見つからなかったら、例によって藩士を拉致ろうかなと思っていたところへ、野生動物医学会仲間の若手女性獣医師が、「動物園に採用されました!」ってなメールをよこしたもんですから、「じゃぁ ワニ・デビューだ!」と、「ついでに大蛇の採血だ!」と。「なんなら男手も用意しろ!」と。畳み込むような無茶振りに、きょとん としたスキに拉致。

 巻き添えで拉致された男子学生は、同じく野生動物医学会の仲間で、鳥マラリアの研究をしているナイス・ガイ。今回の任務でも、よく気を利かせて、的確に動いてくれました。日大の獣医学生さんは、総じて良い子が多い気がします。帰りの道すがらも「現代の日本における、見合い結婚の必要性と、オガサワラオオコウモリの生態について」楽しく語り合いました。

 ちなみに・・一言でワニといっても、そんじょそこらのワニとはワニがちがいますので解説しときます。写真のワニはミシシッピアリゲーターのアルビノ個体です。
 
 動物園を含め、日本にはほとんど存在しないタイプのワニで、これからもまず輸入されないと思われる生き物です。ご覧頂いておわかりいただけるように、誰がどうみても特殊な姿のワニです。

 こんなオンリー・ワンの個体に対して、特定動物の個体識別措置が、写真判定ではなくマイクロチップの挿入だと言う役所の見解について、私は理解に苦しみます。 このワニが逃げていても、誰も「どこの子だろう?」って悩まないと思います。

 まぁ そもそもワニ自体がそんなに飼われていないですから、潜りの違法飼育個体でもない限り、持ち主の特定は容易なはずです。

 こうやって無駄にハードルあげるから、潜りの飼育者が増えるという側面もあるのだと 私は思います。
 
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/2/1

痛快 丸齧り

 本日も、お立ち寄りありがとうございます。

 寒いですねぇ。暖冬なんだか大寒波なんだか右往左往で、ひっぱりまわされるこっちの身がもちませんね。
 歳とった動物や体の小さい動物には非常に危険な気候です。昼夜の温度変化がすくない、ダラァ~っとした温かい環境を用意してあげてください。

 写真は、むらさき屋の羊羹を痛快まるかじりする、ご存知 西表島のロビンソンさんです。

 となりで 恨めしそうに舌舐めずりをしているのはセッターの飛鳥です。犬に羊羹はもったいないですからね。そりゃ もらえませんわな。なんたって むらさき屋さんのおとーさんが命をかけてつくってる羊羹ですから。

 いや ほんと。飛鳥が丸かじりしてる写真が送って来なくてよかったと思います。
 ロビンソンさん 時々 無茶なさいますからね。
 いつぞやは、長命草の味噌汁とジャノメナマコのぶつ切りステーキってのを御馳走になって、そのまま一週間くらい喉が痛くてまともに声が出なかったことがあります。

 天国のような西表島にも地雷食材はあるのです。ツムギハゼの天麩羅なんてのもあぶないです。

 上野生まれの生粋の江戸っ子であるロビンソンさんは、江戸前のハゼに親しんで育ったものですから、西表に住み着いた当初、マハゼに良く似たハゼがいっぱいいるのに大喜びで、つかまえて天麩羅にしようと思いました。大漁後、あとで食べようと思ってとっておいたところ、傷ついたセグロアジサシが保護されたので、そのハゼを食べさせました。ところが、食べたとたんにアジサシはコロっと死んでしまったそうです。そのハゼはツムギハゼといって、フグと同じテトロドトキシンを持つ猛毒魚だったのです。アジサシを助けようとしたおかげでロビンソンさんは間一髪、命拾いしたわけです。(ロビンソンさんの傷病鳥獣保護歴は長く、内容もすごいです。イリオモテヤマネコの赤ちゃんを保護したこともあります。)

 ツムギハゼは、内地のマハゼに似ていなくもないので、内地から来たキャンパーは「食べられる」と思ってしまうらしく、食料調達と称してこの魚を食べてしまい、事故に遭う事があるらしいです。死亡率は60%とも言われ、非常に危険です。中途半端なアウトドアブームが蔓延している昨今、ツムギハゼ中毒は今後も増えていくかと思われます。

 皆さんも 不用心にやたらなものを口に入れないよう、お気を付けくださいませ。

 ちなみに、私の中の心に残る伝説の拾い食いエピソードは、小学校(校舎がブーメランの形をした税務署近くの小学校)の同級生の、な●つ君と●だか君と●りはら君の話。

 彼らは下校途中で、誰かが落とした病院の薬の袋をみつけ、協議の結果、「これは頭の良くなる薬に違いない」という結論に達し、みんなで飲み、そして倒れました。血圧を下げる薬だったようです。
 たしかに、そんな薬があったなら、一番に彼らが飲むべきだったと思いますが、なにしろ 死ななくてよかったと思います。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/30

支援物資

 本日も、お立ち寄りありがとうございます。

 勤務医が沢山いるような動物病院では、病院の中に寝泊まりできる一角を設けていることがあります。宿直室ってやつですね。

 獣医が二人しかいない小さな動物病院であるにもかかわらず、当院にもそういうスペースがあります。2000年の開業当時、「将来、別の場所に住める経済的ゆとりができたらここを宿直室にすればいいから、とりあえずここで暮らそう」と、病院に住んでました。人の暮らしとしてはどーよ?という環境ではありましたが、背に腹はかえられません。

 深夜・早朝も電話がなりやまず、番号が似ていたのか、セブンイレブンのバイト君が遅刻しますという電話をしょっちゅうくれました。当時はいちいち大真面目に対応していたので、慢性的な寝不足でした。
 陽は全くあたらないので、洗濯物や布団を天日で乾かしたことがありませんでした。

 それでも3年ほど頑張ってここにとどまり、皆さまの支えでなんとか病院経営も軌道に乗り、ようやく陽のあたるアパートを借りられたときは、「洗濯物が干せるっていいよなぁ~」と感動したものです。

 写真は、マスター千代再び の図

 今回は、マスター千代の同志、チャロママがメッセンジャーとして物資を持ってきて下さいました。
 マスター千代宅のお孫さんに流行性感冒の疑いありや?ということで我々への伝搬防止を配慮してくださったのと、久々にチャロママと会いたいだろうという配慮だった様です。チャロママも開業当時からの患者さんで、チャロの死後は、ここ数年なかなかお会いする機会がなかったのですが、久しぶりに思い出話に花をさかせ、近況を報告しあうことができて嬉しかったです。

 そんな気配り雀のマスター千代ですが、病院の奥に住んでいた不遇の時代、晩飯を作る暇もなかろうと、毎日のように、何か一品届けてくださっていました。親戚のおばさんとかじゃないのに。

 毎年、夏になると思いだしますが、夏野菜のプロバンス風ってのと、ナスとオクラの揚げびたしってのが美味しかったです。あんときゃ 毎日ぐったりでしたからね。ちょうど、給食のメニューに歓喜する小学生の気分でした。

 毎日 ぐったりってのは、まぁあの時と変わらないし、むしろ悪化してる気もしますが、十数年の時の経過で培った、地域との心のつながりが支えとなって、昔のような先行き不安感は少なくなったように思います。

 今も時々、宿直室となった奥の部屋に泊ることがありますが、相変わらずよく電話がかかってきます。メッセージを残さない電話が多いので、今の暮らしの中では水面下の電話ということになるのですが、電話機の傍で寝ていると、「実際は相変わらずいっぱいかかってるのね」と感心します。セブンイレブンのバイト君からの電話もあいかわらずです。遅刻の話を留守電に入れ始めるので、ついつい、親切心で出てしまい「番号が似ているみたいだけど間違いだからちゃんとかけなおしたほうがいいよ」って教えてあげてしまうのですが、次こそは店長かバイトリーダーになりすまし、「わかった。でもなるべく早く来いよ!」って言って切ろうと思います。

 さて。今日もいちにちノビ・ノビと。各人の持ち場で奮闘してまいりましょう。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/28

いや・・あの トイレに紙が無かったもんで

 本日も、お立ち寄りありがとうございます。

 いろいろ動物を飼っていると、いろいろやらかしてくれる場面に遭遇します。

 動物に限らず、小さい子供も同じように、やらかしてくれるわけですが、このやらかしに、種を超えた共通性が見られることがあります。

 特に多いのが、紙のトラブル。ティッシュを次々と引き出してしまうウサギやブンチョウ。

 トイレットペーパーをお手玉してぜんぶ引き延ばしたあげくグチャグチャにまぜてしまう猫。

 それぞれ数万円もする貴重なカエルの大図鑑とトンボの大図鑑のカドを食べたチョンマゲのついたゴールデンレトリバー。

 みんな、紙が好きですよね。 なんでだろ。

 コンビニの袋が好きなのは、おそらく音と、ビニールから漂ってくる環境ホルモン系のケミカルな物質に誘因されてのことだと思いますが、紙の場合は何なのでしょうか。なんで夢中になって紙と格闘したくなるのか。

 教室でトイレットペーパーをめっちゃくちゃ散らかして遊んだら、子供のストレス解消とかにならないでしょうか。「キレる子供」防止に小学校でやってみたらどうでしょう。

 いずれにせよ全部、 手(口)の届くところに置いた人間の責任には違いありません。飼い主として大いに反省すべきです。

 とはいっても つい叱っちゃうんですよね。 白黒 ごめん!
 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/27

ねずみの相談

 本日も、お立ち寄りありがとうございます。

 風太事件以来、うちの白黒の脱走についても、何か対策をとっておかないと という意識が高まり、首輪をつけることにしました。

 風太は誰がどう見ても飼い猫然とした奇麗なチンチラですから、ポスターを貼れば目撃談には事欠かないでしょうし、声をかけたらついてきた・・・なんて場合も迷わずお家に入れてもらえるわけですが、うちの白黒は違います。

 ポスターを貼ってみたところで、「どこにでもいる野良猫だろ?」で、全く関心をもたれないか、あるいは「似ている猫を見た!」といって、そのほか大勢の白黒猫の目撃談がごまんとよせられて大混乱するに違いありません。会社帰りの奇麗なおねぇさんに近寄っていっても、うちの白黒は声が可愛くないですし、ルックスも野良猫ふうなので、まず家には入れてもらえないでしょう。よしんば入れてもらえても、そこで調子にのって甘くない甘咬みと猫キックをやるでしょうから、すぐに追い出されるに違いありません。

 彼の外見および内面が・・・要するに彼のすべてが野良猫であったとしても、迷子の飼い猫だと判るようにするために、首輪をつけてみました。

 首輪には迷子札をつける予定ですが、段階的に付けていこうと思うので(いっぺんにいろいろつけると 間違いなくパニックになる)、とりあえず裏側に電話番号を書き込みました。保護された先でおとなしく首輪の裏側を見せるかどうか疑問なので、早々に迷子札は装着したいところです。

 最初は可愛い鈴がついていたのですが、やはり大パニックになったので泣く泣くとりはずしました。

 写真は装着直後で石になったりバネになったりしながら首輪と格闘する白黒さんです。
 

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/24

かいぼら~ず

 井の頭池のかいぼりの様子のつづきです。

 環境イベントとしては、結構大規模な感じで、環境省のブースと東京都環境局のブースが出ていました。
 先日の外来種の会議のときの担当官が偶然にも環境省のブースに参加されており、さらに偶然にも、野鳥の救護の仕事で以前おつきあいのあった都職員の方が東京都環境局のブースにて陣頭指揮をとっていらっしゃったので御挨拶にいきました。

 土曜にも働く公務員の姿というのはイノカシラフラスコモの自生くらい珍しい姿なんじゃないかと思いましたが、環境関連の役所では、国立公園などの現場配置になると土日の仕事がとても多いそうです。

 なお、イノカシラフラスコモというのは、今から60年ほど前に井の頭池周辺で発見された水草の一種です。井の頭フラスコ藻 という意味なんでしょうかね。フラスコってあの実験で使うフラスコ? よくわかりませんが、発見から今日まで、日本の水辺の環境は悪化の一途をたどりましたので、いまでは全国で一か所、千葉県のどこぞの池だけに自生が確認されているのだそうです。

 かいぼり作戦では、かつて自生がみられたけれども絶滅してしまった水草の種を水底から回収して、特殊な技術で発芽させ、人の管理下でしばしの間、栽培し、再び池にもどしてかつての生態系を回復する という作業も行われているのだそうです。

 子供のころに読んだ、大賀一郎博士の古代蓮の研究の話を思い出しました。古代にこぼれおちた植物の種が、タイムカプセルのように現代で息をふきかえし、青々と茂る様は感動ものです。

