2020.09.25

●お久しぶりです●

お久しぶりです!

お盆休みからの いきなりのお彼岸です。
皆様、元気でお過ごしでしょうか。
ブログも、更新が無さすぎると もはや誰も立ち寄っていただけなくなるので、あわてて更新しております。

そろそろ季節の変わり目です。
朝方になって急に冷える。と思っていたら、いきなり夏日がもどる。
気候の急変についていけない子が調子を落としがちな時期です。
エアコンの暖房と冷房を駆使して 温度と湿度の管理をお願いします。

画像は、先日持ちこまれたウミネコの翼のレントゲン。
前腕の骨折です。人でいうと肘から手首の間の部分の骨折です。
特筆すべきは、骨折部位がくっつきかけているということ。
野鳥が翼を骨折した場合、飛べないわけですから、普通は生存不可能なはずです。
しかし、このウミネコは受傷後すくなくとも2週間以上生存し、翼が90度に折れ曲がったまま骨がくっついているのです。写真では普通の角度に見えますが、骨折部位のガチャガチャしているところから、手前に向けて90度に折れ曲がっています。
発見された場所が、都内の公園の池ということで、おそらく誰かに餌をもらいながら何日も過ごしていたのだと思います。途中、猫やカラスに襲われたらアウトだったと思いますが、運よく生き延びたのでしょう。
ぶらんぶらんの翼のまま、痛みに耐えながら、2週間以上。 えらいもんです。
幸いにして、動物園から展示のお呼びがかかったので、手術をして引き渡しました。
今は多摩動物園のどこかにいると思います。



以上。三鷹・吉祥寺のペットドクター いのかしら公園動物病院の石橋でした。