2018.12.27

●走れ正直者●

本日もお立ち寄りありがとうございます。

 あっというまに12月も終わりに近づき、年の瀬って感じになってまいりました。

 皆様いそがしく飛び回っておられることと思いますが、明日からは猛烈な寒波が襲ってくるそうですから、防寒対策を怠りなきよう!そして、朝夕の凍結に備えて、お足元に気をつけて外出してくださいませ。

 小鳥や小動物や老齢動物を飼育している方は、朝夕の冷え込みに十分注意してください。

 人間様が布団に入って寒さを感じない間に、人知れず動物達は寒さと闘っているのです。

 写真は、今年いちばん驚いた拾い物。

 一見、いただきもののような体で病院のドア前に安置されておりましたが、メッセージがなにも添付されていなかったので、モノがモノだけに速攻で交番に届けさせていただきました。

 朝一で動物病院の前に放置されるものといえば、昔から段ボールに入った子犬や子猫と相場が決まっておりますが、写真のブツは前代未聞のブツでした。

 詳細は伏せますが、総重量数キログラムのブツを交番に持ち込むやいなや、まぁお巡りさんの嫌がること嫌がること。

 こんなの数えられませんよぉ~。って持ち込んだ私が悪いみたいな。

 そんなら目の前の施設で機械にぶちこんでもらって数えたらいいじゃないですか。いざとなったら拳銃ひとつで飛び込んでライフルもった強盗相手に体を張る人たちなんだから、目の前の施設だってそのくらいおやすい御用でやってくれるんじゃないですか?
 
 って気軽に提案したら、そんな簡単なことじゃない!って言われました(涙)。 なんで怒られるんだよぉぉぉぉ。

 西城秀樹もおちおち走れない事態ですわ。

 結局、最終的にどうなったかの情報を含めて、一切合切の関係を放棄することで、私はその場から解放されました。 あたしゃ忙しいですからね。手続きにかかる時間は未定です!とか言われた日には速攻で放棄しますわ。無条件で。

 もしも・・・・ もしもですが、おつりの両替が大変でしょうからと気をつかってくださった飼い主さんからのお届けものだった場合、ごめんなさい。

 だって メッセージがなかったんだもの。涙。

 
   以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。