 そんなわけで、繊細な植物をワシワシ食べてしまう、外来の破壊的な生き物を根絶せねばならず、とにかく大正時代の池にはいなかったであろうと考えられる生き物は全て捕獲されていくようです。外来というと外国の生き物というイメージが強いですが、特殊な閉鎖的な生態系にとっては、本来そこにいなかった生き物はすべて外来生物として扱うべきで、井の頭池でいえば、ゲンゴロウブナやクサガメですら移入種と見なし、排除の対象となります。

 寒い中、皆さん大変な作業だと思いますが、ドブのにおいのしなくなった夏のいのかしら池で、夕涼みしながらビールを飲める日が来るかもしれないのは嬉しい限りです。がんばれ!かいぼり隊。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/23

かいぼり

  歯の痛みから解放され、眠れそーだと思いきや、ちょっと前に亡くなった猫ちゃんの死因とウイルスの関与について想いを巡らせていたらまたもや眠れず(涙)

 写真は、七井橋から観た いのかしら池です。

 ここ、井の頭公園の池では、2回目のかいぼりが行われています。

 ふだん目にすることのない池の底が観察できます。

 3月ころまで池の底は天日に干され、富栄養化した泥を除去し、池底を空気にさらして微生物による分解を促進するそうです。これをくりかえしていくと、水質が浄化されるとか。めざすは大正時代のいのかしら池だそうで。

 このかいぼりという作業は、農業用の溜池のメンテナンスとして、昔からおこなわれていたのだそうです。

 私はつい最近まで、環境事業のために考案された特別な作業なのだと思っていました。

 人間の心とか魂みたいなものにも、かいぼりの様なわかりやすいメンテナンス手法があるといいですね。底にたまったストレスやら悩みやら後悔なんやらを取り除いて、カラっと日干ししてリセットできたらいいですねぇ。

 明日は、なんだか降ってわいたようにヘビーな手術が入ります。今晩じゅうに 気力体力をリセットしないと。 大丈夫。いつものこって。 余裕です。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/23

なんて日だっ!

 もうどこが痛いんだか。上の歯なのか下の歯なのか、顔面まで痛くなってきて、絶え間ない痛みと昨日の会議のトラウマで眠れぬ夜をすごし、朝、モンチッチがいっぱい飾ってあるいつもの歯医者さんに行きました。

 歯医者さんの駐車場から歯医者さんに向かう道すがら、カーブミラーから突き出た謎のボルトが腕をかすった瞬間、ボツっという鈍い音とともにダウンジャケットが引き裂けました。

 ちょうどハヤブサがハトを襲ったときのように、羽毛が舞い散り、突き出たボルトに大量の羽毛(ダウン)が球状にまとわりつき、タンポポのようでした。出来ごとの悲惨さに反して、眼の前の景色が可愛いので拍子抜けです。

 ブチ切れる元気もなく。悪いことや辛いことってのは重なるもんだなぁと、トボトボと歯医者さんに入り、院内を羽毛で散らかさないようにジャケットを裏返しにして抱え込みました。

 診察の結果、歯髄炎だろうということで、抜髄をやってもらいました。いわゆる神経を抜くってやつです。痛いだろうけど、ここ数日の痛さが消えるんだったら矢でも鉄砲でももって来いってことで腹は決まっております。

 ところが・・。通常は注入時にズンっとくる局所麻酔も至ってスムース&ソフト。古い金属冠を粉砕除去するのも、歯髄にドリルを入れるのも、歯髄の組織を掻きだすのも全くの無痛。そもそも、口の中で歯医者さんの指が暴れまわり、唇や口角が右へ左へ上へ下へと引きずりまわされ、そのたんびに唇がギっギって突っ張るあの不快感がゼロ。口の中で小人(イメージとしては女の子のかわいいやつ)がバレエをおどりながら処置をしてくれた感じ。

 処置の結果、歯髄が半分壊死していたという恐ろしい話を聞かされました。歯髄に限らず、自分の体の一部が、「半分壊死してた」って、なんかいや~な感じですよね。みなさんも御自身のいろんなパーツをあてはめてみて、自分の●●が半分壊死してる様子を想像してみてください。なんか いやでしょ?
 ちなみに この半分ってところがミソで、いい塩梅に痛みMAXになるのだそうです。いっそ全部壊死してくれれば痛みも感じなかったのでしょう。耐えきれずにお叱り覚悟で飲んだ大量の抗生物質が、歯髄の生殺しに関与したのかもしれません。でも抗生剤はちょっとは痛みの緩和に役立ったようにも思いますけど。いずれにせよ勝手な事はするもんじゃありませんね。

 子供のころから何度か抜髄の処置を受けたことはありますが、今回ほどダメージが無かった事はありません。
痛みゼロ 恐怖感ゼロ 威圧感ゼロ。

 この先生、ブラックジャックだ。歯医者さんだからホワイト・ジャックか?でも女医さんだからジャックは変か。ホワイト・ミューズ?もう原型とどめてないから何をいいたんだか全く伝わりませんね。

 なにしろ 救われました・・・。

 今日は眠れるかも。  先生ありがとう。

  
2016/1/22

青い空に白いウミネコ

 気持ちがへこんだまま、今日は環境省の会議に行ってきました。特定外来生物の指定に関する会議です。

 結果として沢山の人に理不尽な難題がふりかかりますし、場合によっては少なくはない動物の命が失われることになるかもしれませんので、ここ数日続いている猛烈な歯の痛みと相まって、もうグッタリです。

 帰路、錦糸町の駅前の歩道橋で、空を見上げましたら、真っ青な冬空に一羽のウミネコが飛んでいました。

 奇麗だなぁ~としばらく見とれていたら、少しだけ癒されました。国家試験の最終日に早稲田で見上げた空にメジロがさえずりながら飛んでいたのを思い出しました。あのときは、「そういえば 久々に空みたなぁ~」と我に返ったのを覚えています。

 でもあのウミネコ・・・上野界隈のビルの屋上で大繁殖してる個体群のうちの一羽かもしれません。近隣にお住まいの方からは、耐えがたい害鳥として嫌われています。
 この子もいつか駆除される運命になるのかなぁ・・・
なんてことをつい。

 完全に思考がネガティヴになっている。

 マドモアゼル・フランソワーズの出番かな。

 さて 午後もがんばってお仕事です。お国に御奉仕もいいけれど、本業をがんばらないといけません。

 
2016/1/21

追悼 反省

 同日に2回ブログを更新することはないのですが、一日の終わりに大変ショックなお電話をいただき、今の気持ちを書くことにしました。

 私は、先日、小鳥を誤診してしまったようです。その小鳥は一週間ほどで亡くなり、死亡時に転院した病院にて私が見落とした症状を指摘されたのだそうです。

 本当に申し訳ないことをしました。残念です。

 症状からは、たしかに鑑別診断リストに入るのは間違いの無いことで、しかも これは珍しくもなんともない病気であり、見落とすほうがおかしいというものです。私もその可能性は意識し、十分に触診したつもりだったのですが、かなり高い確率で、除外して良いと判断していました。

 あのとき、さらにレントゲン撮影や超音波検査などをしておくべきだったと思います。

 ミニマムな検査にこだわるあまり、あるいは触診能力を過信するがあまり、大切な小鳥を死なせてしまいました。

 苦しむ小鳥を看ながら、一週間も同じ苦しみを味わわれた飼い主さんに心からお詫びしたいと思います。また、本当なら声も聞きたくないはずの相手である私に、結末の電話をくださった飼い主さんに感謝いたします。

 亡くなった命はもどりませんが、今回の出来ごとを反省し、今後の教訓とさせていただきたいと思います。

     
2016/1/21

安心してください ちゃんとはいてますよ!

 いつも お立ち寄りありがとうございます。

 暖冬かと思いきや、いきなりの大雪だったり メリーさんにあやまったり。ほんとに慌ただしい数日でしたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 うちは大雪の朝、バスを1時間半待ったせいで、看護師がひとり低体温症にやられました。全身かちこんこちん状態で、病院についてもしばらく解氷に時間がかかってました。

 写真は、異物再び!の図です。

 以前、このブログでご紹介した、脳に問題があって、発作を起こすと、勢いで異物を食べてしまうワンちゃんです。

 昨日、別件でお連れになられたのですが、待合室で順番を待つうち、ワンちゃんのお洋服の一部が食われていることを発見! お父さんが待合室で オーマイガァッッッ~ってなっておられ、あわてて異物対策に路線変更。異物がまだ胃にあることを祈りつつ、嘔吐を促す処置をします。

 せっかく吐けても、吐いた瞬間に即行で吐物を食べる反芻獣のような子もいるので、吐いたらすぐに回収すべく、看護師が顔にへばりついて待機です。取り上げる瞬間にゲ●を守ろうとして咬むワンちゃんもいますので、一瞬の駆け引きとなります。

 さすが、うちの看護師。寒さには弱いが仕事はきっちりする女。無事に回収してくれました。ありがとう。グッジョブ。

 回収したものをあらためて見てみると、もしも腸に移動した後だったら、またもや手術となりうる アカン感じのヒモ状異物となっておりました。芯はゴムだし。なんだか薬のパッケージのようなものや、プラスチック片も回収できました。この人、知らないところで いろいろ食べてます。もしも一万円札とかダイヤの指輪とかが出てきたら、私の良心が試される瞬間となりますね。

 下に並べたのが、今回飲み込んだのと同じゴム紐の本来の姿です。まぁ おおむね全部回収できていることを確認できたので 無罪放免となりました。

 さて。本日も歯痛と腰背痛を耐え忍び、笑顔で一日を乗り切りますかね。
 では皆さん。各人の持ち場で奮闘いたしましょう!


     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/21

バルス・・・・

 いつも お立ち寄りありがとうございます。

 本日は、とっても便利な家電製品をご紹介したいと思います。

 冷蔵庫から取り出した生卵をうっかり床に落としてしまうなんてこと よくありますよね?

 あらあら 生卵はこっぱ微塵。台所の床がぐっちゃぐちゃです。これは片づけるのが大変だぁ。

 そんなとき重宝するのが、今日ご紹介する犬型掃除機A-1214型。
 あらかじめ登録したコマンド・ヴォイスで呼び寄せて、卵を指さすとごらんのとおり。

 あっという間に卵が消えて、床はヌルヌルに。

 ぜひ 皆さまのお宅にも一台! 今ならウズラ型扇風機もついてこのお値段。 いますぐお電話を。 

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/17

人として どーよ

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 タイトルが物騒ですね。
 実はね。最近、悪徳商法に引き込まれそうになったんですよ。もちろん事なきを得ましたけどね。

 なんとなればですよ。私、親しくさせていただいている警察の方 いっぱいいらっしゃいますからね。HPを読んで小ネタを仕入れて、あたかも親しい感じで寄ってくる悪徳商法の皆さんは、心してかかってきたほうがいいですよ。

 ってか・・・ むしろ かかって来ないほうがいいと思いますね。

 そもそもこのホームページを見て、金もってそうな獣医に見えるかな・・・ そこはもう見積もりが甘いとしか言いようがありませんね。
 
 しかしまぁ ちょっと感心したのが、その悪徳商法君のポテンシャルの高さ。人の記憶の曖昧さやら 善意やら 不安のスキをついた巧みな手口。こんくらいの金額だったらっていう価格設定。電話の向こうで語る言葉のうまさ。ハンパない熱意。泣き落としに至るまでの演技力。頭も相当良いのだと思います。

 でもね。思うんですけどね。電話の向こう側だから確認できないけど、仮に五体満足で、健康で、人並み以上の頭脳があって、コミニュケーション能力も高いんだったらですよ・・ なんでその能力を善行に使わないかな。がっかりだよ。まったく。何食べて育つとそーなるんだ。教えてくれ。そしたらその食べ物はうちの娘には食べさせないようにするから。

 なんかもう そのへんの悪意のやり取りに疲れて、ちょっとスレ気味の私にね、西表のロビンソン小屋からメールが届いた訳ですよ。このカヌーを修理しとくから乗りに来いよぉ~って。写真の後ろのほうに写っているのが、藩士の皆さんご存知の、あのロビンソンさんでございます。
 あ・・・・テツってのは私の地域限定的な呼び名でして、西表島とフロリダ限定の略称です。

 ロビンソンさんのところは、カナディアンカヌーでマングローブフィッシングに行くツアーが人気なのですが、私がここのところ全く西表に行けていないので、せめて雰囲気でも楽しませてやろうと、こういった写真を送ってくれるのです。ロビンソンさんの相棒で、ネイチャーフォトグラファーでもある高市師匠は、イリオモテヤマネコなんかも激写して送ってくれます。もう 涙出ますわ。

 ロビンソンさんと高市兄ぃのエールで、ちょっと気持ちを持ち直しました。なんてタイムリーなんだと思いますけどね。心が通じてる人どうしってのは、時としてそういうミラクルなやりとりが成立するもんです。

 ロビンソンさん達には 明日むらさき屋さんの羊羹を買って送ろうと思います。(ロビンソンさんは羊羹が大好きで、羊羹を切らずに1本、丸かじりする人です。このまえ、むらさき屋さん(李朝園の近くの和菓子やさん)の羊羹おくったら とっても気に入ってくれました。むらさき屋さんのおとーさんもまた 素敵な人で、30年以上も研究をしてやっと納得のいく羊羹が完成したと熱く語ってくれます。おじさんの仕事愛はもう尊敬の一言で、ロビンソン小屋にふさわしい羊羹だと思います。

 西表島からは、きっと即行で 羊羹を食べてる動画 が送られてくることでしょう。

 ではみなさん。悪い奴らには十分気をつけて、今日もいちにち 各人の持ち場で奮闘いたしましょう。

     以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/9

猫を借りる

 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 お正月気分もすっかり抜け(御用納め君と同様、うちには、お正月気分君も不在ですが)、出勤の道々、J-WAVEを聞いていると、「借りてきた猫」というフレーズが話題になっていました。
 ナビゲーターいわく、「借りて来た猫のようだって言うけど、それって実際、どんな状態なんだろう。そもそも猫って貸し借りするもんじゃないからわからない」とのこと。
 
 どんな状態って・・・このことわざを知らんのか?

 そんなに特殊な表現じゃないですよね??

 ことわざの意味どおりにとれば、借りて来た猫のようにおとなしい ってことになります。
 普段はやんちゃな人が、人が変わったようにおとなしくしている状態を指すわけで、普段からおとなしい人の場合には使わない表現です。
 
 逆の使い方で類似の言葉に、豹変ってのもあります。自らの過ちを潔く認めて、間違った前言をサッと撤回するのが君子である という事で、良い方向へガラリと変わるという意味の言葉です。なぜか今では逆の使い方をされてますが・・・・。ガラリと変わる系のたとえが、どっちもネコ科なのが面白いです。

 で。 猫は貸し借りするものなのか?という話。

 そもそも、ネズミ退治のために猫を借りて来たはいいけれど、大人しくてぜんぜんネズミを退治してくれないじゃないか!という出来事があったから、「借りて来た猫」のことわざが生まれたわけですから、猫は貸し借りするものだ!と言っていいでしょう。

 最近ではレンタルペットという商売もあり、文字通り猫やら犬やらを有料で貸してくれる店があります。借りたあと平然と返せる人はいいですけど、すっかり情が移っちゃった人はどうするんだろうって心配になる商売です。

 借りるわけではありませんが、私も猫をお預かりすることが多い職業なので、預かった猫についてはいろんな経験がありますが、院内の猫が必ずしもおとなしいとは限りません。飼い主さんの元ではおとなしかったのに、入院と同時に猛獣と化し、スタッフ一同 流血の惨事になったり、写真のサクラちゃんのように、家でも病院でもゴロにゃんな子もいます。

 じゃぁ「逃げてきた猫」はどうなのか・・・11月30日に自宅を出て以来、飼い主さんの必死の捜索にもかかわらず行方不明だった「風太」が、今日 保護されて無事に飼い主さんのもとにもどったそうです。逃げている間によせられた目撃談では 余裕でくつろいでいた らしく、家に帰ったあともケロっとしており、感動の再会でかけよってくるわけでもなく、かといって野生にもどってしまったわけでもなく。至って平常心だったそうです。風太君を繁殖したおっさんが、三鷹の高田純二と私が呼んでいる、きわめてテキトーなおっさんなので、風太くんも実はものすごくテキト-な性格なのかもしれません。

 なにしろ風太君。無事でなにより。
 心配してくださった皆様に 御礼申し上げます。
 
    以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/3

モフモフ
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。

 皆さま Uターンラッシュの艱難辛苦を乗り越えて、無事に帰宅なさいましたでしょうか。

 写真は、うちの茶色い人の背中にのっかっている、ちょっと育ったウズラのヒヨコです。

 手乗りインコやらブンチョウがいるカフェでは、お客様に羽毛の手触りを楽しんでいただくために、モフモフ・タイムあるいはモフ・タイムという時間があるそうです。普段はおさわり禁止の鳥カフェにおいて、唯一、鳥に触れる時間ということで、大変人気なのだそうです。

 鳥がそれを喜んでいるかどうかはトリ本人のみぞ知る・・ですが、一部の中型インコなんかは、誰でもいいから頭をカキカキしてほしくて寄ってきますよね。いまうちで預かっている某逸走ペットも、頭をさわってくれと近寄ってきます。タイハクオウムやモモイロインコでもあるまいに、不思議な奴です。

 うちのウズラは、何を想ったか、犬をモフモフしております。このあと、犬がいきなり立ち上がったために、振り落とされまいと必死にしがみついて焦っている姿もまた可愛かったです。

 床に降りたあとも、犬のまわりをチョロチョロしてましたが、踏まれると危ないので回収しました。うちの茶色い人は、ハイジに出てくるヨーゼフほど賢くないので、ピッチーが口にはいったら間違いなく飲み込むと思います。

 白黒の人とも仲良くしてくれるといいのですが、絶対食われるので無理です。前の猫はいかなる小動物も襲わず、温かく見守っている猫でしたが、こんどの白黒は猛獣ですからね。

 野鳥救護の仕事をしていると、猫にやられた鳥を診ることが多々ありますが、けっこう悲惨です。大事に育てたヒヨコが大事に育てた猫に・・・・きゃあああああああああああああああああああああああああああ
 そんな初夢じゃなくてよかった。

 では皆様、また明日! 
 明日から通常診療再開でございます。

 なお、行方不明になって安否が気遣われていた、御用納め君は、どうやらお父さんの都合でアメリカに引っ越していたらしく、元気にしているそうです。
 情報をくれたマドモアゼル・フランソワーズの話によると、日本とは年末の過ごし方が違うからしょーがないんだそうです。なるほどそうか。
 いつか帰国して再開したらまた彼と仲良くしたいと思います。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/2

一足違い
 
 写真はオウム・インコの雛用のパウダーフードです。
 
 パウダーを水で溶いて湯煎で40度くらいの鳥肌に温め、雛のソノウに流し込んで使います。

 インコ用ではありますが、スズメやメジロの雛を保護した時なんかにも重宝します。

 今回は、12月30日に持ち込まれたドバトのために取り寄せました。正月でも配送に対応するガッツのあるネットショップに感謝です。

 喉を掻き切られて瀕死だったハトさん。あたためたり、補液したり、痛み止めやら抗生剤やらを注射したり、患部の整復をしたり、酸素室に入れたりと、やれることは全部やりましたが、一瞬だけ元気になるそぶりを見せたものの、残念ながら昨晩亡くなりました。ドバトはとてもタフな生き物なので、なんとかなるかと期待していましたが残念です。
 個体が亡くなってから、餌が届くというのは空しいものです。無駄な買い物とならないよう未開封のまま冷蔵保存して来春の雛の季節に備えたいと思います。

 ドバトの保護に関しては、HPの「自宅でできる豆知識」のところをクリックしていただいて、ドバトとカラスの保護に関する記事を参照いただければと思います。文章長いですけど。

 なお、当院は東京都の方針に従って野鳥救護の活動をしておりますので、基本的にはカラスとドバトの救護はしておりません。 今回は、東京都が御用納め中の直接来院症例だったので、眼の前で心を痛めておられる都民への対応として治療をしました。
 無償の治療が立て込むと病院の経営が悪化しますので、「あそこはドバトを診るらしい あとへ続け!」 はやめてださいね。よろしくお願いします。

   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2016/1/1

謹賀新年
 
 皆さま 新年あけましておめでとうございます。
 
 今年もよろしくお願い申し上げます。

 当院にとって今年は大きな変化を迎える年です。10年以上がんばってくれていたスタッフが3月いっぱいで退職し、春からまっさらな新人がたった一人でがんばります。

 圧倒的な人手不足によって、至らない点が多々あると思います。皆さまにもご迷惑をおかけすることになると思いますが、なにとぞ温かい目で見守っていただきますよう お願い申し上げます。

 正直、体力と気力が持つかなぁと不安ではありますが、なすべきことを心をこめてやっていこうと思います。

  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/31

今年も終わりですねぇ
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 たぶん どなたも寄ってないと思いますけど。
 
 今年も残すところあと5時間。
 大みそかでございます。

 思い起こせば昨年秋から今年の前半まで、生きた心地のしない災難な日々で、まぁなんとか後半になって気持ちを持ち直したわけですが、来年は心穏やかないい一年になるといいなと思います。

 あわせて皆さまのご健康を心よりお祈りいたします。健康第一。命あってのものだねでございます。無理なく楽しい一年をお過ごしくださいませ。

 写真は、馬の肉と鹿の肉でございます。年の瀬に、バカが病院にて独り、肉を解凍して一口サイズに切り・・馬肉と鹿肉を並べて 馬鹿肉! とか言って写真とっております。      独りで。

 さて。帰って 蕎麦でもいただきますかね。

 それでは皆様。  良い お年を!



  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/29

本日は休診日です
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 今日は火曜日。皆さまご存知、休診日でございます。
 まぁ 今日も今日とて仕事場にいるんですけどね。

 ところで最近、御用納めって言葉をちょくちょく耳にするんでよ。知ってます?御用納めって。
 たとえば治療中の野鳥の健康状態が変化したので東京都に連絡しようとしますよね。すると 御用納め っていう単語が出てきて、私の前に立ちはだかるんですよ。それから、警察から電話がかかってきて、御用納めなもんで 市民から届けられた逸走動物の面倒見れないから シ・ク・ヨ・ロ ってなことを言われるんです。 

 なんだろーなぁ 御用納めって。魔法の言葉? 食べ物?
 意味わかりません。
 誰か知ってる人がいたら教えてくださいね。

 たぶんうちの場合は 「御用納め君は お父さんのお仕事の都合で遠いところに引っ越すことになりました」って担任の先生からお話があったのを 昔のことだったんですっかり忘れちゃってるとか、たぶんそういうことなんだと思います。

 御用納め君・・いまごろどうしてるのかな 元気でやってるといいけど。また会えるといいなぁ。

 で!写真のご紹介。
 ご存知 SUWADAの爪切りでございます。

 伸びすぎちゃった猛禽の爪やら嘴やらも サックサク切れちゃいますよ。(下に並んでるのが切れた爪です)
 
 ネットショップも「御用納め」だなんて言い出す始末でね。年内には届かないなんて寝言をおっしゃるんですよ。探しに行く暇もないし。偶然にも渋谷でハチ公の世話をしにいく予定があるペットシッター藩士にお願いしてハンズで買ってきてもらいました。途中でアイスを買い食いしてお金がなくなったり、犬に吠えられて迷子になったり、兄弟喧嘩が勃発することもなく、無事に御遣いミッションをクリアし、間違いなく目的物を買ってきてくれた藩士に感謝です。
 
 うちの母親なんてのはね、何をどう間違うとこれだけ注文と違うものを買って帰れるんだと 360度頚をかしげたくなる買い物っぷりを御見舞いしてくれますからね。
 写真と品名まで渡しても、ガンとして違うものを買ってくる鉄の意志。さすがB29の空襲やP-51の銃撃を生き延びた昭和ヒトケタだけあります。
 「かわりに買ってきてあげるから何買うか言って!」とか名乗りを上げないでくれと言いたかったですけどね。スネますからね。子供心にもそこは気を遣いますよね。
 「ありがとう。全然違うし使い物にならないけどありがとう。」昔っからそんなやりとりをして育ってきた自分としては「スワダの爪切り買ってきてくれ 領収書もたのむ!」 の一言でミッションをクリアした藩士は大したもんだと思います。

 さてと。今日も各人の持ち場で奮闘いたしましょう!

  
  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/24

和平交渉
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 今日はクリスマス・イブ。
 皆さま 楽しくお過ごしでしょうか。
 
 たまには、心あたたまる感じの写真を載せろという上層部からの指導で、今日は、白黒と茶色い人が仲良くしている画を選んでみました。

 これから家族として仲良くやっていこうじゃないかと、しばらくスリスリしていましたが、このあと茶色い人が調子にのってベロベロ舐めようとしたところ、軽いネコパンチがさく裂しました。あきらかにソフトな、爪の立たないネコパンチでしたので、我が家のキャッツ・アンド・ドッグズの和平交渉は成立した模様です。

 あとは、ネズミとウズラは食べ物じゃないんだよ。と白黒の人に理解してもらうことが課題です。
 野良時代にぜったいお母さんがとってきた鳥を食べているに違いないんですよね。あの狙いっぷりからすると。
 
  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/22

わしたショップ三鷹吉祥寺
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 
 今日は火曜日。休診でございます。
 でも。いつものパターンで仕事に来ております。
 いや。もちろん一般外来は診れませんのでご了承ください。重傷症例の継続治療でございます。

 なんというか、もうね。判で押したようないつものパターンですよ。
 なぜか水曜とかではなく月曜に瀕死で来院。正確には前の深夜にご連絡いただいた様ですが、いかんせん現在、深夜に対応しきれておりません。申し訳ありません。

 重傷の肝不全と腎不全。全身真っ黄色の黄疸で、まさに瀕死。休診日だからって点滴お休みってわけにはいきません。できることならば、具合の悪くなった2週間前あたりの、日中の診察時間内にご来院いただけたほうが良かったかもしれませんが・・・・なにしろ本日も各人の持ち場で奮闘するのであります。

 ちょっとヤサグレ加減でこのまま暗黒面にとらわれてしまいそうな私に、マスター千代の声が聞こえてきました。フォースと共にあれと。
 眼の前に現れたのは、写真の品々でございます。
 だいぶ前に亡くなった米吉くん(白ラプ)のお母さん(マスター千代)が宮古島のお土産をもって病院を訪ねて下さいました。田舎のかぁちゃんが息子に送る救援物資のようなお土産の山。一般的には食べ方すらわからないようなものも含まれますが、私にとっては宝の山です。写真の下段の右端なんかはですね、藩士の皆さんにはお馴染みの、オオタニワタリの新芽であります。西表島のロビンソンさんが、どうでしょうの面々に山菜をふるまう といって勇んで山に分け入り、「駄目だ。全部採られちゃってる。プロの仕業だ」と肩を落とした、あの、御存知オオタニワタリでございます。
 
 米吉くんのお母さんは、最近になって沖縄に凝っていらっしゃって、市場に通い詰め、すっかり沖縄の食材博士となっておられます。自他ともに認める沖縄通である私ではありますが、最近では見たこともないレア食材をお見舞いされ、驚くこともあります。そのときのマスター千代の勝ち誇ったようなドヤ ご尊顔を拝す度に、私の心の中に、ライトサイドのフォースが覚醒するのであります。

 遠い心の故郷・沖縄に思いを巡らせながら、今日も宝の山から何かを取り出して、ありがたくいただきましょう。

 今日のマメ知識。宮古島のサーターアンダギーは三角形だった!

  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/18

やっぱ異常気象
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 皆さまクリスマス・シーズンを楽しくお過ごしでしょうか。

 マスコミに踊らされるもんか!と目を覚ましたのも束の間、今度はサツキの開花に遭遇。
 おいおい まぢか? さすがに冬サツキなんて聞いたことないぞ。  と勇んで撮影。←すでにブログに追われる駄目な奴になってますね。

 ところがどっこい。サツキという植物は、開花スイッチが甘いのだそうで、ちょっとした寒暖の差で開花してしまうそうで、特別な異常気象ではなくても普通に「狂い咲きの常連」なのだそうです。 

 先入観ってのは怖いですね。

 そもそも 車のハンドルのごとき「遊び」があるというのは生き物の生存と進化にとっては大切なことで、狂い咲きというのも立派な自然現象なのであります。鑑賞側の都合からすれば 狂ってる ってことになるわけですが、植物にとっては、環境変化に対する臨機応変な対応の幅なんですね。

 そんなこんなで襟元を正した私のところにテレビ局から電話が・・。
 局の人「タイガー犬って知ってますか?」
 私 「は?」「猫のトイガーじゃなくて??」

 なんでも、中国にて、トラ模様に染色された仔犬が売られていて、買って帰ると1週間で死んでしまうというのが問題になっているそうで・・・・。
 局の報道の作意としては、中国の染料イコール毒性が強い→そんな危険なものを仔犬に使ったら死ぬ→金に目がくらんだ中国人は酷い奴らだ・・・というストーリーらしく。

 襟元を正したばっかりの私はですね。日本全国のトリマーさんを風評被害から守るためにこう言いましたですよ。

 「犬のカラーリングを楽しむという事自体は悪いことじゃないし、専用の毛染めもあるようですよ。中国の方たちが使ってる染料がなんなのか実態がわからないまま危険だと決めつけるのはよくありません。そもそも仔犬が死亡する原因というのは沢山あって、収容所から払い下げてきた仔犬にワクチン接種もせず、保温もせず、ロクな餌もやらずに風呂に入れてカラーリングをすれば体が弱ってしまいますから、染料に毒性がなかったとしても死んでしまう原因はいろいろ出てくると思います。犬のカラーリング イコール毒性が心配 という図式を報道すると、問い合わせの対応に困るトリミングサロンも出てくると思いますから、そのへんの裏とりもお願いしますね。」

 12月のトリマーさんに、しょーもない電話の問い合わせが殺到する事態だけは避けたいですからね。

 あとね・・なんというか。
 私の子供のころはですね。リンリンランラン留園♪ランランカンカン動物園♪とかって歌をうたいながらね、明星食品の劉昌麺にあこがれたわけですよ。お鼻の赤い劉昌さんが 「値段 ちょっと高いね」 とか言うもんだから、ついぞ買ってもらえなかったりしてね。
 あの頃って、みんなけっこう中国好きだった気がするのになぁ・・・。 いつからこうなっちゃったんだろう。
 
 ともあれ、一通りの解説を終えると、取材の人は、なるほどそうか!と喜んでくれました。
 ただし・・・たぶん報道そのものがボツになったと思います。
 公平な見解って 物語性に乏しいですからね。

 以前に、バッファローの銅像に発情するヘラジカの気持ちについて聞かれたときには、畜産業界で使う偽雌台という道具について説明しましたが、やっぱボツだった様子。カミツキガメが怖い生き物だと無理やり言わされそうになったときには2時間もカメラまわってましたけど、最後はしびれを切らして「上層部の意図にあわせたコメントしてくれないから使いようが無い!」と怒られました。 その正直さを視聴者に向けてくれ!

 またの取材をお待ちしております(笑)
 
  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/17

異常気象
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 ここのところ冬とは思えない温かい日が続き、台風の発生回数が異常だの、エルニーニョ現象が最大規模だのとテレビで報道されているのを見ると、地球は大丈夫なのか?と不安になります。

 そんなマスコミの煽りに踊らされてあたりを見回すと、身近な異常気象発見!!

 梅が咲いてます・・・。12月なのに。
 一枝だけの狂い咲きとかいうレベルではございません。
 林ごと咲いてます。 あたりが甘く香っちゃってます。

 地球は大丈夫なのか?

 いえいえ。大丈夫。安心して下さい。
 ちゃんと咲いてますよ。
 くるってたわけじゃありません。

 梅林だったところが全部伐採されてしまって、ああ残念だなぁなんて思っていたところ、わずかに伐採を免れた一面は、実は桜の林だったんですね。梅林で咲いてるんだから梅の花だろうってのは私の思い込み。

 桜だって今咲いてたらオカシーだろ~!と厚切りなツッコミをいただきそうですが、この桜は冬桜というグループの桜で、山桜と小葉桜の雑種なんだそうです。冬桜には数種類あり、10月~1月と3月~4月の2回、開花期があるのだそうです。なので、12月に咲いていてもぜんぜんOK。

 マスコミに踊らされて眼が曇るとなんでもかんでも異常気象だ地球温暖化だのに結び付けがちで よくありませんね。ちょっと反省。
 今朝は、おだやかな気持ちで桜を鑑賞しながら通勤できました。

 今日からまた寒いですからね。皆さまお体お大事に。各人の持ち場で奮闘いたしましょう!

  以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/11

お知らせ
 
 本日もお立ち寄りありがとうございます。
 大雨ですね。
 仙川が濁流となっていました。
 濡れた衣服は早めに着替えて、皆さま風邪など召しませんように。

 さて。年末年始のお知らせです。

年末年始は以下の4日間を休診とさせていただきます

 12月31日
 1月1日
 1月2日
 1月3日


なお、フードや薬を販売している業者さんは、早々に休みに入り、年始の再開も遅いです。
内服薬やフードのご注文はお早目にお願いします

迷い猫の風太の捜索情報と、地域猫の譲渡会のお知らせはブログの下のほうにありますのでスクロールしていただいて、引き続きご協力のほどお願い申し上げます。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/11

お知らせ

 本日も、当ブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

 本日は火曜日。休診日でございます。

 今日は年末ということもあり、院内清掃業者の方が作業をしております。それに伴い、私もちょこちょこ病院に出入りし、入院動物のケア他の雑務をこなしておりますが、診察しているわけではありませんのでなにとぞご了承ください。

 今日はここ数日の温かさがウソのようにどんよりとした冬日ですね。近所の梅林では、梅の花がすっかり咲き誇ってしまっております。地球は大丈夫なんでしょうか。皆さま お風邪など召しませんように。

 それでは 今日も各人の持ち場で奮闘してまいりましょう。
  
 なお、この記事におされて、前2項目ほど大切なお知らせが下にいっちゃってますので、なにとぞスクロールしていただき バックナンバーのほうもご覧いただければ幸いです。行方不明の風太をみつけてくださった方には、もれなく いのかしら公園動物病院院長から お礼のハグをさせていただきたいと思います。女性限定ですけど。


 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/7

お知らせ

 地域猫の譲渡会のお知らせです。

 12月20日 日曜日
 13時-15時
 
 会場はこちら
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~core_dog_cat/

 沢山の猫ちゃんたちが、待っています。
 
 良い出会いがありますように。




  ちなみに。このブログでも時々ご紹介させていただいておりますが、うちも最近になって野良ネコあがりの白黒を飼い始めました。

 最初はガリガリで蚤だらけだし、目ヤニだのハナミズだの回虫だので、可愛いか?と聞かれたら、「いまは生かすことが優先なんで可愛いとかは二の次です」とお茶を濁すしかないルックスでした。

 でも、看護師さんたちを中心にうんと手をかけて可愛がって元気にしたら、いまでは立派な「だみ声で目つきの悪い甘咬みがぜんぜん甘くない白黒の猫」になりました。女子が「絶対かわいい子だからいいお店予約しておいてよ!」と太鼓判をおして合コンに連れてくる女友達くらいは可愛いんじゃないかと思います。まぁ・・うちの猫は雄ですけどね。

 以前はヒマラヤンなんていうね。そりゃ誰がどう見ても可愛い奴と21年暮らしました。その次の猫はカミさんが大学生のときに内科の研究室からもらってきた奇麗なキジトラで、23年カミさんの心によりそってました。猫って長生きですからね。人間の人生のうちそれなりに長い時間をしっかりと共に歩む、かけがえのない存在になります。
 同じ長生きでもゾウガメ150年よか心豊かに過ごせると思いますよ。

 
 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/6

情報おまちしております

 迷子の猫を探しております。

 11月30日に武蔵野市西久保の飼い主さん宅から脱走し、行方不明になっているそうです。

 チンチラ・ゴールデンという毛色のペルシャネコです。薄茶で毛の長い猫です。飼い主さんいわく、ぱっと見はタヌキに見えるそうです。

 去勢済の雄で、おとなしくてめったに鳴かない性格で、犬と同居しているので犬を怖がらないそうです。

 名前は風太(ふうた)だそうです。

 おそらく、どなたかが保護して下さっていると思われます。目撃情報、保護情報 なんでも結構ですので、心あたりのある方は飼い主さんまで連絡してあげてください。

 連絡先は080-7736-1122 斉藤さん まで。

 なにとぞ よろしくお願いいたします。


 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/3

食について考える その2

 飼い主の皆さま 読んで下っているたまたまお立ち寄りの皆さま おはようございます。
 寒くてどんよりした天気ですが。今日も一日ノビノビと、各人の持ち場で奮闘してまいりましょう。

 さて。昨日、食について斜めに考えておりましたら、おさげの三つ編が似合う友人がおもしろい事を言っておりましたので、ちょっと盛りながらご紹介しようと思います。一部、不快な表現・画像なども伴いますが、ご容赦いただきたく。

 画像は、飛蝗(ひこう)といって、大発生したサバクトビバッタが群飛する様子です。平方キロメートルあたり数千万匹の大発生は、あっというまに周辺の植物を消滅させ、農民が難民と化す恐ろしい現象です。
 日本だと古くからイナゴを佃煮にして食べる習慣があり、飛蝗を食料として利用できないものかという議論も持ち上がるようです。近年では、先述の爬虫類カフェならぬ昆虫食カフェなるものも出現し、あらゆる虫を食べてみよう!なんてことが日夜くりひろげられています。昆虫食が来るべき人類の食料危機を救うのだそうで、バーガーキングに行って、ワッパーを頼んだつもりが、となりにあったホッパーって新メニューだった。なんて日がくるかもしれません。そんなことなら潔く絶滅してやると思う人も多いのではないでしょうか。
 私も、自然観察の対象としての昆虫は大好きですが、ムシくわねぇか?と言われたら、パイなら食うけど、ムシは食わねぇと答えると思います。
 で・・おさげの三つ編が似合うナイスガイの言い分ですが、ここ最近言われている草食男子とか肉食女子とう表現が、考え方として根本的に間違っているんじゃないかというお話。

 そこで 前振りに出てきたバッタの再登場です。
 これ、草食動物です。
 ものすごく繁殖力が強いです。
 一方、いのかしら自然文化園にいるツシマヤマネコ。
 世界屈指の飼育技術を誇る東京都の動物園チームの努力もむなしく、あんまり殖えません。しまいには人工授精で産まそうということで、わずかに何匹か誕生しました。
 ツシマヤマネコは肉食動物です。臆病でデリケートな生き物なので、せっかく生まれた子供も育ちそこなったりして、そうそう繁殖に成功しないのです。
 すべての生物が上記にあてはまるわけではありませんが、このパターンで考えると、草食男子という言葉は、デリカシーのかけらもなくバカスカ繁殖して、そこらじゅうの食べ物をかたっぱしから食べつくす男子。肉食女子は、神経質で臆病で、なかなか繁殖にいたらず、子育てにも成功しにくい女子ということになります。とんねるずの歌にあったガラガラヘビだってそうです。ほんとのガラガラヘビは一度に沢山は食べないし、一度食べたらしばらく何にも食べずに穴に隠れておとなしくしてますし、おどかすと怖がって食べなくなり、ヘタすると死ぬまで拒食しますからね。肉食という言葉がひどく勘違いされているのは確かなようです。
 

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/12/2

食について考える

 12月になりました。
 フィンランドでは、トントゥとトナカイの帯状疱疹発症率が一年のうちで最も高くなると言われているこの季節。皆さまいかがお過ごしでしょうか。ご自身の労働状況を省みつつ、どうかご自愛くださいませ。
 日常の慢性的な疲労に加えて、年末の忙しさが加わり、各種イベント事による暴飲暴食と睡眠不足。
 食べることが幸せと感じる余裕もないまま慌ただしく御馳走三昧。飢餓が蔓延していた時代に比べれば絶対に幸せなハズなのに・・・どこかおかしい。
 私の場合、幸いにして仕事上の付き合い酒がないので会社にお勤めの皆さんに比べれば楽なのだと思いますが、引き続き自身の持ち場にて奮闘すべく、心をひきしめて体調管理をしていこうと思います。
 写真は、ちょっとした脳の異常によって、たまに狂騒状態に陥ってしまい、食べたくないようなものまで呑み込んでしまうワンちゃんから摘出した異物です。
 異物の正体は金属のバックルのついた布製のベルトで、伸縮性のゴム紐が芯に通っています。咬みちぎったバックルとベルト本体の間が、切れずに残ったゴム紐でつながっていた事が状況を悪化させました。胃から十二指腸を通って空腸後半部に至る広いエリアがゴム紐の摩擦によるダメージをうけていました。相当おなかが痛かったと思います。胃切開と複数個所の腸切開。そこそこ大変な手術でしたが、週末には無事退院です。

ちっとも美味しくないものを命がけで食べる。

おなじ健康を害すならせめて美味しいものを食べる年末のお父さんたちのほうが幸せですかね。


注-1)トントゥ:サンタクロースの小屋に監禁され、クッキーを焼いたり、プレゼントを袋詰めしたり、良い子リストをチェックするといった労働を強いられている北欧の妖精。小さいが子供ではないというサンタクロースの主張により、児童福祉局からの改善命令は実行されていない模様。

注-2)前々回のブログ記事「AKB48」で紹介したオオシマトカゲ:奄美地方に分布するトカゲ。本州に分布するニホントカゲに近縁。昨今の爬虫類愛好家はペット用のトカゲに興味はあっても、日本の野生動物に興味があるわけではないので、オオシマトカゲという存在そのものをご存じなく、これにAKBの元メンバーをひっかけてみたところで なんのこっちゃだった様子。千石先生だったら 布地は刺子かい? なんて切り返してくれたに違いなく、私もすかさず サムイと死んじゃいますね なんてなことを言い返したに違いなく・・・。
あーあ。先生 天国で何してんのかなぁ・・。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/11/26

カンムリウズラ

先日のヒヨコの両親です。
手前にいるのがオスで、ズアカカンムリウズラという種類です。奥にいるのがメスで、こちらはカンムリウズラという種類です。両者は近縁ですが別種で、産まれたヒヨコは雑種となります。
どちらもアメリカ大陸原産でナンベイウズラというグループに含まれます。地べたを歩き回る生活が中心の日本のウズラと異なり、木の枝やサボテンのてっぺんや岩の上などの高いところに止まりたがる性質をもっているので、止まり木をつけた背の高い鳥かごで飼います。餌もいわゆるウズラと異なり、植物中心の餌を食べます。菜っ葉を差し出すと集まってきてワシワシ食べるのですが、ちょうどウサギに菜っ葉をあげているときのような、頭の中をカラにしてボーっと過ごすのに最適な時間となります。

 以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/11/21

AKB48

 私が子供の頃には、室内で犬を飼う事は特殊な例であると認識され、室内飼いの犬たちは、今では死語と化しつつある座敷犬という蔑称で呼ばれていました。極度の犬好きを悪趣味であるとしてステレオタイプに表現する場合、コンチネンタルカットのプードルとザマス言葉の女性主人の組み合わせが用いられ、中でも悪趣味の最たるものの一つが犬に服を着せる事だとされていました。
 犬が服を着ている姿は、今ではあたり前田のクラッカーな景色で、特定の機能をもった服に至っては、むしろ着用が推奨されるくらいですが、何しろ私が子供の頃には、服を着た犬は「あほちゃうか?」と異端視されていました。
 なんて事を書いていると歳がバレて思わぬ影響がCOREさんにも波及するので昔話はこのへんにしときますが・・・。

本題。
爬虫類がペットとして飼われ始めたのが、昭和40年あたり。お菓子の景品として一気に知名度をあげたミドリガメ(景品に用いられた際のキャッチコピーがアマゾンの緑ガメ 正式な名前はミシシッピアカミミガメ)以外にも、好事家たちの血のにじむような努力によって、細々と海外の爬虫類を飼育する趣味が模索されていました。なにしろ人間の暖房器具ですらロクな製品がない時代に、飼育環境を一定の温度に保つための電気工事から何から一切合切を自力でこなして、英語ドイツ語ロシア語なんでもござれの科学論文とにらめっこしながら必死に爬虫類を飼育していた人たちがいたわけです。この人たちは、自らが異端であることをちゃんと自覚し、人に不快感をあたえたり、人から変な目で見られないように、こっそりと飼おうという良識や奥ゆかしさを持っていました。中には、どおだぁ~!とばかりに自慢する人もたまにはいましたが、そういう人はたいてい上手に飼えていない人で、飼うというより買う人たちと言っていいでしょう。
が! 
最近の爬虫類飼育者の皆さんは、なんかもう私の理解不能な境地に達しており、お名前のついたトカゲ(主としてアニメの主人公の名前だったり・・)を肩にのっけて、爬虫類専門のカフェに集ってパーティなんかをなさっております。爬虫類カフェって何?って思われる方も多いでしょうか、これがまた普通にあっちこっちで営業されているのです。絶滅の危機に瀕した昔ながらの純喫茶(ナポリタンとかおいてるところ)の数より多いかもしれません。
 爬虫類飼育の世界は、どうやら加速度的に進化しているようです。
 添付のお写真は、AKB48の衣装を完全コピーした手作り作品で、作者の器用さに感動ですが、なななんと。これはトカゲが着るお洋服だそうです。
 「オオシマトカゲに着せるにはデカイな」という私のウィットに富んだ一撃がカンペキにスルーされたのは誠に遺憾でありますが、天国の千石先生からは座布団をもらえたんじゃないかと思います。
 写真の洋服の作者はいずれ、蛇に着せてもスルリと脱げないお洋服なんかも作ることでしょう。お気に入りの服は繰り返し着せるもんだから もう 蛇ぃローテーションなんてね・・・。
では おあとがよろしいようで(お囃子)

以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/11/16

風呂

育児放棄の母犬にかわって私が人工哺乳で育てたアニー。
仔犬のイメージが強い存在だったのに、いつのまにか老犬になってしまいました。
従順なゴールデンも老犬になると頑固になります。
風呂に入れようとすると、断固として抵抗し、シンクに入れるのが大仕事です。
でも。いざ洗い始めるとうっとりとして 気持ちよかぁ~という顔になります。

だったら最初からおとなしくしろい!と言いたい。

アニーの娘のエーちゃんもそろそろ若くなくなってきました。つぎの子供をとらないと。
エーちゃんが産まれたときに御縁のあった小金井のブリーダーさんが火事で亡くなってしまったので、いまのところアテがなく・・。どこか近場でお婿さん募集中です。
情報がありましたら教えてください。

なお。
明日は火曜日。休診日でございます。
なにごともありませんように・・・。

以上。三鷹・吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/11/12

かわいそうなゾウ

治療中のゾウガメの子供。わけあって、治療に制限があり、せめてもの補液と抗生剤投与と強制給餌をおこなっていますが、もう少し踏み込んだ治療をしなければ、早晩亡くなると思われます。

ゾウガメは、成長すると200kgに達する巨大なカメです。ゾウガメと呼ばれるカメには2つのグループがあって、ひとつは有名な南米エクアドル領のガラパゴス諸島に棲息するガラパゴスゾウガメの仲間。もうひとつはアフリカの東側の洋上にうかぶ島々に棲息するアルダブラゾウガメの仲間です。このうちペットとして養殖され、販売されているのはアルダブラゾウガメで、買って帰ったら絶対に家族から叱られる値段で売っています。

叱られる理由は値段ばかりではありません。仔ガメのうちはいいですが、みるみる成長する結果、部屋でヒツジを飼うに等しいペットとなります。要するに大きな体で広範囲をガシガシ歩き回り、沢山の草をたべて、沢山の排泄をする。ということです。匂いはまさにヒツジ小屋です。
さらに叱られる理由は、その寿命の長さです。アルダブラゾウガメの寿命は150年とも200年とも言われています。人間の寿命の倍です。よく言われるのが、自分が歳をとったら子供に託す。という話。しかし、冷静に考えてみると親子の人生というのは、けっこうかぶってきますので、2世代で単純に寿命の倍というわけではありません。たとえばここに150歳のゾウガメがいるとして、そのカメが卵から孵化した年はというと、坂本竜馬がまだ生きていて、船中八策を書いた頃です。ここにいる150歳のカメを最初に飼い始めた人は、親どころか御先祖様の域に達しているわけです。だとすると、今日、ペット屋さんから買ってきた仔ガメは、子供に託すどころか未だ見ぬ子孫に託すということになります。そもそも150年先まで自分の子孫が絶えずに繁栄していく保証なんてどこにもありませんし、平和な世の中が続くことすら怪しいです。
動物園にあげるからいい。という人もいます。いくら高価な生き物だからといって、あげるという上から目線も気になりますが、動物園は飼えなくなったペットを引き取る施設ではありませんし、日本最古の上野動物園ですら開園して135年です。どんだけ未来に責任を押し付けるのか。という話になります。
ゾウガメを飼おうと思ったときに、実際に買う前に求められる事は・・・①自身が高齢になったとしてもギリギリまで力仕事ができる強靭な肉体の維持。②末永く安定した経済力 ③広い土地 ④子孫の繁栄 ⑤世界平和 ⑥現実を正しく見る目と想像力 ⑦ゾウガメを欲しいとは思わない心

といった訳で。
犬とか猫がいいと思いますよ。
とくに 白黒のとか茶色のでかいのとか・・・。


以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/11/11

スマホってすごい

MRJテスト飛行の成功おめでとうございます。
朝から感動しました。ありがとう!
グダグダだった三菱のネット配信をフォローしたテレ朝もグッジョブ!

阿部ちゃんのロケットも無事に飛ぶ事を願ってやみません。ONちゃんの大出世に既に感動ひとしおですが。

技術の革新というのはすごいもので、一昔前は、連れてこれない動物にはアドバイスのしようがないし、診察室で獣医の目の前で起きない発作は診断が困難であるというのが普通でした。

ところが最近では皆さん スマホ なんてハイテク機器をお持ちですからね。やんごとなき事情で連れてこれない状態の動物の患部をパチリ。 自宅で起きた発作を動画で撮影。

かなり役に立ってます。すごいもんです。
ガラケーすら持たない私が言うのもなんですが。飼い主さんはみんなスマホを持ちましょう!

これからの時代はUFOとか自縛霊とか妖精とかの皆さんも、うかうかしてると神秘のベールを根こそぎ剥がされますからね。彼らも出るなら出るで、演出とかその後の身の振り方なんかを考えていかないといけない時代だと思います。もう中途半端な存在ではいられないぞという決意も新たに、くっきりはっきりと背後に立ってもらいたいものです。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/11/10

本日は休診日です

本日は休診日です。外来は診れませんのでよろしくお願いします。

・・・と既に朝から2件の継続治療をしている口がそんなことを言っておりますが・・・

抜き差しならない重傷の継続治療だと、休診日の治療もやむなしです。ただ、中で人がゴソゴソやってるから耳掃除してもらおう!とかってのは なにとぞご容赦ねがいます。

以上・・・昨夜いっしょうけんめい書き込んだ記事が一瞬にして消失したので お知らせのみにて失礼します。

なお、ウズラの種類について質問をいただきましたので近いうちにちゃんと解説したいと思います。

おかげさまで、こんなブログでも読んでくださる患者さんがいらっしゃるようで、ちょくちょく記事に関する質問をいただきます。私のモチベーションもおおいに上がりますので、遠慮なく 話を振っていただければと思います。





以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/11/06

piyo-piyo

昨日 孵化しました!

おととし、自宅で孵化させたカンムリウズラがオトナになり、昨年から卵を生み始めましたが、どれも無精卵で孵化しませんでした。

今年もかれこれ30個くらい卵を産んでおりますが全く胚が発生してきません。

もったいないから、ふ卵器には入れずに、産む端からゆで卵にしたろーかとも思いましたが、しぶとくチャレンジしておりましたらようやく2卵だけ血管の発育が確認されました。
途中、1個が発育中止卵となり、これはもう一個も駄目だろうなとあきらめていたのですが、昨日、無事に孵化しました。

卵から雛が孵る光景というのはもう一大スペクタクルです。家族一丸の大盛り上がりです。下町ロケットみてる場合じゃありません。大粒の涙を流したまま一時停止されている阿部ちゃんには気の毒ですが、我が家ではフィクションよりもノンフィクションが優先。

しかし・・・ここからが大変。気温を37℃~40℃に保ち、湿度も高めに設定しつつ、数時間でエサと水を認知させる作業をしないと、コロっと死んでしまいます。なにしろ親指の先くらいの小さなヒヨコです。

ただし!殊、生き物を生存させるという点においては、こっちにも佃製作所に負けない技術力がありますからね。そこはもうチャチャっとこなすわけです。

そんなこんなで今のところ順調ですが、動いていたなぁと思ったらつぎの瞬間に、ぱたっと「死んだように眠る」生き物なので、覗くたびにドキっとします。さらに恐ろしいことに元気だと思っていたら突然「眠るように死んでいる」ことがあるので、育ちきるまではドキドキの日々です。うちには血気さかんな白黒の危険動物もいますしね・・・要注意です。



以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/29

おじいさんは山へしばかれに

我が家の白黒ネコもだいぶ大きくなって来ました。いままで使っていた輸送ケージでは、窮屈な上に強度が足りないので、内側からフタを打ち破って這い出してくるようになりました。自宅と職場の往復は、猫だけでなくゴールデンレトリバー2頭も一緒なので、バックパック型のキャリーを購入することにしました。

仕事がら沢山のキャリーケージをみてきましたが、中でも黒ネコのアサト君が使っていたキャリーが一番使い勝手がよさそうだったので、同じものをネットで注文しました。

青梅市の河辺にあるメーカーで、DAISUKIというブランドだそうです。

このバッグ。通気がいいので、山に何かを捕獲しに行く時にも使えそうです。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/28

シカの肉

現在治療中の野鳥が、非常に特殊なエサを食べる種類で、本当にそれしか食べないのであれば、生かしておくことすらままならないと、頭をかかえてしまいました。しかし、調べてみると「牛肉」を食べさせて3年くらい生きているという動物園の飼育例をみつけ、一安心。
肉でいいんだな?と問いかけると、はぁ~ とため息をつかれました。ヘンな鳥です。

ただ、牛肉だと高額ですし、血抜きをしているので、栄養価がいまひとつなので、ペット用の鹿肉を与えることにしました。
最初、ネットで探して注文したのですが、先日拉致した藩士からのタレこみで、玉川上水沿いのCOREさんにもおいているとのことで、両方購入しました。

この野鳥は、膝の粉砕骨折の症例だったのですが、喀血やら血混じりの嘔吐もみられ、足以外のダメージも深刻らしく、手術後もいまいち元気のない日々が続きました。しかし最近になってシカ肉が効いたのか、ようやく元気をとりもどしてきました。

ちなみに、ネットで購入したシカ肉とCOREさんで購入したシカ肉の品質を比較すると、0対10でCOREさんの商品に軍配があがりました。解凍時のドリップの量が全くちがいます。血抜きしてない肉を食わしたいのに、解凍したらドリップに全部もってかれて白っぽくなる肉では話になりません。COREさんのシカ肉はドリップがほとんど出ず、雑菌対策のために、与える直前にさっと水洗いしても完璧な状態を保っていました。値段もかわらないので、送料がないぶん安上がりでいいことずくめでした。
さすがは店主(年齢不詳)による商品の厳選っぷりに定評のあるCOREさん。たすかりました。
教えてくれた藩士もありがとう。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/16
さくらだもん

動物にまつわる事件の捜査があるとのことで、某警察署に出頭し、ちょこっとお手伝いをしてきました。

お仕事が終わり、お茶をどうぞと通された個室の入り口には「少年補導係」の表札が・・・・

母ぁちゃんか金八先生が迎えに来てくれるまで、おうちに帰してもらえない「あの部屋」です。 私への配慮からか、例のスタンドライトは片づけられていましたが、小さなテーブルに、刑事さんと向かい合わせで座る感じは、テレビで観るいつもの景色です。

少年補導係の個室なので、かつ丼は出てきませんでしたが、コーヒーをいただきました。(自分でお金払いますから記念にカツ丼食べて帰っていいですか?と聞こうと思ったのですが、おこられそうなので断念しました)

さすが警察署のコーヒーです。ソーサーが桜の形をしています。桜の模様もはいってるし。
「お~ 桜田門だけに 桜なんですねぇ」と歓声をあげると、刑事さんは想定外の食いつきに「いや・・特にそういう意図はありません。偶然です」と苦笑いしてました。

対象年齢の時分にはどっちか言ったら品行方正でしたから、こういう部屋には一度もお世話になったことがなく、貴重な体験ができました。



以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/15
今日の白黒さん

お気に入りのぬいぐるみを拉致して トイレで寝る。

病院のケージにもロフトつくってやんないと。




以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/14
東京乾電池

ヒョウ柄でございます。

「飴ちゃん食べ」 とか言い出しそうな模様ですが、正確にはヤマネコ柄のネコ。
南方系のベンガルヤマネコとイエネコの交雑によって作られた品種なのだそうです。

この猫。奇麗です。さわり心地も最高です。すべすべです。

山猫ファンの私としては、あこがれの品種ですが、野性味が強く、個体によっては扱いが難しいとのことで、ずっと手が出ずにいました。

写真の子はとても性格の良い子で、これだったら飼ってみたいな・・と一瞬思いましたが、去勢手術の麻酔前後の処置の際に、その力の強さや、スピードの速さを見せつけられ、やっぱウチは白黒でいいや。という結論に達しました。

ちなみに、ウルフドッグやハイブリッドニシキヘビの煽りをくらって、特定危険動物はハイブリッドも対象とする!という規則ができたら、ベンガルも特定危険動物になってしまう可能性があります。交雑第一代ではないからよしとされるのか・・・。気になるところです。


以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/07
人類大行列

上野 とぉ~ちゃぁ~く。
駅から博物館までの道すがら大混雑。
チケット買うにも大行列。
チケットを手に、入場するまで大行列。
中に入ったらぎゅうぎゅうの人・人・人

娘にしたら化石よりも人の臀部を観察しに行ったようなものだと思いますが、なんとか人垣のスキマからひととおりの展示と、会場で繰り広げられる人間模様を見学

満員電車並みの人混みの中、オーケストラの指揮者か、アンガールズの田中のごとき激しい身振り手振りで、同族の女子を相手に進化について熱弁をふるう生物オタクらしき青年(なで肩)がいます。ぎゅうぎゅうの混雑で身動きがとれず、彼のエルボーが娘の顔面にヒットしないように気を配りながら、彼の恐ろしく退屈で下手なトークを巻き添え的に聞いておりました。すると突然、何を血迷ったのか「ボディ・プランbody plan」という単語に「ボブ・ディラン」をひっかけた渾身のジョークをお見舞いしてくるではありませんか。お見舞いされた同族女子はドン引き。巻き添えを食った周囲は苦笑い。ところが彼はめげるどころか、よせばいいのに「ホフ・ディラン(バンド名)」まで持ち出して食い下がります。眼の前にふってわいた高速道路の玉突き事故のようで、止める間もありませんでした。

「お父さんのおやじギャグのほうがおもしろいよ」って。娘よ・・それだとあんまり褒められた感じがしないし、そこで死にかけてる青年に聞こえるぞ。その後、常設展示を一通りまわり、大量の生物標本にすっかり気を取り直した父と、昼飯抜きの飲まず食わずでも元気な娘は、階段やら壁の建材の大理石に埋まっているアンモナイトの化石を見つける競争をして、おおいに盛り上がって帰途につき、仕事にもどったのでありました。
ちなみに・・・
アンモナイトは博物館じゃなくても、老舗のデパートの壁の大理石でもみつかりますので、興味のある方は探してみてください。

日本館の特別展示の世界のヒョウタン展を見学中、南洋の小島にデボン紀に絶滅したはずのウミサソリが生存しているのではないか?という世紀の大発見をしてしまったというお話は また別の機会に。


以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/05
生命大躍進
とうとう最終日となってしまった国立科学博物館の特別展。「いきたかったなぁ・・・」と かぼそい声でうつむく娘。聞こえないふりをしていたらカミさんと目があってしまい、目力たっぷりに「行け!」と無言の圧力が。日曜日は患者さんが多い日ですが、とりあえず午前の仕事を終わらせてから、大急ぎで服を着替えて、ちっちゃい手を握ってダッシュで上野に向かいました。
死ぬほど嫌いなものは何か挙げろと言われたら、即答で「タバコと人混み」と答える私にとって、日曜日の街なんてものは罰ゲームに等しい世界です。吉祥寺にすら「よぉいかん」のに、これから上野ですわ。特別展の最終日ですわ。なんか私 悪いことしましたか?吉祥寺に向かうバスの中で既に気分は落ちまくり。5月からこのかた火曜日は何かしらの仕事で拘束されてたんだから、夏休み期間中の雨の火曜の仕事の合間に連れていけたものを なんで今日いきなり言うかね・・ うわ! 車窓から見えるのは、もしかしてミショップじゃありませんか?!今日だったんですね?忘れてましたけど。 こっちの人混みのほうがまだマシだぁ~。アフリカの煮込み料理とか食べたかったなぁ~(誰かが買ってきてくれるなら)。へこむわぁ~。帰りたいよぉ~。運転手さん降りまぁ~す。バスを止めてくださいぃ~。

ちなみに、特別展示・生命大躍進は「NHKスペシャル」という番組とのコラボ企画です。NHKスペシャルといったらアレです。「音を失った作曲家 さ●らかわちのかみ 」って番組をやらかした人たちですよね?大丈夫なんでしょうか。
化石ホンモノなのか?そこらの河原で拾ってきた石についてるヘンな模様にテキトーな生き物の名前つけて「これは化石だ!」って言い張って並べてるだけなんじゃないのか?小学生は騙せても俺の目は欺けないぞ。河原の石だったら受信料払わんからな!なんだかマイナス思考にからめとられていく中、ワクワク感がハンパないまっすぐな笑顔でプレッシャーをかけてくる娘に背中をおされ、やさぐれたお父さんは上野に向かったのでありました・・・・ つづく!


以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/03
Milly-la-Foret

1946年の映画「美女と野獣」を監督したフランスの芸術家、ジャン・コクトーが晩年を過ごした村 ミリー・ラ・フォーレ。騎士の森という意味だそうです。
12世紀ごろ、十字軍によってもたらされた疫病を治療する目的で村に療養所が建てられました。以来、この村では薬草(ハーブ)の栽培や取引が盛んに行われ、疫病の無くなった現代でもハーブの聖地として人気スポットとなっているそうです。村には療養所付属の礼拝堂が現存しており、1950年代の改修時、コクトーはこの礼拝堂に壁画を描きました。
壁画には、天に向かって伸びる薬草が描かれており、その根元には1匹の猫がシッポをピンとたてて薬草の花を見上げています。
写真の猫はフォーレちゃんといいます。同居の猫に、ミリーちゃんがいて、このホームページの治療案内の「猫」のところに写真をお借りしています。二人あわせてミリー・ラ・フォーレ。壁画の猫にちなんで名づけられたそうです。

フォーレちゃんは、何度も死線をくぐり抜けてきた強い子です。12世紀のミリー・ラ・フォーレでは、診療所といってもハーブと礼拝堂での祈りしか病気と闘う術がありませんでした。現代の日本に暮らすフォーレちゃんは飼い主さんのおかげで最良の治療を受けることができます。様々な検査や処置を我慢できたフォーレちゃんの穏やかな性格も、治療成功の秘訣かもしれません。
お名前の由来が素敵だったので、前回の記事のお口直しに紹介させていただきました。

名前の由来といえば・・・ うちのエイちゃんの名前ほどテキトーな付けかたをされた例はありません。いつか、そのエピソードと、エイちゃんのおじいちゃん犬の、故ロジャーがアカデミー賞アニメのワン・シーンのモデルになった話なんかもご紹介してみたいと思います。


以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/10/01
飼育者Xの献身

大蛇ネタの続きでございます。
昨日の写真の個体。もとを正せば飼育放棄個体であります。「大きくならないから大丈夫!法律にも触れないし」という売り口上に乗せられて購入したところ、あれよあれよという間にこのサイズに育ってしまい、「怖いし 場所ないし、えさ代かかるし」で もう飼えない!ってことになった人がおられまして、今回登場した飼い主さんが引き取ることになったのだそうです。実はこのヘビ、ペットとして大ブレーク中の小さなニシキヘビ、ボールパイソンと、正真正銘の大蛇であるビルマニシキヘビのハイブリッド(雑種)です。
売り口上では、ボールパイソンくらいの大きさで、ビルマニシキヘビの奇麗な模様が出て、ちょっとだけ迫力もある・・・・ということなんだそうで、売ったほうもそういう生き物であると信じて売ったようです。
ボールパイソンというのは、検索していただけるとわかりますが、飼育下でせいぜい1m前後のニシキヘビで、だいぶ家畜化されてきたこともあり、おおむね性質も穏和で、生き物の飼育に熟達した人ならば一般家庭でも飼育可能な種類です。一方、ビルマニシキヘビは先に紹介したように特定危険動物に指定された世界4大大蛇の一角を占める巨大生物で、法律以前の問題として、とてもじゃありませんが一般家庭で飼うようなシロモノではありません。ごく最近、これらのハイブリッドが人工的に作出され、「所謂いいトコ取り」なペットとして日本に輸入されはじめているのです。

いいトコ取りってのは、ある種、人類共通の夢ではありますけどね。遺伝子組み換え作物だって やれ食物アレルギーだの生態系破壊だのと否定的な意見も多いですし、ペットの例を挙げるならば、犬の従順さとオオカミの精悍さを期待してウルフドッグをつくってみたものの、結局、素人の手に負えるようなペットにはなりませんでした。実際の世の中には手放しのいいトコ取りなんて 存在しない のです。
隣で寝ているダンナの容姿が絶対に福山雅治ではないのと同様、人は数え切れないほど沢山の妥協点の上をつたい歩きしながら地味で小さな幸せを築いていくものなのです。夢みたいな いいとこどりを求めるのは、むしろ事故や不幸のもとと考えるべきです。

で! この 飼えなくなっちゃった大蛇。
もう、存在自体は、危険動物ですよ。不運な条件がそろえば人を殺せるスペックを持っています。
しかし、日本の法律では、ハイブリッドは特定危険動物に入らない という扱いになっているので、担当の役人は「種類が違うから登録しなくていい」という対応をせざるを得ないわけです。

ペット屋さんの営業妨害をするつもりはありませんが、どうやらこのハイブリッド・スネークという生物は、予想外の体質をもつ生き物の様で、個体によってはビルマニシキヘビよりも早いスピードで、ビルマニシキヘビよりも大きくなる可能性があるようなのです。売る方も飼う方も、これはもはや「いいトコ取りの新しいペット」ではなく、育ててみないとどうなるかわからない「地雷ペット」であると認識すべきなのです。
また、環境省も、これまでは想定外であった大蛇のハイブリッドが、そろそろ社会問題化してくるぞと知っておくべきで、現場の役人が対応に困らないように、ハイブリッドに関しても議論しておかなければなりません。(実際に、前回の会議のときにも少しだけ話題となり、イヌワシとハリスホークの雑種やウルフドッグについて、今後の課題とされたのですが、まさかこんなに急にヘビの案件が浮上するとは思いませんでした)

今回のマイクロチップ挿入の目的は、この個体を「ほぼビルマニシキヘビ」として無理やり登録することによって、ハイブリッド大蛇というものが日本に存在している事実を 官 に認識してもらい、ゆくゆくはきちんと警鐘を鳴らすための布石とする。という飼い主さんの希望に応えるために行われたのでした。

すべての爬虫類愛好家がこんな意識の高い飼い主さんばかりなら、環境省も困らないんでしょうけどね。



以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/30
ましゃかの電撃発表
28日付の報道をうけて、日本全土が女性の悲鳴と嗚咽に包まれた火曜日。放心状態で出勤できなかったOLさんも多かったと聞きます。一夜明け みなさん もう立ち直られましたでしょうか?来世にもチャンスはあります。がんばりましょう!
昨日の私は、そんな騒動など無かったかのごとき平常心で、朝いちで可愛いラブラドールの手当てをしたあと、その足で藩士の一人を拉致して、富士山麓に大蛇の往診に行ってまいりました。特定危険動物のマイクロチップ挿入という任務ですが、飼い主さんの「魂のリクエスト」で、もしも私たちが二人とも巻かれて動けなくなった場合に、もう一人、助けを呼んだりヘビをほどいたりする人員を用意してくれ!ということで、私の助手を務めてくれる人材を連れていくことになりました。たしかに、見てくれの悪いおっさん2名が異常に密着した状態であの世に行く画は想像したくありませんし、運が悪ければ、一人は飲まれて半分消化された状態で発見されることになるかもしれません。もう一人確保すべし!最初は、獣医大学で屈強な男子を探してみたのですが、エレガントな草食系しかおらず、たまたま別件で居あわせた吉祥寺最強の動物使い(女子)に、なんか飯くわすから!という雑な条件で協力してもらうことになりました。
特定危険動物に該当する大蛇は、アミメニシキヘビ、アフリカニシキヘビ、ビルマニシキヘビ、オオアナコンダほか計7種となっていますが、その指定理由は、人に対する殺傷能力がある、実際の死亡事故が有る、の2点です。今回の対象個体は、すでに全長が3.5mを超え、太さもハタチの頃の私のウェストくらい。体重は40kgほどになっており、人への殺傷能力を十分に備えた体格です。
今回の任務の「実に興味深い」点は、この個体は人を殺せる生き物であるにも関わらず、登録したいと申し出た飼い主に対して、役所が、その必要はない!と返答している点です。たとえば、ビルマニシキヘビをペット屋さんで買うとして、それが体長50cmの赤ちゃんであっても、登録は強制であり、違反すると100万円以下の罰金か6カ月以下の懲役に処せられます。これは動物園ですら守っている決まりです。しかし今ここにいる写真の個体は、こんなに大きいのに「登録しなくていい」と言われているのです。法律の抜け穴、あるいはザル法の目とも言える、「さっぱりわからない」事情について、次回 解説します。

そういって次回次回と後回しにするから いろんな話題がちらかしっぱなしのままとなるわけですが、お詫びしつつ先へ先へと進んでいきたいと思います。

尚、個人の肖像権の関係上、飼い主さんのご尊顔は、昨夜偶然に入手した某画伯の手によるイラストに置き換えてあります。飼い主さんご本人とは全く似ておりませんが、今回の任務とはゆかりの深いイラストですので貼り付けてみました。画伯はこのイラストのモデルとなった人物に「家族になろうよ」と言われとか言われなかったとか・・その話はまた別の機会に。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/28
Supermoon
中秋の名月でございます。昨夜は暦の十五夜で、今夜は天文学上の満月。お月見三昧の2日間です。お団子を作った手がこころなしか奇麗になっていると感じた貴方は、なるべくお早目にお召し上がりください。常温で永く飾ったあとに食べるのは危険です。
さて。今宵の満月は地球に最接近のスーパームーンだそうです。通常の満月よりお得な15%増量中なので、夜道も安心。ウサちゃんたちもいつもより高めに跳ねていることでしょう。ウサギは骨が脆いですから、骨折には気をつけていただきたいものです。

ウサギが月夜に跳ねるという俗説は、献身を教える仏教の説話に由来するといわれていますが、100年以上前のアメリカの動物文学にも、満月の夜にウサギが集団で大騒ぎをするというエピソードが紹介されています。自然や動物が大好きな良い子たちのバイブル。ご存じシートン動物記であります。月の模様はウサギでもカニでもなく、女性の顔である!と言い張るアメリカ人が、当時、仏教とは無縁の世界観の中で、私たち日本人と同じように「ウサギは満月の夜に跳ねる」と言っているのは、大変興味深いことです。これについて、動物学者は「多くの生物の生理現象は月の引力に影響されているので、満月の夜にウサギが繁殖行動の一環として大騒ぎしても不思議ではない」と解説しています。付け加えるならば、満月の夜だと、夜目の効かない人間でも野生動物の観察が可能となるので、月夜にウサギが跳ねている姿が目撃されるのは道理で、実際には、満月と同じく大潮となる新月の真っ暗闇の中でも、ウサギたちは跳ねているのかもしれません。私たちには見えないだけで。ただ、暗闇で跳ねてもらっても可愛くないし、風情もありませんよね。

風情がないと言えば。スーパームーンという単語。向島の芸者衆と、朱塗りの大杯に月影を浮かべ、純米大吟醸を一献・・・・・なんていう日本情緒あふれるお月見の風景が、スーパームーンの一言で、六本木のバニーガールに囲まれて、テキーラを灰皿で一気飲み・・・といった残念な画になってしまいます。スーパームーン・・・お月見の席では禁句ですな。

あ! それから 明日は火曜日。休診日です。お間違えのないよう よろしくお願いいたします。私は、朝に入院動物のケアをしたあと、富士山麓に大蛇の往診にいきますので、何かあっても 一日ほぼ対応できません。何事もありませんように お祈り申し上げます。


以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/25

ロフトの板と寝床を設置したところ、気に入ったらしく、すぐにもぐり込みました。
ゆうべはよく眠れたようです。いい夢みれたでしょうか。
いかんせん、救出された野良猫ですからね。うちに来てまだ日も浅いし・・・まだ、つらかった日々の思い出と、幸せな体験の記憶が半々くらいでしょうから、これから少しずつ、いい夢の材料となるような楽しい時間を過ごさせてやりたいと思います。母猫のところに戻りたい!なんて言われないようにしないといけませんね。


以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/24
ロフト
うちの猫。ついこの前までは野良猫生活をしていたので、人や犬との同居には時間と適度な距離感が必要です。いかんせんうちの犬たちは、デリカシー・ゼロの食い意地100%という精神構造なので、キャットフードの香りのする子猫なんぞがいようものならダッシュで駆け寄ってベロベロしたくてたまらんのです。30kg×2頭が1kgに突進するわけですから、1kgの方にしたら、たまったものではありません。キシャー!ウォォォ~!でネコパンチ10連打となります。成長して6kgの♂猫になってもこの調子では、何かと余計な外科仕事が増えそうなので、まだ順応性のある子猫のうちに「犬は友達 怖くない」と教えてワールドカップを目指すことにしました。方法は簡単。夜寝るときのケージをお隣さんどうしにして、デリカシーのない足音や、ばかでかい顔の急接近に慣れてもらうわけです。ケージをより快適にしてやるために、ロフトを設け、そこに寝床をつけることにしました。買ってきた合板があまりにもベタベタと樹脂漬け感満載だったので、カット作業のあと、プライマーの下塗り4回と水性塗料の上塗り3回でがっつり塗装をして、揮発性物質を封じ込めてやりました。さらに、ただの白い板では殺風景なので、うちの猫の模様をあしらってみました。今日から楽しく眠れるといいですなぁ・・・・。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/21
UMA 未確認動物 その2
サワーはないのか?というリクエストに、こじゃれたビール・バーじゃなくて●民あたりにしときゃよかったと後悔しつつ、なぜこの写真をヤモリだと思うのか?私は彼女に聞いてみました。すると、彼女の地元の観光協会がそう言っているからだと、私にスマホの画面をみせてくれました。
某島観光協会は、東京都伊豆七島の某島では、いままで見ることのなかったヤモリが近年観察されるようになったとフェイスブックに投稿しています。観光協会は、ヤモリは貨物にまぎれて内地から侵入したものであると推測しており、M島噴火後の物流の変化が原因であると考察しています。現地ならではの事情が反映された興味深い報告文です。
観光協会が投稿した写真には、しっかりとニホンヤモリの幼体がうつっています。
誰がどこでどんなラーメンを食べたか実況するためのツールだとばかり思っていたフェイスブックですが、こういった自然史的知見を記録として残す機能もあるのだなと、心の中の「いいね」をクリックしました。こういった情報は、環境省が政策に反映しやすいように、できれば学術雑誌に投稿していただけるといいのですが、フェイスブックだと参考文献とは成り得ないのが残念です。
というわけで、たしかに、M子先輩の島には、ニホンヤモリと思われるヤモリが国内移入種として侵入していることは確かなようです。
しかぁし!! 今回の写真は、絶対にニホンヤモリではありません。
豚骨ラーメンを消化できない52歳の主婦が恐怖と闘いながら、震える手で遠巻きに撮影した上に、余計なデコまで施した、ド・ピンボケな写真とはいえ、そのプロポーションからして、あきらかにニホンヤモリではない別の生き物が映し出されているのです。胴長短足で、離島での発見ということから、キノボリヤモリか?と仮定してみましたが、やはりどうみても違います。 そもそもイモリとタモリの区別も怪しい人が観光協会に言われるままに「ヤモリだ!」言っているにすぎないわけですので、これはもう「ヤモリじゃねえ!」ということで良いと思われます。絶海の孤島にて52歳主婦の寝床にあらわれたこの生き物の正体やいかに??
次回、爬虫類学者の見解も交えての問題提起となります。
                      つづく。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/23
UMA 未確認動物
先日、下北沢のこじゃれたビール・バーで、古い友人である某52歳主婦との一方的な会話を楽しんでいたところ、ツチノコに匹敵する新たなるUMA発見の手がかりを得ましたので全世界に向けて発信したいとおもいます。
彼女は、伊豆七島の離れ小島の出身で、いまから34年前に、東京都青少年洋上セミナーという、東京中の良い子が選抜されて開催される、「ボランティア精神養成合宿」で知り合いました。おなじく、この合宿で一緒だった、東京ヴォードヴィルショーの大森ヒロシ先輩の舞台をダシに、我々OBはときどきあつまって邂逅するわけですが、その日はクラスのマドンナだったY子先輩(今では泣く子も黙る52歳の敏腕不動産業者になってますが)と、UMAの第一発見者である離れ小島出身のN子先輩(18歳の頃と体型が変わらない奇跡の52歳主婦)と私の3人が、大森ヒロシ師匠のゆる~いコントを鑑賞したのでありました。
慣れない味の地ビールに苦戦しつつ、離れ小島N子先輩は、日常生活への様々な不満や、最近節々が痛かったり、あぶらっこいものが消化できずに胃がもたれること、ライフワークとしている東方神起のおっかけの話などを熱く語ってくれていたのですが、途中で、私がいつものママ友やみのもんたではないことを思い出したのか、唐突に添付の画像をみせてくれました。実家に里帰りした際に、寝室の畳の上で撮影したものだそうです。彼女は、島の観光協会の見解から、このUMAをヤモリであると主張するのですが、ママ友の目はごまかせても私の目はごまかせません。これはヤモリどころか、彼女の島に棲息するいかなる爬虫類とも一致しません。21世紀の東京で、ツチノコに匹敵するUMAが出現した歴史的瞬間に、私は立ち会ってしまったのかもしれないのです!!  
猫(シモレンジァンフォレストキャット)の自慢話はどうしたという突っ込みをかわしつつ・・・・・つづく

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/19
●シルヴァ~ウィ~ク●
気持よく晴れましたですねぇ。
皆さまの連休がシルヴァ~どころかゴールドに輝く素敵な連休となりますように!自分の持ち場にて奮闘しながらお祈り申し上げております。
シルヴァ~といえば。さきほどの銚子丸のウェイトレスさん。お会計の際に、「スィルヴァ~のお皿が2枚」なんてことをおっしゃいましてね。銀のお皿じゃないんだと。「シ」ぢゃなくて「スィ」なんだと。二枚って言うときも、「マ」にアクセントで「マァ~イ」なんてね。カッコいいわけですよ。YOSHINOYAのビーフボウルくらいスマート。さらにそのウェイトレスさんの名前が北米原産の巨大魚と同じだったりするわけで。ネタを提供するのは板さんだけじゃないんだぞ!という銚子丸の気概を見せつけられ、身がひきしまる想いでありました。こうして、ランチ接待の成果も実り、無事にエージェント・Oのヘッドハンティングにも成功。ありがとー銚子丸。グッジョブ。
そんなわけで、わたくし。ひさびさに猫を飼い始めました。写真の子です。種類は皆さんご存じノルウェージアンフォレストキャット(近所で弱ってた野良猫)です。可愛いでしょう? 次回からしばし猫自慢がつづきます。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/17
●新人研修中●
今日も嫌ぁ~な感じの雨ですね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今回、北関東にて水害に遭われた方々のご無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます。ここ2日ばかり雨がつづくようですが、これ以上の被害が出ませんように。

今日は春から就職予定の新人看護師が来てくれています。いきなり就職して戸惑わないように、いまから院内のもろもろに慣れておきたいという立派な心がけであります。
会計業務等、指導しながらの作業となりますので、若干の滞りが予想されますが、ご来院の皆さまには、ご理解のほど よろしくお願いいたします。
診察の際にも助手に入らせていただくことになりますが、こちらのほうも合わせてよろしくお願いいたします。

以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/014
●明日は休診日●
明日、15日は火曜日。休診日でございます。
入院1頭のみの世話で、久々に楽させていただけそうです。晴れ間が見えるようになりましたが、空気はすっかり秋。今シーズンは、夏の生き物に会いに行けないまま、夏がおわってしまいましたなぁ・・・。
以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/09
●雨のちミズナギドリ●
台風でございますなぁ。
豪雨の中をご来院くださった皆さまは、無事におうちに戻られましたでしょうか。うちのワンコたちは雨に濡れて 大変かぐわしい物体に変貌しております。そろそろ風呂にいれないといけません。そうこうしているうちに晴れ間が見えてきましたね。でも、今日のような湿度の高い日は、長時間の散歩はしないほうがいいかもしれません。大気湿度が高すぎて体温調節がうまくいかずに熱中症になってしまう危険性があります。
台風といえば。
洋上に暮らすミズナギドリなどの大型の鳥が、台風に巻き込まれて遭難することがあります。ある朝、駐車場に見たこともない大きな鳥が落ちていたなんて通報が増えるのが、秋のこの時期の台風直後なのであります。イワシをまっぷたつに切り裂く鋭い嘴で我々の目を狙ってきますので、保護収容の際にはくれぐれもお怪我のないようお気をつけください。できれば自分でつかまえようとせずに、東京都環境局へ通報していただくのがよろしいかと思います。野鳥救護の連絡先は本ホームページの治療案内の野生動物のところに書いてあります。トキのアイコンをポチっとしてみてださい。
以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/08
●本日は火曜日 休診日です●
今日も冷たい雨でございますなぁ。
本日は火曜日。休診日であります。
だからといってタヒチやアカプルコに遊びに行けるわけではありません。入院患者様の治療で、今日も病院に来ております。注射をして お薬を塗って。傷口を愛でながら 手術うまいなぁ~俺・・・・なんぞと自画自賛して(*^-^)このあと溜りに溜まった日常の雑用をこなすのであります。くどいようですが今日は休診日。一般外来は診れませんのでご了承くださいませませ。        
以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/07
●シュールストレミング●
仕事がら、エッジの効いたペット用品を頂戴することがよくあります。当然のことながら、どなたかが「良かれ」と思ってプレゼントしてくださった有り難い品々であります。がっ!しかし!時として、使うタイミングを逸してしまうことがあります。いや。毎回そうではありません。下さった方の深い愛情を忘れるような私ではございません。しかし!しかしであります。貧乏暇無しな院長が日々に追われる過程で、有り難い頂戴品が、出番を見つけられないまま、「いつか使うもの」と書かれた異次元ポケットに迷い込み、忘却という名のタイムトラベルに出かけてしまうことが、ごく稀に あるのです。そして本日!鶏頭の水煮缶という名のタイムトラベラーが悠久の時を経て異次元ポケットから私たちの所に戻ってきました!鶏頭の水煮缶といったらアレです。開けるとそのまんまニワトリの頭がゴロゴロ出てくる缶詰界のビックリ箱。白いトサカと見開いた眼が素敵なワンちゃん達の大好物でございます。「ボクの賞味期限が切れたころは、まだスマートフォンなんて存在してなかったんだぜ!」と誇らしげに笑う鶏頭の水煮缶を前に、さて どうしたものかと悩むのであります。開けて分別しないと廃棄できないので、このままオブジェとして受付に飾り・・・・いま看護師の目が笑っていない気がしたのでこの案は却下。         以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
2015/09/05
●パトでハト●
M警察署から怪我をしたハトが運ばれてきました。
警察には、逃げ出したペットや野生動物そのほか警察では識別不能な様々な生き物が持ち込まれます。時には「庭にアオダイショウが出たからなんとかしてくれ」といった、テロ警戒のお立ち台に立つ警察官に道を訪ねるがごとき御無体な依頼が舞い込むこともあるそうです。
「各自の持ち場で奮闘する!」がモットーの「すいどう藩士」の一人として、警察には警察本来のお仕事に集中していただきたく、いのかしら公園動物病院は今日も「警察のための動物ボランティア」を頑張っているのであります。ちなみに昨日は昨日で、メン・イン・ブラックなスーツをバリっと着こなした、いかにも刑事(デカ)って感じのナイスガイがO警察署からタカをもって来られました。カツ丼をご一緒できなかったのは残念ですが、タカは元気になりました。あとですね。ハトを運んでくださったM警察署のおまわりさん!病院の前にパトカー横付けは別にいいんですけど、赤灯まわしっぱなしってのはちょっと・・・。通行人の皆さんが覗き込むこと覗き込むこと。向かいのお弁当屋さんからみたら、動物病院に連日の家宅捜索疑惑ですよ。患者のみなさん!私はなんにも悪いことしてませんからね!以上。三鷹吉祥寺のペットドクターいのかしら公園動物病院の石橋でした。
●お知らせ●
院長の心のふるさと・西表島のロビンソン小屋から、イベントのお知らせが来ました。
第22回沖縄ふれあい広場・沖縄の工芸展が9月4日(金)から6日(日)まで、銀座の時事通信ホールで開催されるそうです。
なんでもロビンソンさんのお知り合いが参加されるとのことで。
詳細はこちらhttp://www.okinawakougei.jp/
帰りに銀座わしたショップに寄ったらカンペキな一日となるでしょう
http://www.washita.co.jp/info/shop/ginza/
2015/08/29
いのかしら公園動物病院のホームページがオープンいたしました。
日々更新していきますので是非ご確認ください!!